アルキメデス の 大戦 モデル。 【おすすめサスペンス】映画『アルキメデスの大戦』評判・感想・キャストについて|りょうちんの映画珍道中

映画アルキメデスの大戦ロケ地・撮影場所(菅田将暉、浜辺美波目撃情報アリ)

アルキメデス の 大戦 モデル

櫂 直 鈴木拡樹• 田中正二郎 宮崎秋人• 尾崎鏡子 福本莉子• 高任久仁彦 中村太郎• 大里 清 岡本 篤• 大角岑生 奥田達士• 嶋田繁太郎 小須田康人• 山本五十六 神保悟志• 平山忠道 岡田浩暉• 米村秀人• 神澤直也• 二村仁弥• 高橋彩人 スタッフ 原作 三田紀房 『アルキメデスの大戦』 (講談社「ヤングマガジン」連載) 舞台原案 映画「アルキメデスの大戦」 (監督 脚本:山崎 貴/ 製作:「アルキメデスの大戦」製作委員会) 脚本 古川 健 演出 日澤雄介 美術 土岐研一 照明 松本大介 音響 佐藤こうじ 映像 浦島 啓 衣裳 藤田 友 ヘアメイク 宮内宏明 演出助手 平戸麻衣 舞台監督 荒 智司 企画 山﨑奈保子 プロデューサー 増永多麻恵 宣伝写真 森﨑恵美子 宣伝衣裳 藤田 友 宣伝ヘアメイク 宮内宏明・ AKI[鈴木].

次の

帝国精神論 vs 数学の天才 『アルキメデスの大戦』は合理主義で戦争を制す

アルキメデス の 大戦 モデル

原作はとにかくリアル。 設定が濃いよ。 映画のあらすじ 1930年代、対米開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、戦艦大和を建造し、日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。 その計画に反対する海軍少将・山本五十六(舘)は、帝国大学100年に1人の逸材、アルキメデスの再来と称される天才数学者・櫂直(菅田)を引き入れる。 櫂は数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる建造費の見積額に矛盾を発見。 軍部の陰謀を暴こうと動き出す。 この頃、日本の海軍では 戦艦大和を建造する計画を立てていました。 しかし、海軍少将・山本五十六は「予算の無駄遣い」として作戦に反対。 そこで天才数学者・櫂直(かいただし)を引き入れ、軍部の陰謀を暴こうとします。 「戦艦大和VS天才数学者」という珍しいテーマの作品です。 スポンサードリンク 峰鶴(みねづる)の転覆事件には元ネタがある 原作マンガを確認したところ、史実が元ネタになったであろうシーンが何か所かありました。 例えば、原作24話で描かれた水雷艇・峰鶴(みねづる) の転覆事故。 これは恐らく1934年に起こった 水雷艇3番艦・友鶴(ともづる)の転覆事件が元ネタでしょう。 友鶴事件 友鶴事件(ともづるじけん)は、1934年(昭和9年)3月12日に行われた水雷戦隊の夜間演習中に佐世保港外で起きた大日本帝国海軍(日本海軍)の千鳥型水雷艇3番艦「友鶴」の転覆事故、及びその後の事故原因究明作業を通じて明らかになった艦艇の設計理念上の重大な不備のことである。 翌年に発生した第四艦隊事件とともに日本海軍を震撼させ、その後の艦艇設計に大きな影響を及ぼした。 しかし事件当日、友鶴は40度程度の傾斜で転覆してしまいます。 その結果、助かったのは総員113名中13人のみ。 100名もの死者行方不明者を出す事件となったのです。 巨大戦艦大和の建造計画に立ち向かう2人の男は、果たして数学で戦争を止めることができるのか!? 映画公開は7月26日 金 どうぞご期待ください。 天才数学者であり語学も堪能。 おまけに人心掌握能力も持つすごい人物です。 元東京帝国大学数学科の生徒。 22歳。 英語やドイツ語を含む複数の語学にも堪能な上、数学的な発想に優れた天才として周囲の期待を集めていた若者。 尾崎財閥の令嬢の家庭教師をしていたが、令嬢とのスキャンダルを疑われて退学に追い込まれた結果、日本に嫌気が差し、アメリカに留学しようとした矢先に、平山中将の巨大戦艦建造計画を阻止するために、山本五十六から海軍に誘われる。 この時に設計案を出したのが、藤本喜久雄(ふじもときくお)と平賀譲(ひらがゆずる)という2人の軍人。 藤本喜久雄と平賀譲は、『アルキメデスの大戦』に登場する藤岡喜男と平山忠道のモデルだと思われます。 造船会社の社長は鶴瓶さんがモデル ちなみに、造船会社の社長・大里清は 笑福亭鶴瓶さんがモデルです。 造船会社「大里造船」の社長・大里清役に、笑福亭鶴瓶の出演が決定! 原作者の は鶴瓶をモデルにして原作漫画のキャラクターを生み出し、その役を本人が演じるという究極の実写化が実現しました。

次の

アルキメデスの大戦キャスト一覧・相関図画像・あらすじを紹介!

アルキメデス の 大戦 モデル

あらすじ 日本と欧米が対立する昭和8年。 巨大戦艦ヤマトの建造計画に大きな期待を寄せる日本帝国海軍上層部は、山本五十六の代替案を提案されるも、世界に力を誇示するため、この計画を決行へ移した。 山本は大和建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造の裏にある不正を暴くために天才数学者「櫂直」を海軍へ招き入れる。 大和の誤算を暴いていく櫂直だったが、帝国海軍が立ちはだかり__。 『アルキメデスの大戦』櫂直は実在の人物なのか 『スポンサーリンク』 『アルキメデスの大戦』の主人公「櫂直(菅田将暉)」は実在する人物ではありません。 劇中では大艦巨砲主義による戦艦建造案を櫂が撤回させますが、この会議は実際にあった新造戦艦「金剛代艦」に関する会議が原型。 1930年(昭和5年)に交わされた「ロンドン海軍軍縮条約」によって、戦艦の建造が15年禁止されたためにこの「金剛代艦」案は白紙になりました。 櫂自体は実在する人物ではありませんが、主な舞台となった会議には原型があります。 櫂直のモデルはいるのか モデルがいるかいないかは作者に聞かなければわかりませんが、調べてみたところなさそうです……。 ただ、原作者の三田紀房先生によると、櫂は秀才で軍服が似合うイケメンにしようと決めていた様子。 菅田将暉さんがキャスティングされると聞いてイメージ通りだったようです。 櫂直についてモデルの提言はされていませんが、造船会社を大阪で営んでいる大里は、大里を演じた笑福亭鶴瓶さんがそのままモデルだったみたいです。 史実との違いも多々あり……? 『アルキメデスの大戦』は、 おおむね史実から着想を得て作られたフィクションなので、史実との違いは多数あります。 そのまま史実通りというわけではないのでうのみにするのはよろしくはないという方もいそうですね。 作品自体はかなり面白いと個人的には思いますが! 登場人物について 櫂直は上記通り実在する人物ではないため、櫂に関することは史実とは異なる点が多いです。 また、櫂以外にも笑福亭鶴瓶演じる大里、大艦巨砲主義者であり、大和建造を提案した平山も実在する人物ではありません。 会議について 前述通りですが、 本作の舞台となる会議はもとがあるものの、実際にあったものではありません。 史実に着想を得ているというだけで、ほぼほぼフィクションと考えたほうがいいです。 ただ、 大和をはじめとする戦艦や時代背景は史実に基づいて話が作られているので割と忠実と考えてよいと思います。 キャストは誰? 配役についてまとめ 『スポンサーリンク』 以下、主要キャストについて記載します! 櫂直:菅田将暉 ニコアンドの菅田将暉くんは日常生活のすぐ隣にいてほしい大学生の美青年って感じ — 境(推し礼賛おじさん) ZroMw 今作の主人公天才数学者「櫂直」を演じるのは菅田将暉。 山本五十六にスカウトされて海軍少佐に抜擢され、平山の戦艦案の形状虚偽を暴いていく重要な役。 尾崎造船会社は本編で終始絡んでくる造船会社のため、ご令嬢はただのヒロインとしての登場ではないです。 大里清:笑福亭鶴瓶 家をきれいにする、 約束を守る、お礼の手紙を書く、 そういう基本をきっちり続けることが、 自分の型の基本をつくってくれたと思っています。 — 笑福亭鶴瓶- — 愛にあふれる言葉 ainiafuretukoto 造船会社「大里造船」の社長大里清役を演じるのは「笑福亭鶴瓶」さん。 原作者の三田紀房が鶴瓶をモデルにしてキャラクターを生み出したこともあり、本人が演じることに。 再現度は100%。 いい感じに櫂を手伝ってくれる役。 宇野積造:小日向文世 見た目を完全に二枚目に振り切った小日向文世とかものすごくみたみたい。 振る舞いは殆ど二枚目みたいなキャラ多い気がする。 — 人気のアカウント orange21 戦艦長門の艦長「宇野」を演じるのは小日向文世。 櫂が平山案の嘘の算出を暴く際に必要なモデルとして長門が必要になってくるため、かなり重要な人物。 永野とは朋友。 永野修身:國村隼 個人的にシンゴジラのキャスト面でビビッときたのは圧倒的に「國村隼」さんでした。 どこまでいっても安定の國村隼節と言いますか、鋭い眼光、落ち着いた物腰、風格ある発言がめちゃくちゃカッコイイです!憧れるなあ。 — ロボ石丸 robo1954 櫂や山本を側で彼らを指示する海軍中将「永野」役は「國村隼」。 これからは戦艦ではなく、空から攻撃をすべきだとする航空主兵論を支持しています。 日露戦争で勝利をもぎとった戦艦こそ日本に必要である主戦力とする大艦巨砲主義者。 航空主兵論者。 豪華キャストが勢ぞろいしているので要チェック作品ですね! 原作について 今回実写映画化された『アルキメデスの大戦』は同名のコミックスが原作にあります。 ヤングマガジンで2015年に掲載を開始して現在も掲載中の三田紀房による人気コミックス。 日本海軍の造船を始めとする当時の戦術作品をテーマとした作品で、どちらかというと大人向け。 モデルがいる人物はいますが、主人公についてはいないのかな?といった印象。。。

次の