膵臓 癌 背中 の 痛み。 膵臓癌で背中の痛みの場所とは?

膵臓癌の終末期の症状

膵臓 癌 背中 の 痛み

どんな病気か• すい臓は胃の裏側(背側)に位置する横に細長い臓器です。 3等分した右側を頭部、左側を尾部、中央を体部と呼びます。 すい臓がんは、十二指腸への膵液の通り道である膵管から発生したものが9割以上を占めます。 また、3分の2以上は膵頭部に発生します。 早期発見が困難である上、直径2㎝以下の小さながんでもすぐに周囲への浸潤やリンパ節への転移、遠隔転移を伴うことが多いなど、極めて悪性度が高いため、消化器がんの中で最も予後不良のがんとされています。 発症は60歳以上の男性にやや多い傾向があります。 原因は明らかではありませんが、喫煙や慢性膵炎、糖尿病、肥満との関係が報告されています。 治療法には外科的切除術、放射線、化学療法があり、最も根治が期待できるのは外科的切除術ですが、発見された時にはすでに進行していることが多く、切除可能な症例は4割前後です。 症状の現れ方• 食欲不振、体重減少、上腹部痛、腰背部痛などの症状があります。 膵頭部がんではこれらの他に、黄疸や便が灰白色になるなどが特徴のある症状です。 膵頭部にがんができると、中を通る胆管を圧迫したり閉塞したりして胆汁の通過障害を起こすためです。 また、膵管も圧迫され二次性膵炎を起こし糖尿病になったり悪化したりすることがあります。 がんが進行し十二指腸や小腸に浸潤すると狭窄や閉塞による通過障害が起こります。 一方、膵体部や尾部に発生したがんは症状があまり現れず、腹痛が起こったときにはかなり進行していることが少なくありません。 上腹部のもたれや痛みがある、やせてきて背部痛や腰痛がある、中年以降に糖尿病を発症した・糖尿病のコントロールが難しくなった、といった事柄に該当する人は、早期の検査が望まれます。 また、自覚症状がなくても、60歳以上の好発年代になったら定期的な検診が勧められます。 痛みについて• すい臓がんは診断時に、腹痛や腰背部痛といった痛みが現れていることの多いがんです。 また、腫瘍が増大して十二指腸や横行結腸が狭窄すると、通過障害による腹部膨満感や痛みを感じることがあります。 *1 内臓痛:食道、胃、小腸、大腸などの管腔臓器の炎症や閉塞、肝臓や腎臓、膵臓などの炎症や腫瘤による圧迫、臓器被膜の急激な進展が原因で発生する痛みのことをいいます。 *2 神経障害性疼痛:痛覚を伝える神経の直接的な損傷やこれらの神経の疾患に起因する痛みのことをいいます。 (がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン2014年版より引用).

次の

腰痛の原因となる『膵臓(すいぞう)がん』とは/特徴・症状・治療

膵臓 癌 背中 の 痛み

この記事の目次• 膵臓の痛みより辛かったこととは 膵臓がん特有の痛みと言われているのが、 膵管を圧迫する為に感じる「背中の痛み」 そういった痛みはがんの進行と共に痛みも強くなり、転移した場所も痛みが増えます。 膵臓がんの場合、左側の背中が痛む人が多いようです。 母の場合は肩が凝ると言っていました。 それと腰痛です。 人それぞれという気もしますね。 しかし、今は、いろんな種類の痛み止めを上手に組み合わせてくれて、胃が荒れやすい母は貼り薬にしたりと、対処してくれてあまり「痛い」と訴えることはありませんでした。 元々胃が弱かったため、お薬を飲む事もためらう母でしたので、痛み止めで胃が荒れると怖がっていましたが、先生の説得でそんな心配もない事を知り、痛みがでて苦しむ前に上手に処方するという事を受け入れて、痛みをあまり感じずにすんだと思います。 もちろん、末期の入院時には、モルヒネを使って痛みを緩和もしました。 ですが、痛みよりも、 どうしても緩和できないのが体の怠さ「倦怠感」でした。 そのために、入院中は10分おきに体位交換をせがみます。 付添の私を寝かせてくれない程、「頻繁に寝返りしたい」「腕をのばしたい」「足をまげのばししたい」と訴えました(・・会話らしい言葉はなく、私の名前を読んで合図をするくらいですが) 肝臓への移転の影響なのか、腹水がたまり、ステントの設置処置も上手くいかず、体中が浮腫んでいたために、いっそう体の怠さがあったのかも知れません。 そして、自分で起き上がることも、寝返りを打つこともできない状態ではそうとう辛かったのでしょう。 あの怠さをどうにかしてあげられなかったのか? 母より早く亡くなった伯父の時にも、体の怠さがつらいと話していたのを思いだしました。 痛み止めを打つことで、倦怠感は取り除けないのでしょうか。 自分で意思表示が出来なくなった場合、がんの痛みの緩和はやってくれても怠さの緩和はしてくれないのかな・・なんて考えてしまいました。 スポンサードリンク がんの倦怠感とは? がんに伴う倦怠感を多くの患者さんが感じているようですが、怠さや疲労感は数字で表すこともできず、痛みよりも軽視されていたと思います。 母もずっとひどい倦怠感に悩まされていました。 一般的に疲労感は休息をとれば、元気も回復し疲労感は取れますが、 病気による疲労感は継続的におこり、日常生活も困難なほど体力的にも影響が大きい のです。 母が入院していた病院では、希望すれば理学士が毎日マッサージに来てくれていましたので、体の凝りをほぐしてくれました。 毎日マッサージを受けていましたが、それでも全身がだるくて仕方がなかったようでした。 がんによる倦怠感は、「癌細胞がエネルギーを消耗させる」ようです。 どんな病気でも健康時とは違って体力が落ちるわけですから、エネルギー不足になってしまいます。 感染症や痛み、吐き気などで体力を消耗してしまう事も大きいでしょう。 動かなくなれば、全身の筋力も低下します。 癌の怠さ・・どう対処する? 体力を使って疲労感が増さないように、省エネで動くこと。 睡眠をしっかりとり、体を少しでも休めるように、眠剤を利用するなど医師への相談もした方がいいでしょう。 がんの痛みも倦怠感も 患者さん自身が訴えてくれないと分からない事が多いものです。 患者さんの治療がストレスなくできるように、担当医に倦怠感を取り除く方法など、積極的に相談する事は大切だと感じました。

次の

膵臓がんの痛みより母が辛かったこと・・

膵臓 癌 背中 の 痛み

スポンサードリンク 背中の痛みは軽いものでも、治療すべき病気が隠れていることがあります。 背中の痛みの原因を明らかにするには、 痛みの場所、いつから痛むか、痛みの種類(鈍い痛みや刺すような痛み)、痛みに伴う症状があるかどうか、あればどのような痛みかといたことを知ることが大切です。 これらを自覚し、病院を受診するときには、医師に伝えられるようにしておくと、正確に診断してもらいやすくなります。 背中の痛みの原因は、 筋肉の損傷やコリが原因のもの、 骨・関節が原因のもの、 ストレスなど精神的な要素が原因のもの、そして 内臓が原因のものがあります。 内臓からくる背中の痛みには、 膵臓の病気が原因となっている可能性があるのをご存知でしょうか。 膵臓は、強力な消化液を分泌したり、血糖の調整をするなど様々な機能を持っています。 糖分の多い食べ物をたくさん食べる現代においては、 酷使されやすい臓器です。 そこで今回は、膵炎や膵臓ガンなど膵臓の病気が原因となって起こる背中の痛みについて解説していきます。 もくじ• 膵臓の病気は背中にくる 膵臓の位置とは? 膵臓は 第1から第2腰椎の前面に位置する臓器で、 後腹膜に固定されています。 つまり背中側から近いところに位置している臓器です。 そのため、 膵臓の病気では背中側に痛みが出やすくなるのです。 では、詳しい膵臓の位置を解剖図を用いて見てみましょう。 膵臓はこちらです。 十二指腸の間に膵頭部がはまるように位置しています。 (黄色が膵臓、肌色が十二指腸、緑色が胆のう、茶色が脾臓です) 膵臓は、 膵液という消化液を十二指腸に分泌しています。 この消化液は強力で、三大栄養素である 炭水化物、タンパク質、脂肪の全てを分解することができます。 また、 膵液はアルカリ性なので、 胃酸を中和し十二指腸より先にある小腸や大腸が胃酸で荒れることがないようにしています。 膵臓の病気では、この強力な消化液が自らの細胞に向けられることもあり、自己消化が起こる危険性があります。 詳しくは後述していきます。 膵臓のもう一つの重要な機能は、 血糖の調節です。 血糖値を下げる インスリン、血糖値を上げる グルカゴン、インスリンとグルカゴンの分泌量を抑える ソマトスタチンは、全て膵臓から分泌されるホルモンです。 現代は食べ物にあふれており、食べ過ぎで血糖値が上がることが多いです。 血糖値を抑えるためにインスリンが大量に分泌されます。 インスリンを出し続け酷使された膵臓はやがて、インスリンの分泌が悪くなり血糖のコントロールができなくなります。 こうして起こるのが、 糖尿病です。 右背中、左背中の痛み 膵臓ガン、膵炎の痛みは左右どちらに出る可能性もある 上記の図のように膵臓の位置は後腹部の中央からやや左寄りにあります。 ですから、膵臓の病気では、左背中に痛みが出ることが多いのですが、膵頭部などでの病変では、右側に痛みが出ることもあります。 痛みが出る高さは、第1、2腰椎の周辺です。 背中の真ん中あたりです。 背中側から見た膵臓の位置を図で確認してみましょう。 膵臓の病気の場合、この周囲に痛みが出やすいです。 膵臓の病気で代表的なものに、 膵炎や 膵臓ガンがあります。 背中の痛みと膵炎 膵炎には 急性膵炎と 慢性膵炎があります。 急性膵炎は、 男性ではアルコールの大量飲酒、 女性では胆石によって起こることが多いです。 膵臓の中で、酵素が異常に活性化されてしまい、 自らの膵臓や周囲の臓器を溶かしてしまう病気です。 重症例では全身に症状が及び、ショック、呼吸不全、急性腎不全などにより 多臓器不全に陥ることもあります。 慢性膵炎も アルコールや胆石が原因となって起こることがあります。 アルコールが原因となるのは、男性に多く、女性では原因不明の特発性のものが多いです。 慢性膵炎が起こる原因ははっきりと解明されていませんが、繰り返しの飲酒によって膵臓の細胞が痛みんだり、膵臓に結石ができやすくなり、発生するのではないかとされています。 慢性膵炎では、 病気の経過とともに症状が変化していきます。 初期には、膵臓の痛みとして 背中の痛みやお腹の痛みが感じられます。 病気が進行すると、このような痛みは無くなっていき、代わりに、膵液が分泌されなくなり、消化が出来ず、 下痢や脂肪便が出るようになります。 また、膵臓から分泌されるホルモンも少なくなり、血糖の調整ができなくなるので、 糖尿病も発症しやすくなります。 背中の痛みと膵臓ガン 膵臓ガンは 早期発見が難しいガンで、症状が出てきた時には進行ガンとなっており、 予後不良です。 高齢者に発症しやすく、 喫煙や糖尿病があると、より発症しやすくなります。 主な症状は、背中の痛み以外に、黄疸、腹痛、体重減少、下痢・白色便などがあります。 膵臓は後腹膜に固定されているため、部位によっては手術による腫瘍の摘出が困難なこともあります。 しかし、 切除可能であれば、手術により切除されます。 切除が難しい部位であれば、 化学療法が選択されます。 背中の痛みと吐き気は急性膵炎の症状 急性膵炎の場合、背中の痛み以外に、 上腹部痛、発熱、吐き気、嘔吐などがあります。 急性膵炎は大量飲酒後に起こることがありますので、飲酒後に痛みとともに 吐き気がある時には、急性膵炎が疑われます。 急性膵炎と診断された場合は、基本的な治療として 絶食、輸液(点滴)、除痛(痛み止め)、呼吸・循環状態のモニタリングが行われます。 重症例では、それに加えて、 抗菌薬の投与や、 蛋白分解酵素阻害薬の投与などが行われます。 急性膵炎でも重症化すると死亡するケースもあるので、 重症化するかどうかの見極めが重要です。 膵臓が原因の背中の痛み どんな痛みが出るか? 膵臓の病気で出る痛みの特徴をお伝えします。 急性膵炎、慢性膵炎の初期には、 圧痛(圧迫すると痛む)、圧迫すると筋肉に力が入る、といった症状が現れます。 また膵炎による痛みは、 胸膝位(きょうしつい)で軽減することが知られています。 胸膝位とは膝を抱え込むような格好です。 図で確認してみましょう。 膵臓の検査法にはどんなものがある? 膵臓の病気で行われる検査として代表的なものは、 血液検査 腹部CT 腹部超音波 核磁気共鳴胆管膵管撮影(MRIによる検査) 内視鏡検査 などがあります。 まとめ 背中の痛みと膵臓の病気について解説してきました。 膵臓は食物の消化や、血糖値のコントロールなど、体にとって重要な働きを持った臓器です。 膵臓の病気では、これらの機能が失われたり、低下してしまいます。 背中の痛みとともに、膵臓の病気を疑う症状がある場合は、専門医を受診して診察を受けるようにしてください。 特に膵臓の細胞は一度損傷すると、回復することができませんので、早めに対応するようにしてください。

次の