レイパルパティーン。 レイ(STARWARS) (れい)とは【ピクシブ百科事典】

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』鑑賞中に浮かんだ10個の大きな疑問 スター・ウォーズ特集

レイパルパティーン

フォースライトニングは熟練したシスの暗黒卿が用いる青白い強力 な電撃を放つ技のことをいいます。 ライトセーバーで防ぐことは可能ですが、凄まじい威力のため防ぎ 続けることは難しいようです。 しかしマスターヨーダは、素手でフォースライトニングを受け止め 、それを跳ね返すことができます。 フォースライトニングを使うことができる人物はダースシディア ス、ドュークー伯爵、レイの3人 フォースライトニングはシスなら誰でも出すことができるわけでは ありません。 熟練したフォースの使い手しか使うことはできないの です。 45453235 レイの3人です。 そのとき、 レイの手から青白いビーム(フォースライトニング)が出ました。 フォースライトニングは基本的にシスしか使うことができません。 ではシスではないレイがなぜフォースライトニングを使うことがで きたのでしようか。 それはレイの祖父がダースシディアスであることが関係しています。 レイの体にはダースシディアス譲りの強いシスの暗黒卿の遺伝子が 存在します。 そのためレイもフォースライトニングを使うことがで きたのです。 レイとパルパティーンの詳しい関係についてはこちらをご覧ください! まとめ ・シスが手から出す青白いフォースのビームのことをフォースライ トニングという。 ・フォースライトニングは熟練したシスしか使うことはできない。 ・レイにはダースシディアスの血が流れているためフォースライト ニングを使用できた。 最後まで見ていただきありがとうございました! 他にもスターウォーズに関するまとめをしています!ぜひご覧ください!.

次の

てんぐのSW考察~レイの父親、パルパティーンの“息子たち”、そして“スカイウォーカー”について|ragna6ck|note

レイパルパティーン

映画『』のネタバレを含みます。 概要 『』シリーズのエピソード7~9の三部作『』の主人公を務めた『』のフルネーム。 『』の名が示す通り、彼女は 初代皇帝『』こと『』の孫娘であった。 エピソード8でレイの両親はごく普通の人間であり、酒代の為に娘を売ったとされていたが、それは嘘で、自分の血族を探すパルパティーンの魔手からレイを守る為に仕方なくジャクーに置いていったというのが真実だった(両親は最終的に捕らえられ、レイの居場所を吐かせる為にされて殺されてしまったが、最後まで口を割らない等、ちゃんと娘への愛情は持っていた)。 スカイウォーカーの夜明けのノベライズ版にてレイの父親は、パルパティーンの遺伝情報のコピーを完全にできなかった失敗作のクローンだった事が判明した。 パルパティーンは、血族であるレイに自らを殺害させる事によって、秘術により魂やシスとしての経験を受け継がせ、レイをにした帝国を築き上げる事を企んでおり、レイが幻視した「シスの玉座に座る自分」はこの計画が成就した時の未来を見たものと思われる。 また、このほかにも劇中のとあるシーンでは、黒いローブを身に纏った、暗黒面へと落ちたレイの幻影(下のイラスト)が登場している。 ルークとレイアはレイが皇帝の血族であるという事に気付いていたが、レイの中にある魂の光を感じ、最後の希望と信じて彼女を導いていた事が判明した。 映画『』の結末に関するネタバレを含みます。 レイはライトサイドに回帰したベンと協力し、フォースと一体となった過去のジェダイたちの魂と共にパルパティーンとシスの亡霊たちを再度滅ぼす事に成功したが、体力を使い果たし死亡。 その後、ベンからフォースを介し生命を譲られる形で蘇生した。 戦いが終わった後は黄色い光波を生成するライトセーバーを自作したため、タトゥイーンのルークがかつて住んでいた家(ラーズ夫妻の住居跡)を訪ね、ルークとレイアのライトセーバーを流砂に埋めた。 直後にそこを通りかかった老婆に名前を聞かれ、タトゥイーンの二つの太陽の下、ルークとレイアの魂を受け継ぐ者として「 」を名乗るレイのシーンでシークウェル・トリロジーは幕引きとなる。 関連記事 親記事.

次の

スターウォーズ9ネタバレ徹底考察!レイの衝撃の正体と皇帝復活の理由!ハックス将軍の最後や細かい部分を考察【スカイウォーカーの夜明け感想】

レイパルパティーン

さすがに予告編では、レイの正体が分かるようなヒントはありませんね。 しかし、これまでの過去作を振り返ると、 ジェダイの素質がありまくりだったレイ。 レイはジェダイ・マスターでカイロ・レンの師匠でもあった ルーク・スカイウォーカーにもその力が認められていましたし、なんなら敵のスノークにすら、ダークサイドに引き込んで、自分の部下にしたいと言われるぐらいの実力者なんですね。 正体こそ明らかになっていないものの、レイが只者ではないのは分かりましたし、重要人物の血を引いているのではないかと思わせましたよね。 。oO( から語られる、ルークが姿を隠したそのワケ。 そしてジェダイとフォースの存在に驚愕するレイと …。 過去作では、カイロ・レンに「お前の両親の正体を知っている」「お前も本当は気づいてるんだろ?」というようなことを言われ、顔を歪めていたレイ。 レイも自分の両親の正体に感づいていそうな雰囲気でした。 レイが初登場のときにそうしていたように、 レイの父親も廃品を集めては売ってお金を稼ぎ、お酒を買うお金欲しさにレイを売ったという話も出ていましたね。 でもでも、先ほども書きましたが、レイの並外れたジェダイとしての能力を見ると、レイの親は只者ではなさそうです。 本当は大物の娘なのに、残念ながら酒飲みの父親に養子にされ…みたいな展開だったのでしょうか。 レイの正体と同じく気になるのが、 レイとカイロ・レンの関係。 「スターウォーズエピソード9」で描かれたレイとレンの関係は、「」でよろしければご覧くださいね。 スポンサーリンク 【スターウォーズエピソード9ネタバレ】レイの正体や両親が何者かが衝撃的だった! 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 待ってくれ!こんなに泣けるとは聞いてなかった😭EP7と8が正直つまらなかったので全然期待してなかったけど、EP9は心に刺さりまくった!忘れられないシーン多数! レイの笑顔が本当に泣けた。 そして、ベン、ああ、ベン…😭 ネタバレ出来ないツラさよ — 池袋らぶせくしー tikeyama4211 ということで、お待たせいたしました! 「スターウォーズエピソード9」のネタバレで、レイの正体や両親が何者なのかを明かしていきます。 もう単刀直入に結論から書きますね。 レイの正体は、パルパティーン(ダース・シディアス)の孫 で、本名はレイ・パルパティーン でした! マジかー!という感じでしょうか。 過去作では、ルーク・スカイウォーカーに憧れ、ルークからジェダイ修行も受けていましたから、ジェダイのルーツかと思いきや、 シスのルーツだったのです! これはレイにとってはショッキングな事実ですよね。 しかもそれを パルパティーン本人から告げられるという。 「えっ、そもそもパルパティーン生きてたのかよ!」という突っ込みが生まれますよね。 死んだはずのパルパティーンがなぜ今作で復活するのか気になる方は「」もぜひご覧ください。 スターウォーズ、上映順のEP4〜6を観てからEP1を観るとこの男が皇帝だって判るけどまず最初に思うのは 「パルパティーン!!!若ぇっ!!!!!」 だと思うんですよ。 しかし、 レイの両親は至って健全な一般市民でシスの気配はなし。 ところが、パルパティーンは孫のレイを自分の後継者として 「女帝パルパティーン」に育てようと企てます。 カイロ・レンの両親のハン・ソロとレイアはシスではなかったのに、祖父のダース・ベイダーから隔世遺伝!?して、カイロ・レンがシスに染まってしまったようなケースを狙ったんですね、きっと。 ところが、レイの両親はレイのパルパティーン化計画を拒否。 レイをパルパティーンから逃がすために、他人に売ったのです。 回想シーンでは、泣き叫ぶ幼少期のレイを母親が何度も抱きしめ、父親が「ここなら安全だから!」と言って足早に去っていく様子が描かれていました。 酒飲みの父親がお酒代のためにレイを売ったというレイの言い分は違ったわけですが、正当な理由があるにしろ、幼少期に急に両親と引き離されたレイはかわいそうでしたね。 「スターウォーズエピソード9」では、この親子も話題に。 親子ではないかとされるランドと新キャラ・ジャナ、そして2人の悲しい過去については「」もぜひご覧ください。 ジェダイとしての能力を高く評価されていたので、めっちゃ単純な視聴者の私はてっきりレイの正体のルーツはスカイウォーカー家にあるのかと… 他の方の感想も気になるので、「スターウォーズエピソード9」で描かれたレイの正体に関する感想をまとめてチェックしました。 この方は、 レイの正体がパルパティーン系であることを見抜いていたんですね! こういう洞察力、うらやましいです! あとレイの正体は正直予想通りでした — エンドゥー Endoul こちらの方は、 レイの正体は予想外だったということで、私と同じ感想でほっとしました。 レイの正体以外は概ね予想通りの展開だったけど、面白かったです、 — 三成Kaito kaitokunda529 でも、レイの正体についての感想は、結局ここで分かれるのかなという的確なご指摘も。 レイの正体が納得いくか行かないかで決まると思ってます。 まぁ、でも個人的には、レイの正体がスカイウォーカー家の家系で、レイこそ最後のジェダイ!となるよりは、シス系にして葛藤を持たせた展開は物語として良かった気もします。 「スターウォーズエピソード9」には酷評も出ているという噂も。 今作の評価が気になる方は「」をチェックしてみてくださいね。 スポンサーリンク まとめ 「スターウォーズエピソード9」で注目の的だったレイやレイの両親の正体は何者なのかという話題をネタバレでご紹介しました。 レイの正体はパルパティーンの孫だったということで、なかなか衝撃的な答えでしたね。 ちなみに、レイの父親がパルパティーンの息子にあたりますが、レイの両親は善良な市民で、パルパティーンがレイを後継者として狙っていたのでした。 自分の正体がパルパティーンの孫と知って、レイもショックだったと思いますが、それを受け入れ、最後にある名前を口にしたエピソードについては「」に書きますので、よろしければご覧くださいね。

次の