メルカリ 支払い方法 手数料。 メルカリの手数料はいくら?合計すると意外と高い…

【メルカリ】支払い方法と手数料一覧/コンビニ決済とスマート払いは要注意!

メルカリ 支払い方法 手数料

購入者の支払う手数料 メルカリで商品を購入する際に、 クレジットカードによる支払いを選択すると手数料はかかりませんが、コンビニ支払いやATM支払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いを選択した場合は、100円の手数料を負担しなければいけません。 厳密にいうと、コンビニ・ATM支払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いなどの手数料は、メルカリに入る手数料ではありませんが、購入者さんにとっては負担になるので、商品を買う時は注意してください。 コンビニ支払いについては、メルカリ以外のフリマアプリやAmazonなどでも対応していて便利なんですけどね… 販売者が支払う販売手数料 冒頭でもチラッと触れましたが、メルカリでは、基本的に商品を出品する際には手数料は発生しません。 商品が売れた時にはじめて販売手数料が発生する仕組みになっています。 なので、大量に商品を出品するだけでしたら、手数料はかかりませんので、少しでも売れる確率を上げたいのであれば出品数を増やすという考えは有効です。 メルカリに出品している商品が売れた時に、販売者さん側に発生する販売手数料は売れた金額の10%です。 商品を出品する際には、売れた時に発生する10%の販売手数料や送料を考慮して販売価格を決めるようにしましょう。 売上の換金にかかる振込手数料 こちらも冒頭で触れましたが、メルカリで商品が売れて取り引きが無事に完了すると、売り上げは売上金に反映されます。 は以下の記事でも解説しているので参考にしてみてください。 上記の記事でも説明しましたが、 申請する売上金が1万円以上の場合は、手数料は発生しません。 1万円未満の売上金を申請する場合、210円の手数料がかかるので販売者さんは気をつけてくださいね。 スポンサーリンク 組み戻し手数料に注意! 売上金を受け取る際に振込手数料が発生するわけなんですが、間違った口座を指定しまったせいで、違う口座に売上金が入金された場合、本来指定するべきだった正しい口座に再度振り込み直してもらう必要が出てきます。 その際にあらたに発生するのが組み戻し手数料です。 間違って指定した口座が存在しない場合は、売上金の振込は不可能なので、組み戻し手数料は発生しません。 入金されてしまった場合のみ発生するのでご注意ください。 組み戻し手数料は630円です。 なお、申請した売上金が1万円未満の場合は、振込手数料210円もさらに負担することになってしまいます。 メルカリの手数料一覧表 メルカリの手数料は、条件によって様々です。 わかりやすいように表にまとめてみたので参考にしていただければ幸いです。 自転車本体を10,000円、送料15,000円で出品する際は、送料込み合計25,000円だと販売価格25,000円に対して10%の販売手数料が発生してしまいます。 なので、自転車本体10,000円と送料15,000円を合計25,000円(送料込み)で出品して売れた場合は、25,000円に対して10%の販売手数料2,500円となります。 もし販売手数料を送料別で本体価格の10%にしたいのであれば、販売価格10,000円(送料着払い)で出品する必要があります。 メルカリの場合、出品の際に送料を自分で負担するか、購入者さんに負担して頂くか(着払い)によって商品が売れた時、販売手数料の金額も変わってくるのでご注意ください。 また、自転車のような大型商品の発送には、の利用が便利だったりします。

次の

【メルカリ】支払い方法と手数料一覧/コンビニ決済とスマート払いは要注意!

メルカリ 支払い方法 手数料

メルカリには、たくさんの支払い方法がありますが、何度かメルカリで商品を購入すると、だいたい同じ支払い方法を選ぶ人が多いと思います。 しかし、下記のような場合には、支払い方法を変更したいと思うのではないでしょうか?• カードやキャリア決済が限度額に達してしまった場合• はじめ選んでいたコンビニと違うコンビニで支払いしたくなった場合• コンビニに支払いに行けなくなってしまった場合• 商品を購入した後に、売上金が入ってポイントで購入したい場合 メルカリでは、商品を購入する前は支払い方法が変更できますが、商品を購入した後は基本的には支払い方法は変更できないことになっています。 しかし、商品購入後でも、支払い方法を変更できる場合もあるので、詳しく解説していきますね。 メルカリで商品を購入した後に支払い方法を変更する場合 メルカリでは、商品を『購入する』のボタンを押してしまったら、基本的には支払い方法の変更はできません。 しかし 、『コンビニ支払いやATM支払い』場合には条件付きで変更できます。 また、あまりおすすめではありませんが、取引自体をキャンセルして、再度購入する方法もあります ので、これから、説明していきますね。 コンビニ支払いやATM支払いの場合 コンビニ支払いとATM支払いの間であれば、メルカリで商品を購入した後であっても、支払い方法の変更は可能です。 例えば、以下のような場合です。 支払い方法の変更の仕方は、商品の取引画面の『支払い方法』で、変更したい支払い方法をタップして、『お客様番号を再発行する』を選べばOKです。 クレジットカードやキャリア決済、ポイント払いの場合 クレジットカード払いやキャリア決済、ポイント払いの場合は、即時決済なので支払い方法の変更はすることができません。 それでも、 どうしても支払い方法を変更したい時には、出品者に事情を説明して、取引自体を一度キャンセルしてもらうしかありません。 出品者がキャンセルに同意してくれた場合、キャンセルすることができますが、出品者としても再出品をする手間がかかりますし、本当にまた購入してくれるのか半信半疑なところもあり、キャンセルに応じてくれるとは限りません。 また、 購入者都合のキャンセルとなってしまいますので、購入者のアカウントに何らかのペナルティがついてしまうことは避けられません。 例えば、コンビニ払いにしていたけど、売上金が入ってきたのでポイント払いに変更したい場合などは、コンビニ払いの手数料100円はかからなくなりますが、たった100円のためにペナルティを受けてメルカリの利用ができなくなってしまってはどうしようもありません。 出品者にも迷惑をかけてしまいますし、 やむを得ない事情の場合以外は、そのまま取引を続けることをおすすめします。 メルカリで商品を購入する前に支払い方法を変更する場合 メルカリでは、商品を購入する前であれば、支払い方法を自由に変更することができます。 クレジットカード情報は、商品の購入時には変更できませんので、事前に変更することが必要になります。 商品の購入時に支払い方法を変更する場合 まず、購入したい商品を決めたら、商品ページ右下の『購入手続きへ』をタップします。 この時点ではまだ購入は完了していないので、次の『購入手続き』という画面で支払い方法を選びます。 売上金がある場合には、ちゃんと『売上金があります』とでてきますので、売上金で購入したい場合にはポイントに交換するようにしましょう。 『購入手続き』の画面で売上金をポイントに換える時には、商品の代金分しかポイントに交換できない仕組みになっていますので、安心ですよ。 また、『支払い方法』をタップすると『コンビニ・ATM払い』『キャリア決済』『クレジットカード払い』が選択できるようになっています。 『メルカリ月イチ払い』が利用できるアカウントであれば、自動的に月イチ払いの選択肢もでてきますので、好きな支払い方法に変更してくださいね。 右側にチェックがついた支払い方法に変更されたことになります。 事前に支払い方法を変更しておく場合 支払い方法は、事前に変更しておくこともできます。 まず、トップ画面左上の『三』をタップします。 次に、『設定』をタップします。 『支払い方法』をタップします。 いろいろな支払い方法がでてきますので、都合のいい支払い方法に変更してくださいね。 クレジットカードを変更する場合 なお、 クレジットカードに変更する場合には、商品の購入時ではなく、事前に変更しておかなければいけませんので注意してくださいね。 クレジットカードは1つしか登録することができませんので、前の情報は破棄して、新しい情報を入力することになります。 1.まず、先ほどの支払い画面の右上の『編集』をタップします。 2.一番下がクレジットカードの入力欄ですので、クレジットカードの情報の左側に表示される赤い『-』をタップします。 3.右側に『削除』とでてきますのでタップして、古いクレジットカードを削除してください。 4.『本当にこのカード情報を消去してよろしいですか』とでてきますので、『はい』をタップします。 5.支払い方法の画面から、クレジットカード情報が消えていますので、『クレジットカード』をタップします。 6.新しいクレジットカード情報を入力して、『追加する』をタップしたら完了です。 さいごに いかがだったでしょうか? メルカリでは、商品を購入する前だと支払い方法は好きなように変更できますが、購入した後は難しいので、きちんと支払い方法を確認して購入しましょうね。 もしも、売上金がもう少しで入ってきそうな時には、購入前にコメント欄で出品者に事情を説明して、『専用出品』など取り置きしてもらっておくのもひとつのやり方です。 ただ、『専用出品』してもらったからと言って、必ず購入できる訳ではないですので、どうしても欲しい商品であれば、即購入するようにしましょう。

次の

メルカリでいちばんお得な決済方法は?メリットデメリットまとめ

メルカリ 支払い方法 手数料

はじめてメルカリを利用するとき、気にかかるのは手数料です。 せっかく売れたのに、手数料を支払ってでチャラになってしまうなら何のために出品するのかわかりませんよね・・・。 メルカリでは、「出品時も購入時も手数料0円!」と大きく宣伝しています。 それなのにメルカリユーザーからは「メルカリは手数料が高い!」という声が聞こえてきます。 実はメルカリには、出品時・購入時以外にかかる諸手数料が存在します。 その手数料、いったいいくらなのかご存知ですか? これを知らなければ、出品金額によっては利益が少なくなってしまいます。 今回はメルカリで気になる「手数料」についてお話させていただきます。 最後までお読みいただき、効率的な出品・購入を進めてくださいね。 メルカリ購入者にかかる手数料について 会員登録費用・月会費は0円! メルカリは、会員登録費用や月額費用といった「基本手数料」は一切不要で利用できます。 「登録から〇カ月までは月額費用無料」とか、「出品数〇件までなら無料」といった制限もありません。 また、購入するときも「〇円以上購入したら手数料無料」など購入の金額や件数による制限もないので、「出品時・購入時手数料0円」という広告はけっしてウソではありません。 購入時の手数料も0円! メルカリで商品を買っても、「購入手数料」は発生しません。 「販売手数料」は発生しますが、こちらは販売者側が負担するものです。 購入者が商品代金以外でお金を負担するのは• コンビニ支払い• ATM支払い• キャリア支払い(dケータイ払いプラス・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い) この方法はいずれも一律100円の支払い手数料がかかります。 クレジットや売上金決済とは違い外部のシステムを利用するため、どうしても支払いに手数料がかかってしまうのです。 この手数料は1つの商品に対して100円かかります。 たくさんの商品を購入するときはクレジットカードの利用を検討しましょう。 メルカリ出品者にかかる手数料について 会員登録・月会費・出品時の手数料は0円! メルカリでは、出品する場合でも基本手数料は0円です。 以前は出品に手数料がかかるオークションも存在していましたが、現在は大手オークションも手数料無料の範囲を拡大していますす。 フリーマーケットやオークションは「出品者ありき」ですから、どこの企業も出品者の負担を減らして出品数を増やしたい傾向にあるのです。 メルカリもその流れに違うことなく、出品時に手数料を求められることはありません。 メルカリは売れたときに「手数料10%」が発生! メルカリで手数料が発生するのは、出品した品物が「売れた」ときです。 商品が売れない限りは手数料は発生しません。 手数料の額は売上金額の10%です。 下の画像は、1,400円の商品を販売したときの販売利益が表示されています(しっかり売上金額の10%が差し引かれていますよね)。 こたとえば10,000円の商品が売れたときは1,000円が差し引かれ、9,000円が手元に残ります。 たとえ商品が300円だったとしてもやはり10%の30円が差し引かれ、残りは270円となります。 このように数字にしてみてみると、メルカリの手数料はけっして安くないことがわかりますね。 ちなみに楽天のフリマアプリ「ラクマ」の手数料は、メルカリの半分にも満たない「3. 5%」です(以前は0%でしたが値上げとなりました)。 しかし、フリーマーケットは売れてナンボです。 2018年現在、アプリダウンロード数5,000万人に達したメルカリは「売れる可能性の高さ」は飛びぬけて高いのです。 手数料は安いけど売れないフリマと比較すると、売れる可能性を拡大し続けるメルカリの10%は「高いけれど・高くない」そんな絶妙なラインなのではないでしょうか。 参考までに女の子専用フリマアプリ「ショッピーズ」、アニメ・アイドルグッズ専用の「オタマート」も現在販売手数料は10%となっていますのでメルカリだけが異常に高い、というわけではありません。 出品者は送料も負担する? メルカリでは、出品時に「誰が送料を負担するか」が選べます。 上の画像は配送料の設定画面です。 ここで送料の「出品者」か「購入者」のどちらかを選択します。 赤枠内にも書かれていますが、 出品者が負担するほうが売れやすくなります。 購入者に負担してもらうとしたら着払いをお願いするしかありません。 しかし、着払いは別途お金が必要で、在宅しなければ荷物が受け取れないことから購入を敬遠されがちです。 購入者側は、商品代に送料が含まれることは承知の上で「出品者負担」の商品を選びますので、品物に値段をつけるときは、忘れずに「送料」も含めましょう。 含める送料に関してはしっかり調べ、送料で損することがないようにしてくださいね。 ここで筆者の過去の販売実績の画面をお見せします。 850円の品物をらくらくメルカリコンパクトで送ると、利益はこれだけになります。 送料がどれだけ売上げを圧迫するのか、販売手数料のとのバランスを見るための参考になれば幸いです。 これはいわゆる、「発送方法を見誤った失敗のケース」です。 厚さが3㎝を超えるため、郵便の「規格外」で発送すれば送料は200円で済んだのです。 引き出し手数料がかかるケースもある! メルカリでは売上金額を指定口座に現金振込してくれます。 この売上げ金額が10,000円未満の場合、引き出すだけで210円の「振込手数料」が差し引かれてしまいます。 たとえば5,000円を引き出す場合、実際の金額は4,790円となってしまうのです。 単価の安いものを多く売っていると、10,000円に達するのもたいへんです。 メルカリで商品を現金化したいなら、このような「振込手数料」も念頭に入れておきましょう。 メルカリでかかる手数料のまとめ これまで購入者と出品者のかかるさまざまな手数料を順次説明いたしました。 「手数料0円!」と謳っているわりには、あれこれと手数料が発生していましたね。 最後にメルカリ利用で発生する手数料をひとまとめにしましたので、今後の参考になさってください。 購入者 出品者 販売手数料 負担なし 販売金額の10% 支払手数料 支払方法がコンビニ・ATM・キャリアの場合 100円 負担なし 振込手数料 なし 引き出す金額が10,000円未満210円 送料 着払の場合に負担 元払の場合に負担 無駄な出費を増やさないためにも、できるだけ「手数料」のかからない方法をその都度チョイスしてくださいね。 ただし、高額な商品を発送する場合はたとえ割高になったとしても「補償」がついている発送方法を検討しましょう。 最後に メルカリは「売れたとき」に初めて手数料が発生します。 出品しているだけの状態で手数料が発生することはありません。 メルカリで損をするか、しないかは「出品価格の設定」に左右されます。 とはいえ、普通に売られている金額より高ければ当然売れなくなるのが難しいところ。 出品者にできるのは「送料をいかに安く抑えるか」にかかっています。 出品者・購入者それぞれがトクをする方法は、です。 メルカリ専用の特別配送料について、しっかり調べ手上手に活用することで今後の「メルカリ生活」が変わってくるのではないでしょうか。

次の