ご承諾ありがとうございます。 「ご承諾」の意味と敬語、読み方、例文、類語「ご快諾/ご了承」との違い

【テンプレあり】内定承諾のメール・電話をするときのマナーは?メールの書き方&電話での伝え方解説

ご承諾ありがとうございます

この記事の目次• ご承諾いただきありがとうございます の意味 「ご承諾いただきありがとうございます」は「(要望などを)受け入れてもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご承諾の意味は(要望・要求・意見などを)受け入れること 「ご承諾」のそもそもの意味は「相手の意見・希望・要求などを聞いて、受け入れること」 たとえば、 【例文】メーカー側の承諾を得る 【例文】仕様の変更を承諾する のようにして使います。 もとになる語「承諾」に尊敬語or謙譲語「お(ご)」で「ご承諾」という敬語にしています。 自分がご承諾するのであれば謙譲語としての使い方。 上司・目上・取引先などの相手がご承諾くださるのであれば尊敬語としての使い方。 「お(ご)」は尊敬語と謙譲語の使い方があり、ややこしい敬語です。 すると意味は「(要望などを)受け入れてもらい~」と解釈できます。 「ご利用いいただく=利用してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「ご承諾」の「お(ご)」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 受ける = (要望などを)受け入れること• すると「ご承諾いただきありがとうございます」の意味は… 「(要望などを)受け入れてもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 「ご承諾いただきありがとうございます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「ご承諾いただきありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「承諾」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「承諾」に謙譲語「お・ご」で 「ご承諾」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご承諾いただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「了承」「連絡」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ご承諾いただきありがとうございます の使い方・例文 つづいて「ご承諾いただきありがとうございます」の使い方をビジネスメール例文でご紹介します。 文字どおり目上や上司・社外取引先から何かしらの(要望などを)受け入れてもらったときのお礼に使います。 返信メールの書き出しに使うことがおおい敬語フレーズ。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 返信の返信メールのお礼に使います。 まぁ普段のビジネスメールであれば「ご連絡・ご返答・ご回答いただきありがとうございます」などで十分ですが… とくに無茶なお願いをしたときに使い、普段のビジネスメールであれば「ご連絡・ご返答・ご回答いただきありがとうございます」などで十分です。 「ご承諾いただきましてありがとう」としても丁寧 より丁寧なビジネスメールにするコツ 「ご承諾 いただきましてありがとうございます」とすると上司・目上・社外取引先にたいしてより丁寧な敬語になります。 敬語の種類としては以下のとおり。 もとになる語 「承諾してもらいありがとう」• 丁寧語「ます」の活用形「まして」で 「ご承諾いただきまして」• +お礼の「ありがとうございます」 「ご承諾くださいましてありがとう」としても丁寧 ところで「ご承諾 いただきありがとうございます」と似たようなフレーズには… 「ご承諾 くださいまして誠にありがとうございます」もあります。 あるいは… 「ご承諾くださり、ありがとうございます」としてもOK。 あるいは単に「ご承諾ありがとうございます」としてもまぁ問題はありません。 結論としてはどれを使っても丁寧な敬語です。 意味はまったく違いますが…相手が返事なり回答してくれたことに対するお礼という意味ではおなじことです。 「ご返答」の敬語フレーズ 例文「ご返答ありがとうございます」 例文「ご返答いただきありがとうございます」 例文「ご返答いただきましてありがとうございます」 例文「ご返答くださり、ありがとうございますますようお願い申し上げます」 例文「ご返答くださいましてありがとうございます」• 「ご回答」の敬語フレーズ 例文「ご回答ありがとうございます」 例文「ご回答いただきありがとうございます」 例文「ご回答いただきましてありがとうございます」 例文「ご回答くださり、ありがとうございますますようお願い申し上げます」 例文「ご回答くださいましてありがとうございます」• 「ご返事・お返事」の敬語フレーズ 例文「ご返事ありがとうございます」 例文「ご返事いただきありがとうございます」 例文「ご返事いただきましてありがとうございます」 例文「ご返事くださり、ありがとうございますますようお願い申し上げます」 例文「ご返事くださいましてありがとうございます」• 「ご連絡」の敬語フレーズ 例文「ご連絡ありがとうございます」 例文「ご連絡いただきありがとうございます」 例文「ご連絡いただきましてありがとうございます」 例文「ご連絡くださり、ありがとうございますますようお願い申し上げます」 例文「ご連絡くださいましてありがとうございます」 「ご承諾ありがとう」だけじゃないお礼の敬語フレーズ ここまではビジネスシーン(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)でオーソドックスに使えるお礼・感謝の敬語フレーズを紹介しました。 ただ、 お礼するときにいつも「ありがとうございます」を使っていてはビジネス敬語ビギナー。 ここからは「ありがとう」だけじゃないお礼・感謝の敬語フレーズを紹介します。 『ご承諾いただき感謝申し上げます』など 「ご承諾いただきありがとう」だけじゃないお礼・感謝の敬語フレーズ 「感謝」をつかった例文を。 もちろん「ご承諾 くださいまして恐縮」「ご承諾 賜りまして恐縮」「ご承諾 いただき まして恐縮」としても丁寧です。 「ご承諾いただき vs ご承諾くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 「 ご承諾いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご承諾くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご承諾いただく=(要望などを)受け入れていただく」なのか「ご承諾くださる=(要望などを)受け入れてくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご承諾いただきありがとうございます」「 ご承諾くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご承諾 くださいますようお願い致します」 「ご承諾 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「いつも ご利用 くださりありがとうございます」 「いつも ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。

次の

「承諾」の意味とビジネスメールでの使い方!「了承」との違い、類語、英語も紹介

ご承諾ありがとうございます

【メール編】内定承諾時のマナー 企業から内定の連絡がメールで来た場合、どのように返信したらいいのでしょうか?承諾の意思を伝える際のマナーを紹介します。 なるべく早めに返信するように心がけて 企業からの内定の連絡がメールで届き、承諾の返事をする場合、できるだけ早くメールを返信することが大切です。 もしメールの返信が遅くなると、内定の連絡をした企業の担当者は「内定の連絡メールが届いているかどうか」「内定の承諾が得られるのかどうか」と心配することになってしまうでしょう。 内定の連絡メールに気づいたのにすぐ返信できない状況にあるときも、できるだけその日のうちに返信するようにしたいところです。 うっかり返信を忘れてしまわないよう、そのメールにフラグなどの印をつけておき、手が空いたらすぐ返信するようにしましょう。 お礼と内定承諾の意思を簡潔に伝える 内定の承諾をメールの返信で伝える場合は、内定を出してもらったことへのお礼の言葉を添え、内定を受ける意思を明確に書くのが重要なポイントです。 具体的には、 「このたびは内定のご連絡を頂き、ありがとうございました。 喜んでお受けしたいと思います」などと書くとよいでしょう。 加えて、「一日も早く貴社に貢献できるよう頑張りたいと思います。 どうぞご指導のほど、よろしくお願い申し上げます」というように、入社に向けた前向きな気持ちを書き添えてもよいでしょう。 このたびは内定のご連絡を頂き、ありがとうございます。 内定をお受けいたしますことをご返信申し上げます。 貴社に内定を頂くことができ、大変うれしく思っております。 貴社で一日も早く活躍できるよう、努力して参ります。 なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。 jp ————————————————— 内定承諾メールを書くときの4つのポイント ・件名の「Re: 」は届いたメールに返信する場合、自動で表示されるので、そのまま残しておきましょう。 ・宛名は、「社名」「部署名」「相手の名前」の順で入力します。 「社名」は株式会社などの法人格を略さず記載しましょう。 また、部署名宛てにするときは「御中」、人物に対しては「様」を使います。 両方を併記することはないので、注意しましょう。 ・「氏名」「学校名・学部・学科・学年」「連絡先」を記入した署名を入れておきましょう。 氏名は読み方がわかるように、ひらがなやローマ字でふりがなを入れると親切です。 ・メール文を長くする必要はありません。 簡潔にまとめましょう。 書面を確認した後は、電話で内定承諾の意思を伝えたい人もいるでしょう。 このときのマナーについて押さえておきましょう。 お礼と自分の意思を簡潔に伝える 内定をもらった企業に電話で内定承諾の連絡をする場合も、伝えるべき内容はメールの場合と同じです。 まず「内定をいただきましてありがとうございます」とお礼を伝えます。 お礼を伝えた後に「内定をお受けしたい」と自分の意思を伝えましょう。 電話をかける環境に気をつけて 電話については、担当者と話すのに適した環境かどうかもポイントです。 周囲の音が気になる場所や電波の状態がよくない場所など、相手の声が聞き取りづらいところは避け、 できるだけ静かで落ち着いて話せる場所でかけるようにしましょう。 メモの準備を忘れずに 通常、今後のことを電話で細かく説明するケースは少なく、別途メールや書面などで詳細な連絡が届くことが多いです。 ただし、 今後のスケジュールなどを伝えられるケースもないとはいえません。 念のためメモの準備をしておきましょう。 内定承諾の電話をかける場合の例文&解説 電話で内定承諾の意思を伝える場合の例文とポイントを解説します。 自分:私、内定の連絡をいただきました〇〇大学のりくなび太郎と申します。 自分:この度は内定をいただき、ありがとうございます。 本日は、御社からの内定をありがたくお受けさせていただきたいと思い、お電話させていただきました。 人事:ありがとうございます。 よろしくお願いいたします。 自分:入社後は、一日も早く御社に貢献できるよう努力してまいりますので、これからどうぞよろしくお願いいたします。 人事:こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。 人事:ありがとうございます。 お手数ですが、よろしくお願いいたします。 自分:突然の電話でお時間を頂戴して申し訳ございませんでした。 それでは、失礼いたします。 人事:失礼いたします。 ・書類の返送時期については、書類に記載されていることが一般的ですが、不明な場合は担当者に問い合わせてみるといいでしょう。 ・用件が終わり、電話を切る際には「失礼いたします」と言うと自然に電話を切ることができます。 ・話が終わってからすぐに電話を切るのではなく、2~3秒おくと、急に切られたという印象を相手に与えないでしょう。 内々定または内定を得た企業について、業界の情報をチェックしてみよう。

次の

ご無理なお願い(承諾)のお礼の例|#話術.com

ご承諾ありがとうございます

【メール編】内定承諾時のマナー 企業から内定の連絡がメールで来た場合、どのように返信したらいいのでしょうか?承諾の意思を伝える際のマナーを紹介します。 なるべく早めに返信するように心がけて 企業からの内定の連絡がメールで届き、承諾の返事をする場合、できるだけ早くメールを返信することが大切です。 もしメールの返信が遅くなると、内定の連絡をした企業の担当者は「内定の連絡メールが届いているかどうか」「内定の承諾が得られるのかどうか」と心配することになってしまうでしょう。 内定の連絡メールに気づいたのにすぐ返信できない状況にあるときも、できるだけその日のうちに返信するようにしたいところです。 うっかり返信を忘れてしまわないよう、そのメールにフラグなどの印をつけておき、手が空いたらすぐ返信するようにしましょう。 お礼と内定承諾の意思を簡潔に伝える 内定の承諾をメールの返信で伝える場合は、内定を出してもらったことへのお礼の言葉を添え、内定を受ける意思を明確に書くのが重要なポイントです。 具体的には、 「このたびは内定のご連絡を頂き、ありがとうございました。 喜んでお受けしたいと思います」などと書くとよいでしょう。 加えて、「一日も早く貴社に貢献できるよう頑張りたいと思います。 どうぞご指導のほど、よろしくお願い申し上げます」というように、入社に向けた前向きな気持ちを書き添えてもよいでしょう。 このたびは内定のご連絡を頂き、ありがとうございます。 内定をお受けいたしますことをご返信申し上げます。 貴社に内定を頂くことができ、大変うれしく思っております。 貴社で一日も早く活躍できるよう、努力して参ります。 なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。 jp ————————————————— 内定承諾メールを書くときの4つのポイント ・件名の「Re: 」は届いたメールに返信する場合、自動で表示されるので、そのまま残しておきましょう。 ・宛名は、「社名」「部署名」「相手の名前」の順で入力します。 「社名」は株式会社などの法人格を略さず記載しましょう。 また、部署名宛てにするときは「御中」、人物に対しては「様」を使います。 両方を併記することはないので、注意しましょう。 ・「氏名」「学校名・学部・学科・学年」「連絡先」を記入した署名を入れておきましょう。 氏名は読み方がわかるように、ひらがなやローマ字でふりがなを入れると親切です。 ・メール文を長くする必要はありません。 簡潔にまとめましょう。 書面を確認した後は、電話で内定承諾の意思を伝えたい人もいるでしょう。 このときのマナーについて押さえておきましょう。 お礼と自分の意思を簡潔に伝える 内定をもらった企業に電話で内定承諾の連絡をする場合も、伝えるべき内容はメールの場合と同じです。 まず「内定をいただきましてありがとうございます」とお礼を伝えます。 お礼を伝えた後に「内定をお受けしたい」と自分の意思を伝えましょう。 電話をかける環境に気をつけて 電話については、担当者と話すのに適した環境かどうかもポイントです。 周囲の音が気になる場所や電波の状態がよくない場所など、相手の声が聞き取りづらいところは避け、 できるだけ静かで落ち着いて話せる場所でかけるようにしましょう。 メモの準備を忘れずに 通常、今後のことを電話で細かく説明するケースは少なく、別途メールや書面などで詳細な連絡が届くことが多いです。 ただし、 今後のスケジュールなどを伝えられるケースもないとはいえません。 念のためメモの準備をしておきましょう。 内定承諾の電話をかける場合の例文&解説 電話で内定承諾の意思を伝える場合の例文とポイントを解説します。 自分:私、内定の連絡をいただきました〇〇大学のりくなび太郎と申します。 自分:この度は内定をいただき、ありがとうございます。 本日は、御社からの内定をありがたくお受けさせていただきたいと思い、お電話させていただきました。 人事:ありがとうございます。 よろしくお願いいたします。 自分:入社後は、一日も早く御社に貢献できるよう努力してまいりますので、これからどうぞよろしくお願いいたします。 人事:こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。 人事:ありがとうございます。 お手数ですが、よろしくお願いいたします。 自分:突然の電話でお時間を頂戴して申し訳ございませんでした。 それでは、失礼いたします。 人事:失礼いたします。 ・書類の返送時期については、書類に記載されていることが一般的ですが、不明な場合は担当者に問い合わせてみるといいでしょう。 ・用件が終わり、電話を切る際には「失礼いたします」と言うと自然に電話を切ることができます。 ・話が終わってからすぐに電話を切るのではなく、2~3秒おくと、急に切られたという印象を相手に与えないでしょう。 内々定または内定を得た企業について、業界の情報をチェックしてみよう。

次の