清洲 会議 出演 者。 映画「清須会議」

清洲会議

清洲 会議 出演 者

そんなことしたら、力を持ちすぎた秀吉は真っ先に粛清の対象となってしまうので、秀吉自身がいかに織田家への忠義を貫こうと思っても、生き延びたければ史実通りの行動をとるほかはなくなる。 結果、織田家から天下は失われ、秀吉が天下を握る。 無論、織田家への忠義を貫く秀吉が座して死を待つ可能性もないではないが、それでは彼の家来達が浮かばれない。 家来達を守るには、やはり史実通りの動きをとるほかはなく、結果秀吉が天下を握る。 もし秀吉が死を選んでしまった場合、織田信孝や柴田勝家らが織田家の実権を握る事になるだろうけど、彼らには天下を支配できる能力はないので、織田家はいずれ天下を失う事になる。 例えば秀吉の残党勢力や、織田信雄の勢力は確実に織田信孝・柴田勝家連立政権に反発するので、この時点で織田家は分裂状態に陥る。 秀吉に近い立場にあった丹羽長秀や池田恒興の勢力も信孝政権に従順に従うとは思えないので、ますます織田家の分裂は加速する。 そうなれば徳川家康だって独立勢力への道を歩むだろう。 既に家康は三河・遠江・駿河3ヵ国のほかに甲斐を手に入れ、信濃の半ばを制しつつある。 分裂状態の織田家に従う理由はない。 そもそも史実の秀吉は、織田家から天下を奪ったが、織田家そのものを滅ぼしたわけではなく、その意味で彼は織田家に対する最低限の忠誠は全うしている。 例えば織田家嫡流の織田秀信は、秀吉政権下で織田家の本国ともいえる美濃国を与えられ、中納言の官位を与えられるなど非常に厚遇されていた。 主家から実権を奪い取ったにもかかわらず、主家をここまで厚遇する例はあまり見られない事。 織田信長は旧主であった尾張守護の斯波氏を追放し、さらに自ら将軍にした足利義昭すら京都から追放して室町幕府の息の根を止めた。 徳川家康にしても、豊臣家から天下を奪った後、大坂の陣で豊臣家を根絶やしにしてしまった。 出来た可能性は残ります。 しかし、秀吉や勝家が屈服しないと織田家に実質な支配力はありませんでした。 信孝と信雄は秀吉に戦争で負けて取り込まれていますし、三法師も一大名に過ぎなくなっています。 この時点で徳川幕府時代の力をもっと削がれた豊臣家のような状態にされています。 織田家を滅ぼさなったのは秀吉も織田家の血縁の入った淀君と結婚していますし、織田家の正統後継者なのを示す為と謀反人の謗りを受けないようにする為です。 ちなみに柴田勝家は織田家の大老でお市の方を後妻に貰っているから、信長の義理の弟にあたります。 浅井長政と同じくらいの立場ですね。 信長もよく考えれば柴田勝家に謀反されてますし、弟と呼んでいた浅井長政にも裏切られてますし、裏切られる事が多かったですね。 内紛で京近辺を抑えていた秀吉に圧倒的な兵数がついていたので、秀吉が協力しないと話にならなかったと思います。 信孝を擁立した勝家に対し、三法師を傀儡にして秀吉も織田家の勢力争いに対抗して大義名分を通した感じです。 まず、これも勘違いされ易いのですが、三法師が織田家の後継者になるのは既定路線で、秀吉が織田家乗っ取りのために担ぎ出したわけではありません。 その結果、家督は三法師が継ぎ、欠国のうち尾張を信雄、美濃を信孝、山城・丹波を秀吉、摂津を池田恒興、近江を柴田勝家・丹羽長秀・堀秀政が、それぞれ領することに決まりました。 なお、信雄と信孝は三法師の「御名代」(代理人)の座を争っていたので、会議からは外されています。 ご質問に戻ります。 三法師は安土城に入ることになっていました(本能寺の変の失火後も、引き続き織田家の本拠として維持されることになっていた)。 秀吉や長秀が普請に当たっていましたが、その工事が遅れていたため、三法師は一時的に岐阜城主の信孝が預かることになりました。 ところが、信孝は三法師を抱えて手放す気配を見せず、秀吉はこの信孝の行動に苛立ちを露わにしています(『松花堂式部卿昭乗書留』『金井文書』)。 実際には信孝が三法師の後見人を思わせる行動を取っていましたし、この時点では、まだ秀吉は織田家に忠誠を尽くしていましたので、歴史が示す通り、織田家は天下を獲ることは出来なかったのではないかと思われます。

次の

映画「清須会議」

清洲 会議 出演 者

参加者 [ ] 天正10年6月のにおいて、織田家前当主は京都で家臣のの謀反で自害し、信長の嫡男で織田家当主であったもで切腹した。 光秀はで敗れ逃亡中に討たれ、織田家後継者および遺領の配分を決定することを目的に、()で開催された。 集まった織田家家臣は 、 、 、 の4人で、は直前のでに惨敗し、からへ敗走中で間に合わなかった。 恥じて不参加、あるいは織田氏の勢力を関東から撤退させたことを理由に参加を拒まれたとの説もある。 それぞれ誓紙を交わしたが、直接の参加者の宿老4人だけでなく、織田信雄・織田信孝の2人の信長の上位の遺子たちとの3人も会議の決定に委任して、それに従う形で誓紙を交わしていた。 織田家家督と体制の決定 [ ] 織田家の後継者問題では、信長の次男・と三男・が互いに後継者の地位を主張し引かなかったため、秀吉がその隙をついて勝家・秀吉ら宿老たちが事前に信長の嫡孫であるを御名代とすることで双方が了解した。 勝家も秀吉の弔い合戦の功績に対抗できなかった。 『』にも「大旨は羽柴のままの様になった」と記している。 いっぽう『』では、秀吉が三法師を擁立し勝家が信孝を後継者に推して対立し、秀吉が席を立ち、残された3人での話し合いで勝家も矛を収めて三法師の家督擁立が決まったとしている。 4日後、4重臣が対面することになったが、その間に秀吉が玩具で三法師を手なづけて、対面の場に三法師を抱いて秀吉が現れ、それに3重臣が平伏する形となったと記している。 こうした通説に対しては、そもそも信長の後継者である信忠に何かあれば、その嫡男である三法師が家督を継承することは信長存命中からの方針で家中に異論がなく(勝家が信孝を推したとするのは『川角太閤記』の創作とする)、清洲城で会議が開かれたのも三法師が滞在している城だからであり、会議で問題になったのは三法師が成人するまで「」を設置するか否かで、信雄と信孝の対立の焦点もそこにあったとしている。 信忠の同母弟であるが光秀討伐の功績のない信雄と、光秀討伐の功績はあるが三法師との血縁が薄く、三法師の後継者としての貴種性を揺るがしかねない信孝とでは、いずれも家中の納得を得られないため単独の名代の設置は回避された、と柴は説いている。 つまり柴の指摘に従えば、清洲会議は「信長の後継者を決める」会議ではなく、信長の後継者である三法師がいる清洲城に集まって「三法師を支える体制を決める」会議であったということになる。 結果として三法師が織田家家督を継ぎ、叔父の織田信雄と信孝が後見人となり、傅役として堀秀政が付き、これを執権として羽柴秀吉、柴田勝家、丹羽長秀、池田恒興の4重臣が補佐する体制ができた。 この体制に協力する形で家康も参加していた。 織田家領地再配分 [ ] 領地再分配では、次男・はを、三男・信孝はを相続し、信長の四男で秀吉の養子であるは明智光秀の旧領であるを相続した。 家臣団へは、勝家はを安堵の上で、勝家の希望で秀吉の領地であると北近江3郡12万石の割譲が認められ、長浜城は養子のに与えられた。 長秀はを安堵の上で、の2郡を、恒興はから3郡を、それぞれ加増された。 新当主である三法師は近江国坂田郡とを相続し、秀吉にはとが増領され、丹波国も含めると28万石の加増になり、勝家と逆転した。 また、神流川の戦いの後、・、そして織田家の従属大名状態となっていたが、織田家の支配が動揺している旧武田領国に侵攻した()。 このうち、徳川家康から羽柴秀吉ら織田家重臣に対して旧武田領国への進出の了承を求めてきていた。 重臣たちは当初は旧武田領国の奪還を方針としていたが、家康の申し入れを受けて家康による旧武田領国の平定を容認することになった。 ただし、これによって滝川一益ら旧武田領国に与えられた所領を失うことになる諸将への対応は決定されず、後日旧武田領国を家康に委ねたことを知った滝川一益から代わりの所領を要求されるが、重臣たちは会議で決定した所領配分のやり直しも出来ずに結論が先送りされ、一益の不満を強めていくことになる。 また、信雄が支配することになった尾張国と信孝が支配することになった美濃国の国境についても両者の意見の対立があり(信孝は洪水による木曽川の流路変更を理由に国境線自体の変更を求めた)、信孝の意見を支持する秀吉と信雄の意見を支持する勝家が対立した(秀吉は信孝の意見を支持する代わりに三法師の安土移動を取引する算段であったという)。 最終的に信雄の意見が会議の合意に基づいたものとして認められることになるが、これは信孝の不満を強めていく一因となった。 織田家家臣団画像 [ ] 像 会議の影響 [ ] 清洲会議では、それまで織田家の重臣筆頭として最大の発言権を持っていた勝家の影響力が低下し、代わりに秀吉が重臣筆頭の地位を占めるなど、織田家内部の勢力図が大きく塗り変えられた。 清洲会議後に秀吉は三法師の傅役の堀秀政と組み、執権の丹羽長秀と池田恒興を懐柔し秀吉陣営を形成する。 これに危機感を覚えた信孝は勝家と組んで反秀吉陣営を構築し、会議から排除された滝川一益も加わり、織田家重臣たちは二分される。 この会議において織田家の後継者になろうとした織田信雄は北畠から織田に復姓したため、は名実ともに滅亡した。 会議決定の破棄 [ ] 10月11日から15日、秀吉は信長の葬儀を、を立てて喪主として、で挙行し、葬列では秀吉が信長の位牌を持ち、信長の後継者として大きく世間の耳目を集めた。 主筋で、で三法師を抱えて離さない信孝の側に対抗するため、11月1日までに、秀吉は信孝と勝家の謀反を理由に、清洲会議の決定を破棄し、織田信雄を織田家の家督に据えると勝家を除く三宿老の丹羽長秀と池田恒興との三者の合議で決めた。 この決定は、清洲会議の体制に含まれる家康の承諾も必要で、家康は同年12月22日付で秀吉に信雄の家督相続に祝意を表す形で承認している。 その後、秀吉と勝家は対立が深まっていき、翌年のにつながり、秀吉の天下取りとなる。 脚注 [ ] []• 『天下統一から鎖国へ』2010年、吉川弘文館• , pp. 276-277. , pp. 166. , pp. 277. , pp. 166-168. , pp. 32-46. , pp. 278. , pp. 49-50. , pp. 56-59. , pp. 61-64. , pp. 278-279. , pp. 141-142. , pp. 278-280• , pp. 71 なお、柴は小牧・長久手の戦いの講和後に秀吉は一旦は(三法師の代わりに)信雄を正式の織田家の家督と認めたものの、小田原征伐後の信雄の改易などを経て、三法師改め秀信を亡き羽柴秀勝(信長の実子)の後継者として織田家の家督に据えたとする(同書pp. 90-91・100-101)。 , p. 参考文献 [ ]• 『城と秀吉-戦う城から見せる城へ-』角川書店、1996年8月、58頁。 『織田家の人々』、1991年。 『信長と家康 清州同盟の実体』〈学研新書〉、2012年。 「」『人文学報. 歴史学編』第39号、首都大学東京都市教養学部人文・社会系、2011年3月11日、 1-30頁、 、 2020年5月13日閲覧。 『清須会議』〈シリーズ【実像に迫る】017〉、2018年。 外部リンク [ ]• 清州城公式ホームページ(清須市)• 朝日新聞.

次の

清須会議とは(清洲会議とは)~清洲城・織田家宿老の会議

清洲 会議 出演 者

清須会議とは 清須会議とは 天正10年 1582年 6月2日、家臣明智光秀の謀反による本能寺の変で、天下統一の半ばで、 織田信長公が討たれました。 羽柴秀吉は、即座に"弔い合戦"の大義名分を掲げて、神戸信孝・丹羽長秀・池田恒興・中川清秀・ 高山右近らを率いて、明智光秀との『山崎の戦い』に臨み、主君の仇討ちを果たします。 わずか10日余りで、明智光秀を倒し近畿地方の秩序を取り戻した秀吉が信長の後継者として注目されました。 本能寺の変の時に京都から遠く離れた地点に居た柴田勝家・滝川一益ら先輩格の武将は遅れをとることになりました。 信長の仇を討った羽柴秀吉の台頭を抑えようとする柴田勝家は、1582年6月27日、尾張の清洲城で織田家の重臣を集めて『清須会議 きよすかいぎ 』を開き、信長の正統な後継者を定めようとしました。 清須会議が開かれた段階では、織田信長の血縁者として『織田信雄・神戸信孝・三法師 織田信忠の嫡子 』が残っており、この三人の中から家督相続者が選ばれることになっていました。 柴田勝家は信長三男の神戸信孝を、羽柴秀吉は信忠嫡子の三法師 織田秀信 を推しました。 清須には織田信雄 のぶかつ ・神戸信孝・滝川一益らも集まっていましたが、信長の後継者 織田家の家督相続者 を決める清須会議に出席していたのは、羽柴秀吉・柴田勝家・丹羽長秀・池田恒興であり、この4人を清須会議四宿老といいます。 丹羽長秀が秀吉の『長子相続の筋目論』を支持したことで三法師 織田秀信 が信長の正統な後継者に決まりました。 神戸信孝が主君になれば烏帽子親を務める柴田勝家の影響力は増していたと考えられますが、結局、秀吉の親しかった織田信忠の幼少の嫡子・三法師 さんぽうし が家督を継ぐことになったのです。 清須会議では、後継者だけでなく信長死後の領地の再配分 新知行 も行われ、柴田勝家は越前と近江長浜 秀吉の拠点 を手に入れ、秀吉は播磨・山城・河内・丹波を所領にすることになり、丹羽長秀は若狭に加えて近江二郡を得て、 池田恒興は摂津の池田・有岡 伊丹 に加えて、大坂・尼崎・兵庫といった摂津・河内の大半を獲得しました。 神戸信孝 織田信孝 は美濃国全域を所領し、織田信雄は伊勢に尾張を加えました。 三法師の守役を務める 重臣の堀秀政 ほりひでまさ も、丹羽長秀の本領から20万石を貰いうけ近江坂田郡も手に入れました。 『織田信長の後継者』の地位を争って羽柴秀吉と柴田勝家の対立は強まっていき、1582年末に秀吉と勝家が戦う『賤ヶ岳の戦い しずがたけのたたかい 』が始まります。 翌年4月には秀吉の勝利となり、勝家は妻のお市の方と自害に追い込まれます。 さらには戦国の世は、信長公次男、織田信雄と徳川家康連合軍が羽柴秀吉軍と争う「小牧・長久手の戦い」へと続いていきます。 「賤ヶ岳の戦い」「小牧・長久手の戦い」へ・・・ 詳しくは、清洲城天主閣3階「清須会議コーナー」もご覧ください.

次の