ご せん れ いじ に キス し に き て よ 映画。 ロング・キス・グッドナイト : 作品情報

映画『午前0時、キスしに来てよ』公式サイト

ご せん れ いじ に キス し に き て よ 映画

演技がどうとか、ストーリーがどうとか。 そんなことはさておき。 みんな若くてかわいくてきれいでキラキラしてて。 それだけで笑顔になってしまった。 このおとぎ話の結末はどうなるのかと思ったけど、結構真面目で真摯な感じも良かった。 アイドルがみんなあんな高層マンションに住んでいるとは思わないが、今を時めくアイドルたちが「休みの日は家でゴロゴロ」とかいうのも納得できた。 しかしながら何より私が心を動かされたのは遠藤憲一さん。 若手の演技でともするとふわふわしたまま終わってしまいがちなところをびしっとしめてくれた。 あの表情と顔の皺。 でかい顔(失礼)。 あの皺の一つ一つがこの演技を力量を作り上げた、そう思えたら年を取るのもいいもんだ、と思えた。 妙なところで感動した映画でした。 ストーリーそのものはかなり王道で、恋愛モノが好きな方はキュンキュンすること請け合い。 否:ツッコむ気力もなくなるほど、ありえない展開が続いていくのはご愛嬌か。 ストーリーもかなり先読み出来てしまいそう。 こういったコメディタッチのラブストーリーだと、突拍子もない設定や展開についていけなかったりして、人によっては引いてしまったりすると思うんですが、こと本作に関しては、そういったことを言うことすら野暮だと思います(笑)。 それくらい、冷静に考えるとありえないような事件が次から次へとブッ込まれていくので、それが逆にかなり新鮮に感じます。 何というか、まるで誰かの恋愛妄想を丸々観ているような感覚でしょうか(笑)。 生真面目で純粋すぎるヒロイン・日奈々と、思わせぶり天然マイペースのスーパースター・楓。 ただ、 「ありえないでしょ!!」 っていうツッコみさえ置いておけば、そこで描かれていくのは極めて王道のラブストーリーです。 惹かれ合いながらも、境遇が故にすれ違ってしまう2人の恋路に、日奈々を想い続けてきた幼馴染み・彰や、楓の元恋人・柊の存在が、より一層物語を際立たせてくれます。 展開もありがちではありますが、出演者のファンの方は勿論、恋愛映画好きな方は必見の作品といえそうです。

次の

キス×kiss×キス Last chapter of Love 予告編

ご せん れ いじ に キス し に き て よ 映画

解説 過去の記憶をなくした主婦、実は凄腕の特殊工作員と彼女によって事件に巻き込まれた私立探偵の冒険の旅を、ド派手なアクションの連続で描くアクション大作。 「リーサル・ウェポン」「ラスト・ボーイスカウト」のシェーン・ブラックが書き、ハリウッド史上最高値の四百万ドルで落札されたオリジナル脚本を、「カットスロート・アイランド」の監督レニー・ハーリン、主演ジーナ・デイヴィスの夫婦コンビ(その後離婚)で映画化。 製作はハーリン、ブラック、「トゥルーライズ」のステファニー・オースティンの共同。 製作総指揮は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のスティーヴ・ティッシュ、リチャード・サパースタイン、マイケル・デ・ルカ。 撮影のギレルモ・ナヴァロとスタント・コーディネーターのスティーヴ・M・デイヴィソンは、「デスペラード」「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のコンビ。 音楽は「フォレスト・ガンプ」のアラン・シルヴェストリがスコアを書き、ボニー・グリーンバーグの監修の下、ニナ・チェリーの『ウーマン』、マディ・ウォーターズの『マニッシュ・ボーイ』ほか、新旧の挿入曲が使われている。 美術は「ユージュアル・サスペクツ」のハワード・カミングス、編集はウィリアム・ゴールデンバーグ、衣裳は「セブン」のマイケル・カプラン、特殊視覚効果はジェフリー・A・オクン。 共演は「評決のとき」のサミュエル・L・ジャクソン、舞台で活躍し本作が映画初出演のクレイグ・ビアーコ、「クロッシング・ガード」のデイヴィッド・モース、「チェーン・リアクション」のブライアン・コックスほか。 1996年製作/121分/アメリカ 原題:The Long Kiss Goodnight 配給:ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ ストーリー 8年前、ニュージャージー州の浜辺で倒れていたサマンサ・ケイン(ジーナ・デイヴィス)は、全ての記憶を失っていた。 以来彼女は小学校の教師をしながら、優しい夫ハル(トム・アマンデス)と8歳の娘ケイトリン(イヴォンヌ・ジーマ)と幸せな日々を送っていた。 ところが、クリスマス・イヴに交通事故に遭い、その衝撃で断片的に記憶が甦る。 退院したサマンサをある夜、片目の男が襲撃するが、彼女は無意識のうちに体が反応して戦い、相手の首をへし折ってしまう。 不安に陥った彼女は、自分の過去を調査するために雇った私立探偵のミッチ・ヘネシー(サミュエル・L・ジャクソン)と共に、失われた記憶を探す旅に出た。 2人はまず、サマンサ宛の手紙を手掛かりに、ネイサンという人物と連絡を取り、駅で待ち合わせる。 そこへ突如出現した武装集団が彼らを襲うが、サマンサは身に覚えのない射撃のテクニックで敵と渡り合い、窮地を脱する。 そこへネイサン(ブライアン・コックス)が現れ、サマンサの素姓を明かした。 実は、彼女はチャーリーと呼ばれていたCIAの暗殺専門の特殊工作員で、8年前の任務遂行中に死んだものと思われていたという。 ネイサンの話を信じない2人は、手掛かりを握るルーク(デイヴィッド・モース)という男の農場へ向かうが逆に捕まり、ネイサンも殺されてしまう。 サマンサは拷問によって生死の境を漂ううち、記憶を取り戻す。 超人的な射撃の腕でルークの息の根を止めた彼女は、全てを思い出した。 ルークの正体は武器商人のディダラスで、片目の男ジャックはその部下だった。 8年前、ディダラスや彼と結託する巨大犯罪組織のボス、ティモシー(クレイグ・ビアーコ)を暗殺する命令を受けた彼女は、上司のCIA局長パーキンス(パトリック・マラハイド)が彼らの黒幕であることを知ったために殺されかけ、断崖から転落したのだった。 パーキンスとティモシーはサマンサを亡き者にせんと、彼女の愛娘ケイトリンを誘拐。 パーキンスは冷戦終結後の情勢の変化によって弱体化したCIAを憂い、アラブ人ゲリラの仕業に見せかけた爆発事故を起こすことによって、対テロ用の予算の獲得とCIAの存続をもくろんでいた。 脱出したサマンサとミッチは死に物狂いで戦うが、時限爆弾と化したタンクローリーはケイトリンを乗せたまま暴走する。 サマンサは力尽きて倒れるが、間一髪、ミッチが母娘を救出。 サマンサはティモシーを倒し、3人は大爆発の中を脱出した。 パーキンスは反逆罪で告発され、ミッチはヒーローとなり、サマンサはまた元の生活に戻った。

次の

映画『午前0時、キスしに来てよ』公式サイト

ご せん れ いじ に キス し に き て よ 映画

解説 過去の記憶をなくした主婦、実は凄腕の特殊工作員と彼女によって事件に巻き込まれた私立探偵の冒険の旅を、ド派手なアクションの連続で描くアクション大作。 「リーサル・ウェポン」「ラスト・ボーイスカウト」のシェーン・ブラックが書き、ハリウッド史上最高値の四百万ドルで落札されたオリジナル脚本を、「カットスロート・アイランド」の監督レニー・ハーリン、主演ジーナ・デイヴィスの夫婦コンビ(その後離婚)で映画化。 製作はハーリン、ブラック、「トゥルーライズ」のステファニー・オースティンの共同。 製作総指揮は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のスティーヴ・ティッシュ、リチャード・サパースタイン、マイケル・デ・ルカ。 撮影のギレルモ・ナヴァロとスタント・コーディネーターのスティーヴ・M・デイヴィソンは、「デスペラード」「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のコンビ。 音楽は「フォレスト・ガンプ」のアラン・シルヴェストリがスコアを書き、ボニー・グリーンバーグの監修の下、ニナ・チェリーの『ウーマン』、マディ・ウォーターズの『マニッシュ・ボーイ』ほか、新旧の挿入曲が使われている。 美術は「ユージュアル・サスペクツ」のハワード・カミングス、編集はウィリアム・ゴールデンバーグ、衣裳は「セブン」のマイケル・カプラン、特殊視覚効果はジェフリー・A・オクン。 共演は「評決のとき」のサミュエル・L・ジャクソン、舞台で活躍し本作が映画初出演のクレイグ・ビアーコ、「クロッシング・ガード」のデイヴィッド・モース、「チェーン・リアクション」のブライアン・コックスほか。 1996年製作/121分/アメリカ 原題:The Long Kiss Goodnight 配給:ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ ストーリー 8年前、ニュージャージー州の浜辺で倒れていたサマンサ・ケイン(ジーナ・デイヴィス)は、全ての記憶を失っていた。 以来彼女は小学校の教師をしながら、優しい夫ハル(トム・アマンデス)と8歳の娘ケイトリン(イヴォンヌ・ジーマ)と幸せな日々を送っていた。 ところが、クリスマス・イヴに交通事故に遭い、その衝撃で断片的に記憶が甦る。 退院したサマンサをある夜、片目の男が襲撃するが、彼女は無意識のうちに体が反応して戦い、相手の首をへし折ってしまう。 不安に陥った彼女は、自分の過去を調査するために雇った私立探偵のミッチ・ヘネシー(サミュエル・L・ジャクソン)と共に、失われた記憶を探す旅に出た。 2人はまず、サマンサ宛の手紙を手掛かりに、ネイサンという人物と連絡を取り、駅で待ち合わせる。 そこへ突如出現した武装集団が彼らを襲うが、サマンサは身に覚えのない射撃のテクニックで敵と渡り合い、窮地を脱する。 そこへネイサン(ブライアン・コックス)が現れ、サマンサの素姓を明かした。 実は、彼女はチャーリーと呼ばれていたCIAの暗殺専門の特殊工作員で、8年前の任務遂行中に死んだものと思われていたという。 ネイサンの話を信じない2人は、手掛かりを握るルーク(デイヴィッド・モース)という男の農場へ向かうが逆に捕まり、ネイサンも殺されてしまう。 サマンサは拷問によって生死の境を漂ううち、記憶を取り戻す。 超人的な射撃の腕でルークの息の根を止めた彼女は、全てを思い出した。 ルークの正体は武器商人のディダラスで、片目の男ジャックはその部下だった。 8年前、ディダラスや彼と結託する巨大犯罪組織のボス、ティモシー(クレイグ・ビアーコ)を暗殺する命令を受けた彼女は、上司のCIA局長パーキンス(パトリック・マラハイド)が彼らの黒幕であることを知ったために殺されかけ、断崖から転落したのだった。 パーキンスとティモシーはサマンサを亡き者にせんと、彼女の愛娘ケイトリンを誘拐。 パーキンスは冷戦終結後の情勢の変化によって弱体化したCIAを憂い、アラブ人ゲリラの仕業に見せかけた爆発事故を起こすことによって、対テロ用の予算の獲得とCIAの存続をもくろんでいた。 脱出したサマンサとミッチは死に物狂いで戦うが、時限爆弾と化したタンクローリーはケイトリンを乗せたまま暴走する。 サマンサは力尽きて倒れるが、間一髪、ミッチが母娘を救出。 サマンサはティモシーを倒し、3人は大爆発の中を脱出した。 パーキンスは反逆罪で告発され、ミッチはヒーローとなり、サマンサはまた元の生活に戻った。

次の