切細裂き。 鬼滅の刃 呼吸と技の一覧まとめ!柱・主要キャラの名前と合わせて徹底解説

【鬼滅呼吸】鬼滅の刃!獣の呼吸|技一覧まとめ~動画付き~

切細裂き

自らを人ではない野性の獣と称した剣術は主人公の炭治郎や善逸とは一味違う雰囲気。 使用する日輪刀も、刀としては…機能しないようなものですが、伊之助の繰り出す技を見れば、それも納得です! その流れはまさに『猪突猛進』! 本日WJ40号発売! 『鬼滅の刃』第124話掲載中です。 どうぞよろしくお願いします! 今週は、暑さも和らぐ!? ただ、コミックス12巻までで登場したのは 「捌ノ型|爆裂猛進」まで…8編成の呼吸は中途半端にも感じるところ。 おそらく10編成まで展開されるのが予想されますが、 今回は最新刊である12巻までに披露された技の各種をそれぞれ紹介したいと思います。 鬼を倒す事のできる刀 「日輪刀」は鬼殺隊士達に支給されるものですが伊之助の場合は、たまたま遭遇した鬼殺隊士と無理矢理な力比べを行い、手に入れた刀を初期に所持していましたが、蜘蛛の鬼達との激闘の末に刀は折れて 新たな刀を鉄穴森(かなもり)さんに打ってもらいました。 「獣の呼吸」壱ノ牙|穿ち抜き 蜘蛛の鬼の父親と戦った時に使用された技。 標的に勢いよく突き刺し、 刃のこぼれを最大限に利用する為に刺した後に引き抜く!名前から、おそらくそんな感じだと思われますが、実はこの技を繰り出した時…伊之助は深手を負い2本の刀も折れていました。 7巻に収録された汽車での壮絶な戦いでは、弐ノ牙意外にも多数の剣術を披露!蜘蛛の鬼との戦いからいっそう成長した伊之助の姿を見る事ができました。 威力は強くないように思えましたが、一点集中の際には便利そうですね!この攻撃により鬼の核となる部分を露出させる事に成功します。 鼓の鬼と複数の鬼がいて、一角の小太り鬼の頸を一瞬で飛ばしたのが 参ノ牙|喰い裂!伊之助、記念すべき一発目の技ですね! 単行本にして3巻、ユニークな鬼との戦いで面識を持った3人!3という数字に奇妙な繋がりを感じる! 参ノ牙|喰い裂きは野性の獣の如く間合いを一瞬で詰めて、懐に入り込み二刀で斬りつけるスピード技!参ノ牙|喰い裂きは蜘蛛の鬼との戦いでも使用されました。 凡用性が高い技なのが伺えますね! 「獣の呼吸」肆ノ牙|切細裂き 鬼滅の刃7巻、このシーンの魘夢のボディに性的なモノを感じた事を懺悔します。 いらないならくれ。 — みみきゅうり meggoto40 汽車の中での戦闘…伊之助にとっては本来の強さを発揮しにくい狭所、かつ同乗した民間人を助けながらの戦いは苦手…!ですが、 炭治郎と共に鬼の頸を斬ろうと奮闘します。 「獣の呼吸」伍ノ牙|狂い裂き 長男の情操教育の賜物で伊之助がすくすくいい子に育っていてほっこりしますよ俺は。 いずれ伊之助にも長男力が備わって立派な親分として成長するんだろうな。 獣の呼吸は唯一無二の流派だからな… — 月見月まい FE風花雪月? 7巻は伊之助がめちゃくちゃ活躍しますね~!汽車全体が鬼になっていると知った炭治郎と伊之助、民間人を取り込もうとする鬼の一部を 身体をよじりながら華麗に捌いた時に披露されたのが伍ノ牙|狂い裂き! 名前の通りくるくると身体をよじりながら四方八方から斬りつけるもの!うまーく鬼の部分だけを狙い 『どいつもこいつも俺が助けてやるぜ!』と戦う姿、登場したての伊之助に見せて上げたいほどの成長ぶり…! 「獣の呼吸」陸ノ牙|乱杭噛み 堕姫が上弦じゃないなら蚯蚓帯が本体なのかなあ。 ここのセリフがブラフならありえそうだけど… — 月見月まい FE風花雪月? 1人、鬼の巣に殴り込みに行った伊之助、 そこには堕姫の血鬼術「帯」によって生きたまま食料として帯の中に保存された人たちの姿が…! 守りながら戦う、伊之助にとって苦手な戦いでまたもや頭を使う行動を強いられます(笑)陸ノ牙|乱杭噛みでは、グネグネとうねって斬ることが出来ない帯に対し 刀を逆手に持ち替えて刃こぼれを利用し嚙み千切るようにして切断する事に成功しました! しかし…帯は「本体」ではなく「本体」炭治郎をジリジリと追い詰めている最中だったのです…。 「獣の呼吸」漆ノ型|空間識覚 那田蜘蛛山編で炭治郎と伊之助が山に入ってすぐ出会った先輩っすよ。 二刀の刀を地面に突き刺し、集中する伊之助… 感覚を研ぎ澄まし空気のかすかな揺らぎを感知することで、見えない場所の鬼を探す事に成功! 漆ノ型|空間識覚は触れていない・見えていない鬼を探知する山で獣と育ってきた伊之助だからこそ可能な技なんでしょう! この活躍が鬼討伐の大きな一手となりました。 「獣の呼吸」捌ノ型 爆裂猛進 自分が前に呟いた画像がどこにあるのか分からない? おそらく既刊コミック12巻までの中で初めてではないでしょうか。 対象が3人になれば堕姫の帯の攻撃が一瞬緩んだ事に気づいた伊之助、炭治郎は 複数の方向から畳み掛けるように攻撃をしないといけないと叫びます。 そして、鳥肌レベルのシーン…! 水の呼吸|参の型|流流舞と雷の呼吸|壱の型|霹靂一閃・八連を繰り出す炭治郎と善逸!2人にサポートされながら、 捌ノ型|爆裂猛進で敵の真っ向に駆けていく伊之助!猪突猛進!猪突猛進!からの 陸ノ牙|乱杭噛みで堕姫の頸を斬り落としました! いやーチームワークのチの字も理解できなかった伊之助が、まさかの 『三人なら勝てるぜエエエイ!!』のセリフ、読んでいた私は幻かと思いましたよ。 炭治郎と善逸に背中を預ける事ができるようになった伊之助、成長性が半端ない! 「獣の呼吸」に新たな「牙」や「型」もしくは呼吸が増える可能性は十分! 伊之助の今後の活躍と成長が楽しみですねー!2019年4月から放送予定のアニメ 【鬼滅の刃】ももちろん楽しみですが、おそらく伊之助や善逸が登場するのは結構後半になりそうな予感がするのが少し残念なところ…。 余談ではありますが、伊之助の持つ日輪刀の色は藍鼠色と紹介しました。 この色が出る系統は 「岩」だと炎柱の煉獄さんは教えてくれましたね。 と、いう事は我流…で磨いてきた獣の呼吸の派生元はずーっと辿っていくと岩の呼吸が近いのかも! 今後、新たな「牙」や「型」または呼吸などが増える可能性も、炭治郎を見ている限り有り得そうです。 戦闘センスと成長性はトップクラス、嘴平伊之助の今後の活躍からも目が離せません! 関連記事をご紹介!.

次の

獣の呼吸 (けだもののこきゅう)とは【ピクシブ百科事典】

切細裂き

2020年の 3 月16日(月曜)発売の 週刊少年ジャンプからの情報です! まずは、前回の197話の内容を振り返ってみたいと思います。 珠世の薬の影響にて 弱体化していく無惨! 3つの効果が発動して無惨が油断している時に 4つ目の薬の効果が発動しました。 その効果は体の内部の細胞を破壊するという効果で 無惨が吐血するほどのダメージを負っていました。 本来なら、どんな斬撃も損傷も再生修復の疲労も蓄積しない程の存在なのですが この珠世の薬の影響によりこれらの攻撃全てが有効な攻撃となってしまいました。 そんな中、突如無惨の動きが止まりました! 炭治郎は珠世の薬の影響で弱ったと思った炭治郎はチャンスと思い攻撃を仕掛けました。 その瞬間、無惨から衝撃破で攻撃をしてきました! その時、無惨の身体には大きな口が出ており その口は上半身全体に広がるほどの大きさでした。 衝撃破を喰らった炭治郎は呼吸が出来ない程になっており 全身が痙攣を起こしていました。 その衝撃破は、遠距離から覗いていた親方様にも影響が出ており鼻から血を流していました。 夜明けまで25分という時間のため 「あと少し」と言いながら立ち上がっていました。 身動きが取れなくなった炭治郎は無惨が逃げるのではないか? と恐れていましたが その時、無惨に向けて斬撃を放つ者が現れました! その人物とは、伊之助でした! 伊之助は体がボロボロの状態でしたが、柱達や仲間達が無惨によりやられている事に対し激怒していました。 対する無惨も疲労で衝撃破を出せなくなっており伊之助を退けなくなっていました。 伊之助は怒りながら無惨に攻撃を仕掛けましたが 伊之助も体に限界が来ていたようで無惨の触手により囚われてしました。 しかし、その瞬間 善逸が伊之助を助けに入り救出しました。 善逸は伊之助を助けた後、炭治郎を励ますという行動に出ました。 「炭治郎踏ん張れ!」 「炭治郎生きる事だけを考えろ」 「聞こえるかお前は死なない!」 「禰󠄀豆子ちゃんと帰るんだ」 「人間に戻った禰󠄀豆子ちゃんと」 炭治郎に強い励ましの言葉をかけていた善逸は 無惨の攻撃を喰らいながらもなんとか耐えていました。 善逸に励まされた炭治郎は自分の身体を何とか修復するために 自分の日輪刀を自分に突き刺していました。 *無惨の血鬼術を消滅させるため。 伊之助達を相手にしている無惨は 息切れなどを起こしており身体が重くなり腕も上がらないくらいの状況となっていました。 夜明けまで、無惨の息の根を止めるまで何度も立ち上がるというセリフと共に 義勇や 行冥の姿が描かれていました。 三人の絆! 炭治郎が無惨の衝撃波により戦闘不能の状態となっているいま 復活してきた 善逸と 伊之助が 無惨に立ち向かっていました。 伊之助の 獣の呼吸: 切細裂き!!(きりこまざき) 善逸の 神速・霹靂一閃! と2人は無惨に攻撃を仕掛けました! 善逸は、すでに体力が持たない状況となっており 神速を出した事により足が片方つぶれていました。 「次の一撃が威力を保って出せる最後だ!」 と思いながら繰り出したのは 雷の呼吸:漆ノ型 火雷神(ほのいかづちのかみ)!! この渾身の攻撃は、無惨の身体に届きましたが 浅く当たってしまい、そもそも刀が赫刀ではない為 損傷も浅く終わってしまいまいた。 技を出した後、スキだらけとなった善逸を無惨が攻撃しようとしますが すぐに、伊之助がカバーに入り 獣の呼吸: 五ノ牙・狂い裂き 参ノ牙・喰い裂き を無惨に喰らわせました。 弱体化している無惨はどんな攻撃でも普通のダメージとして喰らってしまう状況になっています。 そのため、無惨は近くで剣を振り回してくる伊之助に対し衝撃破を放ちました! 伊之助はその技を喰らってしまい一瞬動きが鈍った所を追撃されようとしていました。 炭治郎の復活! 伊之助と善逸がかばい会いながら無惨と戦っている中 善逸は全力を出し切ってしまい全力で出せるような技も浅い攻撃で終わってしまいました。 そんな中、伊之助が衝撃破を喰らいその後追撃される状況となりました。 しかし、その瞬間に 日の呼吸: 灼骨炎陽(しゃっこつえんよう) の技を繰り出しながら 炭治郎が救出に入りました! *前回の話で、無惨の血鬼術により神経系を狂わされているようでしたが 自分で身体に日輪刀を突き立てた事により神経系を元に戻す事が出来たのでしょう。 復活したばかりなので、必死な表情の炭治郎でしたが伊之助を救出した後も続けて 烈日紅鏡(れつじつこうきょう)・ 火車(かしゃ) 輝輝恩光(ききおんこう) の技で無惨を攻撃しました。 炭治郎は、衝撃波などの攻撃をした後 無惨は連続で攻撃が出せなくなっている事を把握し 腕と触手の攻撃速度が落ちている事にも気づきました! その後も炭治郎は、日の呼吸である 日暈の龍(にちうんのりゅう) ・ 頭舞い(かぶりまい) と続けていましたが 技を繋げている途中で 吐血してしまいました! *今までの戦いで相当ダメージが蓄積しているのでしょう。 当然そのスキを狙う無惨ですが、今度は伊之助が炭治郎を救いました。 2人が庇い会いながら戦っているのを見ていた善逸は 自分自身に対し 立て!早く立て! 攻撃が途切れたら無惨は逃げる どんな一撃でもいいから放って無惨を削れ 動いてくれ俺の体 じいちゃん頼む 俺の背中を蹴っ飛ばしてくれ!! と強く思い、再び 霹靂一閃 を繰り出しました! そこからは3人が力合わせお互いにカバーをしつつ無惨に スキを与える事なく攻撃を繰り返していました。 *やはりこの3人で最後の敵に立ち向かっていくという展開になりましたね。 一緒に戦ってきた仲間なので、お互いに連携を立てて戦いやすいのでしょう! 復活する柱達! 3人で無惨に何度も攻撃を仕掛け逃げるスキを与えないように連携をとっていましたが 炭治郎は、遂に技が出せない程になっていました。 そのため、炭治郎は壁際まで無惨を追い詰め 刀を一直線に無惨に向け無惨を 壁に縫い付けるように押し込みました! 命を懸けて足止めを試みた炭治郎に対し無惨は触手で攻撃をしかけますが 触手の動きが何者かに止められました。 その触手の動きを止めた者とは 恋柱の甘露寺蜜璃でした! 甘露寺は泣いた状態で怒っており 「もういい加減にしてよぉ!」 「馬鹿ァ!!」 と言い、 無惨の腕を引き千切りました! そして、反対の触手にも何者かに切られました! 反対側の腕を切ったのは 風柱の不死川実弥でした! 2人が炭治郎に攻撃を仕掛けていた無惨を止めてくれました。 どうにかして、逃げ出さなくてはいけない無惨は 驚きの行動を取ってきました! 2人から攻撃を止められ、炭治郎により刀で壁に縫い付けられている無惨 顔に切れ目が入り、顔が開くように割れて 炭治郎の頭よりも大きい口を出してきました! その風貌をみた炭治郎ですが 「下がるな後ろに下がるな!」 「無惨を逃がすな!」 と言い聞かせました! 無惨が食い掛ろうといた瞬間 炭治郎と無惨の間に 伊黒が入り込んできました! 無惨は、そのまま伊黒にかみつきました! 炭治郎は怯えた表情をしていました。 *炭治郎は、自分の代わりにダメージを負ってくれた伊黒に負い目を感じたのでしょう。 そこから、無惨の傍には 炭治郎と 伊黒と 実弥という状況に そして、実弥が 「夜明けだ!」 「このまま踏ん張れェェ!!」 と言い、夜明けの決着の時が迫ってきて 今回の話は終了となりました。 まとめ 今回の話では今まで炭治郎と共に苦楽を共にしてきた 伊之助や 善逸と連携を取り無惨と戦いました! 3人とも身体はボロボロの状態でしたが、お互いがカバーしあう事で なんとか無惨を足止めできていました。 今まで共に行動してきた3人なので連携も取りやすかったのかもしれませんね。 炭治郎達も全力ですが、対する無惨の全力で逃げようとしていました。 しかし、何度も立ち向かってくる炭治郎達に対し苦戦しており 遂には、 夜明けの時間 にまで追い詰められてしまいました! 炭治郎達と戦っている中、復活してくる柱達! 無惨の主の攻撃ともいえる触手を破壊され壁に縫い付けられる状況となる無惨 ここからどのようにして挽回してくるのか? もしくは、このまま炭治郎達が壁に縫い付けた状態で消滅してしまうのか!? 今回の最後の描写で夜明けが近づいていまいたが、完全に夜が明けた訳ではないので 無惨は必死に抵抗してくることでしょう! しかし、 炭治郎と 善逸、 伊之助に加え 復活してきた柱達、 甘露寺・ 実弥・ 伊黒 まだ、無惨の前には現れていませんが、 義勇と 行冥も復活しています。

次の

全てが型破り!!猪突猛進の我流【全集中 獣の呼吸】全型まとめ 『鬼滅の刃』

切細裂き

2020年の 3 月16日(月曜)発売の 週刊少年ジャンプからの情報です! まずは、前回の197話の内容を振り返ってみたいと思います。 珠世の薬の影響にて 弱体化していく無惨! 3つの効果が発動して無惨が油断している時に 4つ目の薬の効果が発動しました。 その効果は体の内部の細胞を破壊するという効果で 無惨が吐血するほどのダメージを負っていました。 本来なら、どんな斬撃も損傷も再生修復の疲労も蓄積しない程の存在なのですが この珠世の薬の影響によりこれらの攻撃全てが有効な攻撃となってしまいました。 そんな中、突如無惨の動きが止まりました! 炭治郎は珠世の薬の影響で弱ったと思った炭治郎はチャンスと思い攻撃を仕掛けました。 その瞬間、無惨から衝撃破で攻撃をしてきました! その時、無惨の身体には大きな口が出ており その口は上半身全体に広がるほどの大きさでした。 衝撃破を喰らった炭治郎は呼吸が出来ない程になっており 全身が痙攣を起こしていました。 その衝撃破は、遠距離から覗いていた親方様にも影響が出ており鼻から血を流していました。 夜明けまで25分という時間のため 「あと少し」と言いながら立ち上がっていました。 身動きが取れなくなった炭治郎は無惨が逃げるのではないか? と恐れていましたが その時、無惨に向けて斬撃を放つ者が現れました! その人物とは、伊之助でした! 伊之助は体がボロボロの状態でしたが、柱達や仲間達が無惨によりやられている事に対し激怒していました。 対する無惨も疲労で衝撃破を出せなくなっており伊之助を退けなくなっていました。 伊之助は怒りながら無惨に攻撃を仕掛けましたが 伊之助も体に限界が来ていたようで無惨の触手により囚われてしました。 しかし、その瞬間 善逸が伊之助を助けに入り救出しました。 善逸は伊之助を助けた後、炭治郎を励ますという行動に出ました。 「炭治郎踏ん張れ!」 「炭治郎生きる事だけを考えろ」 「聞こえるかお前は死なない!」 「禰󠄀豆子ちゃんと帰るんだ」 「人間に戻った禰󠄀豆子ちゃんと」 炭治郎に強い励ましの言葉をかけていた善逸は 無惨の攻撃を喰らいながらもなんとか耐えていました。 善逸に励まされた炭治郎は自分の身体を何とか修復するために 自分の日輪刀を自分に突き刺していました。 *無惨の血鬼術を消滅させるため。 伊之助達を相手にしている無惨は 息切れなどを起こしており身体が重くなり腕も上がらないくらいの状況となっていました。 夜明けまで、無惨の息の根を止めるまで何度も立ち上がるというセリフと共に 義勇や 行冥の姿が描かれていました。 三人の絆! 炭治郎が無惨の衝撃波により戦闘不能の状態となっているいま 復活してきた 善逸と 伊之助が 無惨に立ち向かっていました。 伊之助の 獣の呼吸: 切細裂き!!(きりこまざき) 善逸の 神速・霹靂一閃! と2人は無惨に攻撃を仕掛けました! 善逸は、すでに体力が持たない状況となっており 神速を出した事により足が片方つぶれていました。 「次の一撃が威力を保って出せる最後だ!」 と思いながら繰り出したのは 雷の呼吸:漆ノ型 火雷神(ほのいかづちのかみ)!! この渾身の攻撃は、無惨の身体に届きましたが 浅く当たってしまい、そもそも刀が赫刀ではない為 損傷も浅く終わってしまいまいた。 技を出した後、スキだらけとなった善逸を無惨が攻撃しようとしますが すぐに、伊之助がカバーに入り 獣の呼吸: 五ノ牙・狂い裂き 参ノ牙・喰い裂き を無惨に喰らわせました。 弱体化している無惨はどんな攻撃でも普通のダメージとして喰らってしまう状況になっています。 そのため、無惨は近くで剣を振り回してくる伊之助に対し衝撃破を放ちました! 伊之助はその技を喰らってしまい一瞬動きが鈍った所を追撃されようとしていました。 炭治郎の復活! 伊之助と善逸がかばい会いながら無惨と戦っている中 善逸は全力を出し切ってしまい全力で出せるような技も浅い攻撃で終わってしまいました。 そんな中、伊之助が衝撃破を喰らいその後追撃される状況となりました。 しかし、その瞬間に 日の呼吸: 灼骨炎陽(しゃっこつえんよう) の技を繰り出しながら 炭治郎が救出に入りました! *前回の話で、無惨の血鬼術により神経系を狂わされているようでしたが 自分で身体に日輪刀を突き立てた事により神経系を元に戻す事が出来たのでしょう。 復活したばかりなので、必死な表情の炭治郎でしたが伊之助を救出した後も続けて 烈日紅鏡(れつじつこうきょう)・ 火車(かしゃ) 輝輝恩光(ききおんこう) の技で無惨を攻撃しました。 炭治郎は、衝撃波などの攻撃をした後 無惨は連続で攻撃が出せなくなっている事を把握し 腕と触手の攻撃速度が落ちている事にも気づきました! その後も炭治郎は、日の呼吸である 日暈の龍(にちうんのりゅう) ・ 頭舞い(かぶりまい) と続けていましたが 技を繋げている途中で 吐血してしまいました! *今までの戦いで相当ダメージが蓄積しているのでしょう。 当然そのスキを狙う無惨ですが、今度は伊之助が炭治郎を救いました。 2人が庇い会いながら戦っているのを見ていた善逸は 自分自身に対し 立て!早く立て! 攻撃が途切れたら無惨は逃げる どんな一撃でもいいから放って無惨を削れ 動いてくれ俺の体 じいちゃん頼む 俺の背中を蹴っ飛ばしてくれ!! と強く思い、再び 霹靂一閃 を繰り出しました! そこからは3人が力合わせお互いにカバーをしつつ無惨に スキを与える事なく攻撃を繰り返していました。 *やはりこの3人で最後の敵に立ち向かっていくという展開になりましたね。 一緒に戦ってきた仲間なので、お互いに連携を立てて戦いやすいのでしょう! 復活する柱達! 3人で無惨に何度も攻撃を仕掛け逃げるスキを与えないように連携をとっていましたが 炭治郎は、遂に技が出せない程になっていました。 そのため、炭治郎は壁際まで無惨を追い詰め 刀を一直線に無惨に向け無惨を 壁に縫い付けるように押し込みました! 命を懸けて足止めを試みた炭治郎に対し無惨は触手で攻撃をしかけますが 触手の動きが何者かに止められました。 その触手の動きを止めた者とは 恋柱の甘露寺蜜璃でした! 甘露寺は泣いた状態で怒っており 「もういい加減にしてよぉ!」 「馬鹿ァ!!」 と言い、 無惨の腕を引き千切りました! そして、反対の触手にも何者かに切られました! 反対側の腕を切ったのは 風柱の不死川実弥でした! 2人が炭治郎に攻撃を仕掛けていた無惨を止めてくれました。 どうにかして、逃げ出さなくてはいけない無惨は 驚きの行動を取ってきました! 2人から攻撃を止められ、炭治郎により刀で壁に縫い付けられている無惨 顔に切れ目が入り、顔が開くように割れて 炭治郎の頭よりも大きい口を出してきました! その風貌をみた炭治郎ですが 「下がるな後ろに下がるな!」 「無惨を逃がすな!」 と言い聞かせました! 無惨が食い掛ろうといた瞬間 炭治郎と無惨の間に 伊黒が入り込んできました! 無惨は、そのまま伊黒にかみつきました! 炭治郎は怯えた表情をしていました。 *炭治郎は、自分の代わりにダメージを負ってくれた伊黒に負い目を感じたのでしょう。 そこから、無惨の傍には 炭治郎と 伊黒と 実弥という状況に そして、実弥が 「夜明けだ!」 「このまま踏ん張れェェ!!」 と言い、夜明けの決着の時が迫ってきて 今回の話は終了となりました。 まとめ 今回の話では今まで炭治郎と共に苦楽を共にしてきた 伊之助や 善逸と連携を取り無惨と戦いました! 3人とも身体はボロボロの状態でしたが、お互いがカバーしあう事で なんとか無惨を足止めできていました。 今まで共に行動してきた3人なので連携も取りやすかったのかもしれませんね。 炭治郎達も全力ですが、対する無惨の全力で逃げようとしていました。 しかし、何度も立ち向かってくる炭治郎達に対し苦戦しており 遂には、 夜明けの時間 にまで追い詰められてしまいました! 炭治郎達と戦っている中、復活してくる柱達! 無惨の主の攻撃ともいえる触手を破壊され壁に縫い付けられる状況となる無惨 ここからどのようにして挽回してくるのか? もしくは、このまま炭治郎達が壁に縫い付けた状態で消滅してしまうのか!? 今回の最後の描写で夜明けが近づいていまいたが、完全に夜が明けた訳ではないので 無惨は必死に抵抗してくることでしょう! しかし、 炭治郎と 善逸、 伊之助に加え 復活してきた柱達、 甘露寺・ 実弥・ 伊黒 まだ、無惨の前には現れていませんが、 義勇と 行冥も復活しています。

次の