銀行 お盆休み。 2020年お盆休みの銀行や郵便局の営業日は?ATMは使える?

銀行にはお盆休みはない?銀行員ならではの休暇事情を解説!

銀行 お盆休み

銀行の休日は… 銀行の休日は銀行法という法律によって…• 土曜日• 日曜日• 年末年始の12月31日~翌年の1月3日 と定められています。 つまり銀行にはこれといった「お盆休み」はありません。 カレンダーを見ると分かるのですが…お盆と言っても特に祝日とかにはなっていませんよね。 その為 銀行はお盆でも通常通り営業(平日は営業・土日祝は休み)となります! そしてこれは大手銀行だけでなく 都銀や地銀・信用金庫や労金などでも同じです!! 以前、銀行に勤めている友人に聞いたら「もちろんお盆期間中も通常どおりで特に休みはないよ。 」と言っていました。 ただしその分別の日に長期休暇を取得出来るそうです。 また同時にこんな悩みはありませんか?• 最寄りの銀行・ATMの場所を知りたい!• 1.みずほ銀行のお盆の営業時間 ・お盆期間の 銀行窓口は8月8(土)・8月9日(日)・8月10日(月)山の日が休業になります。 そして〇が付いている平日は通常通り営業しており、窓口営業時間は午前9時~午後3時までになります。 ・ 銀行ATMは基本的に 年中無休で稼働しています。 そして〇が付いている平日は通常通り営業しており、窓口営業時間は午前9時~午後3時までになります。 ・ 銀行ATMは基本的に 年中無休で稼働しています。 そして〇が付いている平日は通常通り営業しており、窓口営業時間は午前9時~午後3時までになります。 ・ 銀行ATMは基本的に 年中無休で稼働しています。 そして〇が付いている平日は通常通り営業しており、窓口営業時間は午前9時~午後5時までになります。 ・ 銀行ATMは基本的に 年中無休で稼働しています。 そして〇が付いている平日は通常通り営業しており、窓口営業時間は 午前9時~午後4時まで・午前9時~午後6時までなど 郵便局は店舗よって窓口時間が異なります。 ・ ゆうちょ銀行ATMは基本的に 年中無休で稼働しています。 ネット銀行だと窓口に並ばなくてよく、自分のパソコンやスマホからいつでも送金・振込が出来るのでとても便利ですよ!(また引き出しもコンビニATMで出来ます。 ) 多くのネット銀行も他の金融機関と同様…• 土・日に振り込んだ場合は月曜日• 祝日に振り込んだ場合は翌営業日 に相手方に反映される所がほとんどです。 ただ一部の場合のみですが…同一銀行間(同一銀行口座間 同士)であれば 24時間365日振込・反映してくれる場合があります。 例えば…• ネット銀行の場合はパスワード管理やセキュリティーなどをしっかりと気をつけて利用さえすればとても便利です。 もしご自身にあうネット銀行があれば今後の為に口座を作っておくのもいいと思います。 その為お金の引き出しもいつでも可能です。 そして 特別必要なものはありません。 ) あっそうそう…とっても便利なコンビニATMですが注意すべき点が2つだけあります。 コンビニATMの注意点2つ• 1.コンビニATMは日中でも 手数料がかかる事! 銀行ATMであれば日中は手数料0円で引き出し出来ますが、コンビニATMは手数料がかかります。 2.必ずしも 24時間利用できるとは限らない事!(土日の深夜・早朝は利用出来ないこともあります。 ) 深夜や早朝は銀行側のシステムメンテナンス等で利用出来ない時間帯もあります(使うキャッシュカード・利用するコンビニATMによって、利用できる時間帯が異なる)のであらかじめ注意して下さいね。 コンビニATMにキャッシュカードを入れると案内が表示されます。 そこで利用時間帯や手数料を確認することも出来ますし、ネットで 予め利用時間と手数料を見ておくという方法もあります。 お盆期間と言っても普段と変わらずに窓口業務もATMも通常営業しています!銀行はカレンダー通りに営業しているので、平日は通常通り営業していて土日祝日は休業になります。 なのでお盆期間の 8月11日 火 ・8月12日 水 ・8月13日 木 ・8月14日 金 も昼間なら通常通りお金の引き出しはもちろん、振込や預入も休日手数料がかからずに利用出来ますよ。 【関連記事】.

次の

お盆の銀行営業日2019!主要ATM手数料一覧もチェック!

銀行 お盆休み

銀行にお盆休みはないの? 「お盆だから銀行とか市役所も閉まっているかも…」 と思っているそこのあなた! 「安心してください、開いてますよ!」 「え?」と思って実際に自分も行ってみたら、本当に窓口は営業していました。 よかった、よかった! でもよく考えてみたら、何で銀行はお盆でも開いているのでしょうか? 実はこれについての理由なんですが、なんてことはありませんでした。 お盆の期間は 毎年8月13日~16日までと決まっていますが、カレンダーを見ても赤く塗られてはないですよね? つまり暦上はどの日も休日扱いにはならないのです。 黒く塗られている限り銀行は通常営業日となっています。 ということは平日と同じ扱いとなるので、当然銀行や市役所も開くということです。 銀行の休日は『 銀行法 15条』で、「 土日祝日と年末年始の12月31日~1月3日」と定められています。 よってほぼ暦通りになるのです。 もちろんお盆期間中でも、土日と被っていたら休日扱いになるのでご注意を! 主要4銀行とゆうちょ銀行、さらに都銀と地銀でも同じです。 銀行員の休暇事情を詳しく解説! 銀行員はお盆の期間中でも同僚や上司と相談し、交代制で休むような形を取っていることになります。 この辺りは交番で務める警察官や市役所の公務員とほぼ一緒です。 ただ休暇を立てる計画は毎年4月に提出するようになっています。 旅行や帰省などの長期のお出かけもこの時点で予定を組まないといけませんが、全員遠慮して譲り合って結局適当に決めてしまいがちだったりします。 特に一般市民を相手にすることが多い窓口業務に就く人は、お盆の時期には取り辛くなります。 1週間の休暇が義務付けられる? さらに詳しく調べてみると、もっと複雑な休暇事情がわかりました。 銀行員の休日の取り方は少し変わっておりまして、1年に1回だけ連続して5日以上の「 連続休暇」を取るよう義務付けられています。 これは金融庁の指導によりそうなっているそうなのですが、最大の理由は「 銀行員の不正を監視する」ことにあります。 銀行というのは個人や企業からお金を預かったり、融資をする大事な機関です。 その銀行で働く銀行員が、顧客の間において資金を流用していたり、隠蔽や不正な取引がされてしまうとどうでしょう。 誰も利用したくなくなると思います、信頼度を大きく損ねてしまうので銀行にとっては最大の損害です! これを防ぐためにも連続休暇を敢えて取得させるのです。 約1週間という長い休暇は当然何も仕事できないはずなので、もし不正な資金の流用があったらその時点で発覚できます。 中々画期的な仕組みだと思いますが、銀行員の立場になるとやや複雑ですね。 中には「アルバイトみたいなシフト制で働きたい!」という気持ちの人もいるかもしれませんが、銀行員はそんな融通は利かないのです。 頻繁に休暇の予定を変えたり、休暇を取ることをやたら遠慮したりすると、疑われてしまいます。 もちろん国民のお金という、超重要な個人情報を取り扱う職業なので、ここまで厳重に管理されるのは仕方ないことでしょう。 まとめ 今回は銀行のお盆休みについての解説でした。 改めて一言でまとめるなら、銀行にお盆休みはなく通常通り営業しています。 ただ意外と知られていないのか、お盆は銀行が閉まっていると思い込んでいる人も少なからずいて来客数は少なめだったりします。 実際自分もお盆期間中に銀行に行った時は、やや閑散としていた印象を受けましたね。 みんな里帰りや行楽地へ行ったりしているせいかもしれませんが、普段休みが取れない人は長時間銀行を利用できる貴重な機会なので、ぜひ逃さないようにしましょう! スポンサーリンク 全体の人気記事• 32,236 views February 27, 2018 に投稿された• 19,166 views November 30, 2017 に投稿された• 18,760 views May 31, 2018 に投稿された• 18,187 views May 26, 2017 に投稿された• 18,111 views March 31, 2017 に投稿された• 17,623 views April 29, 2017 に投稿された• 16,675 views April 26, 2019 に投稿された• 15,866 views April 30, 2017 に投稿された• 15,460 views June 8, 2019 に投稿された• 14,995 views March 30, 2017 に投稿された• 13,625 views September 30, 2018 に投稿された• 13,405 views December 31, 2018 に投稿された• 10,451 views May 27, 2017 に投稿された• 8,399 views May 21, 2017 に投稿された• 7,527 views February 26, 2018 に投稿された.

次の

お盆休み2019期間いつからいつまで?役所・銀行・病院・郵便局│海外通販のトリセツ

銀行 お盆休み

銀行・郵便局窓口の営業日はカレンダー通り お盆の時期は、世の中全体がお休みモードになるため、銀行や郵便局に行こうと思っている場合は、「開いているのだろうか?それとも閉まっている?」と考えてしまいます。 でも、銀行窓口や行政サービスの営業日に関してはカレンダー通りに動いているため、お盆の期間の平日を利用して用事を済ませましょう。 平日のほうが、手数料が安くなりやすいです。 8月11日 火• 8月12日 水• 8月13日 木• 8月14日 金 何も考えなくても大丈夫!いつも通りです。 気にするのであれば、お盆期間に入る前の平日にまとめて下ろしておけば、お盆期間にお金を下ろしに行く必要がありません。 これらの営業日、以下の都市銀行 メガバンク でも同じになりますよ!• 三井住友銀行• 三菱UFJ銀行• みずほ銀行• りそな銀行• ゆうちょ銀行 郵便局 地方銀行もおそらく同じだろうと思いますが、気になる場合は銀行のホームページからチェックしてみてくださいね。 銀行ATM・ゆうちょATMの営業時間もカレンダー通り 銀行窓口だけでなくATMを使う場合の営業時間も、カレンダー通りになります。 休日や祝日になってしまうとATM手数料が高いので、平日に下ろしておくほうがいいですよ。 もし、お盆の期間に銀行を使うのであれば、特にATMは混雑が予想されます。 コンビニATMが気軽に使えるようにの口座を作っておくのがおすすめです。 しかも ネット銀行のほうが、ATM手数料無料にできてお得ですからね。 や・がおすすめですよ。 大型連休の直前日はATMのお金がなくなることもある お盆の話ではありませんが、2019年のゴールデンウィーク前日のことです。 10連休という、今までにない長期のゴールデンウィークになったため、「たくさん現金をおろしておこう!」と、みんなが思ったのかもしれません。 少しの時間ですが、のATMから現金がなくなってしまいました。 「うわっ、そんなことってあるんだ…」と僕は思ったものです。 ただ僕も、ゴールデンウィーク前日に銀行へ行った仲間なので、同じように銀行へ行ったひとのことを何とも言えません。 大型連休の日取りは事前にわかっているのだから、 混雑しない日に行っておくことをおすすめしますよ。 混雑を避けるためにも、会社の給料日などがある「 ごとおび 」以外に用事を済ませるといいですね。 幸い、お盆の期間は自分の会社が「お盆休み」であっても、銀行などは開いているのでそれほどの混雑はないかもしれませんね。 駐車場料金などのことを考え小銭を用意しておこう! お盆休みには、行楽地や施設へ行くことがありますよね。 特に車で向かう場合、駐車場を利用するかと思います。 駐車場料金を支払うときって、だいたい小銭 硬貨 を使うことが多いですよね。 そんなときのために、事前に小銭を用意しておくのもおすすめです。 もっと気軽に小銭を用意するには、ATMを使う方法もありますよ。 キャッシュレス決済を利用すると楽! 「お盆の期間中は、現金を用意しておかなくちゃ!」と思いがちですが、今や決済は現金だけではありませんよね。 クレジットカード払いは、キャッシュレス決済です。 ひとつひとつの決済の額は小さくても、カード払いした分だけクレジットカードのポイントが貯まっていきます。 もし決済にカードが使えるのなら、還元率の高いクレジットカードを使ってポイントを貯めましょう! 参考: 参考: また、スマホ決済もキャッシュレスで支払いができます。 や、などたくさんの種類がありますよね。 お店などで対応しているスマホ決済を見つけた場合は、使ってみるのもひとつの手です。 お盆中の振込はいつ入金される? もしかすると、お盆中にATMから振込をするかもしれませんよね。 口座へいつ入金されるのか気になるところ。 でも、普通の振込のことを考えてみてください。 例えば土日祝日をはさむと、口座へ入金されるのは 銀行の翌営業日ですよね。 そして、平日の午後3時くらいまでに振込をすれば、早くて当日に振り込まれることもあります。 2020年のお盆中は、ほぼ平日なので、いつもどおりと考えておけばいいかと思います。 相手から自分の口座に振込をしてもらったときも同じですよ。 気になる場合は、銀行などに確認しましょう! さいごに もしお盆休みがあるのなら、存分に楽しみたいですよね。 そのためには、お盆の時期の郵便局や銀行の営業時間をしっかり理解しておき、準備を早め早めにできるようにしておきましょう。 年に1回だけですし、楽しく過ごしてくださいね!.

次の