フレンチブルドッグ 病気。 フレンチ・ブルドッグ

フレンチブルドッグ 人気ブログランキングとブログ検索

フレンチブルドッグ 病気

鼻や喉、気管がもともと狭いため、短頭種はトラブルを起こしやすいのです。 短頭種気道症候群と呼ばれる病気はいくつかに分かれます。 鼻の穴が小さい個体に多く発症します。 症状としては• いびきが大きくなる• 鼻水を飛ばす• 運動すると呼吸がすぐ上がってしまう などです。 症状が進行すると、息苦しさからチアノーゼを起こしてしまう事もあります。 軟口蓋過長の場合は、外側ではなく、内側にある軟口蓋と呼ばれる喉の奥についている部位が他の犬よりも大きかったり、長かったりする事で気道をふさいでしまい息苦しくなる病気です。 いびきが大きい、運動すると異常に息が荒くなるなどの症状が現れます。 程度にもよりますが外科手術で良くなる事がほとんどなので、もし愛犬の呼吸やいびきが気になるのであれば獣医さんに相談してみるといいでしょう。 その軟骨が何らかのトラブルで潰れてしまう現象です。 先天的な原因、または、リードを強く引っ張ってしまった、激しく吠えてしまった、などの外的要因など、理由は様々です。 症状としては咳が出たり、呼吸が苦しそうなどの症状がありますが、普段からハアハアといった呼吸をしているため、初期は気づきにくい病気でもあります。 短頭種気道症候群は原因が複雑に絡みやすい 呼吸疾患がある場合は、いろいろな原因が複合的に絡み合っている事が多いです。 短頭種という特徴的な体をしているため、気管が狭いのか、鼻の穴が狭いのか、それとも喉の奥が塞がってしまっているのか、もしくは、体の作りは問題がなくてもアレルギーなどにより、皮膚が腫れてしまい呼吸が苦しくなっている事もあります。 様々な方面から原因を疑う必要があります。 原因が早めにわかれば、症状が軽いうちに治す事もできますし、去勢と一緒に手術する事も可能です。 フレンチブルドッグは全身麻酔のリスクを伴いやすい犬種なので、何度も麻酔をする事はおすすめできません。 年齢を重ねることにより、更にリクスはアップしますので、若く体力があるうちに処置をすると良いでしょう。 そのため、皮膚が重なり合っている部分には汚れが溜まりやすく、皮膚炎を起こす事があります。 足で掻いたり、かゆい部分を舐めたりする事による皮膚の炎症も起きやすいです。 また、遺伝的にもアレルギー多い犬種です。 食べ物や、ダニ、花粉、カビなどにも反応しやすいため、鼻水が出たり、かゆみや赤く腫れる、湿疹などのアトピー性皮膚炎にもかかりやすいです。 アトピー性皮膚炎とは 湿気の多い夏前後に症状が酷くなる事が多いです。 アレルギーが原因で皮膚に湿疹や赤み、腫れ、かゆみなどの症状が現れます。 アレルギーの原因を調べ、療法食や、薬用シャンプー、処方された塗り薬や、アレルギーの薬を飲み治癒を目指します。 フレンチブルドックは毛が薄く、皮膚が露出しているので、アレルギーの元となる花粉やダニが直接肌につきやすいため注意が必要です。 散歩中は草むらにはあまり入らないようにする、拾い食いをさせないなど、日々、注意しておかなければなりません。 散歩の後は1日1回は濡れたタオルで全身を拭いてあげると良いでしょう。 膿皮症 細菌感染による皮膚の病気です。 アトピー性皮膚炎などで、肌の免疫が落ちているところに細菌が入り込んでしまい皮膚の炎症がおきます。 体の柔らかい部分(脇、足の付け根、指の間)にできやすく、毛が抜けてしまったり、フケが出てくる事があります。 他にも、シャンプーのしすぎ、ブラッシングで皮膚を傷つけてしまった、などの理由から発症する事もあります。 犬の皮膚は人間よりも薄くデリケートでなので、ケアをするときは丁寧に優しく、清潔に保つ事が大事です。 寒さから守るために犬に洋服を着せる場合は、着せっぱなしにしないようにしましょう。 長く着せておくと汚れや蒸れなどが生じ、毛穴が炎症を起こす事もあります。 洋服を着せるのは寒さを感じやすい散歩の時だけ、など決めておくとよいでしょう。

次の

フレンチブルドッグに多くみられる4つの病気

フレンチブルドッグ 病気

糖尿病は肥満やストレス、適切でない食事などが主な原因で膵臓から分泌されるホルモンであるインスリンが不足することにより発症します。 インスリン不足により、細胞が糖をうまく取り込めず、血液中にあふれ出て尿に排出されます。 多くは6歳以上にみられ、高齢犬の場合、メスはオスよりも発生率が高くなっています。 症状としては喉が渇くので水をたくさん飲む、尿の量が増える、たんぱく質も排出される為、食欲増加のわりに痩せてくるなどです。 糖尿病で注意すべきことは様々な合併症があることです。 代表的なものには白内障があり、ひどくなると失明することもあります。 また、ケトアシドーシスを引き起こすと昏睡し、死に至ることもあります。 症状が重くなると毎日インスリン注射をして食餌療法で合併症の予防と病状の悪化を防ぎます。 犬回虫・犬鉤虫・コクシジウムなど消化器官内寄生虫の感染は犬が虫卵を水や食物と一緒に摂取する事や、寄生虫を体内に持った中間宿主を摂取することが原因です。 体力の無い子犬に大量に寄生すると下痢を起こし、元気が無くなり、痩せてきます。 パベシア症・フィラリア症などの血液内の寄生虫は吸血性のダニや蚊などの昆虫によって媒介します。 大量に寄生されると貧血を起こし、死に至ることもある怖い病気です。 寄生虫症の感染は飼い主が高い意識を持つことで予防が可能です。 子犬は母犬からの感染も考えられるので1カ月おきに2~3回検便することが大切です。 その後も蚊の発生する時期のフィラリア予防はもちろん、血液検査は毎年行うと良いでしょう。

次の

フレンチ・ブルドッグの特徴と性格・飼い方・しつけ・心配な病気まで|犬図鑑|いぬのきもちWEB MAGAZINE

フレンチブルドッグ 病気

鼻や喉、気管がもともと狭いため、短頭種はトラブルを起こしやすいのです。 短頭種気道症候群と呼ばれる病気はいくつかに分かれます。 鼻の穴が小さい個体に多く発症します。 症状としては• いびきが大きくなる• 鼻水を飛ばす• 運動すると呼吸がすぐ上がってしまう などです。 症状が進行すると、息苦しさからチアノーゼを起こしてしまう事もあります。 軟口蓋過長の場合は、外側ではなく、内側にある軟口蓋と呼ばれる喉の奥についている部位が他の犬よりも大きかったり、長かったりする事で気道をふさいでしまい息苦しくなる病気です。 いびきが大きい、運動すると異常に息が荒くなるなどの症状が現れます。 程度にもよりますが外科手術で良くなる事がほとんどなので、もし愛犬の呼吸やいびきが気になるのであれば獣医さんに相談してみるといいでしょう。 その軟骨が何らかのトラブルで潰れてしまう現象です。 先天的な原因、または、リードを強く引っ張ってしまった、激しく吠えてしまった、などの外的要因など、理由は様々です。 症状としては咳が出たり、呼吸が苦しそうなどの症状がありますが、普段からハアハアといった呼吸をしているため、初期は気づきにくい病気でもあります。 短頭種気道症候群は原因が複雑に絡みやすい 呼吸疾患がある場合は、いろいろな原因が複合的に絡み合っている事が多いです。 短頭種という特徴的な体をしているため、気管が狭いのか、鼻の穴が狭いのか、それとも喉の奥が塞がってしまっているのか、もしくは、体の作りは問題がなくてもアレルギーなどにより、皮膚が腫れてしまい呼吸が苦しくなっている事もあります。 様々な方面から原因を疑う必要があります。 原因が早めにわかれば、症状が軽いうちに治す事もできますし、去勢と一緒に手術する事も可能です。 フレンチブルドッグは全身麻酔のリスクを伴いやすい犬種なので、何度も麻酔をする事はおすすめできません。 年齢を重ねることにより、更にリクスはアップしますので、若く体力があるうちに処置をすると良いでしょう。 そのため、皮膚が重なり合っている部分には汚れが溜まりやすく、皮膚炎を起こす事があります。 足で掻いたり、かゆい部分を舐めたりする事による皮膚の炎症も起きやすいです。 また、遺伝的にもアレルギー多い犬種です。 食べ物や、ダニ、花粉、カビなどにも反応しやすいため、鼻水が出たり、かゆみや赤く腫れる、湿疹などのアトピー性皮膚炎にもかかりやすいです。 アトピー性皮膚炎とは 湿気の多い夏前後に症状が酷くなる事が多いです。 アレルギーが原因で皮膚に湿疹や赤み、腫れ、かゆみなどの症状が現れます。 アレルギーの原因を調べ、療法食や、薬用シャンプー、処方された塗り薬や、アレルギーの薬を飲み治癒を目指します。 フレンチブルドックは毛が薄く、皮膚が露出しているので、アレルギーの元となる花粉やダニが直接肌につきやすいため注意が必要です。 散歩中は草むらにはあまり入らないようにする、拾い食いをさせないなど、日々、注意しておかなければなりません。 散歩の後は1日1回は濡れたタオルで全身を拭いてあげると良いでしょう。 膿皮症 細菌感染による皮膚の病気です。 アトピー性皮膚炎などで、肌の免疫が落ちているところに細菌が入り込んでしまい皮膚の炎症がおきます。 体の柔らかい部分(脇、足の付け根、指の間)にできやすく、毛が抜けてしまったり、フケが出てくる事があります。 他にも、シャンプーのしすぎ、ブラッシングで皮膚を傷つけてしまった、などの理由から発症する事もあります。 犬の皮膚は人間よりも薄くデリケートでなので、ケアをするときは丁寧に優しく、清潔に保つ事が大事です。 寒さから守るために犬に洋服を着せる場合は、着せっぱなしにしないようにしましょう。 長く着せておくと汚れや蒸れなどが生じ、毛穴が炎症を起こす事もあります。 洋服を着せるのは寒さを感じやすい散歩の時だけ、など決めておくとよいでしょう。

次の