お言葉に甘えて 上司。 上司からのうれしい一言10選

「お言葉に甘えて」の意味とは?類語や敬語での言い換え方を紹介

お言葉に甘えて 上司

社会人なら誰しも「仕事を辞めたい」と感じたことがあると思います。 しかし、私たちの中には、「仕事を辞めるなんて甘えだ!」という価値観が根強くあります。 「仕事を辞めたい」という相談をすると、「辛いことから逃げるんて甘えだ」なんてことを言われることもあるでしょう。 もちろん、少々大変だとしても我慢して乗り越えた方がいいことも世の中にはたくさんあります。 しかし一方で、「逃げるのは甘えだ」と思い込んでしまい、体を壊すまで我慢し続けてしまうケースもあります。 こうなると、「仕事を辞めるなんて甘えだ」という考えは、あなたの幸せを壊す呪いの言葉になります。 真面目で責任感が強い人ほど、この呪いにかかりやすい傾向があり、仕事のストレスから自分を守るためには、この呪縛から逃れる必要があります。 「辛いけど仕事を辞めるなんて甘えだから頑張らなきゃ」と耐えながら仕事をしている人は、一度これから紹介する内容を読んでみてください。 本当に今のまま耐え続けるか、それとも別の道に向けて歩み出すかを、冷静に考えてみてください。 「仕事辞めたい病」は確かに甘え 「仕事を辞めたい」と思うときには、確かに単なる甘えにすぎないこともあります。 いわば「仕事辞めたい病」とでも言うもので、その衝動のまま辞めてしまうと、どんなホワイトな環境でも、同じような理由で仕事を続けられなくなってしまいます。 これから挙げる3つのポイントに当てはまる場合は、残念ながら「甘え」と言わざるを得ない状況です。 早起きが辛い 仕事をしていると、早起きが必要になることが多くなります。 始業時間や通勤時間に寄りますが、朝の6時台に起きることも珍しくないでしょう。 寝不足気味で朝早く起きることは辛いものですが、それを理由に「仕事を辞めたい」と思ってしまうのは、甘えだと言わざるを得ないでしょう。 世の中には昼から始業の仕事もありますが、その仕事に就いたとしても、夜更かしの結果寝不足になる可能性が高いです。 なんとなく面倒くさい 仕事は自分のペースではできないので、面倒くさいと感じることが多いでしょう。 また、週5日勤務していると、水曜や木曜日に疲れがどっと出てくるものです。 そんなときに、面倒くさいから「仕事辞めたい」というのも甘えです。 疲れからくる面倒くささに負けるようであれば、どんなことも続かないと考えましょう。 就職してから半年以内 新しい環境に入った場合は、慣れるまでに精神的に疲れるものです。 とくに仕事だと、他人に合わせる必要があり、叱られることもあるでしょう。 そのため、最初はストレスに感じることも多いですが、就職してから辞めるまでがあまりに短いのも甘えととらわれてしまいがちです。 しかし、パワハラや過度な長時間労働など、この後紹介する「甘えではない理由」に当てはまる場合、話は別です。 仕事を辞めたいときは求人情報を見てみよう このような理由や状況で「仕事を辞めたい」と感じた場合は、甘えであることが多いので、安易に辞めるべきではありません。 とはいえ、仕事を辞めたいと思ってしまい、やる気が上がらないのも事実でしょう。 そんな時は、求人情報に目を通してみるという方法がおすすめです。 本当に転職するかどうかはおいといて、自分が次にやってみたい仕事や憧れの会社・業種の求人情報をのぞいてみましょう。 それを見るだけでも「次はこういう会社に行きたい」という気分になりつつ、「まぁまだ実際に決断するほどではないか」という気持ちにもなります。 そのため、意外にも気分的にリフレッシュされ、今の仕事に前向きになれます。 「仕事を辞めたい」が甘えではない場合 このように、若干の例外は確かにありますが、基本的に「仕事を辞めたい」と考えてしまうのは甘えではないことが多いです。 特に、以下の理由でそう考えてしまう場合は、甘えではないと考えてよいと思います。 パワハラ・セクハラが横行 暴言や暴行、理不尽な扱いをしてくるパワハラや、性的な言動などのセクハラが横行している組織では、ストレスがたまります。 あなたがこのような被害を受けている場合、ストレスで体を壊さないためにも、環境を変えたいと思うのは甘えでもなんでもなく、当然のことです。 人間関係の悪化が深刻 人間関係の問題も、職場で起こるストレスの代表的な例です。 ちょっとイラつく人がいるなど軽いものであれば、我慢できる範囲であったり、その相手と交渉することで解決できたりするかもしれません。 しかし、上司が自己中心的など、あなたの手に負えないようなレベルであれば、それを解消することはかなり難しいです。 この場合も、パワハラやセクハラと同様です。 長時間労働・休みがない 毎日長時間の残業で、働く時間が長い場合や、休日も出勤させられるような環境は、精神的だけではなく肉体的にも消耗させられます。 一般的には月の残業が40時間を超えると多い部類に入り、80時間を超えるとブラック企業を言われてもおかしくないレベルです。 特に80時間を超えるような環境の場合は、体のためにも早めに環境を変えるべきでしょう。 会社の将来性に不安 業績が年々落ちてきて、給与が保証されるかが怪しいなどの場合、「辞めた方がいいのでは」と感じるのは、あなたの甘えではなく、会社の責任です。 業績悪化が深刻になると、給与支払いの遅延や給与カットなどの事態になり、最悪倒産してしまいます。 また、何年も同じ仕事でステップアップがない場合、あなた自身の市場価値(転職するときに、あなたの経歴がどれくらい評価されるか)が高まらないままになります。 あなたの市場価値が低いままだと、将来転職しなければならなくなった場合、確実に不利になります。 こういう不安で会社を辞める場合も甘えにはなりません。 仕事内容が合わない 人には向き不向きがあり、合わない仕事を続けることが大きなストレスになることもあります。 仕事を始めたばかりなのに「合わないから辞めたい」は甘えの範疇になってしまいますが、1年(短くても半年)続けても、全く成長できない場合は、見切りをつけて別の仕事にチャレンジした方が良いことが多いです。 仕事が合わない、うまくできないと感じる場合は、こちらの記事も参考にしてください。 「仕事を辞めるのは甘え」という言葉はあなたを壊す このような原因で仕事を辞めたいと思っている場合、それは甘えではないと考えるべきです。 しかし、私たちの中には、「辛いから仕事を辞めるのは甘えであり逃げである」という価値観が根強く、実際に上司や周りに相談しても同様のことを言われることもあるでしょう。 とくに、真面目で責任感が強い人ほど、この考えを真に受けてしまうことが多く、「自分が辞めて周りに迷惑が掛かってはいけない」と頑張り続ける人もいます。 このような状態で仕事を続けると、ストレスがあなたの心身を蝕み、うつ病などにかかってしまいます。 「甘えだから辞めてはいけない」と耐えた結果、あなたが仕事できない体になっても、周りの上司や会社は責任をとってくれません。 私は、 「仕事を辞めることが甘え」という言葉が、自分を壊す危険性があることを自覚すべきだと思います。 そもそも仕事を甘えで辞めることの何が悪いのか そもそも、甘えで仕事を辞めることの何が問題なのでしょうか。 たとえ、 周りから「あいつは逃げた」と思われても、その後転職に成功してストレスのない生活を送るのは、不幸なことなのでしょうか。 また、 「甘えるな、逃げるな」という言葉を支えにして耐え続け、体を壊してしまうことは幸せなことなのでしょうか。 周りから、「辛いことから逃げた」と言われるのは、あくまで一時的なものであって、あなたの一生に付きまとうような傷にはなりません。 この世の中は理不尽で不合理なことばかりなので、辛いことから逃げるのが必要な時も多いです。 唯一、「仕事が辛いから逃げた」と思われて不利になるのは、転職の応募先の企業にそういう印象を持たれてしまうときです。 それについてはうまく避けなければなりません。 転職時に「甘え・逃げ」だと思われない方法 仕事が辛ければ、甘えだろうが逃げだろうが辞めてしまうこともアリですが、転職時の印象だけは気をつけなくてはいけません。 仕事が辛くて辞めたとしても、甘えだと思われずに良い印象を持ってもらうにはどうしたらいいでしょうか。 それは、「辞めたい理由」と「転職によって実現したいことを」を明確にすることです。 そして、それを仕事の内容について焦点を当てて考えてみましょう。 仕事の内容や、どれくらいの労働時間でありたいかなどを明確にして、「それが今の職場では叶えられないので、転職したい」というストーリーを説明することができれば、面接の場で不利な印象を持たれません。 このような作業が苦手な場合は、転職エージェントに相談しましょう。 転職エージェントは、面談等であなたの経歴をヒアリングし、応募書類作成や、面接時のアピールについてあなたに合ったアドバイスをくれます。 あなたの状況に合わせて、退職理由や志望動機をどうすればいいかを、具体的に助言してくれるでしょう。 エージェントは、転職が成功したときに企業側からお金をもらうので、応募者側は無料で利用できます。 数あるエージェントサービスの中でも、親身なサポートで評判なのは「 」です。 転職に自信がない場合は、相談に乗ってもらいましょう。 エージェントサービスを利用したことがない人は、業界最大手の「 」が安心です。 転職の実績数が多い分、経験豊富で優秀なエージェントも多く在籍しています。 20代・30で転職の自信がない人は、「 」を利用してみましょう。 若手ビジネスマンの履歴書や職務経歴書の作成も親身にサポートしてくれます。 また、もし応募時に「甘え」と思われることが不安な場合は、在職しながら転職活動を行い、内定をもらった後に退職するのがいいでしょう。 もし転職活動に苦戦してしまったとしても、在職中なら収入が安定しているので、成功するまで焦らずに転職活動を続けることができます。 在職しながらの転職活動という意味でも、転職エージェントはおすすめです。 応募先とのスケジュール調整や、自分にあった求人を紹介してくれるので、 少ない時間でより効率的な転職活動ができます。 「仕事辞めたい」と悩み続けるのは危険 以上のように、仕事を辞めたいのは甘えだという考えについてまとめてきました。 「仕事を辞めたい」という考えは、多くの場合は甘えではなく、「逃げてはいけない」と無理し続けることは危険です。 その価値観に本当に従うべきかどうかどうかは、一度冷静になって考えましょう。

次の

仕事の「甘え」は100%害悪なのか?

お言葉に甘えて 上司

社会人なら誰しも「仕事を辞めたい」と感じたことがあると思います。 しかし、私たちの中には、「仕事を辞めるなんて甘えだ!」という価値観が根強くあります。 「仕事を辞めたい」という相談をすると、「辛いことから逃げるんて甘えだ」なんてことを言われることもあるでしょう。 もちろん、少々大変だとしても我慢して乗り越えた方がいいことも世の中にはたくさんあります。 しかし一方で、「逃げるのは甘えだ」と思い込んでしまい、体を壊すまで我慢し続けてしまうケースもあります。 こうなると、「仕事を辞めるなんて甘えだ」という考えは、あなたの幸せを壊す呪いの言葉になります。 真面目で責任感が強い人ほど、この呪いにかかりやすい傾向があり、仕事のストレスから自分を守るためには、この呪縛から逃れる必要があります。 「辛いけど仕事を辞めるなんて甘えだから頑張らなきゃ」と耐えながら仕事をしている人は、一度これから紹介する内容を読んでみてください。 本当に今のまま耐え続けるか、それとも別の道に向けて歩み出すかを、冷静に考えてみてください。 「仕事辞めたい病」は確かに甘え 「仕事を辞めたい」と思うときには、確かに単なる甘えにすぎないこともあります。 いわば「仕事辞めたい病」とでも言うもので、その衝動のまま辞めてしまうと、どんなホワイトな環境でも、同じような理由で仕事を続けられなくなってしまいます。 これから挙げる3つのポイントに当てはまる場合は、残念ながら「甘え」と言わざるを得ない状況です。 早起きが辛い 仕事をしていると、早起きが必要になることが多くなります。 始業時間や通勤時間に寄りますが、朝の6時台に起きることも珍しくないでしょう。 寝不足気味で朝早く起きることは辛いものですが、それを理由に「仕事を辞めたい」と思ってしまうのは、甘えだと言わざるを得ないでしょう。 世の中には昼から始業の仕事もありますが、その仕事に就いたとしても、夜更かしの結果寝不足になる可能性が高いです。 なんとなく面倒くさい 仕事は自分のペースではできないので、面倒くさいと感じることが多いでしょう。 また、週5日勤務していると、水曜や木曜日に疲れがどっと出てくるものです。 そんなときに、面倒くさいから「仕事辞めたい」というのも甘えです。 疲れからくる面倒くささに負けるようであれば、どんなことも続かないと考えましょう。 就職してから半年以内 新しい環境に入った場合は、慣れるまでに精神的に疲れるものです。 とくに仕事だと、他人に合わせる必要があり、叱られることもあるでしょう。 そのため、最初はストレスに感じることも多いですが、就職してから辞めるまでがあまりに短いのも甘えととらわれてしまいがちです。 しかし、パワハラや過度な長時間労働など、この後紹介する「甘えではない理由」に当てはまる場合、話は別です。 仕事を辞めたいときは求人情報を見てみよう このような理由や状況で「仕事を辞めたい」と感じた場合は、甘えであることが多いので、安易に辞めるべきではありません。 とはいえ、仕事を辞めたいと思ってしまい、やる気が上がらないのも事実でしょう。 そんな時は、求人情報に目を通してみるという方法がおすすめです。 本当に転職するかどうかはおいといて、自分が次にやってみたい仕事や憧れの会社・業種の求人情報をのぞいてみましょう。 それを見るだけでも「次はこういう会社に行きたい」という気分になりつつ、「まぁまだ実際に決断するほどではないか」という気持ちにもなります。 そのため、意外にも気分的にリフレッシュされ、今の仕事に前向きになれます。 「仕事を辞めたい」が甘えではない場合 このように、若干の例外は確かにありますが、基本的に「仕事を辞めたい」と考えてしまうのは甘えではないことが多いです。 特に、以下の理由でそう考えてしまう場合は、甘えではないと考えてよいと思います。 パワハラ・セクハラが横行 暴言や暴行、理不尽な扱いをしてくるパワハラや、性的な言動などのセクハラが横行している組織では、ストレスがたまります。 あなたがこのような被害を受けている場合、ストレスで体を壊さないためにも、環境を変えたいと思うのは甘えでもなんでもなく、当然のことです。 人間関係の悪化が深刻 人間関係の問題も、職場で起こるストレスの代表的な例です。 ちょっとイラつく人がいるなど軽いものであれば、我慢できる範囲であったり、その相手と交渉することで解決できたりするかもしれません。 しかし、上司が自己中心的など、あなたの手に負えないようなレベルであれば、それを解消することはかなり難しいです。 この場合も、パワハラやセクハラと同様です。 長時間労働・休みがない 毎日長時間の残業で、働く時間が長い場合や、休日も出勤させられるような環境は、精神的だけではなく肉体的にも消耗させられます。 一般的には月の残業が40時間を超えると多い部類に入り、80時間を超えるとブラック企業を言われてもおかしくないレベルです。 特に80時間を超えるような環境の場合は、体のためにも早めに環境を変えるべきでしょう。 会社の将来性に不安 業績が年々落ちてきて、給与が保証されるかが怪しいなどの場合、「辞めた方がいいのでは」と感じるのは、あなたの甘えではなく、会社の責任です。 業績悪化が深刻になると、給与支払いの遅延や給与カットなどの事態になり、最悪倒産してしまいます。 また、何年も同じ仕事でステップアップがない場合、あなた自身の市場価値(転職するときに、あなたの経歴がどれくらい評価されるか)が高まらないままになります。 あなたの市場価値が低いままだと、将来転職しなければならなくなった場合、確実に不利になります。 こういう不安で会社を辞める場合も甘えにはなりません。 仕事内容が合わない 人には向き不向きがあり、合わない仕事を続けることが大きなストレスになることもあります。 仕事を始めたばかりなのに「合わないから辞めたい」は甘えの範疇になってしまいますが、1年(短くても半年)続けても、全く成長できない場合は、見切りをつけて別の仕事にチャレンジした方が良いことが多いです。 仕事が合わない、うまくできないと感じる場合は、こちらの記事も参考にしてください。 「仕事を辞めるのは甘え」という言葉はあなたを壊す このような原因で仕事を辞めたいと思っている場合、それは甘えではないと考えるべきです。 しかし、私たちの中には、「辛いから仕事を辞めるのは甘えであり逃げである」という価値観が根強く、実際に上司や周りに相談しても同様のことを言われることもあるでしょう。 とくに、真面目で責任感が強い人ほど、この考えを真に受けてしまうことが多く、「自分が辞めて周りに迷惑が掛かってはいけない」と頑張り続ける人もいます。 このような状態で仕事を続けると、ストレスがあなたの心身を蝕み、うつ病などにかかってしまいます。 「甘えだから辞めてはいけない」と耐えた結果、あなたが仕事できない体になっても、周りの上司や会社は責任をとってくれません。 私は、 「仕事を辞めることが甘え」という言葉が、自分を壊す危険性があることを自覚すべきだと思います。 そもそも仕事を甘えで辞めることの何が悪いのか そもそも、甘えで仕事を辞めることの何が問題なのでしょうか。 たとえ、 周りから「あいつは逃げた」と思われても、その後転職に成功してストレスのない生活を送るのは、不幸なことなのでしょうか。 また、 「甘えるな、逃げるな」という言葉を支えにして耐え続け、体を壊してしまうことは幸せなことなのでしょうか。 周りから、「辛いことから逃げた」と言われるのは、あくまで一時的なものであって、あなたの一生に付きまとうような傷にはなりません。 この世の中は理不尽で不合理なことばかりなので、辛いことから逃げるのが必要な時も多いです。 唯一、「仕事が辛いから逃げた」と思われて不利になるのは、転職の応募先の企業にそういう印象を持たれてしまうときです。 それについてはうまく避けなければなりません。 転職時に「甘え・逃げ」だと思われない方法 仕事が辛ければ、甘えだろうが逃げだろうが辞めてしまうこともアリですが、転職時の印象だけは気をつけなくてはいけません。 仕事が辛くて辞めたとしても、甘えだと思われずに良い印象を持ってもらうにはどうしたらいいでしょうか。 それは、「辞めたい理由」と「転職によって実現したいことを」を明確にすることです。 そして、それを仕事の内容について焦点を当てて考えてみましょう。 仕事の内容や、どれくらいの労働時間でありたいかなどを明確にして、「それが今の職場では叶えられないので、転職したい」というストーリーを説明することができれば、面接の場で不利な印象を持たれません。 このような作業が苦手な場合は、転職エージェントに相談しましょう。 転職エージェントは、面談等であなたの経歴をヒアリングし、応募書類作成や、面接時のアピールについてあなたに合ったアドバイスをくれます。 あなたの状況に合わせて、退職理由や志望動機をどうすればいいかを、具体的に助言してくれるでしょう。 エージェントは、転職が成功したときに企業側からお金をもらうので、応募者側は無料で利用できます。 数あるエージェントサービスの中でも、親身なサポートで評判なのは「 」です。 転職に自信がない場合は、相談に乗ってもらいましょう。 エージェントサービスを利用したことがない人は、業界最大手の「 」が安心です。 転職の実績数が多い分、経験豊富で優秀なエージェントも多く在籍しています。 20代・30で転職の自信がない人は、「 」を利用してみましょう。 若手ビジネスマンの履歴書や職務経歴書の作成も親身にサポートしてくれます。 また、もし応募時に「甘え」と思われることが不安な場合は、在職しながら転職活動を行い、内定をもらった後に退職するのがいいでしょう。 もし転職活動に苦戦してしまったとしても、在職中なら収入が安定しているので、成功するまで焦らずに転職活動を続けることができます。 在職しながらの転職活動という意味でも、転職エージェントはおすすめです。 応募先とのスケジュール調整や、自分にあった求人を紹介してくれるので、 少ない時間でより効率的な転職活動ができます。 「仕事辞めたい」と悩み続けるのは危険 以上のように、仕事を辞めたいのは甘えだという考えについてまとめてきました。 「仕事を辞めたい」という考えは、多くの場合は甘えではなく、「逃げてはいけない」と無理し続けることは危険です。 その価値観に本当に従うべきかどうかどうかは、一度冷静になって考えましょう。

次の

「お言葉に甘えて」の意味!敬語として使っても失礼にならない?

お言葉に甘えて 上司

「お言葉に甘えて」の意味 「お言葉に甘えて」は、 「発言者の言葉に甘えます」という意味があります。 そこから広がって 「発言者の好意を、受け入れます」という意味になります。 さらには 「感謝します」 「ありがとうございます」などの意味も含まれていると考えていいでしょう。 例えば、部長が 「今日のランチの代金は俺のおごりだ」と言った場合、 「お言葉に甘えて、ご馳走になります」と言います。 部長のランチ代をおごるという嬉しい提案を受け入れるという、意思表示があります。 さらに敬語表現ですから、部長の事を尊敬しているという意味も加わります。 このように、 「お言葉に甘える」場面は、誰かに何かをしてもらう場面ばかりです。 そのため、 「お言葉に甘える」という表現には、すでに 「ありがとうございます」の意味も含んでいますが、 「ありがとうございます、お言葉に甘えます」など、感謝の言葉も付け加えた方が良いでしょう。 「お言葉に甘えて」の使い方 「お言葉に甘えて」は、ビジネスシーンで使う言葉です。 さらに目上の人に対して使います。 取引先のスタッフに 「今度のお仕事は、私達が段取りをさせていただきます」などと嬉しい言葉を言われた時に、 「『お言葉に甘えて』お任せしても良いでしょうか? 」などと返事をします。 また 「いえいえ、滅相もないです」などと、 「お言葉に甘えて」しまう前に、一度 「自分でやる」という姿勢を見せるのも、社会人として必要な態度かもしれません。 一方で、友達や年下のスタッフに、 「代わりに仕事をしておきます」などと言われたら、同返答すればいいでしょうか。 その場合は 「遠慮なく」という返事をしましょう。 「それじゃあ『遠慮なく』お願いするね。 ありがとう」という感じで、感謝の気持ちを伝えましょう。

次の