いわ ふか 小説。 Snow Manの仲良しコンビを大調査!いわふか、めめこじ、あべさく、ゆり組etc……いくつ知ってる?

いわふかシンメが好きだ

いわ ふか 小説

突然ですが、ワタスは「さかなが」というV6年長コンビ、とが好きでした。 ジャニーズきってのおしどり夫婦だと勝手に呼んでいて、 「おい」と坂本さんが言えば長野さんがお茶を差し出す 末っ子岡田曰く な関係性と お互いにジャニーズを辞めてた時期にもかかわらず週一回の電話 しかも携帯なんてない時代 とか、 それはとんでもないエピソードがわんさかゴロゴロ出てくるようなコンビです。 しかも最初は亭主関白坂本さんの三歩後ろを付いて歩いては、子どもたちならぬカミセンを怒った後フォローをする長野さんだったのが、20年経つと気が付けばかかあ天下になってるあたりもめっちゃ好きでした。 話を戻して。 Snow Manにハマり、むしろ沼に落ちたキッカケもそうなのですが。 「いわふか」という岩本照さんと深澤辰哉さんのシンビに出会いました。 割とシンメとかそういうのに弱いことにも気付けたのはSnow Manのおかげなのですが。 ちょっとここ最近自分の中でのいわふか好き度がめっっちゃ高いので 爆発する前に、勝手にまとめたいと思い至ったわけです。 まとめる場合は、過去から遡っていくのがいいのでしょうが、まだまだ勉強不足な部分も多いので 最新 2018年3月10日 から、降りていきます!!! ちなみに自分が読み返す用としてまとめてるのであしからず あとある程度カテゴリー分けてます 自分が好きなのを入れているだけなので、これも!があったら教えてください 基本、誌面のみの抜粋です。 MCは発言が正確ではないので でもMCの方が色々めっちゃある ・ホテル話 岩本照「遠征ではだいたいふっかが一緒の部屋なんだけど、ふっかの方が目覚ましの設定が俺より15分ぐらい早いんです。 ふっかが起きて風呂入って出たぐらいの時に俺の目覚ましが鳴るから、それに合わせて起こしてくれるって感じ」 岩本照「入浴剤は、俺とふっかで相談して持っていって、必ず湯船に浸かるっていうことはやってます」 岩本照「オレらホテルの部屋が毎回一緒なんだけど、ふっかは寝てんのかなって思うぐらい長い」 ・行動の話 深澤辰哉「オレの場合、本気で怒ったときは静かになるパターンだね」 岩本照「で、やたら行動が早くなるんだよな。 無口になって、やたらせかせか動く。 メンバーが女性だったら彼女にしたい人 岩本照「深澤辰哉。 ちょっとのことじゃ怒らないから」 Q. 自分が女性だったら彼氏にしたい人 深澤辰哉「岩本照。 筋肉があって強そうだから守ってくれそう」 ・朝ごはんの話 Q. 朝ごはんはパン派?ごはん派? 岩本照「 パン派 オレ、どっちも食べるんだよね」 深澤辰哉「でも、照はパン食べてるイメージあるわ〜」 ・相談話 深澤辰哉「おれは二枚目でいきたいのに…」 岩本照「最近も言ってるじゃん。 普通にダメだよね」 ・買い物の話 岩本照「オレちょっと変わってんの。 買えるお金持って、その欲しい商品見て、試着とかもして、買わないっていう。 買う気満々で、これいいじゃん、これ欲しいって言ってたやつだってなってるのに、買わないの」 深澤辰哉「で、何日かしてホントに欲しかったら買ってる」 岩本照「サングラス。 踏まれたらすぐ折れそうなくらい華奢で、レンズは丸くも細くもないヤツがほしくて。 あきらめかけたけど、その日の夜ふっかと別のお店に行って同じサングラスかけたら、意外に似合って見えたの。 だから、買っちゃった」 ・食事の話 岩本照「ふっかとはしょっちゅう行ってるし」 ・唇の話 岩本照「 深澤の唇に触って おっほほほ。 ふっかの唇、マジでプクプク。 これはキスしたくなる唇だわ」 深澤辰哉「すごいだろ、弾力99だぞ」 岩本照「抱き心地は1、って感じだけどね」 ・抱き心地の話 深澤辰哉「こーれやばいわ。 女性は一度、照に抱かれてみ。 死ぬよ」 岩本照「えっ。 俺、そんなに強く抱き締めてないよ?」 深澤辰哉「違うの。 オレはジムでのトレーニングがあったし、ふっかはふっかで他のメンバーとごはん行ったりして、別行動になる日も多かったからね。 なんと二人とも引き分けだったんですよ!!寝てたんじゃなくって、お互いソロって言い合って引き分けでした!!今考えると楽しかったです。 」 田中樹「 朝ご飯ビュッフェ ごはんとみそ汁と納豆とリンゴジュースくらいだったから」 岩本照「俺もそれに温泉卵と梅干し足したくらいだったから」 深澤辰哉「梅干し2コは俺も照も決まって食べてたね」 岩本照「はちみつ味と酸っぱいやつ」 「兄やん 岩本 とふっかの部屋って、夜はけっこう遅くまで起きてなかった?」 深澤辰哉「そうだね。 でもずっと旅してて、大阪では、さすがに疲労もたまって活動時間が短くなってたよね」 岩本照「そんなこと言って、けっこう朝までいっしょにDVD見たり、ゲームしたりしてたじゃん。 俺がジム行った帰りにドラマのDVD借りてきたりしてさ」 深澤辰哉「でも、俺しょっちゅう途中で寝てたじゃん」 岩本照「あ、そうね。 映画観たり、プール行ったり、ゲームセンター行ったり、この夏もいっぱい遊んだね。 これからもふっかのいろんな表情をオレに見せてね」 深澤辰哉「この夏はけっこう一緒に遊んだよね。 プライベートで照とこんなに遊んだ夏は久々だったかも。 プールの帰りに、オモチャ屋さんであれこれ物色したのも楽しかったな〜。 」 深澤辰哉「俺の体調が悪くなったとき、照が担いで助けてくれた。 いつも一匹狼感を出しているけど、肝心な時に頼りになるし、だてに鍛えてないね!」 たった半年ちょっとでこの量ですよ…うわ、すげぇないわふかさん。 しんど!!!!!! 続きはまた後日 Kabaaaaaaa.

次の

*雪男集* 2

いわ ふか 小説

2018年3月〜8月までのまとめ 自分が読み返す用としてまとめてるのであしからず 自分が好きなのを入れているだけなので、これも!があったら教えてください 基本、誌面のみの抜粋です。 MCは発言が正確ではないので でもMCの方が色々めっちゃある ・振付の話 岩本「ふっかは高校時代から俺と一緒にやってたから、 岩本振付の振りの 覚えが早い」 ・映画館の話 深澤「俺もメロンだけ」 岩本「ふっか結構食べんじゃん!」 深澤「映画館始まる前ね!」 阿部「なんかさ、ホッとかから揚げみたいなのとか」 深澤「あと、アイスクレープとか」 岩本「めちゃくちゃ食う 笑 」 ・雑誌撮影中の話 「照れ笑いが止まらず、なかなか決まらなかった岩本照。 カメラ横で『がんばれ!』と応援してくれたのは深澤です」 「冬の外ロケも頑張ってくれた深澤辰哉。 撮影の様子をドアの影から心配そうにのぞいてたのは岩本です」 ・オフの話 岩本「そもそもってわかりやすいんだよね。 1回起きてアラームを止めてもまた一瞬で爆睡だから。 『10分前だよ〜』で、やっと『あ…』って。 でも起きたら準備は早い!」 岩本「一緒にいるルームメイトがそう言うんだから、それが特技です 笑 」 深澤「こんなに起きない人、初めて出会ったよ」 ・お酒の話 岩本「でもふっか、弱いじゃん 笑 」 ・ステージの話 深澤「 ステージ全体が見えているのは オレはここ2人だと思う」 岩本「うん。 先輩のバックのときも自分たちメインのときも、本番中に何かあったときにすぐに反応したりその後の動きを目だけで合図して変更したりは、ココ2人がぶっち切りだと思うので。 まあその時のオレはふっかの言うことを聞かずに出たんだけど」 ・キャッチコピー 深澤君ってこんな人! 「ほんわか笑顔のホワ by岩本照 」 岩本「では頼れる最年長であり、誰からも愛されるイジられキャラです。 それにまれに見る美白男子!グループについて相談がある時は2人でご飯に行ったりもするし。 実はすごく頼れる人です」 ・意外な一面の話 岩本「ふっかについては、僕はもう知り尽くしてるから。 欲しがるし注目されたいくせに、いざ注目されると緊張したり、芝居で注意されると『はい……』って一瞬あがり症になって『大丈夫だから』って言われても『絶対無理』って顔に書いてあるのに結局はできたりすること、僕は知っています。 そういう面は、みんなは知らないかもしれないですね。 寝顔も裸も全部見たことあるし 笑 、テンパる姿も他のメンよりは僕は見てる。 もう7年もシンメですからね。 怒ったときも波動が出てるから僕にはわかるけど、周りの人は気づかない。 そういう意外な一面、可愛い一面はあると思います。 自分からは絶対言わないけど、『誰かわかって〜』みたいなところもね 笑 」 深澤「照には意外な一面はないです!あんまり隠すタイプじゃないから、みんな知ってる。 『もうちょっとカッコよくいてくれよ』って怒られるときもありますけど 笑。 でも、ふっかに対しては、嫌だと思うところも愛おしいと思えるくらい、一緒にいますね」 深澤「仲良くなりすぎて言えなくなることもあるのが普通かもしれないけれど、僕は言えちゃう。 だから、ストレスを感じたことはないです」 岩本「常に腹割って相談します。 これを言ったら相手が傷つくかなと思うより、言わないことのほうが悪いことだから」 深澤「そういえばこの間、地方のライブに行ったときに、いつもと違う部屋割りにしようと阿部ちゃんと翔太と4人でグーパーしたら、やっぱりいつも通り僕と照が同室 笑。 びっくりしたけど、それが僕たちが作りあげてきたものなのかなと」 ・演技の話 深澤「照みたいなクールな過去あり系の芝居は、僕はしたことないし難しくてできないと思うので、見てて学ぶことがありました。 僕はふざけてるほうが楽だし、そっち方面にいっちゃうから 笑 」 岩本「芝居は、不自然な人はずっと不自然なままで、そのせいで話が入ってこなくなったりします。 でもふっかは自然体で、リラックスした状態で撮影に臨めている。 その姿勢は、ふっさだし、ふっかのいいところだと思います」 ・Jr. 祭り2018 単独公演の話 岩本「フッカがすごく緊張してた。 最初、メインステージから登場だったんだけど、緊張してたから『ちゃんとしろ』って喝を入れたよ。 いざステージにあがったら、しっかりやってたけど。 ってあんまりテンパる人がいないんだけど、珍しく誰よりもテンパってたね」 ・改めてお互いに聞きたい話 岩本「俺からふっかに聞きたいのは…一周回って、横アリでの単独公演も終わった今、ふっかの中の俺がどんな存在なのか知りたい」 深澤「おぉ〜」 岩本「例えば遠征でどこかに行った時やモノ作りをしてる時とか、ふとした瞬間に俺はよく『あ、これふっかに頼んで良かった』『やっぱり頼りになるな』って思うのね。 大抵ここぞって時にそれがあるし、むしろなんかあった時頼むぞっていう存在。 でもそっちの道にはふっかが行ってくれているから話が聞ける。 ふっかはそっちに行ってくれるって分かってるから俺はこっちの道に行ける。 だから話を聞いても『なるほどね』って思うし、これがふっかが見てきた世界かって思う。 聞いていて楽しい」 深澤「要は『ドラコンボール』のみたいなことだな」 岩本「あっはははは! お互いの指と指がくっついてる感じね 笑 」 深澤「そうそう。 『結局一緒だから分かるし』ってなるんだよね」 岩本「『これが譲れない』がいい意味で尊重しあえる2人だから。 これで2人共『SASUKE』に出てて競っているとかだったら、マジで仲悪くなってもめるかも」 深澤「あはははは! うん」 岩本「普段こういうこと話さないもんね。 2人でいる時とか余計に話さない。 でもたまにそれは気になったことがあった。 他の人にはないけど、ふっかは気になる」 深澤「今ホントに話してる中で思ってたことを言ったから、『言ったな!』って驚いた。 2人で1つみたいな。 結局話分かるしね。 で1つのベッドで寝てるし」 岩本「あはは 笑 で俺とふっかの部屋だけベッドが1個しかなかったんだよね」 深澤「あれは斬新だったよね〜」 岩本「英語も通じないから『ベッドをもう1個持ってきてください』って言えないし」 深澤「『OK』しか言えなかったもんね 笑 」 岩本「別に嫌じゃなかったからいいんだけど、ただ『なんで俺とふっかだけずっとベッドが一緒なんだろう』とは思ってた」 深澤「確かに 笑 」 岩本「ホントお互い、『今こういうこと考えてるんだろうな』って分かるよね。 2人でいるの面白いよ」 ・お互いのアイスクリームみたいに甘いところな話 深澤「腹筋と美貌、なかなかあれを持ってるヤツはいないと思いますよ!アイドルなのにあのガタイっていうのはすごい。 かなりストイックにいかないとならないだろうし。 趣味じゃなくて仕事になってるし!」 岩本「優しくて落ち着いてるところだね。 ものまねをするのも、人を楽しませることが好きだからできるわけだし。 そういう部分でファンのことを考えてて、甘いかな。 あとはマスコット的なかわいさも魅力的」 ・筋肉の話 深澤「 ウチガヤ収録 照も脱いですごかったね」 岩本「脱がされました 笑 」 深澤「でもあん時は多分、まだ未完成な体だった」 岩本「そうそう!最終調整に入る前だったからね」 深澤「本領発揮ではなかったよ」 岩本「まぁ確かにあの時はまさジャブぐらいのできだった…って、メンも目が肥えてるから俺の体の状態が分かるんだよな」 深澤「そりゃあ分かりますよ〜」 ・メンの不思議なところの話 岩本編 宮舘「照って、とにかく寂しがりやじゃん。 昔から、どこか行くとき、待ち合わせしたがるし」 深澤「それ、今でも残ってるもんね。 初めて行く場所だったらわかるの。 そこが不思議」 ・メンの不思議なところの話 深澤編 岩本「フッカって、常にふわ〜っとしてない?雲みたいな感じ。 そこがフッカの1番不思議なところだな」 ・恋のトリセツな話 岩本「ふっかは受け身っぽいから、女の子からアピールするといいかな。 優しいし、面倒見もいいから、それこそUFOキャッチャーで『これ取れない』とか言ったら、自分のことのように集中してやってくれる責任感のある子だと思う。 が低いから直でくる」 深澤「一番弱いのは腹筋でしょ?」 岩本「そう。 外腹斜筋」 深澤「 自分の首筋 全然くすぐったくない。 05 らじらー!より お誕生日おめでとうな話 岩本「僕もちょっとね一言」 深澤「おぉ!」 岩本「まぁーもう出会って10年以上になりますけど」 深澤「はい」 岩本「まぁこれからも、沢山の先輩後輩そしてファンのみんなから愛される、素敵な俺の相棒でいてください」 深澤「おぉーぃ!」 岩本「なんか結婚してくださいみたいな感じになっちゃったね」 深澤「あはははは」 以上、2018. 12〜08. 28まとめでした。 今後もめっちゃ期待してます。 Kabaaaaaaa.

次の

#iwfk #BL これから先も

いわ ふか 小説

2018年3月〜8月までのまとめ 自分が読み返す用としてまとめてるのであしからず 自分が好きなのを入れているだけなので、これも!があったら教えてください 基本、誌面のみの抜粋です。 MCは発言が正確ではないので でもMCの方が色々めっちゃある ・振付の話 岩本「ふっかは高校時代から俺と一緒にやってたから、 岩本振付の振りの 覚えが早い」 ・映画館の話 深澤「俺もメロンだけ」 岩本「ふっか結構食べんじゃん!」 深澤「映画館始まる前ね!」 阿部「なんかさ、ホッとかから揚げみたいなのとか」 深澤「あと、アイスクレープとか」 岩本「めちゃくちゃ食う 笑 」 ・雑誌撮影中の話 「照れ笑いが止まらず、なかなか決まらなかった岩本照。 カメラ横で『がんばれ!』と応援してくれたのは深澤です」 「冬の外ロケも頑張ってくれた深澤辰哉。 撮影の様子をドアの影から心配そうにのぞいてたのは岩本です」 ・オフの話 岩本「そもそもってわかりやすいんだよね。 1回起きてアラームを止めてもまた一瞬で爆睡だから。 『10分前だよ〜』で、やっと『あ…』って。 でも起きたら準備は早い!」 岩本「一緒にいるルームメイトがそう言うんだから、それが特技です 笑 」 深澤「こんなに起きない人、初めて出会ったよ」 ・お酒の話 岩本「でもふっか、弱いじゃん 笑 」 ・ステージの話 深澤「 ステージ全体が見えているのは オレはここ2人だと思う」 岩本「うん。 先輩のバックのときも自分たちメインのときも、本番中に何かあったときにすぐに反応したりその後の動きを目だけで合図して変更したりは、ココ2人がぶっち切りだと思うので。 まあその時のオレはふっかの言うことを聞かずに出たんだけど」 ・キャッチコピー 深澤君ってこんな人! 「ほんわか笑顔のホワ by岩本照 」 岩本「では頼れる最年長であり、誰からも愛されるイジられキャラです。 それにまれに見る美白男子!グループについて相談がある時は2人でご飯に行ったりもするし。 実はすごく頼れる人です」 ・意外な一面の話 岩本「ふっかについては、僕はもう知り尽くしてるから。 欲しがるし注目されたいくせに、いざ注目されると緊張したり、芝居で注意されると『はい……』って一瞬あがり症になって『大丈夫だから』って言われても『絶対無理』って顔に書いてあるのに結局はできたりすること、僕は知っています。 そういう面は、みんなは知らないかもしれないですね。 寝顔も裸も全部見たことあるし 笑 、テンパる姿も他のメンよりは僕は見てる。 もう7年もシンメですからね。 怒ったときも波動が出てるから僕にはわかるけど、周りの人は気づかない。 そういう意外な一面、可愛い一面はあると思います。 自分からは絶対言わないけど、『誰かわかって〜』みたいなところもね 笑 」 深澤「照には意外な一面はないです!あんまり隠すタイプじゃないから、みんな知ってる。 『もうちょっとカッコよくいてくれよ』って怒られるときもありますけど 笑。 でも、ふっかに対しては、嫌だと思うところも愛おしいと思えるくらい、一緒にいますね」 深澤「仲良くなりすぎて言えなくなることもあるのが普通かもしれないけれど、僕は言えちゃう。 だから、ストレスを感じたことはないです」 岩本「常に腹割って相談します。 これを言ったら相手が傷つくかなと思うより、言わないことのほうが悪いことだから」 深澤「そういえばこの間、地方のライブに行ったときに、いつもと違う部屋割りにしようと阿部ちゃんと翔太と4人でグーパーしたら、やっぱりいつも通り僕と照が同室 笑。 びっくりしたけど、それが僕たちが作りあげてきたものなのかなと」 ・演技の話 深澤「照みたいなクールな過去あり系の芝居は、僕はしたことないし難しくてできないと思うので、見てて学ぶことがありました。 僕はふざけてるほうが楽だし、そっち方面にいっちゃうから 笑 」 岩本「芝居は、不自然な人はずっと不自然なままで、そのせいで話が入ってこなくなったりします。 でもふっかは自然体で、リラックスした状態で撮影に臨めている。 その姿勢は、ふっさだし、ふっかのいいところだと思います」 ・Jr. 祭り2018 単独公演の話 岩本「フッカがすごく緊張してた。 最初、メインステージから登場だったんだけど、緊張してたから『ちゃんとしろ』って喝を入れたよ。 いざステージにあがったら、しっかりやってたけど。 ってあんまりテンパる人がいないんだけど、珍しく誰よりもテンパってたね」 ・改めてお互いに聞きたい話 岩本「俺からふっかに聞きたいのは…一周回って、横アリでの単独公演も終わった今、ふっかの中の俺がどんな存在なのか知りたい」 深澤「おぉ〜」 岩本「例えば遠征でどこかに行った時やモノ作りをしてる時とか、ふとした瞬間に俺はよく『あ、これふっかに頼んで良かった』『やっぱり頼りになるな』って思うのね。 大抵ここぞって時にそれがあるし、むしろなんかあった時頼むぞっていう存在。 でもそっちの道にはふっかが行ってくれているから話が聞ける。 ふっかはそっちに行ってくれるって分かってるから俺はこっちの道に行ける。 だから話を聞いても『なるほどね』って思うし、これがふっかが見てきた世界かって思う。 聞いていて楽しい」 深澤「要は『ドラコンボール』のみたいなことだな」 岩本「あっはははは! お互いの指と指がくっついてる感じね 笑 」 深澤「そうそう。 『結局一緒だから分かるし』ってなるんだよね」 岩本「『これが譲れない』がいい意味で尊重しあえる2人だから。 これで2人共『SASUKE』に出てて競っているとかだったら、マジで仲悪くなってもめるかも」 深澤「あはははは! うん」 岩本「普段こういうこと話さないもんね。 2人でいる時とか余計に話さない。 でもたまにそれは気になったことがあった。 他の人にはないけど、ふっかは気になる」 深澤「今ホントに話してる中で思ってたことを言ったから、『言ったな!』って驚いた。 2人で1つみたいな。 結局話分かるしね。 で1つのベッドで寝てるし」 岩本「あはは 笑 で俺とふっかの部屋だけベッドが1個しかなかったんだよね」 深澤「あれは斬新だったよね〜」 岩本「英語も通じないから『ベッドをもう1個持ってきてください』って言えないし」 深澤「『OK』しか言えなかったもんね 笑 」 岩本「別に嫌じゃなかったからいいんだけど、ただ『なんで俺とふっかだけずっとベッドが一緒なんだろう』とは思ってた」 深澤「確かに 笑 」 岩本「ホントお互い、『今こういうこと考えてるんだろうな』って分かるよね。 2人でいるの面白いよ」 ・お互いのアイスクリームみたいに甘いところな話 深澤「腹筋と美貌、なかなかあれを持ってるヤツはいないと思いますよ!アイドルなのにあのガタイっていうのはすごい。 かなりストイックにいかないとならないだろうし。 趣味じゃなくて仕事になってるし!」 岩本「優しくて落ち着いてるところだね。 ものまねをするのも、人を楽しませることが好きだからできるわけだし。 そういう部分でファンのことを考えてて、甘いかな。 あとはマスコット的なかわいさも魅力的」 ・筋肉の話 深澤「 ウチガヤ収録 照も脱いですごかったね」 岩本「脱がされました 笑 」 深澤「でもあん時は多分、まだ未完成な体だった」 岩本「そうそう!最終調整に入る前だったからね」 深澤「本領発揮ではなかったよ」 岩本「まぁ確かにあの時はまさジャブぐらいのできだった…って、メンも目が肥えてるから俺の体の状態が分かるんだよな」 深澤「そりゃあ分かりますよ〜」 ・メンの不思議なところの話 岩本編 宮舘「照って、とにかく寂しがりやじゃん。 昔から、どこか行くとき、待ち合わせしたがるし」 深澤「それ、今でも残ってるもんね。 初めて行く場所だったらわかるの。 そこが不思議」 ・メンの不思議なところの話 深澤編 岩本「フッカって、常にふわ〜っとしてない?雲みたいな感じ。 そこがフッカの1番不思議なところだな」 ・恋のトリセツな話 岩本「ふっかは受け身っぽいから、女の子からアピールするといいかな。 優しいし、面倒見もいいから、それこそUFOキャッチャーで『これ取れない』とか言ったら、自分のことのように集中してやってくれる責任感のある子だと思う。 が低いから直でくる」 深澤「一番弱いのは腹筋でしょ?」 岩本「そう。 外腹斜筋」 深澤「 自分の首筋 全然くすぐったくない。 05 らじらー!より お誕生日おめでとうな話 岩本「僕もちょっとね一言」 深澤「おぉ!」 岩本「まぁーもう出会って10年以上になりますけど」 深澤「はい」 岩本「まぁこれからも、沢山の先輩後輩そしてファンのみんなから愛される、素敵な俺の相棒でいてください」 深澤「おぉーぃ!」 岩本「なんか結婚してくださいみたいな感じになっちゃったね」 深澤「あはははは」 以上、2018. 12〜08. 28まとめでした。 今後もめっちゃ期待してます。 Kabaaaaaaa.

次の