国民 年金 基金 メリット。 国民年金基金の概要とメリット/デメリット

意外と知らない国民年金基金の本当のメリットとは|スモビバ!

国民 年金 基金 メリット

この記事の目次• 付加年金と国民年金基金の共通点&相違点 付加年金と国民年金基金、どちらも国民年金に上乗せする年金なのですが、何がどう違うのかわかりにくいですよね。 まずは両者の違いを比較していきましょう。 付加年金 国民年金基金 加入対象者 第1号被保険者/任意加入被保険者 65歳以上の者除く 加入条件 国民年金保険料を納付していること(未納・免除・猶予の場合は不可) 途中の掛金払い戻し 不可 給付方法 定額が支払われる確定給付型 所得控除 で全額所得控除される 物価スライド なし(インフレになると資産価値が目減りするリスクがある) 掛金 月額400円 上限月額68,000円 途中変更 選択肢なし 1口目は変更不可。 付加年金は少額で単純であるのに対し、国民年金基金は金額も大きくプランも色々選べるので、より本格的な資産運用になります。 付加年金と国民年金基金は併用できないので注意! 余裕のある方なら、より老後資金を増やすために「付加年金と国民年金基金のどちらも加入したい!」と思われるかもしれません。 しかし、 付加年金と国民年金基金は併用できないことになっています。 何故なら、国民年金基金の1口目に既に付加年金が含まれているので、併用すると付加年金に二重に加入することになってしまうからです。 (参考元: ですので、加入する際はどちらか一方を選択する必要があります。 付加年金と国民年金基金、結局どっちがおトクなの? 付加年金と国民年金基金。 実は、 どちらの方がおトクかは一概には言えません。 どちらにもメリット・デメリットがあるからです。 付加年金のメリットとデメリット まずは、付加年金のメリットとデメリットから見ていきましょう。 付加年金と比べるとリターン率が悪い• 付加年金と違い国による運営ではなく、また財政状況に鑑みると今後制度が破綻するリスクがある• インフレに弱い 国民年金基金のデメリットは、が長年不足し続けていることや、加入者数が減少し続けていることなど、 財政面での不安要素があることです。 (参考元:) 国民年金基金は途中脱退不可なので、突然資金が途絶えて破綻するということはないでしょう。 ただし、何十年か後に年金を受け取る時、 当初予定されていた金額通りの年金が貰えなくなるリスクはあるかもしれません。 (といっても破綻リスクは僅少ですけどね。 そういう可能性があることだけは知っておいてほしいです。 ) このようなデメリットもありますが、自分の事情に合わせてプランが選べ、年金額もそれなりにもらえるので老後資金対策としては有効だと思います。 付加年金にも国民年金基金にもそれぞれメリット・デメリットがあるので、自分の好みや事情と照らし合わせて検討して下さいね。 個人型確定拠出年金(iDeCo)も検討してみよう! また、老後資金を増やすために、 「個人型確定拠出年金(iDeCo)」という制度も選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。 掛金はとして所得控除される (所得控除という意味では付加年金・国民年金基金と共通)• 受け取るときの税金も優遇される (付加年金・国民年金基金と共通)• インフレリスクに強い• 運用益が非課税(通常の投資は利益が出たら課税される)• 口座管理手数料や信託報酬などの費用がかかる• 投資商品を自己判断で購入するので、掛金より大きく増えることもあれば、掛金より下回って損になる可能性がある(また、それゆえ基本的に終身年金とはならない) 付加年金・国民年金基金は将来もらえる年金額が決まっているのに対し、 iDeCoは運用実績によって受け取れる年金額が変わってくるのが一番の違いです。 iDeCoは節税効果が高く、上手に運用すれば大きなリターンが得られますが、将来の年金額の見通しが立ちにくい上、運用に失敗すれば損になるリスクがあります。 また、 iDeCoは付加年金・国民年金基金それぞれと併用することができます。 (ただし掛金の合計が月額68,000円以下になることが条件) iDeCoに加入するかどうかも、付加年金・国民年金基金を選ぶ際の判断材料になるでしょう。 なお、iDeCoについては、下記の記事にて詳しく解説していますので、こちらも併せてご参考にしてくださいね。 イデコ(iDeCo)とはなんぞや?メリット・デメリットを踏まえて分かりやすく解説!【記事未了】 あなたにオススメの年金制度はコレ!選び方を解説 老後資金をおトクに増やすためには、それぞれの制度のメリット・デメリットを考慮して、自分の事情に合うものを選ぶのが良いでしょう。 最後に、年金の選び方のポイントをお伝えしておきますので、よかったら目安にしてみてくださいね。 付加年金がオススメの人 付加年金単体では、満額でも年間96,000円(月額8,000円)しかもらえません。 これだけでは老後資金として不十分ですが、そのリターン率の高さと確実性は大きな魅力です。 そこで、付加年金がオススメなのは以下のような方です。 投資に苦手意識があり、iDeCoは検討していない方• 掛金の所得控除で、個人年金より節税したい方• 老後の計画を立てるために、あらかじめ将来の年金額を知っておきたい方 国民年金基金は、将来もらいたい年金額に合わせて掛金やプランを柔軟に変更できるのがメリットです。 掛金や将来の年金額は国民年金基金のを使って計算することができますので、一度試算してみると良いでしょう。 まとめ 自分にはどちらの年金が合っていると思いましたか? 付加年金と国民年金基金は、そもそも規模が違うためどちらがおトクか比較することは難しいです。 あなたの好みや経済状況、他の老後資金対策の有無などを総合的に判断して、どの年金制度に加入するかを決めてくださいね。 全体的な老後資金の貯め方については下記記事で紹介しています!.

次の

国民年金基金と厚生年金の違いやメリット・デメリットを解説

国民 年金 基金 メリット

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。 国民年金基金の詳細 男性の返戻率の例(30歳で加入した場合) 終身年金A型 (1口) 終身年金B型 (1口) 掛金月額 10,170円 8,990円 60歳までの 払込総額 366万1,200円 323万6,400円 年金額 (開始年齢65歳) 24万円 24万円 75歳まで受け取る場合 360万円(15年保証付きのため) 返戻率:98. 3% 240万円 返戻率:74. 2% 80歳まで受け取る場合 360万円 返戻率:98. 3% 360万円 返戻率:111. 2% 85歳まで受け取る場合 480万円 返戻率:131. 1% 480万円 返戻率:148. 3% 90歳まで受け取る場合 600万円 返戻率:163. 9% 600万円 返戻率:185. 4% 女性の返戻率の例(30歳で加入した場合) 終身年金A型 (1口) 終身年金B型 (1口) 掛金月額 11,880円 11,350円 60歳までの 払込総額 427万6,800円 408万6,000円 年金額 (開始年齢65歳) 24万円 24万円 75歳まで受け取る場合 360万円(15年保証付きのため) 返戻率:84. 2% 240万円 返戻率:58. 7% 80歳まで受け取る場合 360万円 返戻率:84. 2% 360万円 返戻率:88. 1% 85歳まで受け取る場合 480万円 返戻率:112. 2% 480万円 返戻率:117. 5% 90歳まで受け取る場合 600万円 返戻率:140. 3% 600万円 返戻率:146. 掛金の全額が所得控除できるため、節税効果を考慮すると他の個人年金保険と比べても非常にお勧めです。 個人事業主の方は是非とも加入を検討したいところです。 サラリーマンの方は入れないのが残念。 これにより、大幅な節税効果を生み出し、実質的な返戻質を大幅にアップさせることになります。 掛金の全額所得控除がどれほどお得なのか、なかなかパッとイメージ出来る人も少ないと思いますので、ちょっと計算してみたいと思います。 例えばその年の課税所得が500万円だったとすると、所得税と住民税を合わせると30%の税率となります。 かなり高いですよね・・。 で、ここで毎月の掛金6. 8万円の国民年金基金に加入したとします。 単純に考えると引いた金額の30%がお得になる計算になりますので 6. 6万円-24. 48万円=57万1,200円となり、実質年間で 57万1,200円しか払わなくて済む計算になります。 これはかなりの節税効果です。 個人事業主の方にとっては見逃せないですよね! 受け取る年金は公的年金等控除の対象になる 掛金が全額所得控除されることに加え、年金を受け取る時も「雑所得の公的年金等控除の対象」となるため、かなり所得を抑えることができます。 結果的に受け取る際も節税になるということですね。 終身受取なので長生きすればするほど返戻率が高くなる 個人年金基金は終身年金A型、B型で契約した場合、終身まで年金を受け取ることができます。 どこまで生きれるかは誰にも分からないものですが、生きている間ずっと貰い続けられるのはありがたいですよね。 出来るだけ長生きして貰い続けたいとことです。 そのような性質から、終身年金A型、B型の場合は長生きすればするほど貰える総額が増えていきます。 例えば、30歳から終身年金A型で加入して課税所得が500万円の場合、80歳まで年金を受け取った場合は節税効果を考慮すると返戻率は141,3%ですが、90歳まで年金を受け取った場合は節税効果を考慮すると返戻率は235. 5%というありえない数字にまで跳ね上がります。 ちなみに終身年金B型で加入すると、90歳まで年金を受け取った場合の返戻率は節税効果を考慮すると266. 4%になります。 凄いですね・・。 これはと比べても高い数値になります。 個人年金保険だと足元にも及びません。 そこまで返戻率を高めるには長生きしなければいけませんので、出来るだけ長い間元気でいたいところですね! 掛金を自由に設定できる 国民年金基金では加入する時は自分の好きに掛金を設定できますし、加入後も掛金の増減は自由にできますので、収益に応じて変えていけます。 また、掛金は上限6. 8万円の範囲内であれば以下のタイプから自由に設定できます。 終身年金A型:終身まで年金を受け取れて、さらに15年間の受取り保証が付いています。 なので80歳までに亡くなったとしても、15年分の年金を貰うことができます。 終身年金B型:終身まで年金受け取れて、さらにA型よりも掛金を抑えることが出来るので、実質的な返戻率はA型よりもお得になります。 ただし、15年間の受取り保証が付いていないので、早い時期に亡くなってしまうと受取総額はかなり低くなります。 65歳支給開始、15年間保証。 65歳支給開始、10年間保証。 60歳支給開始、15年間保証。 60歳支給開始、10年間保証。 60歳支給開始、5年間保証。 掛金は一番上の終身年金A型が一番高く、下にいくにつれて安くなります。 条件として、1口目は終身年金A型、B型のどちらかを選び、2口目からはどれでも自由に選択できます。 どれを選ぶのがベストかはライフスタイルによって大きく変わってくるため、正解はこれ!というものはありません。 デメリット部分 終身年金B型の場合、長生きしないと損する場合も 終身年金B型は終身、つまり死ぬまで年金を貰える上に終身年金A型よりも掛金を少なくすることが出来るプランです。 そのため、年金額を抑えることなく掛金を少なくしたいという人には非常にお勧めのプランとなりますが、終身年金A型のような保証期間がないため、早めに亡くなってしまうと総支給額がとても低くなってしまい、かなりの損になってしまいます。 自分がいつ死ぬかなんて考えたくもないですし、生きることを前提にした上で契約するなら終身年金B型にしておきたいところですが、もしも万が一のことを考えるなら、終身年金A型の口数を増やして残された家族にお金を残すという選択肢も考えなくてはいけません。 一度加入すると基本的にやめることは出来ない 国民年金基金は加入する時は任意なので自由に選択することができますが、いったん加入すると自分の都合で辞めることはできなくなります。 国民年金基金を辞める条件としては以下のものがあります。 60歳になったとき• 60歳以上で加入した方が65歳になったとき、または国民年金の任意加入被保険者でなくなったとき• 会社員になったときなど、国民年金の第1号被保険者でなくなったとき 海外に転居したときを含みます• 結婚して会社員等の被扶養配偶者になったとき 第3号被保険者• 地域型基金に加入していた方が他の都道府県へ転居したとき 引き続き、国民年金の第1号被保険者であれば、転居先の地域型基金に特例加入できます。 ただし、以前と同じ掛金で加入される場合は、3か月以内の申込みが必要となります。 職能型基金に加入していた方がその職業に従事しなくなったとき 引き続き、国民年金の第1号被保険者であれば、住所地の地域型基金に特例加入できます。 ただし、以前と同じ掛金で加入される場合は、3か月以内の申込みが必要となります。 農業者年金に加入したとき• 国民年金保険料が免除 一部免除・学生納付特例・若年者納付猶予を含みます。 されたとき• 加入員本人が死亡したとき (引用:) 上記以外で任意に脱退することは出来ないと書かれています。 そのため、払い続けられる自信がない場合は加入の検討は慎重に行うことをお勧めします。 ただ、減額は自由にできますので、生活が厳しい場合は限界まで掛金を減らすということも出来ます。 それでも払い続けることが難しくなった場合は、払込の一時停止などの措置を取ることが可能となっています。 それに停止後の開始時期も決まっていないため、極論を言えばそのまま払わなくても問題ないという形になっています。 もちろん、仕事で利益が上がるようになってから再開するということも自由に出来ます。 例え払込みをずっと停止していても、年金はこちらが支払った額に応じてもらえます。 もし払込が厳しい状態になったら、個人年金基金に問い合わせて一時停止を願い出てみてください。 物価スライド形式ではないため、将来インフレした場合に弱い 国民年金基金は残念ながら物価スライド形式ではないため、もし将来インフレした場合は実質的な年金額は低くなってしまいます。 反対にデフレで物価が下落した場合は実質的な年金額は上がりますが、国の政策としてはインフレを目標としていくことが分かっていますので、デフレはあまり期待できないと思われます。 とはいっても現状では将来的に大幅なインフレも難しいと思われますが、もしも大幅に物価が上がった場合を考えると、やはり最も気になるデメリット部分だと言わざるを得ないです。 管理人の最終評価 他の個人年金保険とは比べられないほど実質的な返戻率が高く、非常にお勧めです。 と並んで、 個人事業主の方には必ずと言っていいほど検討して欲しい制度と言えます。 ただし、サラリーマンの方は入れませんので、個人年金保険のランキングページなどを参考にサラリーマン向けの商品を検討していただければと思います。 また、最近ではあまりインフレに対応していない国民年金基金ではなく、 インフレに対応できる確定拠出年金の方が注目度が上がってきていますので、リスクヘッジのために両方入っておくのも良いかと思います。 掛金上限は両方合計して6万8千円となっていますので、割合をどうするかは個人の好みになります。 私的には インフレに対応できる確定拠出年金の割合を高くして良いかなと思ってます。 人気記事• 262,897pv 一番新しい個人年金保険のお勧め情報を掲載しています。 保険選びで迷っている方は是非とも参考にしてください。 200,089pv こんにちは!このブログを運営しているtakaです。 これでご飯を食べていま... 191,744pv 一番新しい学資保険のお勧め情報を掲載しています。 学資保険選びで迷っている方は是非とも参考にしてください。 171,353pv 「ライト!」の中の商品の一つです。 損をすることがないので気軽に加入することができる積立保険です。 144,744pv 一番新しいがん保険のお勧め情報を掲載しています。 保険選びで迷っている方は是非とも参考にしてください。

次の

国民年金基金と厚生年金の違いやメリット・デメリットを解説

国民 年金 基金 メリット

スポンサーリンク 国民年金基金の特徴 国民年金基金はサラリーマンの「」などと比較して、年金が充実していない個人事業主()のために用意されている2階部分にあたる年金制度です。 任意に加入することができますが、一度加入すると第1号被保険者から外れるなど所定の条件を満たさない限り脱退は許されない形となっています。 また、加入資格を失った場合、これまで支払ってきた年金保険料は一時金としては返還されず、将来の年金として支払われます。 国民年金基金の保険料 保険料は口数で支払います。 たくさん加入することもできますし、最小限のみとすることもできます。 この口数については変更することは可能です。 1口当たりの掛け金は加入時の「年齢」「性別」によって異なります。 契約時に若い人ほど1口ああたりの掛け金は安くなり、男性の方が統計的に早死にしやすいため同様に掛け金は安くなります。 この計算については「」と同じです。 長期間預けることができる若い人ほど保険料は安くなり、死亡リスクが高い人ほど保険料が高くなるわけですね。 なお、1年間に書けることができる上限額は決まっていて、年81万6千円までとなっています。 ただし、「」に加入している場合はそれと合計した金額が上限を超えない範囲までとなっています。 また、1年分の保険料を前納(前もって支払う)すれば、0. 1カ月分の保険料が割引となります。 金銭的に余裕がある方は活用してください。 国民年金基金の年金の受け取り方 複数のパターンが用意されています。 基本は終身年金の形(死ぬまで年金が支払われる)ですが、保証期間を設定することもできます。 たとえば、15年保証を付けておけば、年金受給から2年後に死亡したとしても残りの13年分は遺族に対して原資に応じた一時金が支払われます。 一方で保証を付けない場合は、死亡したら終わりです。 それぞれの選び方については、遺族保障としての性質も持たせたいなら保証期間あり、遺族保障は不要で自分の老後資金のためだけというのであれば保証期間なしを選択する方が効率的です。 国民年金基金のメリット、デメリット まず、国民年金基金のメリットとしては「税効果」と「年金額の増加」という点が挙げられます。 まず国民年金基金の保険料は全額社会保険料控除が可能です。 そのため、所得を減らすことができて、税率が高い人ほど節税メリットを享受できます。 また、当然ですが国民年金基金に加入することで年金として受け取ることができる金額が大きくなります。 払ったお金に対する年金額の増加に関しては「」よりも上昇幅が大きいです。 一方のデメリットは、「脱退が自由にできない」という点。 また、「基金自体のリスクがある」という点が挙げられます。 脱退の件は前述していますが、基金自体のリスクとはどういう点でしょうか? 実際のところ、国民年金基金には「 積み立て不足」が生じています。 これは約束した年金を支払うための原資が不足している状態ということです。 国民年金基金の積み立て不足とは何か? ちなみに、積み立て不足というのは、現在のままだと将来年金を払う時にお金が足りないというものです。 これは国民年金基金が「確定給付(確定利回り)」という点が原因です。 国民年金基金は過去は下記の様な利回りを加入者に約束していました。 1991年〜:5. 5% 1995年〜:4. 75% 2000年〜:4. 0% 2002年〜:3. 0% 2004年〜:1. 75% 昔の予定利回りに驚かれるかもしれませんが、当時はこの水準は決して法外なものではありませんでした。 株価下落と金利低下によって基金の実質的な利回りが低下しており、当初契約者に対しては当然「逆ざや」となっています。 この逆ざやによって将来の積立金の不足が生じているわけです。 国民年金基金に加入しても大丈夫なのか? 将来的に基金の制度が大きく変わるか、あるいは運用環境が大きく改善するようなことが無い限り持続性には問題があると私は考えています。 現在の状況が改善しない限りは個別勘定で加入できる「」の方が有用な運用手段(年金加入手段)だと考えています。 【関連記事】個人型確定拠出年金と国民年金基金の比較 ちなみに「」の場合、国民年金に加えて年金に加入する場合、この個人型確定拠出年金か国民年金基金のどちらかに加入することになります。 併用も可能なのですが、上限額は共通です。 それでは個人型確定拠出年金と国民年金基金のどちらに加入する方がお得なのでしょうか? >> 年金対策. com 対策一覧 年金と老後の基礎知識• 国民年金・厚生年金(公的年金)• 年金以外のお得な退職金・年金• 小規模企業共済(経営者)• 中小企業倒産防止共済(経営者) 個人年金で私的年金作り• 債券投資で私的年金• 年金のお勧めマネーサービス• 年金で得をする方法• 年金の受取を後にずらして得をする• 大学生は必ず年金猶予制度を使おう• 年金が厳しい時は「免除」を活用• 専業主婦が気をつけたい年金•

次の