女子 サッカー 選手 逮捕。 【受け子が逮捕】元女子サッカー選手は誰?名前(実名)は?

女子サッカープロリーグは発展中。米国、欧米の二極化も実は低年俸。

女子 サッカー 選手 逮捕

『フランス・フットボール』誌10月2日発売号では、フランク・シモン記者がヨーロッパとアメリカの女子サッカーリーグを比較している。 同誌が今年から女子のバロンドールも表彰するようになったのは、来年フランスでFIFA女子ワールドカップが開催されること以上に、ヨーロッパでも女子のプロリーグが発展し、長年にわたり世界の中心であったアメリカと二極化の様相を見せるようになったことが大きい。 ちなみに日本をはじめとする東アジアは、女子サッカーのもうひとつの中心であるが、プロ化という点では欧米に大きく遅れを取っているのが現状である。 それではヨーロッパとアメリカとでは、どこに違いがありどちらが優れているといえるのか。 シモン記者が分析した。 監修:田村修一 欧州で地位が低かった女子サッカー。 「アメリカンドリーム」 かつてヨーロッパの女性が、プロサッカー選手としての夢を実現するためには、大西洋を越えて新大陸に渡る以外に方法はなかった。 というのもヨーロッパでも女子サッカーは、イタリアやフランス、スカンジナビア諸国などで早い時期から存在したが、アメリカはヨーロッパとは異なり1980年代から学校スポーツとして女子サッカーが高校や大学で広まり、人気も得てこの20年というもの一種のエルドラド(黄金郷)を築きあげたからであった。 男子プロスポーツ大国であるアメリカにおいて、プレーレベルの高さと財政サポートを基盤に、最初のリーグであるセミプロのUSL Wリーグ(当初の名称はアメリカ女子インターリージョナルリーグ)が設立されたのは1995年のことであった。 女子アメリカ代表の国際舞台における実績は、今さら語る必要もないぐらいである。 過去7回のワールドカップで優勝3回(1991年と'99年、2015年)。 これはヨーロッパの3回(1995年のノルウェーと2003年、'07年のドイツ)に匹敵する。 オリンピックでは優位はさらに顕著で、これまで4つの金メダル('96年と'04年、'08年、'12年)を獲得し、2つ('00年のノルウェーと'16年のドイツ)のヨーロッパに大きく差をつけている。 多くの選手がチャンスを求めて世界中からNWSL(ナショナル・ウーマンズサッカーリーグ=現行のプロリーグ)に身を投じるのは、極めて当然のことであるといえた。 ところがその図式が、ここ最近変わりつつある。 ヨーロッパはどのようにプロリーグを発展させたのか。 アメリカとの違いはどこにあるのか。 4つの観点から分析する。

次の

美しすぎる5人の女子サッカー選手。あなたの好みは? モデル顔負けの美貌を持つ女子選手たち【編集部フォーカス】

女子 サッカー 選手 逮捕

女子サッカーリーグ『なでしこリーグ』で活動していた元女子サッカー選手が、詐欺未遂容疑で逮捕されていたことが明らかとなり、サッカーファン等の間で注目を集めています。 『埼玉新聞』の報道によれば、埼玉県警察浦和西署が11月1日に東京都世田谷区在住の会社員女性 27 を逮捕したといい、匿名報道で逮捕された犯人の実名は明らかにされていないものの、 容疑者はかつて『ジェフ千葉レディース』や『INAC神戸レオネッサ』に所属していた元女子サッカー選手だとしています。 元女子サッカー選手の女性は、 特殊詐欺(オレオレ詐欺、還付金詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺など)で金品を受け取る「受け子」をしていた疑いが持たれており、2日に詐欺未遂容疑で逮捕された住所不定・職業不詳の男性 22 が、見張り役もしくは指示役とみられているそうです。 この2人の逮捕容疑は、他の氏名不詳者らと共謀して1日14時ごろから数回にわたり、さいたま市内に暮らす無職男性 77 に電話をかけ、警察を装って 「あなたのキャッシュカードが偽造されている。 新しいカードにする必要がある」「これから取りに行く」などと言ってカードをだまし取ろうとした疑いとなっています。 この日の午前11時半以降に埼玉・戸田市、13時半ごろからさいたま市で詐欺の予兆電話があり、警察が警戒をしていたところ、戸田市内の ファーストフード店で複数のスマホを持つ男性と、スマホをしきりに気にしている女性がおり、警察官は不審に感じて動向を警戒していたといいます。 すると、 女性が15時過ぎに店を出てから77歳の男性の元へ向かおうとし、その途中で警察官が職務質問して逮捕、もう1人の男性も店から出てきたところで職務質問し、逮捕したとのことです。 女性は警察の取り調べに対して 「電話で指示を受け、男性方に向かった」、男性は 「女は受け子。 出た後に合流する予定だった」などと供述しているそうです。 そして、この報道に対してネット上では、• なぜ匿名?• 誰なんだよ• 実名出せや 誰に忖度しとんねん マスゴミが• 代表じゃないし誰も知らん奴だろ?• 27歳で千葉と神戸に在籍してたってことは・・・全然わからんな• ジェフとINACにいたってだけで大分絞られるだろ• 何故、匿名なのか?名前を公表するか、しないか、ある程度の基準をガイドラインで定めて欲しい• 顔を出してもらわなければ、今後もするかも知れない人が判らない! 顔を出して二度とこの方に同じ事をされないように注意する為にも、テレビや新聞に掲載するべきでは?• 悲しいね。 セカンドキャリアがオレオレ詐欺の受け子なんて、、• 一部以外はサッカーだけじゃ食っていけないだろうしな• しっかりと本人の反省を促すためにも実名報道でいいんじゃないか などのコメントが寄せられており、犯人の実名を報道していないことに対する批判、疑問の声などが多く上がっています。 また、匿名報道ということでネット上では早速犯人の特定が行われ、年齢や過去の所属チームが完全一致するIさんの名前が挙げられています。 Iさんは高校を卒業後の2011年に『INAC神戸レオネッサ』に入団、女子サッカー界のレジェンド・澤穂希さん等と共にプレーし、2011年にはU-19の代表メンバーに選出され遠征にも参加していましたが2012年にチームを離れ、2013年~2014年にかけては『ジェフ千葉レディース』に所属しており、今年で27歳になっています。 また、今年9月に出演したテレビ番組では現在不動産店に勤務し、世田谷区内に住んでいることも明らかにしており、犯人と一致する部分が多いことからIさんなのではとの疑惑が浮上しているのですが、あくまでも憶測なので全く別の人物という可能性も十分あります。 それにしても元女子サッカー選手が、特殊詐欺の受け子をしていたというのは何とも残念な話で、会社員として働きながらなぜ詐欺グループに入ったのか、その経緯など色々と気になる部分がありますね。 10月末には、神奈川県警第1交通機動隊の巡査・蕪木紀哉容疑者 24 が、80代の男性宅を訪れ、横須賀署員に成り済ましてキャッシュカード2枚を盗んだ容疑で逮捕され、同容疑者も特殊詐欺の受け子だったとみられており、その後の取り調べで犯行理由について「パチンコなどの遊興費で数百万の借金があった。 他にも何回かやった」などと供述していることが明らかになっています。 この元女子サッカー選手も金に困っていたのか、現時点で犯行動機は明らかになっていませんが、今回の逮捕を受けて深く反省し、今後また詐欺など事件を起こすことなくちゃんと更生してほしいものですね…。

次の

元女子サッカー選手(詐欺未遂)の顔画像や名前と経歴は?勤務先や結婚も気になる!|SNOPOMMEDIA

女子 サッカー 選手 逮捕

井口容疑者は振り込め詐欺の「受け子役」だったとみられる。 県警は2人の認否を明らかにしていない。 発表によると、両容疑者は氏名不詳者らと共謀の上、1日午後2時ごろから複数回にわたり、さいたま市桜区の男性(77)に「あなたのキャッシュカードが偽造されている」、「新しいカードにする必要がある」、「これから取りに行く」などと電話し、男性のカードをだまし取ろうとした疑い。 井口容疑者は1日午後に浦和西署内で緊急逮捕、田村容疑者は2日に蕨署内で通常逮捕した。 井口容疑者は茨城県出身。 身長156センチの攻撃的MFとして活躍した。 高校女子サッカーの強豪・日本航空高(山梨)に進学。 高校卒業後の2011年になでしこリーグのINAC神戸に入団。 その後、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースなどに所属したが、けがのため公式試合にはほとんど出場できず、14年に退団。 退団時には「サッカー選手として、ジェフレディースの選手としてピッチで恩返しできなかった事がすごく心残りです」とコメントしていた。

次の