お小遣い。 子どもの『おこづかい帳』無料テンプレートをダウンロードして使ってみよう

ボーナスが出たら夫への小遣いはいくらにする?リアルな事情を紹介!

お小遣い

独身時代は、収入の範囲内で好きなだけお金が使えるので、「お小遣い」という概念があまりないかもしれません。 ところがいざ結婚して家族ができると、子どもが生まれたり、マイホーム購入を考えたりと、「貯蓄」の必要性が出てきます。 そうした場面で改めて「家族での家計管理」の重要性に気づく人が、けっこう多いのです。 では夫のお小遣いはどれくらいが妥当なのでしょうか。 データを用いて詳しく解説します。 そもそもお小遣いの語源は? ふだん、何気なく使っている「お小遣い」という言葉。 なぜそう呼ぶのでしょうか? そもそもの語源は「小遣銭(こづかいせん)」を略したもので、生活費とは別に買い物や自由に使っていいお金のこと。 もともとは子どもに与えるお金のことを指していました。 ポケットマネーも同様の意味があるそうです。 各家庭のお小遣い事情はどうなっている? 家計管理の方法は、各家庭によってそれぞれ。 夫または夫婦それぞれの収入から生活費を出し合うという方法もありますが、お互いの収入をオープンにして、支出の状況をしっかり把握しておくことが、将来的にお金を貯めていくためには重要になります。 住居費や食費などの予算を立てるのと同じで、お小遣いも1つの支出項目として割り出しておくことが、家計管理の第一歩といえるのです。 では実際のところ、各家庭のお小遣い事情はどうなっているのでしょうか。 夫のお小遣いの平均額は「3万7873円」! 新生銀行が20~50代の会社員男女を対象に調査している「2016年サラリーマンのお小遣い調査」によると、男性会社員のお小遣いの平均額は「3万7873円」という結果が出ています。 1979年に調査を開始して以来、3番目に低い金額となりました。 2015年の調査とほぼ横ばいの状態で、世の中が好景気と言われている反面、給与は据え置きのままという家庭が多いことを反映した結果となったようです。 ちなみに最もお小遣いが多かったのは、1990年のバブル全盛期でなんと7万7725円。 その頃に比べると約半額となっています。 なお、女性会社員のお小遣いの平均額は「3万3502円」という結果に。 男性よりも約4000円ほど少ない金額となっています。 次に、男女・年代別のお小遣い額平均を見てみましょう。 40代といえば、子どもの教育費やマイホームの購入など、さまざまな出費が重なる時期。 そうした事情もあってか、お小遣いに対しては、財布のヒモがぎゅっと固くなるようです。 次に、男性会社員のお小遣い額をライフステージ別に見てみましょう。 一方で、子どもがいる世帯や妻が専業主婦の世帯では、お小遣いが3万円台となっています。 教育費ほか子育てにかかる費用が家計への負担となっていることがうかがえる結果となっています。 お小遣いには昼食代や飲み会代なども含まれている 夫のお小遣いが3万7873円だとすると、1日で使える金額はいくらかになるでしょうか。 土日を除いた平日22日で算出してみると、1日約1721円となります。 その内訳には昼食代や飲み会代、お茶やコーヒー代、趣味のお金も含まれます。 さきほどの新生銀行のデータで見ると、男性会社員の昼食代の平均額は587円。 これだけの予算では、毎日外食するのは厳しい状況といえます。 そのため、お弁当を持参している人の割合は34. 9%で、次いで社員食堂利用が20. 4%、お弁当を購入する人が19. 6%というデータが出ています。 ちなみに男性会社員の1カ月の外に飲みに行く回数は平均で2. 部下がいる年代にもなれば、飲み会でおごる場面も出てくるもの。 そのため、お弁当持参でお小遣いを節約しているご家庭も多いのかもしれませんね。 お小遣いは家計の10%以内に抑えるのが理想的 データから夫のお小遣い事情を見てみましたが、ご自身の家庭と比べてみていかがでしたか? もちろん、お小遣いの平均額はあくまでアンケート調査の結果なので、収入によって増減が生じるものです。 もし、これから夫のお小遣いを決めるのであれば、多くのファイナンシャルプランナーが推奨しているように、「家計に占めるお小遣いの割合は、夫婦で10%以内」に抑えるのを目安にするといいでしょう。 いずれにしても、夫婦できちんと話し合い、納得してお小遣いの金額を決めることが大切です。

次の

サラリーマン・会社員のお小遣いはいくら?20代〜50代の平均金額

お小遣い

子どもにお小遣いあげていますか? いつから、 いくらくらいあげたらいいのかも親としては悩みどころですね。 オウチーノ総研が実施したアンケートによると、おこづかいをあげはじめた時期で一番多かったのが 小学1年生、次に 中学1年生でした。 2015年調べ 「 小・中学校への入学」がお小遣い制度スタートのきっかけとなっていることが多いようです。 未就学児にお小遣いを渡し始めた理由は お金についての学習が多く、小学校低学年からは お友達との交際費が必要になったという理由が多くなっています。 お小遣いの渡し方や 金額の決め方などお小遣いを上げるときに参考になるアンケート結果になっているので、詳しく知りたい方は『 お小遣い制度スタートのきっかけは、「小・中学校への入学」!その目的は?』のサイトをご覧ください。 我が子は幼稚園でスーパーでお買い物をする体験授業があったり、お正月のお年玉などから少しづつお金に興味を持ちはじめ、たまにお手伝いを頑張った時に10円あげていたのを2年ほど貯めこんでいたのですが、ある日突然お小遣いが欲しい!と言い始めました。 そこで、いままで貯めていたのは全部でいくらか数えてみて、せっかくなのでお小遣い帳でもつけてみる?と提案するとノリノリでやるー!との答え。 ただ、まだ小学1年生。 足し算も3桁までは程遠く、おこづかい帳を購入するには時期尚早。 途中であきちゃいそうなのが目にみえていますが、せっかくやる気になっているので無料でダウンロードできるおこづかい帳テンプレートを活用することに。 その時に調べた子どものおこづかい帳を無料でダウンロードできるサイトをご紹介します。 もくじ• 子ども向けおこづかい帳が無料ダウンロードできるサイト こづかい帳 — 知るぽると 金融広報中央委員会が運営するくらしに役立つお金についての情報をまとめたサイト「」のキッズ向けページに1年分のおこづかい帳を手作りできるテンプレートがあります。 実際に作ってみましたが、表紙・使い方・こづかい記録表・まとめ・ごほうびシールまでテンプレートがあり立派なおこづかい帳を作ることができました。 作成にホッチキスは使用せず、ノリで貼り付けていくので少し時間がかかります。 1年分あるのでお正月のお年玉からスタートするのにもおすすめです。 A4用紙そのままではなく、周りを切る必要があったのがちょっと残念(紙もったいないー) おこづかい帳 — 日生ソフトクリームランド のページにがあります。 表紙とおこづかい帳(中面)のテンプレートがあり、中面を6枚印刷すれば1年分のおこづかい帳を作ることもできます。 折り曲げて、横をホッチキスで止めるだけなので作るのも簡単です。 こちらも印刷して、折ってホッチキスで止めるだけで作ることができます。 シンプルでかわいくておすすめ。 おこづかい帳 — KF STUDIO のカテゴリにおこづかい帳が2種類あります。 表紙はなく、項目欄も漢字でふりがなはありませんがとっても可愛い大人も子どもも使えるおこづかい帳です。 消費生活センターの多重債務の相談者から「お金の使い方を教わったことがない」「家計簿が書けない」という話を聞くうちに、子どもの頃からお金の使い方をよく考えることが大切だと痛感したことがきっかけで作られたというおこづかい帳です。 お金についての約束事を書くことができたり、その月に買うものをリストアップし、気持ちや価格、買うか買わないかをの値段を書くページもあり、数字の増減を書くだけでなく『考えて』お金を使うことが自然とできるようなおこづかい帳になっています。 はじめておこづかい帳をつける子にぜひ使って欲しいおこづかい帳です。 おわりに 計画をたてモノを購入するまでしっかり考えることができるよう作ってあったことがポイントとなり、我が家では柏市オリジナルおこづかい帳『マナブーのマネーノート』をしばらく使ってみることにしました。 誰もが一生付き合う『お金』のこと。 小さいうちから少しづつ金銭感覚を身につけていって欲しいですね。

次の

お小遣い稼ぎの極意!ネット小遣い稼ぎを完全攻略

お小遣い

子どもにお小遣いあげていますか? いつから、 いくらくらいあげたらいいのかも親としては悩みどころですね。 オウチーノ総研が実施したアンケートによると、おこづかいをあげはじめた時期で一番多かったのが 小学1年生、次に 中学1年生でした。 2015年調べ 「 小・中学校への入学」がお小遣い制度スタートのきっかけとなっていることが多いようです。 未就学児にお小遣いを渡し始めた理由は お金についての学習が多く、小学校低学年からは お友達との交際費が必要になったという理由が多くなっています。 お小遣いの渡し方や 金額の決め方などお小遣いを上げるときに参考になるアンケート結果になっているので、詳しく知りたい方は『 お小遣い制度スタートのきっかけは、「小・中学校への入学」!その目的は?』のサイトをご覧ください。 我が子は幼稚園でスーパーでお買い物をする体験授業があったり、お正月のお年玉などから少しづつお金に興味を持ちはじめ、たまにお手伝いを頑張った時に10円あげていたのを2年ほど貯めこんでいたのですが、ある日突然お小遣いが欲しい!と言い始めました。 そこで、いままで貯めていたのは全部でいくらか数えてみて、せっかくなのでお小遣い帳でもつけてみる?と提案するとノリノリでやるー!との答え。 ただ、まだ小学1年生。 足し算も3桁までは程遠く、おこづかい帳を購入するには時期尚早。 途中であきちゃいそうなのが目にみえていますが、せっかくやる気になっているので無料でダウンロードできるおこづかい帳テンプレートを活用することに。 その時に調べた子どものおこづかい帳を無料でダウンロードできるサイトをご紹介します。 もくじ• 子ども向けおこづかい帳が無料ダウンロードできるサイト こづかい帳 — 知るぽると 金融広報中央委員会が運営するくらしに役立つお金についての情報をまとめたサイト「」のキッズ向けページに1年分のおこづかい帳を手作りできるテンプレートがあります。 実際に作ってみましたが、表紙・使い方・こづかい記録表・まとめ・ごほうびシールまでテンプレートがあり立派なおこづかい帳を作ることができました。 作成にホッチキスは使用せず、ノリで貼り付けていくので少し時間がかかります。 1年分あるのでお正月のお年玉からスタートするのにもおすすめです。 A4用紙そのままではなく、周りを切る必要があったのがちょっと残念(紙もったいないー) おこづかい帳 — 日生ソフトクリームランド のページにがあります。 表紙とおこづかい帳(中面)のテンプレートがあり、中面を6枚印刷すれば1年分のおこづかい帳を作ることもできます。 折り曲げて、横をホッチキスで止めるだけなので作るのも簡単です。 こちらも印刷して、折ってホッチキスで止めるだけで作ることができます。 シンプルでかわいくておすすめ。 おこづかい帳 — KF STUDIO のカテゴリにおこづかい帳が2種類あります。 表紙はなく、項目欄も漢字でふりがなはありませんがとっても可愛い大人も子どもも使えるおこづかい帳です。 消費生活センターの多重債務の相談者から「お金の使い方を教わったことがない」「家計簿が書けない」という話を聞くうちに、子どもの頃からお金の使い方をよく考えることが大切だと痛感したことがきっかけで作られたというおこづかい帳です。 お金についての約束事を書くことができたり、その月に買うものをリストアップし、気持ちや価格、買うか買わないかをの値段を書くページもあり、数字の増減を書くだけでなく『考えて』お金を使うことが自然とできるようなおこづかい帳になっています。 はじめておこづかい帳をつける子にぜひ使って欲しいおこづかい帳です。 おわりに 計画をたてモノを購入するまでしっかり考えることができるよう作ってあったことがポイントとなり、我が家では柏市オリジナルおこづかい帳『マナブーのマネーノート』をしばらく使ってみることにしました。 誰もが一生付き合う『お金』のこと。 小さいうちから少しづつ金銭感覚を身につけていって欲しいですね。

次の