猫トイレ比較。 多頭飼い(2匹)の猫でも対応できる 猫用システムトイレのオススメシートや、トイレ掃除の仕方と洗剤の選び方

おすすめな人気猫砂/猫トイレ【感想/比較/安い】

猫トイレ比較

自宅で猫ちゃんを飼う場合に必要となるのが猫用トイレ。 そんな猫用トイレの中でも特に人気が高いのが、ユニ・チャーム ペットの 「デオトイレ」という製品です。 この「デオトイレ」には屋根のあるドーム型と屋根の無いオープン型がありますが、ドーム型の方が人気があるようです。 やはり、消臭シートがあるとはいえ、周りを囲ったドーム型の方がニオイが漏れにくいような感じがするんだと思います。 さて、このドーム型の猫用トイレは「デオトイレ」だけではありません。 花王の 「ニャンとも清潔トイレ」にもドーム型があり、こちらも中々の人気商品となっています。 よって、これからドーム型の猫用トイレを購入しようと思っている方は、ユニ・チャームの「デオトイレ」と花王の「ニャンとも清潔トイレ」で悩むかも。 この両者、どっちがイイんでしょうか? スポンサードリンク デオトイレとニャンとも清潔トイレの構造と使い方 ユニ・チャームの「デオトイレ」と花王の「ニャンとも清潔トイレ」の構造は、ほぼ同じといっても良いと思います。 いずれも上段には猫砂を敷き、そこを通過したオシッコは下段の消臭シートに吸収されるという仕組みです。 ウンチはそのまま猫砂の上に残るので、スコップですくって捨てます。 いずれの商品にも猫砂1袋と消臭シートが1枚付属されており、いずれの消臭シートも猫ちゃん1匹で約1週間使用できます。 後は定期的に猫砂と消臭シートを入れ替えればOKという感じです。 というわけで、「デオトイレ」も「ニャンとも清潔トイレ」も、その使い方はほぼ同じです。 「デオトイレ」のドームは開閉式 まず一つ目は、「デオトイレ」のドームは前半分が開閉式になっているのに対して、「ニャンとも清潔トイレ」は開閉式ではないということです。 開閉式ドームの「デオトイレ」は、ウンチをスコップで取る時や猫砂を入れ替える時などに、いちいちドーム部を外さなくても出来るという利点があります。 一方の「ニャンとも清潔トイレ」は開閉式ドームではないので、いちいちドーム部を外す必要があります。 ただ、「ニャンとも清潔トイレ」のドームの入り口は、「デオトイレ」に比べると少し広くなっているので、特にドーム部を外さなくても中のお手入れが出来る可能性もあります。 でも、普通に考えれば開閉式ドームの方が便利そうですよね。 「デオトイレ」の引き出しは前後入れ替え式 もう一つは消臭シートを入れる引き出しの違いです。 「ニャンとも清潔トイレ」の引き出しは前後が決まっており、一方方向にしか出し入れできませんが、「デオトイレ」の引き出しは前後入れ替え式であり、どちらからでも出し入れが可能です。 この前後入れ替え式の引き出しの持つメリットは、消臭シートを無駄なく使えるということです。 例えば、いつもトイレの奥の方でオシッコをする猫ちゃんの場合、消臭シートは奥の方ばかりが汚れていきます。 でも、引き出しの前後を入れ替えてセットし直せば、トイレの奥の方にまだキレイな状態の消臭シートがセットできるというわけです。 まあ、「ニャンとも清潔トイレ」の場合でも、消臭シートを引き出しから外して前後を入れ替えれば対応できますが、これはちょっと面倒くさい作業になりそうですね。 スポンサードリンク 「デオトイレ」と「ニャンとも清潔トイレ」の価格 さて、一見同じような感じの「デオトイレ」と「ニャンとも清潔トイレ」ですが、「デオトイレ」の方が機能的にはちょっと優れているような感じですね。 では、両者の販売価格はどうなのか? 現在の楽天市場での販売価格は• デオトイレ 1,860円• ニャンとも清潔トイレ 2,500円 となっています。 こうなると「デオトイレ」に魅力を感じる人の方が、おそらく多くなりそうですね。 このあたりの価格設定はネット通販ならではですね。 逆に言うと、今後「ニャンとも清潔トイレ」の方が安くなる可能性もあるということです。 「ニャンとも清潔トイレ」のメリット ここまで色々と見て来たところでは、「デオトイレ」の方が機能的であり、価格も安いのでオススメという感じですが、「ニャンとも清潔トイレ」にもメリットが無いわけではありません。 それは「ニャンとも清潔トイレ」の方がデザイン的にオシャレな感じがするということです。 まあ、デザインの好みは人それぞれですが、両者を見比べてみた時には、「ニャンとも清潔トイレ」の方がオシャレに感じる人の方がおそらく多いと思われます。 また、「デオトイレ」のカラーはアイボリーしかないみたいですが、「ニャンとも清潔トイレ」にはブラウン、ライトベージュ、ホワイト&ピンク(キティ)があります。 猫用トイレをどこに置くかは人それぞれですが、普段見える場所に置くならオシャレな方が良いですよね。 やっぱりトイレもオシャレな方がイイ!という人なら、「ニャンとも清潔トイレ」の方が良いかも知れませんね。

次の

猫のシステムトイレで人気なのは?各メーカー比較と私のおすすめ!

猫トイレ比較

スポンサードリンク 一昔前だと、猫のトイレは固まる砂が主流でしたが、今は掃除の簡単なシステムトイレが人気があります。 その理由の一つに、掃除などのお手入れが簡単・臭いが広がりにくいなどの理由があります。 今まで固まる砂を使っていたけれど、システムトイレを使ってみたいなって方も多いのではないでしょうか?でも、一口にシステムトイレと言っても色々あってどれがいいのか迷っちゃいますよね! 私も今までに色々なトイレを使ってみたので、経験を踏まえてずぼらな私が楽ちんで掃除のしやすいトイレを紹介します。 猫トイレはシステムトイレが人気? 猫のシステムトイレとは システムトイレの特徴としてはトイレが二層構造になっており、上のトイレ部分がすのこ状 網目状 になっており、固まらないシステムトイレ専用の固まらない砂を敷くことで、おしっこがそのまま下のトレイへと落ちる。 下のトレ-では専用のペットシートやマットを敷くことによっておしっこを吸収し、1週間に1度程度交換をする。 ウンチはその都度捨てる。 固まる砂と違いおしっこが下に落ちる事によって、その都度取り除く手間を省く事が出来るので手入れが楽だと人気の商品である。 大き目のチップに慣れない子の為に小さめチップも売っています。 下のトレーにも木製のマットを使用します。 良く吸収してくれて良いのですが、捨てる時にちょっと面倒なのと、割高の為ペットシーツで代用する事も可。 デオトイレの特徴はサンドの種類が豊富な事です。 ゼオライトとシリカゲルで出来た「飛び散らない消臭・抗菌サンド」。 そこにナチュラルグリーンの香りを付けた「ふんわり香る消臭・抗菌サンド」。 紙で出来た「飛び散らない緑茶成分入り・消臭サンド」。 シリカゲルで出来ていてコロコロまるくサラサラ清潔な「消臭サンド」の4種類があります。 シリカゲル系の色の違う3種類の脱臭サンドが混ざっている猫砂。 下のトレーはペットシートというオーソドックスなシステムトイレ。 砂にはおしっことその臭いを吸収するパインサンドを使用。 おしっこを吸収したパインサンドが粉末状になり、本体すのこ部分から下のトレーに落ちる仕組み。 トレーの取り換えは普通の猫1匹の場合は2週間に1度程度です。 楽ちん猫トイレの一番の特徴がおしっこを吸収すると粉末状になるというサンド!このサンドを受ける為に下のトレーが深型になっているためトイレ自体がちょっと背の高い作りとなっています。 トレーには専用のボール紙で出来た箱をセットし、交換する時は粉末化したウッドチップを箱ごとポイ!箱の代わりに大き目のペットシーツを敷き詰めても使えますよ! 猫のシステムトイレ どれがおすすめ? 私のおすすめは、現在我が家でも使用しているです。 とにかく掃除が楽でコスパがいい!というのがその理由です。 専用のトレーがいっぱいになったら捨てていますが、メインクーン2匹でも1週間は持ちます。 ただ、おしっこの量が多いと吸収しきれなかったおしっこがそのまま下のトレーに落ちてビチャビチャになるのが玉にキズ。 その場合は、ちょっと汚れた砂を下のトレーに足してやって水分吸収させています。 下のトレーには最初コスパを重視してペットシーツを敷いていました。 ずれないようにクリップやテープで留めて使用します。 最初の内はいいなと思っていたのですが、おしっこが多いと吸収しきれなかったり、あとはペットシーツだと取り換え頻度が高い。 こまめに取り替えて清潔にしたいという方はペットシーツおすすめです! ですが、私の様にズボラな方は専用のサンドトレーが容量も大きいし、おしっこを吸収したサンドが思ったよりも臭わないのでおすすめです。 ペレットストーブに使うホワイトペレットで代用出来るんですよ。 私が普段購入しているのはコレです。 20kgでこの値段ってお得です。 純正品の半額ですよ! 参考価格3. 5kgで1,880円程度 30㎏用の米袋に入って送られてきます。 我が家の場合で大体半年持ちます。 たまに、ペレットが既に粉になってた…なんてレビューもありましたが、確かに多少粉末は入っているものの、気になる程大量っていう訳でもありませんし、絶対おすすめですよ!!! 最後に… システムトイレっていままで固まる砂を使っていた猫ちゃんだとうまく順応できなかったりもするんですよね。 うちの子はブリーダーさんの所に居たころからニャンとも清潔トイレを使用していたので問題なかったのですが、初めての子はちょっとずつ砂を混ぜて慣らしていくしかないですね。 システムトイレに固まる砂を入れてもチョット面倒ですが使用は出来るので、少しずつ砂を増やして対処してあげてみて下さい。

次の

猫のシステムトイレの特徴と選び方のポイント

猫トイレ比較

自宅で猫ちゃんを飼う場合に必要となるのが猫用トイレ。 そんな猫用トイレの中でも特に人気が高いのが、ユニ・チャーム ペットの 「デオトイレ」という製品です。 この「デオトイレ」には屋根のあるドーム型と屋根の無いオープン型がありますが、ドーム型の方が人気があるようです。 やはり、消臭シートがあるとはいえ、周りを囲ったドーム型の方がニオイが漏れにくいような感じがするんだと思います。 さて、このドーム型の猫用トイレは「デオトイレ」だけではありません。 花王の 「ニャンとも清潔トイレ」にもドーム型があり、こちらも中々の人気商品となっています。 よって、これからドーム型の猫用トイレを購入しようと思っている方は、ユニ・チャームの「デオトイレ」と花王の「ニャンとも清潔トイレ」で悩むかも。 この両者、どっちがイイんでしょうか? スポンサードリンク デオトイレとニャンとも清潔トイレの構造と使い方 ユニ・チャームの「デオトイレ」と花王の「ニャンとも清潔トイレ」の構造は、ほぼ同じといっても良いと思います。 いずれも上段には猫砂を敷き、そこを通過したオシッコは下段の消臭シートに吸収されるという仕組みです。 ウンチはそのまま猫砂の上に残るので、スコップですくって捨てます。 いずれの商品にも猫砂1袋と消臭シートが1枚付属されており、いずれの消臭シートも猫ちゃん1匹で約1週間使用できます。 後は定期的に猫砂と消臭シートを入れ替えればOKという感じです。 というわけで、「デオトイレ」も「ニャンとも清潔トイレ」も、その使い方はほぼ同じです。 「デオトイレ」のドームは開閉式 まず一つ目は、「デオトイレ」のドームは前半分が開閉式になっているのに対して、「ニャンとも清潔トイレ」は開閉式ではないということです。 開閉式ドームの「デオトイレ」は、ウンチをスコップで取る時や猫砂を入れ替える時などに、いちいちドーム部を外さなくても出来るという利点があります。 一方の「ニャンとも清潔トイレ」は開閉式ドームではないので、いちいちドーム部を外す必要があります。 ただ、「ニャンとも清潔トイレ」のドームの入り口は、「デオトイレ」に比べると少し広くなっているので、特にドーム部を外さなくても中のお手入れが出来る可能性もあります。 でも、普通に考えれば開閉式ドームの方が便利そうですよね。 「デオトイレ」の引き出しは前後入れ替え式 もう一つは消臭シートを入れる引き出しの違いです。 「ニャンとも清潔トイレ」の引き出しは前後が決まっており、一方方向にしか出し入れできませんが、「デオトイレ」の引き出しは前後入れ替え式であり、どちらからでも出し入れが可能です。 この前後入れ替え式の引き出しの持つメリットは、消臭シートを無駄なく使えるということです。 例えば、いつもトイレの奥の方でオシッコをする猫ちゃんの場合、消臭シートは奥の方ばかりが汚れていきます。 でも、引き出しの前後を入れ替えてセットし直せば、トイレの奥の方にまだキレイな状態の消臭シートがセットできるというわけです。 まあ、「ニャンとも清潔トイレ」の場合でも、消臭シートを引き出しから外して前後を入れ替えれば対応できますが、これはちょっと面倒くさい作業になりそうですね。 スポンサードリンク 「デオトイレ」と「ニャンとも清潔トイレ」の価格 さて、一見同じような感じの「デオトイレ」と「ニャンとも清潔トイレ」ですが、「デオトイレ」の方が機能的にはちょっと優れているような感じですね。 では、両者の販売価格はどうなのか? 現在の楽天市場での販売価格は• デオトイレ 1,860円• ニャンとも清潔トイレ 2,500円 となっています。 こうなると「デオトイレ」に魅力を感じる人の方が、おそらく多くなりそうですね。 このあたりの価格設定はネット通販ならではですね。 逆に言うと、今後「ニャンとも清潔トイレ」の方が安くなる可能性もあるということです。 「ニャンとも清潔トイレ」のメリット ここまで色々と見て来たところでは、「デオトイレ」の方が機能的であり、価格も安いのでオススメという感じですが、「ニャンとも清潔トイレ」にもメリットが無いわけではありません。 それは「ニャンとも清潔トイレ」の方がデザイン的にオシャレな感じがするということです。 まあ、デザインの好みは人それぞれですが、両者を見比べてみた時には、「ニャンとも清潔トイレ」の方がオシャレに感じる人の方がおそらく多いと思われます。 また、「デオトイレ」のカラーはアイボリーしかないみたいですが、「ニャンとも清潔トイレ」にはブラウン、ライトベージュ、ホワイト&ピンク(キティ)があります。 猫用トイレをどこに置くかは人それぞれですが、普段見える場所に置くならオシャレな方が良いですよね。 やっぱりトイレもオシャレな方がイイ!という人なら、「ニャンとも清潔トイレ」の方が良いかも知れませんね。

次の