廃車にする前に。 車の廃車手続きはどこでする?1番簡単でお得な処分方法とは?

廃車を業者に任せる際の注意点

廃車にする前に

皆様は、自動車を廃車にして処分にする際に 『愛車の供養』を行った事はありますか? 『供養』と聞くと、誰かが亡くなった時に執り行う、お葬式やお別れ会、偲ぶ会など、今は亡き故人の魂に対して感謝の気持ちやいつまでも忘れないと言うメッセージを贈る為の物だというイメージが強いでしょう。 最近では、長年共に過ごしたペットのためにお葬式を執り行う『ペットの供養』は一般化してきました。 では、自動車の『供養』はどうでしょうか?自動車も長年乗っていたのであれば愛着もわきますし、一緒に過ごした年数が長ければ長いほど、愛車との様々な場面が思い出せることでしょう。 もちろん、自動車は人やペットとは違い、命がある訳ではありませんが、 出かける際には文句も言わず自分の足になってくれた自動車には、誰しも感謝の気持ちがあるはずです。 その為、最近では廃車など、自動車を処分する際に『愛車の供養』を行う事が話題になっています。 そこで今回は、長年連れ添った愛車の為に、感謝の気持ちを伝える理由や、その方法についてご紹介していきたいと思います。 おすすめの廃車買取業者 自動車の廃車手続きの専門業者をご紹介します。 カーネクストは、全国対応で 廃車手続きを行っている廃車専門店です。 古い車や過走行車、不動車や事故車を専門で買取を行っており、陸運局での廃車手続き費用が無料、レッカー引取り代も完全無料のサービスです。 愛車を供養する理由は? それでは最初に『愛車の供養』を行う理由について考えてみましょう。 『供養』は、冒頭でもご紹介したとおり、親しい人が亡くなった時や長年連れ添ったペットが亡くなってしまった時に、今までの感謝の気持ちを込めてお葬式などを執り行う物というイメージで、 命がない自動車に対して行う物ではないのでは?と考える人も少なくないでしょう。 しかし、自動車という物は、日々の生活の中で持ち主がどこかに出かけるときには、常に持ち主の足となり文句も言わず目的地まで運んでくれます。 それが自動車の役割とは言っても、長年一緒に過ごした自動車には誰しも感謝の気持ちは持つものですし、共に行動した想い出もたくさんあるはずです。 『自動車の供養』とは、このように今まで走り続けてくれた愛車に対して 「お疲れ様!今までありがとう。 」と言う感謝の気持ちや、もう乗れなくなる事への別れを惜しむ為に行う物なのです。 もちろん、自動車を廃車する時には、こういった『供養』をしなければならないといった決まりなどは一切ありませんが、長年どこに行くにも同じ時間を共にした自動車に対する感謝の気持ちを表す事や、その自動車に出会えた喜びを忘れない為に『廃車の供養』を執り行う人が多いという事も覚えておきましょう。 愛車の供養って何をするの? それでは実際に、愛車を廃車するなど、自動車の処分を行う際に具体的にどのような事をすればいいのかをご紹介していきましょう。 人やペットであれば葬儀屋に全て任せて段取りを組んでもらうという事も出来ますが、自動車の『供養』となると決まった方法という物もないですので、一般的に行われている事をあげていきましょう。 具体的な供養の方法 それでは、具体的に自動車の『供養』として、どんなことをしてあげたらいいのかをご紹介していきます。 廃車の前に自動車を綺麗にしてあげる 廃車にする場合など、「どうせスクラップにするし…」などと、そのまま処分する人も多いでしょう。 しかし、長年頑張ってくれた自動車に対して感謝の気持ちとお別れの意味を込めて最後に綺麗に洗車してあげましょう。 もちろん、洗車機などで外側を綺麗にするだけでなく、車内も綺麗にしてあげる方が気持ちよく送り出すことが出来るでしょう。 御神酒やお清めの塩を供えましょう 自動車を綺麗にした後は、ダッシュボードなどに『御神酒』を置きましょう。 御神酒が用意できない場合は『お清め塩』でも構いません。 御神酒等をお供えした場合には、すぐに片づけるのではなく、しばらく時間を開けましょう。 その他の供養 上記以外にも、『祝詞(のりと)』や『前輪の前に盛り塩』等も廃車の供養に向いていると言われています。 もちろん、自分が感謝の気持ちを伝える事が最も重要ですので、「絶対にこれを行わなければ…」等といった決まり事などはありません。 『愛車の供養』は、上記の様な事を感謝の気持ちを込めて行ってあげると良いでしょう。 ただし、『祝詞』は一般の人では馴染みもありませんし、「自分で」となると難しいでしょう。 この場合には、自動車の安全祈願を受け付けている神社などに依頼すれば、一連の儀式を執り行ってもらえます。 神社などであれば自動車につけていたお守りなども焼納してくれますし、場所によっては『供養』の後に廃車手続きを代行してくれるところもあるそうです。 もちろん、自分の愛車の『供養』ですので、誰に執り行ってもらおうとも、最も重要なのは 「持ち主の感謝の気持ちを愛車に届ける」という事です! まとめ 今回は、長年連れ添った愛車に感謝の意味を込めて執り行う『供養』について、愛車の供養を行う理由や、その方法についてご紹介してまいりました。 日本では古くから『もの』には魂が宿ると考えられており、『大切に扱えばそれだけ持ち主に幸福を呼び、疎かにすればそれだけ持ち主に災いを呼ぶ』等といった民間信仰などもあるそうです。 こういった事もあり、日本では誰もが長年愛用している道具に関しては感謝の気持ちを持つようになるのではないでしょうか? 特に自動車と言うのは、日々の生活や旅行などでも常に共にある物ですので、 持ち主の想い出の中には常に愛車も一緒にいる事でしょう。 そのような愛車の処分を行う時には、誰しも「今までありがとう」と言う気持ちは持つものです。 愛車の供養と言うのは、そういった気持ちをしっかりと行動で表すものですので、晴れやかな気持ちでお別れすることも出来るようになるのではないでしょうか。 もちろん神社などで一式の供養を執り行ってもらおうと思えばそれなりの費用が必要になりますが、基本的にはご自身で行う事もできる事です。 今まで頑張ってくれた自動車の為に、感謝の気持ちを込めた『愛車の供養』を皆さんも行ってみると良いのではないでしょうか?.

次の

廃車にする前に

廃車にする前に

ガソリンを取り扱うには資格が必要 まずはじめに、ガソリンの取り扱いには危険が伴います。 そのため、ガソリンを取り扱うには危険物取引車の資格が必要です。 引火・爆発・火事の危険性を考えて、資格を持っていない方は取り扱わないようにしましょう。 満タンのガソリンを抜きたい場合は、業者に依頼するようにしてしましょう。 業者によっては無料で引き受けてくれることもあるので一度相談してみるのが良いでしょう。 ガソリンの残量で廃車買取金額は変わるの? まだ廃車がお済みでない方はこの項目をチェックしてくださいね。 廃車買取に出す時、少しでも査定額は高く出して欲しいもの。 残っているガソリン量によって買取金額は変わってくるのでしょうか? 答えは、NOです。 残念ながらガソリンの量が査定額を左右することはありません。 満タンでも空の状態でも廃車の買取価格には関係ないのです。 しかし・・・レッカー代が浮くかも? 廃車買取業者によってはレッカー代がかかることもあります。 その場合、持ち込みをすることで間接的にお得にできる可能性があります。 しかし、 レッカー代無料の廃車買取業者に依頼すれば、そもそもお金がかかることもありません。 廃車買取をしている業者の中には、解体してパーツごとに分けて流通させるところもあります。 そのような業者はガソリンを完全に抜いてから処分します。 なので、あえて満タンにして出すと損をしてしまいます。 レッカー代などに費用がかかる場合、持ち込むできる程度のガソリンが残っていたら充分です。 ちなみに、エンプティランプがついても、20~30キロ程度の距離は走れます。 ギリギリまで使用したい場合、持ち込みする時の参考にされてください。 結局、廃車にするときガソリンはどうしたらよい? 廃車にする時のガソリンの扱い方について、廃車買取業者の立場からの視点も交えて解説します。 廃車買取の業者からしたら、ガソリンは入っていてもいなくても構いません。 廃車処理を行う際は、ガソリンが入っていれば燃料タンクに穴を開け、完全に抜き取ってから作業をします。 そのため、ガソリンが満タンに残っていても問題はありません。 わずかでもガソリンが入ったまま廃車処理をすると、小さな火花や静電気で引火して大きな事故が起こる危険性があります。 その危険を防ぐために、工場では必ず廃車処理前にガソリンを抜く作業が行われます。 ガソリンが入っていない場合も、燃料タンクの底に溜まったガソリンや不純物を取り除く作業があるため、手間としてはそう変わらないのです。 売り手側の立場なら・・・? 売り手側の立場にたてば、先ほどもお伝えしましたがレッカー代を節約できる可能性があります。 自身で処理工場へ乗り入れる(持ち込む)ことができます。 そのため、廃車費用の中からレッカー代を節約できますよね。 (そもそもレッカー代無料の廃車買取業者もいるので、レッカー代が有料の場合はメリットと言えるでしょう。 ) また、買取業者やディーラーに下取りとして古い車を持ち込む場合も、ガソリンを満タンにする必要はありません。 ただし中には 「できる限りガソリンの少ない状態にして持ち込みしてください。 」という業者もいます。 こういった業者は、新しい車にガソリンを移し替えるサービスをしていません。 ガソリンを満タンにして持ち込まれても対処しようがないためです。 とはいえ、ガソリンを使い切ってしまうと業者に持ち込むことはできません。 レッカー代が有料となるケースもあることを考えると、少しはガソリンを残して自力で車を持ち込みたいものです。 おすすめはエンプティランプを参考にする方法です。 ガソリン給油のタイミングを教えてくれるエンプティランプは、付いてもすぐに車が止まることはありません。 車種や燃費により前後しますが、だいたい20~30kmくらいは走行可能です。 車の持ち込みをされるかたは参考にしてください。

次の

廃車 手続き前に読むサイト

廃車にする前に

(目次) まず、バイクを廃車する場合、 バイクの廃車手続きと、自賠責保険・任意保険の期限確認を行う必要があります。 排気量別に見るバイクの廃車手続きの方法 まずはバイクの廃車手続きに必要な書類や手続きの方法、費用についてご説明します! バイクの廃車手続きを行うにあたり、 処分するバイクの排気量によって方法が少しずつ異なるのでご注意ください。 こちらは排気量別の「廃車手続きの費用や手間、かかる時間」をグラフで表したものです。 排気量が増えるほど大変になるのがわかりますね。 このグラフを見てウンザリしてしまう方も多いと思いますが、理解できれば意外と簡単なので頑張ってみましょう。 こちらは「廃車に必要な書類」を見やすくしたものです。 排気量が変わっても自分で用意する書類や準備はたいして変わらない事が分かりますね。 これらのバイクは、原付バイクを登録した市区町村(基本はお住まいの地域)の役所に行って申請するのみ。 必要な書類は役所にて配布されます。 自分で用意するものは、• 「ナンバープレート」• 「標識交付証明書」• 「印鑑」 役所が用意してくれるものが、• 「廃車申告書」 と、シンプルです。 プラスのドライバーで簡単に外せるため普段バイクに触れたことがない方でも安心です。 100均のハンコでも全然大丈夫なのですが、シャチハタは不可なので朱印タイプを選びましょう。 ~紛失した場合~ バイクの登録をした役所で無料で再発行が出来ます。 ただし再発行する時に印鑑と身分証明書が要りますのでご準備ください。 身分証明書は マイナンバーカードや運転免許証、健康保険証、パスポートといった公的なものが確実です。 役所へ行き、廃車手続きをはじめましょう 原付バイクの廃車の手続きを行えるのは、基本的にそのバイクを登録した役所です。 役所の職員の方に廃車申告書をもらい、一緒に書きながらあっという間に手続きが完了します。 原付~125ccまでは近くの市区町村役場で廃車手続きが可能です。 原付~125ccまでは近くの市区町村役場で廃車手続きが可能です。 ただし、 もしもバイク登録時と違う役所で廃車手続きをする場合は、事前に可能かどうかを確認をしましょう。 役所ごとに規定が多少異なる場合があります。 電話の受付は21:00までやっているところもあり、 ・引越しをしている ・何らかの理由で役所に行けない ・この記事を読んでもわからない などの場合は是非問い合わせてみてください。 どの役所が一番近いか調べる際ぜひお使いください。 軽二輪(126cc~250cc)の廃車手続き お次はビッグスクーターやスポーツ系、ネイキッド系も多い軽二輪車(126㏄~250㏄)の廃車手続きについてです。 軽二輪車のバイクの廃車手続き時には、 【一時的なバイクの廃車手続き】と 【永久的な廃車手続き】の2パターンありますが、どちらも書類や手続きの内容に大きな差はありません。 前述の原付バイクの廃車手続きの時より、 126cc~250ccの廃車手続きの書類にかかる手間は、陸運局へ行く必要があるため、費用も時間もかかります。 けっこうな覚悟が必要です。 自分で用意するのは、• ナンバープレート• 軽自動車届出済証• 軽自動車届出済証返納届出書(永久抹消)• 軽自動車届出済証返納証明書交付請求書(一時抹消) になります。 名称が長くて少し困惑しますが、単純な意味なのでご安心下さい。 「一時的に廃車にする」か 「完全に廃車にする」か の、どちらかの意味しかありません。 書類の準備 今度は役所ではなく、 お住まいの 「管轄の陸運局」となりますのでご注意ください。 「陸運局」とは「自動車専門の登録機関」だと思ってくださいね。 1.ナンバープレート ナンバープレートはバイクから外して持ち込みましょう。 バイク本体は陸運局に持っていかなくても結構です。 2.印鑑 認印でOKです。 100均のハンコでも全然大丈夫なのですが、シャチハタは不可なので朱印タイプを選びましょう。 所有者と使用者が違う場合は両方の印鑑が必要となりますのでご確認ください。 3.軽自動車届出済証 バイクを登録した時にナンバーと一緒にもらった書類のことです。 原付で言えば「標識交付証明書」。 400ccで言えば「車検証」と同じ意味の書類です。 ~紛失した場合~ 管轄の陸運局であれば再発行が出来ますのでご安心を。 ただし再発行する時に「印鑑」と「身分証明書」が必要になるのでご準備ください。 陸運局へ行き、廃車手続きをはじめましょう 完全にバイクを抹消する場合には「軽自動車届出済証返納届出書」の書類をもらって手続きをします。 初めての方にとって、自力で書類を作成するのは大変難しいでしょう。 そのため、代わりに書いてもらう「代書」というサービスがものが用意されていますのでこちらの利用がおすすめです。 代書費用は「約3300円」と、廃車にするには高い出費ですが作成を全部やってもらえるので非常に楽です。 また、軽二輪車のバイクの廃車手続きは委任状不要で代理人に頼むことができます。 軽自動車届出済証返納証明書交付請求書とは? これは通称「一時抹消」といわれ、「バイクの一時的な廃車手続き」をする場合に必要で、「しばらく乗らないけど、税金くると困るから」とか「他の人に譲るから」という方がこの書類で手続きをして廃車します。 ・中型、大型二輪(251cc~)の廃車手続き 最後は趣味のバイクや輸入車も多い中型、大型二輪車(250㏄~)の廃車手続きについてです。 この中型、大型二輪の廃車手続き時にも、 【一時的なバイクの廃車手続き】と 【永久的な廃車手続き】と、2パターンありますが、どちらも書類や工程は変わりません。 自分でもっていくものは、• ナンバープレート• 車検証• 軽自動車税申告書• 申請書• 手数料納付書 です。 「車検」が付くので、書類はさらにややこしくなります。 そのため、 250cc以上になると自力で申請書を作成するのは非常に難しいです。 初めてやった時は書いてるうちに日が暮れてしまって後悔した思い出があります。 書類の準備 まず手続きのロケーションは前述の軽二輪車と同じく、お住まいの 管轄の陸運局となります。 1.ナンバープレート ナンバープレートはバイクから外して持ち込みましょう。 バイク本体は陸運局に持っていかなくて結構です。 この時に何か理由があってナンバープレートが返せない場合、理由書という書類が一枚必要になります。 理由書は陸運局で手に入りますので問い合わせてみて下さい。 インターネットでもダウンロードすることができます。 100均のハンコでも全然大丈夫なのですが、シャチハタは不可なので朱印タイプを選びましょう。 3.車検証 みなさんが一番耳にする言葉ですね。 しかし、手続きは複雑なので油断は禁物です。 以前と住所が異なる場合は、発行3か月以内の住民票をご用意ください。 陸運局に行き、手続きを始めましょう 中型、大型二輪車の廃車は、永久抹消にチェックを入れて手続きをしましょう。 書類の作成は困難なので、 「代書」を頼むと楽ですが、「約3800円」もの費用がかかってしまいます。 軽自動車税申告書は陸運局の用紙販売所で手に入れる事ができます。 ただし、ローンの支払いは残るため注意が必要です。 一括返済もしくは月々の返済義務が発生します。 事故や故障の場合、事情を説明すれば無条件で所有権留保解除書類を発行してくれることもありますが、ローンの完済という条件付きがほとんどでしょう。 そんな時、最もおすすめなのは 買取業者への売却です。 なぜならば、 ・買取額とローンの残額を相殺してくれる ・所有権留保解除の書類手続きを代行してくれる ・動かないバイクでも無料で引き取ってもらえる などのメリットが挙げられます。 一人で悩むよりも、自分に合う業者さんに相談してみるとよいでしょう。 自賠責保険や任意保険の期限確認 廃車の手続きと同時進行で必ず自賠責保険の有効期限を確認しましょう。 もしも有効期限が残っていたら、返還請求すれば残期間分の保険料を戻す事が可能です。 これは自賠責保険に加入していた保険会社と解約した後の申請になるので、なるべく早めに手続きすることをお勧めいたします。 むしろ無料なだけでなく値が付くこともあります。 その理由は、 日本のバイクが海外で売れるからです。 それはどんな状態のバイクにも言えるんです。 バイクの廃車は手続きも大変ですが、 その後のバイクをどうするかが時間的にも費用的にも大変です。 もしも処分を考えている場合、 まずは相場を確認し、自分のバイクにぴったりな業者を見つけることが重要です。 自分のバイクにベストな業者を知らないあなたも大丈夫。 バイク比較. comなら口コミや過去の実績から複数の業者を比較して検討することや一括査定が可能です。 書類費用:0円• 所要時間:30分~45分• ) になります。 時間と費用の節約にもなりますし、プラスになってお金が手に入ることもあります。 また、買取の場合廃車手続きは無料代行がほとんどです。 査定依頼は無料でできるので検討してみる価値はあるでしょう。 自分のバイクにベストな業者を知らないあなたも大丈夫。 バイク比較. comなら口コミや過去の実績から複数の業者を比較して検討することや一括査定が可能です。 バイク買取業者について• バイク比較CM おすすめのコラム• 高価買取中バイク• ホンダ• 上限10万円• 屋野サイクル鴨池店• ハーレーダビッドソン• 上限230万円• バイクボーイ• ドゥカティ• 上限55万円• バイクボーイ• カワサキ• 上限45万円• モトロマン• ヤマハ• 上限20万円• ボンドトラスト• カワサキ• 上限52万円• ワークショップピースパイン• ハーレーダビッドソン• 上限170万円• バイクボーイ• カワサキ• 上限30万円• 屋野サイクル鴨池店• ヤマハ• 上限8万円• ボンドトラスト• ホンダ• 上限35万円• モトロマン.

次の