季節の挨拶 6月 コロナ。 コロナウイルスについて気遣うビジネスメールの例文を紹介|ドドヨの腹ぺこ自由帳

お役立ちコンテンツ「ビジネスメール・手紙の挨拶文例」 コロナ禍における文頭・文末の挨拶表現 ー6月の挨拶ー

季節の挨拶 6月 コロナ

手紙の書き出し 1. 頭語(とうご) ・頭語とは、手紙を書く時に冒頭に用いられる言葉をさします。 例えば「拝啓」「拝復」「謹啓」「前略」など。 ・頭語は、文末で必ず決まった「結語」とペアになっています。 例えば「拝啓」で書きはじめる場合は結語「敬具」で結ぶのが決まりです。 代表的な頭語と結語のペアには以下のようなものがあります。 ・頭語を用いるのが手紙の正式なマナーですが、文章が堅苦しくなるので、親しい相手や子どもにあてた手紙の場合などには、省略しても構いません。 このほかに「頭語」と「結語」のペアはこちらのページ 手紙の書き出し 2. 時候の挨拶 (じこうのあいさつ) 冒頭に「頭語」を書き、続いて自分の言葉で季節感を述べます。 これを「時候の挨拶」と言います。 頭語のあと一文字あけて続けて書くか、または改行して次の行の上一文字下げて書きます。 時候の挨拶の例 ( 下記を参考に、時候の挨拶は自分の言葉で) 1月 厳寒の侯 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 2月 余寒の侯 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております 節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 3月 早春の侯 桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 4月 陽春の侯 桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 花の色が美しい季節になりました。 5月 新緑の侯 鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 6月 梅雨の侯 梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 7月 盛夏の侯 暑中お見舞い申し上げます。 降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じるころになりました。 8月 残暑の侯 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 土用あけの暑さひとしおの侯 9月 初秋の侯 コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 燈火親しむ頃となりました。 10月 秋冷の侯 菊の花が香る季節となりました。 さわやかな秋晴れの日が続いております 11月 晩秋の侯 朝晩はめっきり寒くなって参りました。 庭の草木も日ごとに色づいて参りました。 12月 初冬の侯 今年もおしつまって参りました。 師走に入り、あわただしい毎日が続いております。 拝啓 寒露の候 貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。 さて先日はお忙しい中インターン研修の機会を与えて頂きましてありがとうございました。 この例文は、インターン研修終了後数日が経過してから出すお礼状を想定しています。 時候の挨拶に続いて書いた「貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお慶び申し上げます」の一文はビジネスレターの常套句ですが、担当者あてのお礼の手紙であれば「山本様におかれましては…」という形でも良いでしょう。 ちなみに、ここで使う「清栄」「盛栄」などの語は、商売繁盛を表す「栄」を含み、ビジネスシーンにのみ使うことばです。 普通のお礼状、個人あてのプライベートレターであれば「清祥」「健勝」などを用います。

次の

新型コロナウイルスへの対応についての挨拶文と感染症対策の例文ひな形

季節の挨拶 6月 コロナ

中国の武漢市で発生した 新型コロナウイルス COVID-19 の感染が拡大していますね。 日本国内でも続々と感染が確認され、 武漢滞在中の邦人がチャーター機で帰国したりと、いよいよ日本に住んでいる私たちも対岸の火事ではなくなってきました。 そこで気になるのはこの 新型コロナウイルス COVID-19 っていつまで続くんだろう?といこと。 今回の新型コロナウイルス COVID-19 は 2020年9月頃に終息 すると予想されます。 また コロナウイルスは 季節性のものではありません。 それはなぜなのか? SARSやMERS、そしてインフルエンザウイルスと比較して理由を分かりやすくまとめたので、知りたい方はこのままお読みくださいね。 コロナウイルスとインフルエンザウイルスとの違い まずは インフルエンザウイルスと コロナウイルスとの違いは何か?調べてみました!(下にまとめてあるので解説が必要ない人は飛ばしてください) インフルエンザウイルスとは インフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原体とする急性の呼吸器感染症で、 毎年世界中で流行がみられています。 日本でのインフルエンザの流行は、 例年11月下旬から12月上旬にかけて始まり,1月下旬から2月上旬にピークを迎え,3月頃まで続きます。 出典: コロナウイルスとは 重度の肺炎などを引き起こす 新型コロナウイルスは、SARS(サーズ)やMERS(マーズ)と同じコロナウイルスの仲間です。 コロナウイルスはヒトや動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスですが、今回のウイルスは既知のウイルスと一致しない新型のコロナウイルスでした。 ヒトに感染するコロナウイルスとしては、すでに6種類が知られています。 そのうち 4種類は、一般的な風邪の原因となるウイルスで、ヒトに日常的に感染します。 残りの 2種類は、重度の肺炎の原因となる SARS(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)と MERS(中東呼吸器症候群コロナウイルス)です。 中国で見つかった新型コロナウイルスは、これら6種類には当てはまらない新しい型です。 世界保健機関(WHO)では一時的に「2019-nCoV」と命名しました。 ちなみにコロナウイルスを顕微鏡でみると、表面に突起がみられます。 これが王冠に似ていることから、ギリシャ語で王冠を表す「コロナ」にちなんで名づけられました。 出典: 上の解説をまとめてみると・・・ インフルエンザウイルスは 新型コロナウイルス COVID-19 はいつまで続く?SARS、MERSと比較 それでは、今回の新型コロナウイルス COVID-19 はいつまで続くのでしょうか?同じコロナウイルスである SARS(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)と MERS(中東呼吸器症候群コロナウイルス)の実例と比較してみていこうと思います。 (下にまとめてあるので解説が必要ない人は飛ばしてください!) SARS(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とは 中国南部の広東省を起源とした重症な非定型性肺炎の世界的規模の集団発生が、2003年に 重症急性呼吸器症候群(SARS: severe acute respiratory syndrome)の呼称で報告され、これが新型のコロナウイルスが原因であることが突き止められた。 わが国においては、同年4月に新感染症に、ウイルス が特定された6月に指定感染症に指定され、2003年11月5日より感染症法の改正に伴い、第一類感染症としての報告が義務づけられるようになった。 前回 の集団発生は 2002年11月16日の中国の症例に始まり、台湾の症例を最後に、 2003年7月5日に WHOによって終息宣言が出されたが、32の地域と 国にわたり8,000人を超える症例が報告された。 出典: MERS(中東呼吸器症候群コロナウイルス)とは 平成24年9月にアラビア半島やその周辺諸国において発生が確認された新種のコロナウィルス(MERS-CoV)による感染症「 中東呼吸器症候群(MERS(マーズ):MiddleEastrespiratorysyndrome)」について,その発生と拡大が続いています。 平成27年5月11日,韓国において,中東地域からの帰国者の感染が確認され,その後,医療従事者や家族等への2次感染が報告されました。 患者の累積は死亡者38人を含む186人です。 7月5日以降は新たな感染者は出ておらず,11月25日に最後の陽性患者が死亡し陽性事例がなくなったことから, 12月24日に 世界保健機関(WHO)の基準に基づく 感染終息となりました。 同じコロナウイルスの SARSと MERSを参考にすると、今回の 新型コロナウイルス COVID-19 の感染期間も 7,8ヶ月くらいかなと考えられます。 中国武漢で2020年1月に発生しているので、 今回の新型コロナウイルス COVID-19 は 2020年9月頃に終息 と予想できるのではないでしょうか? 2020年9月まで感染が続くとなると、東京オリンピックの期間に被りますね!世界中から日本に多くの人が集まります。 感染が拡大しないか・・・ちょっと心配ですね。

次の

手紙の書き方について。この時期の時候の挨拶はどのようなものを選べば無...

季節の挨拶 6月 コロナ

手紙の書き出しで使われる時候の挨拶用語の「候」と同じような使い方で 『 みぎり』 という言葉を使う場合もありますが、「初夏の候」と「初夏のみぎり」は全く同じ意味です。 ただ、『みぎり』は女性がよく用いてきた言葉という違いだけです。 「候」と『みぎり』のどちらを使ってもほとんど問題にはなりませんが、ビジネス文書の場合は『みぎり』は女性言葉であるということを覚えておくといいと思います。 また、「候」の読み方ですが、基本的には「 こう」と読みます。 初夏の候は「しょかのこう」と読みます。 時候の挨拶の「候」は「そうろう」ではなく「こう」と読みます。 麦にとってはこのころが刈り入れどきであり、稲でいう秋にあたるわけで、この名がつけられています。 (5月〜6月の茶色くなった麦畑を、秋のススキにたとえた季語ともいわれています。 ) 「プライベート」6月の手紙の書き出し• 梅雨前線が近づいてきました。 (お変わりなくお過ごしでしょうか)。 梅雨入りのニュースが気になるこのごろですが、(毎日お元気でご活躍のことと存じます)。 梅雨空のうっとうしい季節となりました。 (お元気でしょうか)。 梅雨空が恨めしいこのごろとなりましたが、(いかがお過ごしでしょうか)。 連日の雨も一休み、きょうは久しぶりの青空です。 (貴地方ではいかがでしょうか)。 毎日毎日よくもまあ飽きずに降るものですね。 (お元気でいらっしゃいますか)。 庭のあじさいが、雨に美しく濡れています。 (お健やかにお過ごしでしょうか)。 梅雨明けが待たれる今日このごろですが、(ますますお健やかにお過ごしのことと存じます)。 梅雨が上がったとたん、真夏日を思わせるような毎日が当地ではつづいております。 梅雨明けの空がすがすがしい季節となりました。 (お健やかにお過ごしのことと存じます)。 今年はから梅雨だそうで、水不足が心配です。 (お変わりありませんか)。 山々の緑も、雨に打たれて色濃くなりました。 (お元気でお過ごしのことと存じます)。 色鮮やかに咲く紫陽花のように、(生気あふれる日々をお過ごしのことと存じます)。 梅雨期に入り、気の滅入るような今日このごろ、…。 ここ数日、梅雨寒の日が続いていますが、…。 うっとうしい雨の日が続いていますが、…。 ここ二、三日、梅雨の中休みに入り、久しぶりに青空が広がっていますが、…。 今年は空梅雨らしく、早くも真夏を思わせる強い日ざしの日が多くなりましたが、…。 梅雨のない御地がほんとうにうらやましく…。 田植えも終わり、さわやかな風が青田を渡る季節になりましたが、…。 梅雨の晴れ間にのぞく青空に夏らしさを感じていますが、…。 衣替えの季節となりました。 衣替えを迎え、道行く人の装いにもしろがめだつようになりましたが、…。 せめて気分だけでもうっとうしさを忘れようと、新しいレインコートを買いました。 今年も、早くも半分を過ぎようとしていますが、…。 街はすっかり夏の装いに変わり、活気に満ちてきましたが、…。 夏本番も、もうすぐですね。 梅雨寒ながら、吹く風には夏の匂いを感じる今日このごろ、…。

次の