ブイチューバーの巣窟。 【ブイチューバー】>771「こいつ痴漢です!」

冷泉シキ

ブイチューバーの巣窟

Vチューバーとユーチューバーの違いとは? Vチューバーもユーチューバーも動画プラットフォームである「Youtube」で動画配信を行なう人のことを指します。 Vチューバーとユーチューバーの違いは、動画配信をしている人物・キャラクターがリアルに存在しているかどうかという点です。 ユーチューバーといえば、「ヒカキンさん」や「はじめしゃちょーさん」が多くのフォロワーをつけており有名ですが、彼らは実際リアルに存在していますよね。 それに比べ、Vチューバーは、架空のキャラクターを作成し、そのキャラクターにボイスや動きを充てこみながら動画配信をしています。 「リアル」か「リアルでない」か。 そこに違いがあると言えます。 Vチューバーはどのように作成されているのか? さてここからは、 Vチューバー バーチャルユーチューバー の作成方法について記載していきます。 実はそんなに難しく作成できますので、ぜひ試してみてください。 3DCGキャラクターを作成する Vチューバー使用するキャラクターは主に3DCGで作成されています。 実は無料ソフトがすでに出ています。 この中では、今のところ最強は「Blender」で決まりです。 Blender自体、玄人向けなイメージがありますが、完全無料で作ることができますし、 玄人向けで多機能であるがゆえ、なんでも出来ます。 本気で3DCGキャラクターを作りたいのであれば、Blenderで作ることをオススメします。 アップデートも頻繁に行われていますので、安心感がありますよ! ただし、Blenderは技術要素でかなり難しいことも事実なので、キャラクターのみ外注して作成することもオススメです。 何をするにもキャラがいなければ、始まりませんからね。 キャラクターに動きをつけるサービスについて キャラクターが出来たら、次はキャラクターにモーションや音を付けていきます。 下記に動きをつけるサービスをまとめておきます。 ・MMD MikuMikuDance MikuMikuDanceは MMD は一般的にモーションキャプチャーをあまり使用することなく、3Dモデルをコンピュータで操作し、アニメーションを付けるシステムです。 ・FaceRig FaceRigを利用すると、モーションキャプチャーをカメラに映った画像に合わせて自動的に顔や表情が変化させることができます。 FaceRigを使用する場合、機材が必要になります。 Webカメラとマイクが最低限必要になります。 ・Live2D このLive2Dは、2Dキャラクターを動かすことができるソフトとなります。 2Dキャラクターを立体的に表現させる代表的なソフトと言えば、Live2Dと覚えていただければ良いでしょう。 上記で説明しているFaceRigとの併用が必須となります。 FaceRigのWebカメラで撮ったリアル情報をLive2Dに反映させて編集を行います。 モーションキャプチャーについて 次にキャラクターに動きをつけるモーションキャプチャー器具についてご紹介いたします。 下記2つを覚えておけば問題ないかと思います。 ・Perception Neuron Perception Neuronは、世界初のモーションキャプチャーテクノロジーと言われています。 全身の動きだけではなく、各細部の部分的な動きのキャプチャーも可能なものです。 かなり安価なものになっており、20万円ほどで取引されています。 ちなみに、昔はこの技術のものを購入する場合は、100万円はくだらない感じでしたよ。 ・e-skin e-skinとは、zozoスーツのような大掛かりな機材なしでもモーションをキャプチャできるモビルスーツです。 薄手のシャツを1枚着るだけでとても簡単にモーションキャプチャーを行うことが可能となります。 Vチューバーはキャラを作る・動きをつける・ボイスを充てることさえ用意できれば作成可能です。 凝ったものを作ろうと思わなければ、難しいものではないので、Vチューバーチャレンジをしてみるのもアリですよ!.

次の

【ブイチューバー】>771「こいつ痴漢です!」

ブイチューバーの巣窟

Vチューバーとユーチューバーの違いとは? Vチューバーもユーチューバーも動画プラットフォームである「Youtube」で動画配信を行なう人のことを指します。 Vチューバーとユーチューバーの違いは、動画配信をしている人物・キャラクターがリアルに存在しているかどうかという点です。 ユーチューバーといえば、「ヒカキンさん」や「はじめしゃちょーさん」が多くのフォロワーをつけており有名ですが、彼らは実際リアルに存在していますよね。 それに比べ、Vチューバーは、架空のキャラクターを作成し、そのキャラクターにボイスや動きを充てこみながら動画配信をしています。 「リアル」か「リアルでない」か。 そこに違いがあると言えます。 Vチューバーはどのように作成されているのか? さてここからは、 Vチューバー バーチャルユーチューバー の作成方法について記載していきます。 実はそんなに難しく作成できますので、ぜひ試してみてください。 3DCGキャラクターを作成する Vチューバー使用するキャラクターは主に3DCGで作成されています。 実は無料ソフトがすでに出ています。 この中では、今のところ最強は「Blender」で決まりです。 Blender自体、玄人向けなイメージがありますが、完全無料で作ることができますし、 玄人向けで多機能であるがゆえ、なんでも出来ます。 本気で3DCGキャラクターを作りたいのであれば、Blenderで作ることをオススメします。 アップデートも頻繁に行われていますので、安心感がありますよ! ただし、Blenderは技術要素でかなり難しいことも事実なので、キャラクターのみ外注して作成することもオススメです。 何をするにもキャラがいなければ、始まりませんからね。 キャラクターに動きをつけるサービスについて キャラクターが出来たら、次はキャラクターにモーションや音を付けていきます。 下記に動きをつけるサービスをまとめておきます。 ・MMD MikuMikuDance MikuMikuDanceは MMD は一般的にモーションキャプチャーをあまり使用することなく、3Dモデルをコンピュータで操作し、アニメーションを付けるシステムです。 ・FaceRig FaceRigを利用すると、モーションキャプチャーをカメラに映った画像に合わせて自動的に顔や表情が変化させることができます。 FaceRigを使用する場合、機材が必要になります。 Webカメラとマイクが最低限必要になります。 ・Live2D このLive2Dは、2Dキャラクターを動かすことができるソフトとなります。 2Dキャラクターを立体的に表現させる代表的なソフトと言えば、Live2Dと覚えていただければ良いでしょう。 上記で説明しているFaceRigとの併用が必須となります。 FaceRigのWebカメラで撮ったリアル情報をLive2Dに反映させて編集を行います。 モーションキャプチャーについて 次にキャラクターに動きをつけるモーションキャプチャー器具についてご紹介いたします。 下記2つを覚えておけば問題ないかと思います。 ・Perception Neuron Perception Neuronは、世界初のモーションキャプチャーテクノロジーと言われています。 全身の動きだけではなく、各細部の部分的な動きのキャプチャーも可能なものです。 かなり安価なものになっており、20万円ほどで取引されています。 ちなみに、昔はこの技術のものを購入する場合は、100万円はくだらない感じでしたよ。 ・e-skin e-skinとは、zozoスーツのような大掛かりな機材なしでもモーションをキャプチャできるモビルスーツです。 薄手のシャツを1枚着るだけでとても簡単にモーションキャプチャーを行うことが可能となります。 Vチューバーはキャラを作る・動きをつける・ボイスを充てることさえ用意できれば作成可能です。 凝ったものを作ろうと思わなければ、難しいものではないので、Vチューバーチャレンジをしてみるのもアリですよ!.

次の

【Vチューバーとは?】今更聞けないVチューバーの仕組みとオススメVチューバー10選まとめ

ブイチューバーの巣窟

Vチューバーとユーチューバーの違いとは? Vチューバーもユーチューバーも動画プラットフォームである「Youtube」で動画配信を行なう人のことを指します。 Vチューバーとユーチューバーの違いは、動画配信をしている人物・キャラクターがリアルに存在しているかどうかという点です。 ユーチューバーといえば、「ヒカキンさん」や「はじめしゃちょーさん」が多くのフォロワーをつけており有名ですが、彼らは実際リアルに存在していますよね。 それに比べ、Vチューバーは、架空のキャラクターを作成し、そのキャラクターにボイスや動きを充てこみながら動画配信をしています。 「リアル」か「リアルでない」か。 そこに違いがあると言えます。 Vチューバーはどのように作成されているのか? さてここからは、 Vチューバー バーチャルユーチューバー の作成方法について記載していきます。 実はそんなに難しく作成できますので、ぜひ試してみてください。 3DCGキャラクターを作成する Vチューバー使用するキャラクターは主に3DCGで作成されています。 実は無料ソフトがすでに出ています。 この中では、今のところ最強は「Blender」で決まりです。 Blender自体、玄人向けなイメージがありますが、完全無料で作ることができますし、 玄人向けで多機能であるがゆえ、なんでも出来ます。 本気で3DCGキャラクターを作りたいのであれば、Blenderで作ることをオススメします。 アップデートも頻繁に行われていますので、安心感がありますよ! ただし、Blenderは技術要素でかなり難しいことも事実なので、キャラクターのみ外注して作成することもオススメです。 何をするにもキャラがいなければ、始まりませんからね。 キャラクターに動きをつけるサービスについて キャラクターが出来たら、次はキャラクターにモーションや音を付けていきます。 下記に動きをつけるサービスをまとめておきます。 ・MMD MikuMikuDance MikuMikuDanceは MMD は一般的にモーションキャプチャーをあまり使用することなく、3Dモデルをコンピュータで操作し、アニメーションを付けるシステムです。 ・FaceRig FaceRigを利用すると、モーションキャプチャーをカメラに映った画像に合わせて自動的に顔や表情が変化させることができます。 FaceRigを使用する場合、機材が必要になります。 Webカメラとマイクが最低限必要になります。 ・Live2D このLive2Dは、2Dキャラクターを動かすことができるソフトとなります。 2Dキャラクターを立体的に表現させる代表的なソフトと言えば、Live2Dと覚えていただければ良いでしょう。 上記で説明しているFaceRigとの併用が必須となります。 FaceRigのWebカメラで撮ったリアル情報をLive2Dに反映させて編集を行います。 モーションキャプチャーについて 次にキャラクターに動きをつけるモーションキャプチャー器具についてご紹介いたします。 下記2つを覚えておけば問題ないかと思います。 ・Perception Neuron Perception Neuronは、世界初のモーションキャプチャーテクノロジーと言われています。 全身の動きだけではなく、各細部の部分的な動きのキャプチャーも可能なものです。 かなり安価なものになっており、20万円ほどで取引されています。 ちなみに、昔はこの技術のものを購入する場合は、100万円はくだらない感じでしたよ。 ・e-skin e-skinとは、zozoスーツのような大掛かりな機材なしでもモーションをキャプチャできるモビルスーツです。 薄手のシャツを1枚着るだけでとても簡単にモーションキャプチャーを行うことが可能となります。 Vチューバーはキャラを作る・動きをつける・ボイスを充てることさえ用意できれば作成可能です。 凝ったものを作ろうと思わなければ、難しいものではないので、Vチューバーチャレンジをしてみるのもアリですよ!.

次の