山形 ラーメン 情熱 大陸。 情熱大陸に出たお店も!ラーメン通が注目する「醤油ラーメン」が旨いお店

掛神淳(ラーメン店・主人)

山形 ラーメン 情熱 大陸

2020年1月5日(日)放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系)は、ラーメン店主人の掛神淳に密着する。 日本一ラーメンの消費量が高いと言われる山形県で連日行列を作る店「琴平荘」主人、掛神淳54歳。 元々は祖母が始めた民宿を引き継いで旅館経営をしていた掛神。 しかし、時代の移り変わりとともに旅館経営が立ち行かなくなり、特に閑散期だった冬の集客のために、11月から3月のみの期間限定でラーメン店を始めた。 ラーメン店で修業はせず、全国ラーメン店を食べ歩き、独自で研究を重ね作り上げたしょうゆラーメンは、口コミで瞬く間に広がり、多い時では3時間待ちの行列店に。 お客さんの要望もあり今では10月から5月の8か月間の営業を行っている。 自家製にこだわり、麺は毎朝6時から作り上げ、メンマは乾燥メンマの状態から1週間かけて仕込んでいる。 スープは、地元でとれるトビウオを市場で仕入れ、下ごしらえから天日干し、焼きまで行い、さば煮干(稚魚)などを使用し、常識にとらわれない方法でオリジナルスープを作り上げた。 「麺はもちろんスープも生きている、お客さんに一番おいしいものを食べてもらう」というこだわりを持つと同時に「ラーメン好きは浮気性、味を維持し続けるとお客は飽きてしまう、常に進化していくことが重要」と掛神は語る。 番組では、厳しい冬の山形で集客を試みるという挑戦を続ける掛神の魅力と、究極の1杯を追求し続ける姿を追う。 <ラーメン店・主人/掛神淳 プロフィール> 1965年5月1日山形県鶴岡市生まれ。 大学中退後、父が経営していた飲食店で料理を学んだのち、旅館「琴平荘」の経営を引き継ぎ調理を担当。 2002年に11月から3月までの冬場限定で中華そばを開店。 2010年にトビウオの焼き干しを自作で始め人気店に。 趣味はラーメンの食べ歩き。 母の洋子さん、妻の知子さん、長男の瑛さんも店を切り盛りしている。

次の

寒風吹き荒ぶ中に佇む3時間待ちの行列ラーメン店の店主・掛神淳に密着『情熱大陸』

山形 ラーメン 情熱 大陸

日本一ラーメンの消費量が高いと言われる山形県で連日行列をなすお店「琴平荘 こんぴらそう 」。 その主人・掛神淳がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、1月5日午後11時~)に登場する。 元々は祖母が始めた民宿を引き継いで旅館経営をしていたが、時代の移り変わりと共に旅館経営が立ち行かなくなった。 特に閑散期だった冬の集客のために、11月から3月のみの期間限定でラーメン店を始めた。 ラーメン店で修行はせず、全国ラーメン店を食べ歩き、独自で研究を重ね作り上げた醤油ラーメンは、口コミで瞬く間に広がり多い時では3時間待ちの行列店に。 お客さんの要望もあり今では10月から5月の8カ月間の営業を行っている。 自家製にこだわり、麺は毎朝6時から作り上げ、メンマは乾燥メンマの状態から1週間かけ仕込んでいる。 スープは、地元でとれるトビウオを市場で仕入れ、下ごしらえから天日干し、焼きまで行い、さば煮干(稚魚)などを使用し、常識にとらわれない方法でオリジナルスープを作り上げた。 「麺はもちろんスープも生きている、お客さんに一番美味しいモノを食べてもらう」というこだわりを持つと同時に「ラーメン好きは浮気性、味を維持し続けるとお客は飽きてしまう、常に進化していくことが重要」と、掛神は語る。 番組では、厳しい冬の山形で集客を試みるという、途方もなく、そして前例のない挑戦を続ける店主の魅力と、究極の1杯を追求し続ける姿を追う。 <プロフィル>掛神淳(かけがみ・あつし) 1965年、山形県鶴岡市生まれ。 大学中退後、父が経営していた飲食店で料理を学んだのち、旅館「琴平荘」の経営を引き継ぎ調理を担当。 2002年に11月から3月までの冬場限定で中華そばを開店。 2010年にトビウオの焼き干しを自作で始め人気店に。 趣味はラーメンの食べ歩き。 母の洋子さん、妻の知子さん、長男の瑛さんも店を切り盛りしている。

次の

琴平荘 〜中華そば処〜

山形 ラーメン 情熱 大陸

日本一ラーメンの消費量が高いと言われる山形県で連日行列をなすお店「琴平荘 こんぴらそう 」。 その主人・掛神淳がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、1月5日午後11時~)に登場する。 元々は祖母が始めた民宿を引き継いで旅館経営をしていたが、時代の移り変わりと共に旅館経営が立ち行かなくなった。 特に閑散期だった冬の集客のために、11月から3月のみの期間限定でラーメン店を始めた。 ラーメン店で修行はせず、全国ラーメン店を食べ歩き、独自で研究を重ね作り上げた醤油ラーメンは、口コミで瞬く間に広がり多い時では3時間待ちの行列店に。 お客さんの要望もあり今では10月から5月の8カ月間の営業を行っている。 自家製にこだわり、麺は毎朝6時から作り上げ、メンマは乾燥メンマの状態から1週間かけ仕込んでいる。 スープは、地元でとれるトビウオを市場で仕入れ、下ごしらえから天日干し、焼きまで行い、さば煮干(稚魚)などを使用し、常識にとらわれない方法でオリジナルスープを作り上げた。 「麺はもちろんスープも生きている、お客さんに一番美味しいモノを食べてもらう」というこだわりを持つと同時に「ラーメン好きは浮気性、味を維持し続けるとお客は飽きてしまう、常に進化していくことが重要」と、掛神は語る。 番組では、厳しい冬の山形で集客を試みるという、途方もなく、そして前例のない挑戦を続ける店主の魅力と、究極の1杯を追求し続ける姿を追う。 <プロフィル>掛神淳(かけがみ・あつし) 1965年、山形県鶴岡市生まれ。 大学中退後、父が経営していた飲食店で料理を学んだのち、旅館「琴平荘」の経営を引き継ぎ調理を担当。 2002年に11月から3月までの冬場限定で中華そばを開店。 2010年にトビウオの焼き干しを自作で始め人気店に。 趣味はラーメンの食べ歩き。 母の洋子さん、妻の知子さん、長男の瑛さんも店を切り盛りしている。

次の