まやかし 漢字。 「まやかし」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現は?現役ライターがサクッと解説!

「うそ」と「ごまかし」と「まやかし」の違い・意味と使い方・使い分け

まやかし 漢字

スポンサーリンク 健康診断が近くなると、食事制限をしたりして普段の体重をごまかそうとしたりしていませんか。 そんなことをしても意味ないようなきがするんですが。 え?そういうあなたはやっってないのかって? 私は必ずやってます(笑 ところでこの 「ごまかす」という言葉の 語源はどこからきているのでしょうか。 そしてあなたは、ふだん 漢字で書くときにどう書いていますか。 もしかして漢字で「誤魔化す」って書いていませんか? じつはその漢字は・・・。 正解はこの記事に書いています。 読んでみてくださいね^^ 今回はふだんなにげなく使っている「ごまかす」の語源と 類語。 そして漢字で書くと正しくはどう書くのかを見ていきましょう。 ごまかすがお菓子からきている説 江戸時代の文化文政時代に 「胡麻胴乱(ごまどうらん)」というお菓子がつくられていました。 このお菓子は、小麦粉にごまをまぜて、それを焼いてふくらませたお菓子です。 ごまが入っていますから、ごまが焼けたいい香りがするお菓子です。 ごまのいい香りが食欲をそそり、食べてみるとびっくり! この「胡麻胴乱(ごまどうらん)」は小麦粉が焼かれてふくらんでいますから、中は空洞でなんにもありません。 中身もしっかりつまったお菓子かと思って食べたら、「中はからっぽでだまされた!」となったんですね。 ちなみにこの「胡麻胴乱」の作られていた江戸時代の文化文政時代。 この時代は、11代将軍「徳川家斉」の時代で1804年~1830年のことを言います。 この時代には、芝居や絵画などの町人文化が花開いた時代でもあるんです。 語源が弘法大師からきている説 語源をみていく前に語源の意味がわかりやすくなる豆知識をみていきましょう。 弘法大師(774年~835年)は平安時代の僧で真言宗の開祖のことをいいます。 そして、この真言宗では「護摩行(ごまぎょう)」という修行を行います。 今でも護摩木といって名前やお願いしたいことを書いたものを護摩行のときに焼いています。 この護摩行の煙が天に届くと、天は願った人に幸福を与えてくれるとされています。 この護摩行のことを知っておいてくださいね。 ごまかすを漢字で書くとどうなるのか 「ごまかす」を漢字で書くと・・・。 じつは「ごまかす」は 漢字で書けません。 パソコンで変換される「誤魔化す 」も「胡麻化す」も 当て字になります。 ちなみに「当て字」とはこういう意味になります。 ひらがなを漢字で書くときに、本来の言葉の意味とは関係なく漢字をあてて書くこを当て字といいます。 「ごまかす」を正確には漢字で書かないなんて、ちょっとびっくりです。 ただどうしても漢字で書きたいときには「誤魔化す 」と書くのが慣例化しているようです。 ひらがなを、当て字で漢字で書くのは数千種類あります。 なので「誤魔化す 」という漢字を見て、「これは当て字で誤用だ!」なんて怒らないでくださいね^^ ごまかすの類語 それでは「ごまかす」の類語をみてみましょう。 スポンサーリンク まとめ 「ごまかす」という言葉の語源は江戸時代の「胡麻胴乱(ごまどうらん)」というお菓子から来ている説。 これはこのお菓子が食べてみると中が空洞で、だまされたと思ったことから生まれたとされています。 もうひとつの語源は、護摩行のあとの灰を弘法大師の灰だといつわって売っていた商売からきた説。 そして「ごまかす」は漢字では書けません。 パソコンで変換される「誤魔化す」やもうひとつの書き方の「胡麻化す」は当て字です。 ただ日本語には数千種類の当て字がありますから漢字で書きたいときには「誤魔化す」と書きましょう。 ごまかすということは物事を偽る(いつわる)ことですから、良いことではないでしょう。 ただ何事も白黒をはっきりさせないのが日本の言葉の特徴でもあります。 ことわざにも「嘘も方便(うそもほうべん)」なんてありますしね^^ でも悪意でごまかすのはいけませよ。 私のように体重をちょっとだけごまかすのは、ご愛嬌(あいきょう)です^^.

次の

遊戯王カードWiki

まやかし 漢字

まやかしとは「 ごまかすこと。 にせもの。 いんちき。 」という意味です。 「ネス湖にはネッシーがいるというが、そんなものはまやかしである。 」というような使い方をします。 現在ではあまり使われていない言葉であり、「まぼろし」「幻想」「いんちき」「ペテン」など、状況によってさまざまな言い替えの言葉があります。 音声では聞き取りづらいことも多いせいか、話し言葉でもあまり使われないものと思われます。 「まやかす」という動詞形もあります。 というより、「まやかす」の連用形が名詞化した言葉が「まやかし」であり、語源はこちらです。 その「まやかす」についても語源を探ってみましたが、どうにも出てきませんでした。 漢字表記も探してみたのですが、確かな情報は見つかりませんでした。 一部に「欺瞞」の「瞞」を用いて「瞞す」と書くという説明もあったのですが、複数の辞書を引いても「瞞」という字に「まやか・す」という読み方を見つけることはできませんでした。 調べれば調べるほど、こちらがまやかしに遭っている気分になってきます。 なんとも謎の深い言葉ですね。

次の

「而」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

まやかし 漢字

まやかしとは「 ごまかすこと。 にせもの。 いんちき。 」という意味です。 「ネス湖にはネッシーがいるというが、そんなものはまやかしである。 」というような使い方をします。 現在ではあまり使われていない言葉であり、「まぼろし」「幻想」「いんちき」「ペテン」など、状況によってさまざまな言い替えの言葉があります。 音声では聞き取りづらいことも多いせいか、話し言葉でもあまり使われないものと思われます。 「まやかす」という動詞形もあります。 というより、「まやかす」の連用形が名詞化した言葉が「まやかし」であり、語源はこちらです。 その「まやかす」についても語源を探ってみましたが、どうにも出てきませんでした。 漢字表記も探してみたのですが、確かな情報は見つかりませんでした。 一部に「欺瞞」の「瞞」を用いて「瞞す」と書くという説明もあったのですが、複数の辞書を引いても「瞞」という字に「まやか・す」という読み方を見つけることはできませんでした。 調べれば調べるほど、こちらがまやかしに遭っている気分になってきます。 なんとも謎の深い言葉ですね。

次の