俺ガイル ss 葉山 家族。 『俺ガイル』一色いろはがヒロインのおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

八幡「家族が増える?」

俺ガイル ss 葉山 家族

82 ID:xqvpIv330 スペック言っとくわ 俺 高2? 自分で言うのもなんだがイケメンだ? 色々と痛い で、まず事の発端は高2の時に俺ガイルを読んでしまった事から学校生活が崩れていく。 35 ID:xqvpIv330 じゃあとりあえず書いてく まぁ学校生活厳しくなったが崩壊までは行かないか。 俺ガイルを見てしまったのは高2その時俺は色んなアニメやラノベに影響されやすかったんだ。 で、その頃はまだ友達もまぁまぁいてイケてるグループに属していた。 まぁこいつらとも後に喋ることすら無くなっけどな。 俺の高校では、毎日朝読書するのよ。 だけどもう全てのラノベ読んじゃったし新しく買おうかと本屋に向かった。 そして、そこで俺ガイルに出会う。 53 ID:xqvpIv330 最初本屋で見たときは 「まぁた絵だけで人気でたクソラノベか。 」 とか思ってたんだが他に絵上手くて面白そうなのがなくてこいつを買った。 そして、学校。 俺は朝登校して早速席につき、俺ガイルを開いた。 ペラペラーっと最初のキャライラスト見て、 「戸塚めっちゃ可愛いやん」 とか呟いて一人で盛り上がってた。 で、問題の中身。 俺は1ページ目で噴出した。 なんなんだよ。 最初のやつ。 周りは一斉に俺の方を見てクスクスしたり お前いきなり1人で笑うのキモいからやめろやww ってな感じに言われて、これを教室で読むのはマズイ、、 そう感じた俺は昼休みに弁当と俺ガイルをセットにし、裏庭へいく。 グループとは昼飯は一緒に食ってない。 60 ID:xqvpIv330 あと、この文とかも恐らく俺ガイルに影響されてっから。 まぁかなりのイケイケグループって訳ではなかったよ。 少なくともオタクグループではないな。 グループのリーダー的なやつは葉山みたいに学校で1番2番くらいのイケメンだったし。 まぁ読んでたら女子にオタクやー(笑)とかは言われたりするけどな。 なんとつまらない書込みだろうか。 義務教育を終えていない小学生であったとしても 多少のヒネリを加えて書き込む事は容易いはずである。 しかしこの書込み内容からはその形跡は微塵も感じられない。 彼の脳に重大な障害が発生している事は誰の目にも明らかだろう。 恐らく彼は経済的な事情で十分な治療を受ける事が困難な状況に陥っているに違いない。 この一見無意味としか思えない彼の書込みは、現在の医療システムの見直しを訴えたメッセージなのではなかろうか。 46 ID:xqvpIv330 昼飯食いながらラノベ最近俺の中で流行ってた。 だが今回ばかりは昼飯中に食うべきでは無かった。 このラノベは章と章の間に色々とあんのよ。 っとなり盛大に口の中で噛んでいたジャムパンを噴出してしまった。 詳細は俺ガイル購入すればわかる。 まぁそんなこんなで、俺ガイルを当時出ていた6巻をすべて1ヶ月の間に読破した。 しかも全て10回以上読んだ。 そして、俺の中二病が見事に開花することになる。 105 俺自身もキモいとは思う。 でも直しようがない。 むしろ他のラノベと全く別物。 人の心情とかうまく書かれてるし とりあえず、読んだ方が早い。 69 ID:rFopwAPu0 あれはフィクション。 現実には、どんなに頑張ってもせいぜい材木座くんにしかなれない。 下手したら頑張ってもウザがられるだろう。 度が過ぎるときっと叩かれる。 そんなもんさ•

次の

【八雪・俺ガイルSS】八幡「雪ノ下に突然プロポーズされた。」

俺ガイル ss 葉山 家族

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます みんな知ってる使ってる「Amazon」 Amazonでは、本を声で聴く「」というサービスもやっています。 知っていましたか? いや知らなかったって人、オーディブルのに登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。 安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。 無料体験中に退会で料金は一切不要 無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。 「お金ってかかるの…?」 いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。 また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。 vip2ch. 比企谷八幡) 八幡(そもそも葉山が戸塚を好きなはずがない) 八幡(…そ、そうだ。 そもそも戸塚と葉山は接点が少なすぎる) 雪乃「…」 八幡「ハッ!!!!」 雪乃「!?」ビクッ 八幡(そ、そういえば、職場見学…一緒の班だった…) 八幡(よくよく考えたら、葉山はなんで俺と戸塚の班に入ってきたんだ…) 八幡(ん?いや、俺と葉山のグループに嫉妬した戸塚が入ってきたんだっけ?) 八幡(…) 八幡(あの時のやきもち焼いた戸塚…可愛かったな…)ニヤニヤ 雪乃「…?」 八幡(って、そうじゃない。 12 八幡(い、いや、『確定』って言えるのか?) 八幡(感情なんて一番計算できないもの…) 八幡(も、もももも、もし、戸塚が葉山の事を気にしていたら…ぐぐぐぐぐぐっ!) 八幡(よくよく考えたら、戸塚と葉山は部長…よって繋がりがある…) 八幡(なんてことだ。 こんな重要な繋がりがあるなんて…) 八幡(お、俺は…どうすれば…) 八幡(…) 八幡(考えろ…考えるんだ俺。 すごくいい。 02 雪乃「はぁ…」 八幡「ん?」 雪乃「今日はどうかしたのかしら?いつも以上に気持ち悪い…いえ、形容しがたい…見るに耐えない表情をしているわよ?」 八幡「いや、ちょっと悩み事があってだな…」 雪乃「そう…」 八幡「…」 雪乃「…」ジー 八幡「…」 雪乃「…」ジー 八幡「…」 雪乃「悩み事があるのよね?」 八幡「ああ、そうだ」 雪乃「…」 八幡「…」 雪乃「…」ソワソワ 八幡(なんでこいつソワソワしているんだ?) 雪乃「はぁ…ほら話をしてみなさい。 部員が困ってるのなら、それを解決するのも部長の役目よ」 八幡「お前…部長って自覚あったんだな」 八幡(原作で絶対に言わないセリフだな…。 94 雪乃(な、なんということ…。 まさか私の事が好きだなんて…) 雪乃(そ、そうじゃないわ。 まずは冷静になりなさい。 93 雪乃「ねえ。 このことは小町さんは知っているの?」 八幡「いや、ついさっきの話だし…って、小町!?」 雪乃「ええ。 やっぱり小町さんから話をするべきだと思って」 八幡「しまった。 俺としたことが…葉山が小町の事を…くそっ。 86 八幡「…」ブツブツ 雪乃(くっ、この男。 こう見えて案外策士ね。 もうどこも就職できないんだ」 雪乃「あら?どこか忘れてないかしら?」キリリッ 八幡「え?」 雪乃「私のところで一生メイドをやりなさい。 大丈夫。 それじゃいつも通りじゃない。 魚に失礼よ」 結衣「そっかー。 ヒッキーいつも通りだったね」 八幡「はぁ…」 結衣「…あ、あれ?ヒッキー大丈夫?」 八幡「あ、ああ。 ちょっと疲れててな」 結衣「ご、ごめんなさい!あたし変なこと言っちゃって…」 八幡「いや、いい。 気にしてないから」 結衣「本当にごめんね。 ヒッキー」 八幡「大丈夫だ。 91 雪乃「…」コホン 雪乃「さっきの話の続きなんだけど」 結衣「え?」 八幡「ん?」 雪乃「比企谷くんが先にアタックすればいいと思うわ。 きっと相手も待ってると思う」 結衣「え?アタック?ばれー?こうげき?」 雪乃(由比ヶ浜さんにわからないように、遠回しな言い方をしたのだけれど、さすがに『アタック』は知っていたわね) 八幡「いや、それはないだろ…」 雪乃「どういうことかしら?」 八幡「相手が俺を待ってるだと?それは可能性0だ。 絶対にうまくいくわ。 だから試しにやってみなさい」 八幡「いやいや。 なんでそんなに自信満々なんだよ。 そもそも相手はあの葉山隼人だぞ。 お願いだから、やめて…ね?ヒッキー」 八幡「いや、ケンカしねーし。 04 * * * 結衣「ほへー」 八幡(由比ヶ浜に説明を行った…) 八幡(というか、なんで俺…奉仕部にこんな恥ずかしい恋愛話なんてしなきゃならんの!?) 雪乃「由比ヶ浜さん。 事情はわかったかしら?」 結衣「え、えーと…それで…そのヒッキー…ううん、隼人くんの好きな人って…」 雪乃「そ、それは…その…あの…非常に言いにくいんだけど…」 八幡「小町だ」 雪乃「へ?」 八幡「いや、戸塚かもしれん…」 雪乃「は?」 結衣「そっかー。 やっぱりそうなるよねー。 13 雪乃「…」プルプル 八幡(ん?雪ノ下が涙目でプルプルしてるぞ。 カテゴリー• 633• 631• 619• 446• 408• 108• 144• 147• 174• 155• 189• 189• 2 アーカイブ• 128• 118• 242 メタ情報•

次の

八幡「家族が増える?」

俺ガイル ss 葉山 家族

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます みんな知ってる使ってる「Amazon」 Amazonでは、本を声で聴く「」というサービスもやっています。 知っていましたか? いや知らなかったって人、オーディブルのに登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。 安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。 無料体験中に退会で料金は一切不要 無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。 「お金ってかかるの…?」 いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。 また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。 vip2ch. 比企谷八幡) 八幡(そもそも葉山が戸塚を好きなはずがない) 八幡(…そ、そうだ。 そもそも戸塚と葉山は接点が少なすぎる) 雪乃「…」 八幡「ハッ!!!!」 雪乃「!?」ビクッ 八幡(そ、そういえば、職場見学…一緒の班だった…) 八幡(よくよく考えたら、葉山はなんで俺と戸塚の班に入ってきたんだ…) 八幡(ん?いや、俺と葉山のグループに嫉妬した戸塚が入ってきたんだっけ?) 八幡(…) 八幡(あの時のやきもち焼いた戸塚…可愛かったな…)ニヤニヤ 雪乃「…?」 八幡(って、そうじゃない。 12 八幡(い、いや、『確定』って言えるのか?) 八幡(感情なんて一番計算できないもの…) 八幡(も、もももも、もし、戸塚が葉山の事を気にしていたら…ぐぐぐぐぐぐっ!) 八幡(よくよく考えたら、戸塚と葉山は部長…よって繋がりがある…) 八幡(なんてことだ。 こんな重要な繋がりがあるなんて…) 八幡(お、俺は…どうすれば…) 八幡(…) 八幡(考えろ…考えるんだ俺。 すごくいい。 02 雪乃「はぁ…」 八幡「ん?」 雪乃「今日はどうかしたのかしら?いつも以上に気持ち悪い…いえ、形容しがたい…見るに耐えない表情をしているわよ?」 八幡「いや、ちょっと悩み事があってだな…」 雪乃「そう…」 八幡「…」 雪乃「…」ジー 八幡「…」 雪乃「…」ジー 八幡「…」 雪乃「悩み事があるのよね?」 八幡「ああ、そうだ」 雪乃「…」 八幡「…」 雪乃「…」ソワソワ 八幡(なんでこいつソワソワしているんだ?) 雪乃「はぁ…ほら話をしてみなさい。 部員が困ってるのなら、それを解決するのも部長の役目よ」 八幡「お前…部長って自覚あったんだな」 八幡(原作で絶対に言わないセリフだな…。 94 雪乃(な、なんということ…。 まさか私の事が好きだなんて…) 雪乃(そ、そうじゃないわ。 まずは冷静になりなさい。 93 雪乃「ねえ。 このことは小町さんは知っているの?」 八幡「いや、ついさっきの話だし…って、小町!?」 雪乃「ええ。 やっぱり小町さんから話をするべきだと思って」 八幡「しまった。 俺としたことが…葉山が小町の事を…くそっ。 86 八幡「…」ブツブツ 雪乃(くっ、この男。 こう見えて案外策士ね。 もうどこも就職できないんだ」 雪乃「あら?どこか忘れてないかしら?」キリリッ 八幡「え?」 雪乃「私のところで一生メイドをやりなさい。 大丈夫。 それじゃいつも通りじゃない。 魚に失礼よ」 結衣「そっかー。 ヒッキーいつも通りだったね」 八幡「はぁ…」 結衣「…あ、あれ?ヒッキー大丈夫?」 八幡「あ、ああ。 ちょっと疲れててな」 結衣「ご、ごめんなさい!あたし変なこと言っちゃって…」 八幡「いや、いい。 気にしてないから」 結衣「本当にごめんね。 ヒッキー」 八幡「大丈夫だ。 91 雪乃「…」コホン 雪乃「さっきの話の続きなんだけど」 結衣「え?」 八幡「ん?」 雪乃「比企谷くんが先にアタックすればいいと思うわ。 きっと相手も待ってると思う」 結衣「え?アタック?ばれー?こうげき?」 雪乃(由比ヶ浜さんにわからないように、遠回しな言い方をしたのだけれど、さすがに『アタック』は知っていたわね) 八幡「いや、それはないだろ…」 雪乃「どういうことかしら?」 八幡「相手が俺を待ってるだと?それは可能性0だ。 絶対にうまくいくわ。 だから試しにやってみなさい」 八幡「いやいや。 なんでそんなに自信満々なんだよ。 そもそも相手はあの葉山隼人だぞ。 お願いだから、やめて…ね?ヒッキー」 八幡「いや、ケンカしねーし。 04 * * * 結衣「ほへー」 八幡(由比ヶ浜に説明を行った…) 八幡(というか、なんで俺…奉仕部にこんな恥ずかしい恋愛話なんてしなきゃならんの!?) 雪乃「由比ヶ浜さん。 事情はわかったかしら?」 結衣「え、えーと…それで…そのヒッキー…ううん、隼人くんの好きな人って…」 雪乃「そ、それは…その…あの…非常に言いにくいんだけど…」 八幡「小町だ」 雪乃「へ?」 八幡「いや、戸塚かもしれん…」 雪乃「は?」 結衣「そっかー。 やっぱりそうなるよねー。 13 雪乃「…」プルプル 八幡(ん?雪ノ下が涙目でプルプルしてるぞ。 カテゴリー• 633• 631• 619• 446• 408• 108• 144• 147• 174• 155• 189• 189• 2 アーカイブ• 128• 118• 242 メタ情報•

次の