市 原市 ゴルフ 練習 場 倒壊 どこ。 Matsuura Blog: 千葉県市原市 ゴルフ練習場倒壊事件

(株)市原ゴルフガーデン 経営者(オーナー)の名前と顔画像,運営会社はどこ?

市 原市 ゴルフ 練習 場 倒壊 どこ

台風15号で倒壊した千葉県市原市にあるゴルフ練習場の鉄柱(1本30〜40mほど)。 複数の近隣住宅を直撃しており、住民への補償がどうなるかに注目が集まっている。 報道によると、住民らは練習場側から「自然災害なので鉄柱の撤去以外の補償は一切しない」(9月16日、日経新聞)、「天災なので補償はない」(9月18日、日本テレビ系「スッキリ」)といった説明を受けているようだ。 「スッキリ」は解体業者に取材し、撤去費用についても概算を報じている。 鉄柱は1本300万円ほどで、全部で数千万円になる見込みだという。 さらに家の解体が1軒300〜350万円ほど。 建て直しとなるとさらに費用がかかる。 法的に見て、住民らに対する補償はどうなるのだろうか。 に聞いた。 鉄柱及びネットに「設置又は保存上の瑕疵」があり、その結果として、台風の強風にあおられ、近隣住宅に被害を与えたと評価できる場合には、占有者または所有者が損害賠償責任を負うことになります。 土地工作物責任は無過失責任ですので、占有者または所有者の過失を被害者が立証する責任はありません。 運営会社は今回、台風が近づく前に天井部のネットは下ろしたものの、側面のネットは固定式のために下ろすことができなかったと説明したとのことです。 また、国土交通省と市原市が現地調査を行ったところ、鉄柱とコンクリートの基礎部分を固定するボルトが複数箇所破断していることを確認したとのことです。 その点は、鉄柱及びネットに「設置又は保存上の瑕疵」があったといえるかの判断において、マイナスに考慮される要素になると考えられます。 過去に例がないほどの強風だったとすると、そうした強風に耐えられる強度を有していないからといって、直ちに「設置又は保存上の瑕疵」があるとは言いにくいからです。 現場の様子(読者提供、2019年9月19日撮影) もっとも、日本国内における過去の最大瞬間風速(沖縄県宮古島で85. 以上のような諸点を総合的に考慮した上で、「設置又は保存上の瑕疵」があったといえるかが、民法上の損害賠償責任を判断する上で重要になると思われます。 もっとも、運営会社が賠償責任保険に加入していれば、保険会社が損害賠償義務を加害者に代わって負担することになります。 また、損害賠償請求の可否とは別に、被害者側が加入している火災保険等で、風害ということで、今回の事故による被害が保険金支払の対象になる可能性はあり、保険契約の内容次第ということになります。

次の

千葉ゴルフ練習場の鉄柱倒壊事故 解体業者が無償撤去を申し出るも住民全員の同意が得られず…

市 原市 ゴルフ 練習 場 倒壊 どこ

台風15号で倒壊した千葉県市原市にあるゴルフ練習場の鉄柱(1本30〜40mほど)。 複数の近隣住宅を直撃しており、住民への補償がどうなるかに注目が集まっている。 報道によると、住民らは練習場側から「自然災害なので鉄柱の撤去以外の補償は一切しない」(9月16日、日経新聞)、「天災なので補償はない」(9月18日、日本テレビ系「スッキリ」)といった説明を受けているようだ。 「スッキリ」は解体業者に取材し、撤去費用についても概算を報じている。 鉄柱は1本300万円ほどで、全部で数千万円になる見込みだという。 さらに家の解体が1軒300〜350万円ほど。 建て直しとなるとさらに費用がかかる。 法的に見て、住民らに対する補償はどうなるのだろうか。 に聞いた。 鉄柱及びネットに「設置又は保存上の瑕疵」があり、その結果として、台風の強風にあおられ、近隣住宅に被害を与えたと評価できる場合には、占有者または所有者が損害賠償責任を負うことになります。 土地工作物責任は無過失責任ですので、占有者または所有者の過失を被害者が立証する責任はありません。 運営会社は今回、台風が近づく前に天井部のネットは下ろしたものの、側面のネットは固定式のために下ろすことができなかったと説明したとのことです。 また、国土交通省と市原市が現地調査を行ったところ、鉄柱とコンクリートの基礎部分を固定するボルトが複数箇所破断していることを確認したとのことです。 その点は、鉄柱及びネットに「設置又は保存上の瑕疵」があったといえるかの判断において、マイナスに考慮される要素になると考えられます。 過去に例がないほどの強風だったとすると、そうした強風に耐えられる強度を有していないからといって、直ちに「設置又は保存上の瑕疵」があるとは言いにくいからです。 現場の様子(読者提供、2019年9月19日撮影) もっとも、日本国内における過去の最大瞬間風速(沖縄県宮古島で85. 以上のような諸点を総合的に考慮した上で、「設置又は保存上の瑕疵」があったといえるかが、民法上の損害賠償責任を判断する上で重要になると思われます。 もっとも、運営会社が賠償責任保険に加入していれば、保険会社が損害賠償義務を加害者に代わって負担することになります。 また、損害賠償請求の可否とは別に、被害者側が加入している火災保険等で、風害ということで、今回の事故による被害が保険金支払の対象になる可能性はあり、保険契約の内容次第ということになります。

次の

ゴルフ場の鉄柱、撤去開始=台風15号で倒壊-千葉・市原:時事ドットコム

市 原市 ゴルフ 練習 場 倒壊 どこ

5ch. gif 台風15号の影響で、千葉県市原市のゴルフ練習場「市原ゴルフガーデン」の鉄柱が民家に倒れた事故。 間もなく台風上陸から1カ月となるが、倒壊した鉄柱はその場に残ったまま。 住宅被害を受けた住民らは「鉄柱が重みで沈んできている」と切実な現状を訴え、一刻も早い撤去を望んでいる。 先月9日午前3時ごろ、同ゴルフ練習場の北西側のネットが強風にあおられ、ネットを支える鉄柱ごと隣接する民家に倒れた。 市原市によると民家16戸が損壊し、20代の女性や当時生後3カ月の男児が負傷。 住民らは避難生活を余儀なくされた。 約2週間後の26日、東京都江戸川区の解体業者「フジムラ」が住民を対象に説明会を開いた。 同社は無償で鉄柱の撤去を行う方針を示し、住民らに同意書の提出を求めた。 同社が無償で撤去を申し出たことに、説明会では涙を流して喜ぶ住民もいた。 だが、29日に設けた提出期限までに、住民全員の同意書は集まらなかった。 同意書を提出しなかった住民の男性(65)によると、障壁のひとつになったのは、同社が示した「工事でさらに損害が出た場合、フジムラに賠償を求めない」という条件だという。 男性は「それはまったく別の問題。 ゴルフ場のオーナーが話し合いの場に出てこないまま決まるのは納得できない」と憤る。 同意しなかった別の男性も「あんな大きな鉄柱を動かすのだから、多少壊れるのは仕方ない」としつつも、「無償ということは、何か裏があるんじゃないの」とこぼす。 住民全員の同意が得られないため、現在も撤去の見通しは立っていない。 この1カ月で民家に倒れ込んだ鉄柱は重みでさらに沈み、穴が空いた屋根から雨が降り込んで、畳にカビが生えた家もある。 住民の松山高宏さん(55)は、反対する住民の声に理解を示しつつも、「他にどこがやってくれるのか。 撤去は早いほうがいい」と早急な対応を求めている。

次の