デュエル リンクス レッド アイズ デッキ。 【遊戯王デュエルリンクス】レッドアイズデッキレシピ|回し方と対策/真紅眼の黒竜

【遊戯王デュエルリンクス】レッドアイズスラッシュデッキの評価

デュエル リンクス レッド アイズ デッキ

カテゴリ「レッドアイズ」とは レッドアイズとは 城之内&竜崎のエースカード カテゴリ「レッドアイズ」とは、のエースカードであるを中心としたカード群。 ちなみにレッドアイズの元々の所持者は。 サポートカードが非常に豊富 レッドアイズのサポートカードは非常に多く、素のスペックの低さをカバーするかのように、強力なカードが多い。 デュエルリンクスでのレッドアイズ リリース当初はファンデッキ デュエルリンクスリリース当初から自体は入手ができたものの、最上級モンスターで効果無しな上、ステータスも低かったため、使用者は少なかった。 黒竜の雛の実装で注目を浴びる 初のミニパックにが収録され、レッドアイズの召喚が容易となった。 しかし召喚後のサポートカードやステータスの低さがネックとなり環境上位に加わることは無かった。 本気城之内イベントで大幅強化! デッキ名 評価点 9. 《真紅眼の不死竜》はアンデット族のため、レッドアイズのサポートカードとアンデット関連の効果を受ける事が可能。 元々の展開力の高さに加え、アンデット特有の蘇生効果などが加わり非常に強力な構成となっている。 バランスアイズ バランスと王者の看破による安定感の高いデッキ スキルによって初手が安定し、高確率で理想な立ち回りが可能なデッキ。 の召喚率の高さと、による相手の行動を制限する動きが猛威を奮う。

次の

【デュエルリンクス】ガーディアンの力採用型真紅眼の黒竜(レッドアイズ)デッキレシピ【キング帯で勝率74%】

デュエル リンクス レッド アイズ デッキ

レッドアイズデッキ 目次• ただし《》の蘇生効果も発動制限されるので注意。 所持キャラ スキル名 上級モンスターを多く扱うため相性が良いです。 また、《》で墓地へ落としたレッドアイズは《》などで蘇生させて活用しましょう! レッドアイズデッキの弱点と対策カード バスブレには太刀打ちできない レッドアイズデッキはドラゴン族が主体となって構成されているので、ドラゴンを餌とするバスターブレイダーには相性が圧倒的に不利と言えるでしょう。 レッドアイズデッキへの対策カード一覧 カード名 説明 相手フィールド・墓地のドラゴン族モンスターの数だけ攻撃力アップ 相手のドラゴン族モンスターの効果発動を封じ、守備表示にする 直接攻撃ができない 攻撃表示モンスターを全て弱体化 対象を取らないので黒刃竜に有効 発動タイミングが攻撃宣言時限定 攻撃表示モンスターを全てデッキに戻す 墓地利用を得意とするレッドアイズにとても有効 発動タイミングが直接攻撃宣言時限定 評価・ユーザーレビュー 以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前•

次の

【デュエルリンクス】人気!ボマー・ドラゴンでお手軽自爆特攻。ドラゴンデッキの秘密兵器に。| 野良決闘者ブログ

デュエル リンクス レッド アイズ デッキ

カード名 理由 このデッキの切り札。 対象を取るカードの対しての耐久性もあり、非常に制圧力の高いカード。 で特殊召喚しよう。 戦士族のエースカード。 守備表示モンスターを問答無用で破壊できる。 このデッキを活かすために、表示形式変更系のカードと合わせて使おう。 戦士族モンスターと合わせてリリースすることで、を特殊召喚できる。 単体では役に立たないので、好みで採用枚数を使い分けよう。 デッキにバック干渉手段がないので、1枚採用。 スキルも相まって、相手のバックを全破壊することも可能だ。 横にする効果はと相性が良く、装備カードになる効果はと相性が良い。 優秀な防御札だ。 SASUKEの効果を活かす目的と、とリリースする素材を確保するために、1枚でなるべく多くの攻撃を防ぐことができるカードを採用。 と採用理由は同じ。

次の