ビッグローブ ドコモ 光。 光☆SIMセット割:光回線とモバイル回線セットでお得!

ドコモ光×BIGLOBEのメリットとデメリットをまとめて紹介

ビッグローブ ドコモ 光

ドコモ光のインターネット接続設定には、「BIGLOBE会員証(または接続ID通知書)」に記載されている、 ユーザID および 接続パスワードが必要です。 接続設定時の「ユーザー名」には、『 ユーザID biglobe. jp』を入力してください。 BIGLOBE提供のルーターについて ドコモ光をご利用のお客さまへの特典「ドコモ光Wi-Fiルーター無料レンタル」でご提供しているWi-Fiルーターの設定方法は、機器に同梱されているマニュアルをご覧ください。 ドコモ光のご利用・設定方法等について ドコモ光のご利用・設定方法等についてご不明な点は、以下の窓口にお問い合わせください。 無料レンタルでご提供しているWi-Fiルーターについては、BIGLOBEにお問い合わせください。 IPv6接続について BIGLOBEでは、ビッグローブ光/フレッツ光/ドコモ光をご利用のお客さまのインターネット利用環境の改善に向けて、既存のネットワーク(IPv4接続)から、次世代ネットワーク(IPv6接続)への切り替えを推進しています。 新規にご契約されるお客さまへは、サービス利用開始時にIPv6接続を標準でご提供しています。 また、ご契約中のお客さまでIPv6接続サービスをお申し込みでない方については、順次、ご連絡のうえ自動移行しています。 IPv6接続サービスについて詳しくは、以下のページをご覧ください。

次の

2020年【ドコモ光+ビッグローブ評判特典】24社プロバイダ比較!

ビッグローブ ドコモ 光

この記事の目次• 1料金面でおすすめのプロバイダー ドコモ光は、プロバイダー料金が含まれているタイプAとタイプBのプラン、プロバイダーが含まれていない単独タイプがあります。 タイプAとタイプBの違いは、選択できるプロバイダーが違うだけです。 料金はタイプBのほうが200円高くなっていますが、料金が高いほうが優れているというわけではありません。 プロバイダーが含まれていない単独タイプは、別途プロバイダーを自分で探して契約しないとインターネットが使えません。 ドコモ光タイプA 戸建て5,200円 マンション4,000円 ドコモ光タイプB 戸建て5,400円 マンション4,200円 ・ドコモnet ・plala ・So-net ・GMOとくとくBB ・DTI ・Tigers-net. com ・BIGLOBE ・BBexcite ・andline ・IC-net ・U-Pa! ・エディオンネット ・SYNAPSE ・TikiTiki ・楽天ブロードバンド ・hi-ho ・01光コアラ ・ネクス ・スピーディアインターネットサービス ・ TCOM ・OCN ・@nifty ・TNC(静岡県限定 ・ASAHIネット ・WAKWAK ・ちゃんぷるネット(沖縄県限定) 区分けを見てわかるように、大手だからという理由でAとBを分けているわけではありません。 単純にそういう料金設定にしているだけです。 なので、ドコモ光のプロバイダーは料金が安いタイプAを選びましょう。 2通信品質でおすすめのプロバイダー 通信品質で選ぶと、タイプAからはbiglobe、GMOとくとくBB。 タイプBからは niftyをおすすめします。 ただし、これらのプロバイダーをただ使うだけでは通信品質が良くなりません。 必ず、IPoE方式のオプションと対応のルーターを使用しましょう。 biglobeは「v6オプション」を契約すると通信速度が速くなります。 対応ルーターは500円のドコモ光電話を契約すると付いてくる光電話対応ルーターがv6オプション接続機器になります。 または、500円でv6オプション対応Wi-Fiルーターをレンタルすることもできます 市販のものを用意しても可。 GMOとくとくBBと niftyは「v6プラス」を契約すると通信速度が速くなります。 GMOとくとくBBはキャンペーンサイトからv6プラス対応Wi-Fiルーターが無料でレンタルできます。 niftyも500円でドコモ光電話を契約するか、自分で市販のv6プラス対応ルーターを用意する必要があります。 v6プラスやv6オプション自体は無料で使えるのですが、接続端末の費用がかかります。 もともとドコモ光電話を利用する予定の人は特に気にしなくて良いですが、ドコモ光電話を使う予定のない人でv6プラスやv6オプションを使いたい人は、最低でも500円高くなることに気をつけましょう。 ただし、GMOとくとくBBだけは無料でv6プラス対応Wi-Fiルーターをレンタルできる点で有利です。 これらのIPoE方式を利用すると、インターネットが混雑する夜などの時間帯でも快適に利用できます。 従来型の接続方式はPPPoE方式で、プロバイダーの認証サーバーが混雑しやすかったのですが、IPoE方式でプロバイダーを経由しない接続方法になるため、通信の混雑に強いのです。 それと、200Mbpsプランで契約している人でも、下り速度が最大1Gbpsになります。 それは、200Mbpsプランはもともと1Gbps出るスペックを持っているのに200Mbpsへ帯域制限をしているからです。 IPoEはこの制限をスルーするので最大1Gbpsになります。 ちなみに、100Mbps契約の場合は物理ポートで100Mbpsに制限しているためIPoE方式でも最大100Mbpsです。 3biglobeを選ぶメリット・独自の特典 ドコモ光のプロバイダーにbiglobeを選ぶメリットは以下の通りです。 タイプAなので基本料金が安い• IPoE方式 v6オプション を使える• セキュリティー対策が12ヶ月無料• 訪問サポート初回無料 タイプAなので料金が安いことと、IPoE方式で速度が速いことは先に説明しました。 それと、biglobeでは「ネットあんしんパックforドコモ光」というセキュリティーサービスが12ヶ月無料で利用できます。 ウイルス対策・ネット詐欺対策・迷惑メール対策の3つのサービスをセットで利用できます。 通常500円が12ヶ月無料なので6,000円お得です。 訪問サポートも初回無料で受けられます。 インターネットやパソコンの設定が不慣れな人におすすめです。 なので、ドコモ光であえてbiglobeを選ぶ必要が無いことがデメリットです。 タイプAであればどのプロバイダーを選んでも戸建て5,200円、マンション4,000円なので、キャッシュバックなどのキャンペーンがあるプロバイダーを選んだほうがお得です。 4biglobeの評判 biglobeはv6オプションを使わないPPPoE方式での速度が遅いという評価が多いです。 PPPoE方式は地域や時間帯によっても混雑具合が違うのでクチコミは参考程度ですが、あまり評判は良くないようです。 IPoE方式を利用した人には結構高評価で、通信速度が改善したケースが多いようです。 biglobeのサポート窓口に対する評判は悪いです。 コールセンターに繋がらない、オペレーターの質が悪いなどの意見が目立ちます。 そもそもプロバイダーのサポート窓口はどこも似たようなもので、電話はだいたい混雑して繋がりません。 コールセンターは人の入れ替えが激しい職場なので、スキルの伝承が甘いこともあり、オペレーターの質もピンキリです。 CS 顧客満足度 に力を入れているNTTやドコモなどと比べれば見劣りします。 1料金はbiglobeと同じ ドコモ光で一番おすすめのプロバイダーはGMOとくとくBBです。 GMOとくとくBBもbiglobeと同じタイプAなので、料金はbiglobeを選んだ場合と同じです。 2通信品質が良い GMOとくとくBBではv6プラスが使えます。 v6プラスは日本ネットワークイネイブラー株式会社の通信設備を利用してインターネットに繋がります。 GMOとくとくBBの設備は経由しないので、プロバイダーの設備に依存しない速度になります。 v6プラスではIPoE+IPv4 over IPv6という、IPv6サイトとIPv4サイトのどちらでもIPoE方式で接続できる仕組みのため、全ての通信速度が高速になります。 この仕組みはbiglobeのv6オプションも同じです。 もともとbiglobeでもv6プラスを取り扱っていたのですが、ネットワークイネイブラーが行なっていた仕事をbiglobe自身で行なうようになりました。 なので現在biglobeはv6プラスを廃止し、v6オプションという名でIPoE+IPv4 over IPv6を提供しています。 つまり、通信速度に関してはGMOとくとくBBとbiglobeはほとんど同じで、どちらも高速でインターネットが利用できるのです。 3特典の違い ドコモ光を契約すると、biglobeでもGMOとくとくBBでもドコモポイント dポイント が貰えます。 スマホの機種変更や通信料の支払い、マクドナルドやローソンなどの店舗での利用、DHCやBEAMSなどのオンラインショップでの利用など、幅広い使い道があります。 dポイント ドコモ光契約で貰えるdポイント 新規 20,000pt 転用 10,000pt そして、GMOとくとくBBのキャンペーンサイト申し込み限定のキャンペーンには次のものがあります。 現金キャッシュバック 現金キャッシュバックには条件があり、ドコモ光の2年定期契約、同時にひかりTV 2ねん割 もしくはスカパー!の申し込みが必要です。 通常料金500円なので、12ヶ月分の6,000円お得です。 アンチウイルス・アンチスパイウェア、フィッシング詐欺対策、迷惑メール対策、保護者機能、盗難防止機能など豊富な機能がついています。 v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル 通信速度を速くするv6プラスを使うには対応ルーターが必要です。 biglobeだと、有料500円ですが、GMOとくとくBBは無料です。 つまり、GMOとくとくBBであればノーコストでv6プラスが利用できます。 このルーターの機種は、「バッファロー製WXR-1750DHP2」です。 Wi-Fiルーターの中でも優れた部類で、無線LAN速度最大1300Mbps、ビームフォーミング機能搭載です。 ビームフォーミングとは、距離や障害物により電波が届きにくい場所でも集中的に電波を届けることにより、Wi-Fiの速度・安定性を向上させる仕組みです。 それと、WXR-1750DHP2には特徴的な大型可動式アンテナが3本ついています。 光電話ルーターやbiglobeからレンタルできるNECのルーターなどは内部にアンテナが内蔵されているタイプですが、この機種では外にアンテナが外に露出しています。 Wi-Fi電波はアンテナに対し水平に飛ぶので、3階建ての縦長の家はアンテナを床に水平にし、横長の家はアンテナを床に垂直に立てれば家の隅々までWi-Fi電波を飛ばすことができます。 このように調整が効くので、広い家に適しています。 バッファロー製WXR-1750DHP2のスペック 定価 14,300円 目安利用形態 戸建て:3階建て マンション:4LDK 家族:6人 最大無線LAN速度 1300Mbps LANポート数 4つ 有線速度 LAN・WAN 1000Mbps 繋がりやすくする機能 ビームフォーミング機能 ビームフォーミングEX バンドステアリング 大型可動式アンテナで調整が可能 まとめ:biglobeよりGMOとくとくBBが断然お得 ドコモ光のプロバイダーは、v6オプションで通信速度が速いbiglobeも悪くはないですが、同じくv6プラスで通信速度が速いGMOとくとくBBをおすすめします。 なぜなら、GMOとくとくBBのほうがbiglobeよりも特典が豊富だからです。 特に、v6プラス対応Wi-Fiルーターを無料レンタルできる点がGMOとくとくBBをおすすめする一番の理由です。 ドコモ光の最新キャンペーンについてより詳しく知りたい方は「」の記事を確認してみてくださいね。

次の

ドコモ光で無線ルーターを無料で使えるプロバイダー7選

ビッグローブ ドコモ 光

『ビッグローブ光』を検討する際、• どんなことに気をつければ良いのか?• 他社と比較する際などに、気を付けたいポイント を、5つのポイントとして、まとめました。 さらにweb申込み経由だと、 が、今なら可能です。 「2年プラン」を希望する場合は、 がお得です。 インターネットを乗り換える際の、原因として挙げられるのが、『快適に繋がらない』という回線の品質です。 『ビッグローブ光』の場合の、回線品質について、調べてみました。 かつて 800円/月で提供されていた『プレミアムサービス』と呼ばれていた 『IPv6オプション』が無料になりました! 通常使われるネットワーク PPPoE回線 とは別のネットワーク IPoE接続 を使うことにより、速度を改善することができる 『IPv6オプション』は、快適な回線を提供するために、ネット回線会社が提供している高品質サービスです。 下記をご確認ください。 <出典:> 公式サイトによると、『 通信設備が混雑した場合のみ、通信量が特に多いお客さまの通信速度を制御します。 』とあります。 現在、『どれくらいの混雑状況、通信量で速度が制限されるか?』などの明記は、されていません。 オンラインゲームユーザーさんやファイル共有ソフトを利用している方など、 通信量の多いネット利用をしている方は注意が必要です。 2017年2月27日から4月末まで対策が実施されるそうなので、継続的に対策がされるのか、一時的なものなのか、気になるところです。 通常の利用では、速度制限の対象にはなりません。 さらに、『ビッグローブ光』では、安定した速度を実現するため、速度改善の取り組みが始まっています。 IPv6オプションは、プロバイダー側が独自に行っている速度改善の取り組みです。 『IPv6オプション』は、満足度の高いプロバイダで、速度改善を実施していることが多いのが現状です。 費用がプロバイダ側で負担するため、企業側の負担が大きい一方、利用者にとってのメリットは大きいです。 『ビッグローブ光』は、 インフラ面から、無料で改善する機能が付いているため、以前より安心して契約出来るようになりました。 『ビッグローブ光』の店舗での勧誘・ 電話勧誘がしつこい• 詳しい説明がなく契約を結んだら、 後々説明されてない料金がかかった• 開通までの期間がはっきりわからない いつまで待つの? など、説明不足からくるトラブルが多くあるようです。 これはビッグローブというよりは、『ビッグローブ光』の勧誘を請け負う一部の代理店の問題です。 契約をしたくなるような良い話だけをして、縛り(違約金)などの説明が、おざなりになっているという話は実際にあります。 ご自身でまず契約内容をしっかり確認し、• どんな料金が発生して• どんな工事が必要で• 開通までにどれくらいの時間がかかるのか? を、確かめてからの契約をおすすめします。 ただ、多くの場合、 自身で、しっかり比較して、 契約内容を折り返しの電話で、 しっかり再確認して契約に進めば、 安心して契約できます。 webキャンペーンの場合は、 webフォームの入力経由の申込みが必須 となります。 折り返しの電話連絡があるので、 その際にしっかり内容を確認しましょう!• 契約内容 初期&工事費用• 月額費用• 解約金と解約金が発生するタイミング• 工事日と開通日• webキャッシュバックの受け取れる日時 の 5点は、ぜひ確認しておきたいポイントですね!! その際、契約前の段階で、 しっかり内容を確認して、 契約に進むことをオススメ致します。 このページでご紹介しているキャンペーンは、『 最短 2ヶ月』でキャッシュバックを受け取ることができます。 365日のサポート体制 『ビッグローブ光』はもともとNECが親会社であり、大手プロバイダが提供しているサービスなので、安心、信頼できるプロバイダのひとつです。 365日対応しているインフォメーションセンターもいざというときに助かりますね。 現在、「フレッツ光回線」を利用している方は、回線開通工事不要で乗り換え可能です。 また 「フレッツ光」とサービス提供エリアが同じなので、引越しが多い方は助かります。 <出典:NNコミュニケーションズによる auスマートバリューの> さらに、『ビッグローブ光』では、「auのスマホ携帯ユーザー」に対して、嬉しい毎月の割引があります。 auユーザーでなくても、 を確実に受けられるので、どんな方でもお得な回線です。 メリット3:高品質サービス『IPv6プラス』が無料 『ビッグローブ光』では、速度の向上にもかなり力を入れています。 以前から行われ始めた取り組みとして、 高品質サービス『IPv6プラス』が無料提供されていると言う点も、見逃せません。 特にユーザー側で設定などは必要なく、さらに高機能無線Wi-Fiルーター とセットで使う事が出来ます。 スマホ/タブレット環境まで、高速化されて、今ならとてもお得です。 その他のお得な点としては、 メールアドレスが最大5つまで無料で取得できます。 ご家族で別々のメールアドレスを持って利用することができるのは便利ですね。 『ビッグローブ光』の3つのデメリット• デメリット1 以前は、 データ量の多いユーザーに負担がかかっていた• デメリット2 契約更新月以外での解約は、 違約金が発生する どのネット回線も共通• デメリット3 ネット上での 解約の手続きが複雑 電話で行えばシンプル• 【番外編】:公式よりも が存在する かつては、データ量の多いユーザーに対して、 が、かかっていました。 しかし、現在は、高品質サービス『IPv6プラス』など、速度に対しても、積極的な無料の改善サービスが提供されています。 もし気を付けるべき点があるとしたら、 マンションなどの集合住宅の場合です。 ネット回線全般に対して、 集合住宅は、回線をシェアしながら分配されることが多いため、環境によってどうしても、速度が低下してしまうことが考えられます。 おそらく事前にチェックする方法も、ほぼ無いと言って良いと思います。 <出典:> 『ビッグローブ光』の月額料金は、ファミリータイプとマンションタイプ、そして開通から2年間の割引キャンペーンが新規回線契約とフレッツ光からの乗換(転用)契約で異なります。 『ビッグローブ光』の月額料金や、光電話、光テレビなどのオプションサービスをつけた場合の費用を調べてみました。 家の設備状況によっては工事料金が変更になることもあります。 家の設備状況によっては工事料金が変更になることもあります。 オプション費用 上乗せコスト 一覧 『光電話』『光テレビ』など 『ビッグローブ光』を契約すると利用できるオプションサービス。 これらのサービス内容と費用をご紹介します。 ・『ビッグローブ光電話』の料金とサービス内容 <出典:> 光回線を使った電話サービスです。 現在、固定電話を利用しているかたは、そのままの電話機、電話番号が利用できます。 『ビッグローブ光電話』を利用する場合かかる費用は 『光電話月額基本料』と『通話料』です。 基本プランは 500円ですが、ナンバーディスプレイ&キャッチホンなどがついた 光電話A(エース)セットの付加サービスなども選択できます。 通常は、 基本プランの 500円で通話が可能です。 ・『ビッグローブ光テレビ』の料金とサービス内容 <出典:> 光テレビはBS全31チャンネル(有料含む)を視聴できるサービスです。 有料チャンネル視聴の際は 別途契約(有料)が必要となります。 工事費は、利用環境、地域など で変更の場合があります 現在NTTフレッツ光で、フレッツテレビを利用の方はそのまま 『ビッグローブ光テレビ』に引き継ぐことが可能です。 また、『ビッグローブ光』へ転用と同時に、『ビッグローブ光テレビ』にすることはできません。 この場合は、別途工事料金が必要です。 『ネット安心パック』の5つの内容 ネット安心パック 月額980円でビッグローブが提供する、5つのセキュリティ対策のサービス• 「セキュリティセット・プレミアム」• 「インターネットサギウォール」• 「パスワードマネージャー月額版」• 「迷惑メールフォルダオプション」• 「BIGLOBEお助けサポート」 を 5つまとめてお得に利用できるサービスです。 最大2か月無料で、利用できます。 こちらは『ビッグローブ光』と同時の申込みのみとなっており、 『ビッグローブ光』が開通してからの申込はできません。 <出典: > NNコミュニケーションでは、新規契約で• 『ビッグローブ光』公式キャンペーンと同様のプレゼントですが、特典を貰える時期が違います。 公式キャンペーンでは12ヵ月の継続利用が条件となるため、キャッシュバック特典を貰うためには約12ヶ月の期間がかかることに。 その点、 NNコミュニケーションのキャンペーンでは開通後2ヶ月で特典を貰うことが出来るので、早くキャッシュバック特典を貰いたい方にオススメです。 転用の際は、公式ホームページや他社代理店からの申し込みの方がお得です。 ・オプション加入不要。 ・最短2ヵ月後に、確実に特典額が受け取れる。 ・優良代理店として、ユーザーメリットのある特典が用意されている。 ・価格コムでも1万円近くで、高評価のが、もらえる。 ・「2年プラン」「3年プラン」でも加入可能。

次の