尿酸 値 が 高い 原因。 「尿酸値が高い」とあったら?どうすべきか

尿酸値

尿酸 値 が 高い 原因

尿酸値が高い時はこう対処する! 健康診断など、検査結果で「尿酸値が高い」とあったら?どうすべきか、原因や尿酸値について解説しています。 尿酸値が高いと痛風の危険性があります。 まずはホルモン料理は控え目に、高尿酸血症の治療は薬物療法が有効です。 尿酸値が高いと痛風の危険性が 尿酸は細胞内で新陳代謝が行われた結果、最後にできる老廃物の1つです。 尿酸は血液や水に溶けにくいので、血液中に尿酸が増えると、結晶になってからだのあちこちに沈着します。 また、尿の中で結晶になると、尿路結石を作りやすくなります。 尿酸の結晶は針のようにとがっており、関節の中で結晶になると、激痛をおこす「痛風発作」を起こします。 皮膚の下に結晶がたまると、「痛風結節」というこぶを作ります。 それだけではなく、尿酸は腎臓にも沈着しやすく、腎臓の働きを悪くします。 そのため、適切な治療方法のなかった頃には、尿毒症をおこして死につながる病気でもあったのです。 尿酸値ガ高くなる原因 尿酸値が高くなる原因には次のようなことがらが関係しています。 その上、太りすぎの人は大抵の人が食べすぎで、プリン体を多く摂取している人が多いと思われます。 多量の飲酒は、肝臓での尿酸の合成を高めると言われています。 また、飲酒は「痛風発作」を誘発するとも言われています。 禁酒をする必要はありませんが、1日に、日本酒1合(または、ビール1本、ウィスキーダブル1杯)程度にしてください。 激しい運動をすると、筋肉をよく使い、全身の新陳代謝を高めますので、尿酸も多く産生されます。 プロスポーツ選手やそれに近い激しいスポーツをする人は、運動量が多いこととともに、肉類も多く食べる人が多く、高尿酸血症の人が多いと言われています。 成人病の予防のためには運動が必要ですが、尿酸値の高い人は、尿酸値を下げる治療を受けながら運動するようにしてください。 ホルモン料理は控え目に プリンという構造を持っている物質をプリン体と言います。 肝臓や腎臓などの動物の内臓、肉エキス、肉汁、油漬けいわし、「きなこ」などには特に多くのプリン体が含まれています。 そのほか、肉類(獣、鳥、魚)とその加工品(ハム、ソーセージ、ベーコン)、豆類(大豆、あずき)とその加工品(みそ、納豆)にも比較的多くプリン体が含まれています。 動物の内臓を使う「ホルモン料理」や焼肉を食べながらビールを飲む、というのが大好きな人は要注意です。 尿酸値を下げるには 太りすぎている人は、まず、体重を減らしましょう。 そのためには、食事制限が必要です。 特に前記のようなプリン体を多く含む食品は控えた方がよいでしょう。 しかし、断食をしたり、急激な減量は「痛風発作」を誘発することがありますから、時間をかけて減量してください。 また、食事制限だけで減らせる尿酸はわずかだと言われています。 あまり極端な食事制限をする必要はありません。 水分を多目に摂って、尿量が多くなるようにしてください。 尿酸は腎臓から尿とともに排泄されます。 排泄された尿酸が尿中で結晶になって結石になるのを防ぐためにも、尿量を多くすることが大切です。 1日の尿量が2リットル以上になるように、十分に水分を摂りましょう。 しかし、腎臓や心臓に異常のある人は水分を摂り過ぎてはいけない場合が多いので、必ず、主治医と相談してください。 高尿酸血症の治療は薬物療法が有効 現在では、高尿酸血症の治療は薬物療法を行うのが原則です。 治療薬には、尿酸の合成を抑える薬、尿酸の排泄を促進する薬、尿の酸度を変えて結石を作りにくくする薬などがあり、いずれも副作用はほとんどありません。 適切な食事制限は必要ですが、苦痛を伴うような極端な食事療法は不必要です。 適度に食事も楽しみながら治療をしてください。 以前は、「痛風発作」が起こって初めて、高尿酸血症に気付くことが多かったのですが、最近は、健康診断を毎年受けていれば、「痛風発作」を起こさずに治療することが可能になりました。 「痛風発作」が起こったら ある日、激しい痛みで目が覚めます。 多くは、足の親指の付け根が赤く腫れています。 熱を持っていて、ちょっとの動きでも激痛を起こします。 風が吹いても痛むと言われています。 このような痛みを「痛風発作」と言います。 足のほか、手の指、膝など他の関節にも起こることがあります。 「痛風発作」が起こって、治療しなければ普通1~2週間、痛みが続きます。 ときには、歩くこともできません。 「痛風発作」が起これば、必ず、医師にかかりましょう。 単に関節に尿酸の結晶がたまっているだけでなく、強い炎症を起こして痛みや腫れを起こしているのです。 まず、痛みを取り、炎症を抑える薬が必要です。 治療をすれば比較的早く症状は消失します。 しかし、これで終わりではありません。 高尿酸血症は依然として続いています。 痛みはなくなっても、高尿酸血症があれば、知らないうちに腎臓や血管などに尿酸が沈着するのは進行していますので、必ず、尿酸値を下げる治療をしなければいけません。 治療は、原則として、一生必要です。 薬は自己流に飲んではいけません。 必ず、定期的に、検査を受けて、医師の指示に従って治療をしてください。 放置していると、いずれまた、「痛風発作」が起こります。 ストレスも「痛風発作」の原因に 最近はストレスも「痛風発作」の原因になると考えられています。 近年、「痛風発作」が多くなっているのは、食事内容が欧米化し、贅沢になったのが第一の原因でしょうが、現代社会のストレスの多さも関係しているかもしれません。 また、仕事の後に、酒びたりになったり、休日に過激な運動をしすぎるのもよくありません。 休みの日はのんびりと過ごすのも必要なことです。

次の

女性でも痛風になる!?血液検査で尿酸値(UA)が高い時の原因と対策

尿酸 値 が 高い 原因

尿酸値の概要 この項目は、血液中の尿酸(UA の量を調べる検査です。 尿酸は、核酸(DNAやRNA)や生体内のエネルギー物質(ATP)の構成成分であるプリン体の最終代謝産物です。 血液中の尿酸は、腎糸球体でろ過され、尿細管でほとんどが再吸収されますが、一部は尿細管中に分泌されて尿中に排泄されます。 尿酸は、プリン体の生合成や核酸の異化により体内で1日に約700mgつくられています。 これに対して、食事からのプリン体摂取は尿酸にして、300~400mg程度です。 尿酸は、水に溶けにくく、7. そのため、血液中の尿酸がこれ以上に増えると、血液中には溶けることができないため、溶けきれない尿酸が組織へ沈着を起こすようになり、痛風や関節炎などの原因となります。 尿酸が作られるのが多くなったり、腎臓からの排泄が低下することによって血液中の尿酸値が高くなる状態が高尿酸血症です。 高尿酸血症の約20%が尿酸の生成が多くなる尿酸産生過剰型、約60%が腎臓からの排泄が低下する尿酸排泄低下型、約20%が両方をあわせもつ混合型となります。 尿酸値が高い値となる要因 1)遺伝 痛風や高尿酸血症の方のうち、約20%の方が体質などの遺伝的な要因で高値を示すことがあります。 2)食生活 プリン体のほとんどは、体内でつくられますが、食事からの摂取によっても上昇します。 プリン体の摂取と同様に、摂取カロリーも尿酸の上昇と関係があります。 なぜならば、痛風または高尿酸血症の約60%に肥満があり、肥満度が高い程、尿酸値が高い傾向があるからです。 このように、肥満と尿酸値は深い関係があるため、肥満の場合、高値を示す傾向があります。 3)アルコール アルコールは、尿酸の合成を促進し、また作られた尿酸の排泄を抑制する作用があるため、摂取することにより上昇しやすくなります。 4)ストレス ストレスは、一時的に尿酸を上昇させます。 5)病気によるもの 血液が壊される病気や腎機能の低下するような病気がある場合、尿酸値が上昇することがあります。 6)薬剤によるもの 一部の薬剤には尿酸値を上昇させるものがあります。 (一部の利尿薬、喘息薬 など) 各疾患と尿酸値 痛風 尿酸が高い状態(高尿酸血症)が長く続くと(5~10年)、尿酸の結晶が関節部分に析出・沈着して痛風発作を引き起こすようになります。 溶血性貧血、白血病 溶血性貧血、白血病などのように、細胞の破壊が亢進された状態の場合、細胞内の核酸の分解量が増加するため、尿酸の生成量も増加して高い値を示します。 腎不全 尿酸は、腎臓から尿中へ排泄されるため、腎障害がおこると尿中に排泄されにくくなり、血液中の尿酸値は高い値となります。 運動と尿酸値 適度な運動は、肥満改善などにとてもよく、尿酸値を低下させるにはとてもよいことですが、激しい運動は逆効果です。 通常ヒトの体は、運動したり体温を維持するためにエネルギーを必要とします。 このエネルギーにATPと呼ばれる高エネルギーリン酸化合物を使用しますが、使用されるとATPはADPとなります。 ほとんどの場合、このADPはATPに戻ってエネルギーを放出できる状態になります。 しかし、激しい運動をすると、このADPがATPに戻る作業が追いつかず、分解されてプリン体となり、結果的に尿酸へと分解されてしまいます。 生理的変動 性別による変動 男性の方が女性より高い値を示します。 女性の場合、閉経後になると男性の値に近づきます。 これは、女性ホルモン(エストロゲン)によるもので、エストロゲンは尿酸の排泄を促進する働きがあり、閉経によってエストロゲンの分泌が減少すると尿酸値が上昇し、男性の値に近づくようになります。 年齢による変動 小児の方が成人よりも低値を示します。 検査の目的 高尿酸血症・痛風を疑う時やその経過観察のため.

次の

尿酸値を下げるために最も大切なこと|高尿酸血症の怖い合併症|高尿酸血症・痛風|三和化学研究所

尿酸 値 が 高い 原因

尿酸値を上げる因子のひとつ、ストレス。 ストレスが尿酸値を高めることは、すでに多くの医師が認めるところです。 長期間ストレスに苛まれていると尿酸の排出が低下し、尿酸値が高くなると言われています。 従来は、深酒やプリン体を豊富に含む食事こそが尿酸値上昇の主役と考えられてきたのですが、最近はこうした食事由来の尿酸は、かなり少ないことが分かっているようです。 そうした背景もあってか、今では「大食や深酒よりも、ストレスの方が尿酸値に与える影響が大きい」と説く医師もいるほどなのです。 この説によると、尿酸値を上げる1番の原因はストレスで、その後に「肥満」、「深酒」、「激しい運動」が続き、「プリン体の過剰摂取」は5番目です。 尿酸値が高い方には何よりもストレスの解消、すなわち悩み事を解決したり、趣味やリフレッシュの時間を設けたりすることが勧められる訳ですね。 実際にストレスをゼロにすることはなかなか困難ですから、こまめにストレスを発散していくことが大切です。 ただ、この場合ちょっと難しいのが、「精神的高揚も尿酸値アップにつながる」という点です。 実は、楽しいことや嬉しいことに接する際の高揚感も、尿酸値を上げてしまうという研究報告があるのです。 なんでもゴルフのコンペの前後に参加者の尿酸値を測定したところ、コンペ前日から尿酸値が上がっている人が多く居たのだとか。 楽しみを前にした、良い意味での精神的緊張は通常はストレスとは呼びませんが、これもある意味ではストレスの部類に入るのかもしれませんね。

次の