海外 に 行ける 仕事。 海外にしょっちゅう行ける仕事

しょっちゅう海外旅行に行く人は仕事何してるの?

海外 に 行ける 仕事

ワーホリでいける国といえば、 カナダ・オーストラリア・イギリスの3ヶ国が定番中の定番。 この3ヶ国のどれかを選ぶ人がとても多いです。 僕が2年半前に留学する時は、この3つしかないと思ってました。 なんという無知.. ほら、韓国とかフランスとか。 海外で働きたい人は 英語も学びたいという思いから、どうもワーホリには英語圏の国しか選択肢にない人が多いみたいです。 そんな方々に「 英語圏以外の国もアリかもしれませんよ〜」ってことを提案するために、 意外と知られていないワーホリで行ける国5つを今回はご紹介します。 ノルウェー 2013年2月、ノルウェーにもワーキングホリデー制度が適用されました。 ノルウェーといえばヨーロッパの北部にあるフィヨルドで有名な国。 職場はゆったりとしていて、せかせか忙しく働く日本企業とはぜんぜん違う雰囲気だとのこと。 バケーションを多くとり、 家族との時間を何よりも最優先するのが、ノルウェーをはじめとするヨーロッパ各国企業の考え方です。 仕事状況ですが、特に 夏場は多くのノルウェー人が長い休暇をとるため、ホテルや飲食業で人がとても必要になるとのこと。 公用語はノルウェー語ですが、英語を話せる人がほとんどなので大丈夫。 世界遺産が多く、観光地としても人気のノルウェー。 以前テレビで特集されていましたが、 エコ先進国として街にゴミはほとんどなく歴史感じる建物にキレイな外観が多いのが印象的でした。 デンマークでは物価が異常に高いことから ワーホリ参加者が毎年わりと少なめだそうです。 所得税は39%、 消費税はなんと25%!  ̄O ̄; …ハ、ハンパねぇ… 主要都市に日本食レストラン、日系企業がほとんどないため、日本人ワーホリ者の働ける場所が限られているのも少ない理由の1つ。 また、他のワーホリ国と比べ ネット上でワーホリ情報が少ないため未知の国といえるかもしれません。 でも、個人的にはそれこそが 最大のメリットだと思います。 みんなが行かないような国、情報が少ない国だからこそワクワクして、 より冒険できそうな気がしませんかね? アイルランド 国土のほとんどが牧草地。 エメラルドの島と呼ばれているアイルランド。 自然が豊かな国で のんびりとした田舎暮らしを堪能したい方にはおすすめです。 アイルランド人の英語は 独特のなまりをもち、聴き取りづらいことで有名です。 そのためコミュニケーションは難しそうです。 また、デンマークと同じくアイルランドも仕事を見つけるのは大変だそうです。 高い英語力と専門技術は必須となるかもしれません。 しかしアイルランドも行く 日本人が少ないワーホリ国の1つ。 だからこそ僕はアイルランドもおすすめです! ドイツ 知ってました?実はドイツもワーホリで行けるんですよー! 数多くの日本人選手が移籍し、 サッカーでとても盛り上がっているドイツ。 古いお城や宮殿がたくさんあり、美しい街並みが有名です。 仕事の需要はある程度ありそうですが、一番のネックは ドイツ語ですかね? 僕は大学のとき習いましたが、発音がめちゃめちゃ難しくて話すことさえできませんでした。。 治安が良く、物価も安いので観光客が多いのはご存知の通り。 日本のファッション・テレビが流行っている台湾では 親日家が多いので、仲良くできそうな人が多いでしょう。 日本ではビジネス市場として中国に進出している企業は多いことから、 中国語を学びたい人は増えています。 食べ物がおいしく、親日家が多い台湾で中国語を学ぶのもいいかもしれませんね! 香港 ジャッキーチェンで有名な香港もワーホリで行けるんです。 イギリスの植民地時代からの移民が多く、 いろいろな人種がいるのが特徴の1つ。 そのため特にビジネスでは広東語よりも 英語が重視されるそうです。 日中関係の影響から日本人観光客、ワーホリで行く人が一時期激減したそうですが、最近は徐々に増えてきたとのこと。 高層ビルが立ち並び発展し続ける香港では日本企業も数多く進出しており、仕事の需要もありそうです。 気をつけてほしいのは、香港のワーホリは1年間の滞在中に同じ雇用主の元で 3ヶ月間までしか働いてはいけないということ。 1人も日本人がいないというのが理想的。 留学・ワーホリする人の意外と多い悩みが、 「日本人が多すぎて英語が勉強できない」ということ。 実際、僕が住んでいたカナダではめちゃめちゃたくさんの日本人がいて、「 あれ?ここって日本だっけ? ・ ・? 」とさえ思いました。 そんな状況ですから、自然と話しやすい日本人とつるむようになり、英語を全く使わずとも生活できる環境。 せっかく海外に来たのに、 「英語環境」とは程遠い状況でした。。 しかし、 本当に「英語環境」を望むならば、絶対に日本人が少ないところの方がいい!自分に甘い人ならなおさらそうです。 今回ご紹介した5ヶ国 (ノルウェー、デンマーク、アイルランド、ドイツ、香港、台湾)はワーホリでいく国としてまだポピュラーじゃない分、日本人はまだまだ少ないはずです。 ぜひとも選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか? 海外で成長するためには、ただ単に「海外に行った」だけでは全く意味がありません。 『誰にも頼れない環境』が人を強くするんです! ワーホリでどこ行こうか迷っている方〜! 日本人ばっかりの「安心ぬるま湯の場所」ではなく、あえて 誰にも頼れない厳しい場所を選んでみてはどうでしょう? Advertising.

次の

会社員が海外に行ける仕事ランキング【業界/職種】

海外 に 行ける 仕事

海外で働いてみたい人は多いと思います。 特に「世界一住みやすい街」と言われるバンクーバーは日本人にも大人気。 毎年多くの人が留学やワーホリでやってきます。 彼らの中には軽々に仕事をゲットしてしまう方も大勢います。 日本ですごい実績 or 経験)、現地でのコネクション、何か特別な技術(IT,第二か国語,etc)を持っている人であれば、カナダで就職するのにそこまで苦労はしないと思います。 日本での実績なし、コネなし、特別な技術なし、恋人なし、お笑いセンスなし、ナイナイずくしの僕はめちゃめちゃ苦労しました! 帰国2ヶ月前に好きな人ができたために、現地就職を決意した僕。 でもまさか本当に就職できるだなんて、僕の家族は予想だにしてなかったみたいです。 特に僕のアニキは未だに信じてくれません… 「 お前が仕事ゲットできるほど、カナダは甘くないだろ。 実際僕は周囲の人にとても恵まれました。 のび太のような僕を雇ってくれたの会社には感謝の気持ちでいっぱいです。 でも、運だけじゃないと思うんですよ!何も取り柄がない奴なりに僕も努力しました!今回は、なんの取り柄もなかった僕がカナダで就職するための道のりを聞いてやってくださいな。 「 のび太ができたなら、オレにもできそう!私にもできる!」って自信をもってくれたらうれしいです。 How could even Nobita who has nothing special get a job in Canada? 送ったレジュメ、かけた電話、全部拒否… 好きな人ができ、カナダでの就職を決意。 それまで日本に帰るつもりだった僕は慌てて就職活動を開始しました。 早速レジュメを書いて、バンクーバーのいろいろな会社に送りました。 しかし返事は一切なし…. Good-Bye! 」と誰1人まともに対応してくれませんでした… ならば!と思い、いくつかの会社に直接レジュメを手渡しに行きました。 「 Oh, thank you for coming!We appreciate it. 返事もくれねぇのかよ! ToT ) かなりの数の会社にレジュメを送りましたが、僕は一次面接にさえたどり着けませんでした。 カナダに限らずどこの国でも「 外国人より現地の人雇う」という方針は変わりません。 企業が外国人を雇うためには「現地の人ではなく、その人じゃなきゃいけない理由」がなければなりません。 特別なスキルだけじゃなく、例えば、日本へ向けたサービス展開、日本人顧客へのビジネス,etc「絶対あなたを雇わなきゃいけない」ってものがなければなりません。 日本で2年10ヶ月間、某製造業で働いていただけ(特別な実績なし)、日本語なまりの英語がちょっと話せる外国人の僕を雇ってくれる、超寛大な企業がカナダにあるはずありませんでした… インターンシップ 「 どうすりゃいいかな〜?」 ルームメイトに相談したところ、 インターンシップをすることを勧められました。 カナダでは、学校卒業後、インターン(研修生)として数ヶ月間就業経験を積み、その後、やっと就職するケースがほとんどです。 就職するには即戦力、すぐ使えるやつにならなければなりません。 僕は正直インターンシップなんてしたくなかったです。 「 こんな超カツカツの生活しててお金ないのに、無給で働くなんてまっぴらゴメンだよ!」って思ってました。 でも、ふと立ち止まって現状を見たときに、 「 おい、のび太。 お前そんなこと言える立場か?」 って声がすぐに聞こえました。 バンクーバーでインターンシッププログラムを提供している学校は多くありましたが、生活費が超カツカツの僕にそんな費用を捻出できるわけありません。 自力で探すしかありませんでした。 そんなある日、たまたま現地で出会った方の会社でインターンさせていただくことになりました。 まさに運命の出会いでしたね。 スキルを身につけるための投資 なんとかインターン先を見つけ出した僕。 でも、安心するのは百年早い。 インターン後に僕を雇うという保証は全くありませんでした。 インターン後に働かせてもらえるケースはたしかにありますが、もちろんそうでないケースも多いです。 たぶん最初、事業主の方には僕を雇う気など微塵もなかったと思いますよ。 ホント、何一つ取り柄ナッシィングでしたから、僕は.. 就職を勝ち取るためにはインターン中に、 会社にとって必要な存在にならなければなりません。 何か成果を残さなければ雇われることなどできず、無給で働いた日々がムダに終わってしまう…当時はかなり大きなプレッシャーを感じてましたね。 そしてインターン初日。 まず言われたのが、 「 こんなオンボロパソコンじゃなんも教えられないよ!」 僕がそれまで使っていたPCは3年前に中古で買った東芝の超古いラップトップ。 重くて持ち運び不便、機能もすごく遅れていました。 そこで僕はすぐに、底が尽きそうな銀行口座からお金を引き出し、あらゆるパソコンの中で最高峰と言われる「 Mac book Air」を買いに行きました。 これは痛かったー ToT! でも ITに精通している人からから ITを教わりたかったら、それなりのツールを揃えなきゃいけない!と思い、買っちゃいました。 経済状況はかなり苦しくなりましたが、このとき最先端のパソコンを買ったおかげでそのあと業務をしていく時にとても助かりました。 Macってホント便利な機能多いです!僕はもうWindowsに戻れないっす。 そこで、もっとWebに強くなろう!と思い、・セナさんのWebレッスンを受けました(1週間に1回を2ヶ月間)。 とてもお忙しい中、貴重なお時間をいただいていたので、もちろんお金を払って。 まともなメシを食う金がないのに、後先考えずに行動してしまったものです。 これによってカツカツだった生活が、さらに超 カッツカッツになりました。 よって、 の記事にかいてあるようなことをすることになったわけです。 でも、泣けなしの貯金を払ってWebレッスンを受けた甲斐はありましたね!セナさんは凄腕のウェブデザイナーだったので、貴重なノウハウを学ぶことができました。 これからお金を貯めて、またセナさんにレッスンを受けたいなぁ〜なんて思ってます。 あの人の技術はマジでヤバいっすよ! 何かを学ぶなら、やっぱり 上達者から教わるのが一番です。 見えてきた強み インターンの間、プロのウェブデザイナーさんによるレッスンを通して、Webに関してだけは、 会社の中で徐々に自分の強みになっていきました。 その他、営業力、英語力、文章力などは会社の中で僕はダントツ最下位です。 WordPressや Photoshop、 Dreamweaverといったソフトウェア、さらにSEOやWebマーケティングについても徹夜で勉強しました。 つまり、少しは 誰かに頼られる存在になっていったということです(そう信じているのですが…)。 これはとても大事なことです。 まだまだ自分のレベルは初級の初級です。 だからこそ、これからもっともっと勉強を頑張ってより高みを目指したいと思います。 さもなければ自分の居場所はない!という強い危機感が僕にはあります。 お金(利益)を生み出す Webに関して、会社に頼られる存在になったとはいえ、それが会社にとってお金、 利益を生み出さなければ何の意味もありません。 この技術を生かして、「 飲食店や小売店などのホームページを作るというサービス」で会社に利益を作り出せる! バンクーバーにはたくさんのレストラン、お花屋さんなどがありますが、Webサイトをもってないところは多いです。 そして徐々にですが、会社に利益を生み出せるようになっていったと思います。 いや、すいません!正直まだまだ「お金を生み出す」ということに関して、僕の貢献度は超ひくいっすね ToT。 だからこそ僕は、これからもっと努力しなければなりません!会社の利益のために、もっと自分にできることがあるはず! のび太のような僕を雇ってくださっている方に少しでも恩返しができるように、これからもっと頑張らなきゃいけません。 現地で働くために、結局一番重要なのは… カナダで働くために一番重要なことはなんでしょうか? 日本での実績?何か特別な技術?流暢な英語力? 僕は モチベーションが一番重要だとおもいます。 絶対にカナダで働きたいというモチベーション。 そんな思いがとてつもないモチベーションを生み出しました。 これが例えば、ただ単に「カナダって日本よりちょっと住みやすいから」みたいな動機だったら、僕は絶対に途中で逃げ出していたと思います。 貧乏生活に耐え切れず、すぐに日本に帰っていたでしょう。 いや〜、恋の力はホントすごい!その人のためなら、なんだってできそうな気がするんですよ。 もう僕はメロメロっす! 少しでも好きな人のお役に立つために、同じ国に居続けるためには仕事が絶対に必要!だから僕は もっと成長しなければなりません! みなさん、ぜひとも応援よろしくお願い致しまーす!!.

次の

海外で働くチャンスが多い業界10選【実体験つき】│Work Life Chaos

海外 に 行ける 仕事

こんにちは、世界のヘイショーです。 ところで皆さん、日本人が海外移住で仕事や就職、転職を考える際に一番重要なことは何だと思いますか?? おそらく10人中9人の人はこう答えると思います。 「 職種」です。 ただし職種というのは海外就職に留まらず、 人生においてもっとも重要なテーマと言えるかもしれません。 なぜかと言うと、 職種さえ決まればあとは進むだけ。 具体的に言うと、 に登録してオファーを待つだけで人生かなり楽になりますからね。 The only way to do great work is to love what you do. (いい仕事をする秘訣は、自分の仕事を愛することさ) — by Steve Jobs• 海外、国内ともに需要が多く、一度経験を積めば求人はいくらでもある(2017年現在)• 日本人の多い街では「日本語Webサイト制作」の需要がある程度有るので、求人は必ずある• フリーランスとして活躍することも可能• 対人が主になる仕事ではないので、そこまで高い英語力は求められない• 海外では高度な専門職として知られているため、人からの印象はとても良い• 「英語が出来る+Webが作れる」人材はとても貴重なため、とにかく就職に強い おすすめはWebマスターかWebディベロッパー ここでは4つの職種を挙げていますが、おすすめはこの二つ。 Webマスターは一つのWebサイトを一人で運用する人のこと、Webディベロッパーは日本で言うフロントエンドみたいな感じです。 この2つはデザイン〜コーディング、多少のデジタルマーケティングの能力も要求されるため、比較的お給料も高めだし、会社の中でもいろんな場面で活躍できます。 年収例 Web系の仕事はレンジが広いので、どの分野を主戦場にするかで年収が大幅に変わってきます。 例えばと言うサイトから調べたアメリカの各Web系職種の平均年収は以下の通り。 噂ではサンフランシスコのシリコンバレーではという話を聞いたことがあります。 この職種は上記のWeb Developer以上に需要と供給のバランスが取れていないので、海外就職だけではなく永住権取得などにも有利です。 私が勤めていたハワイの会社でも常に募集していますので、就職には絶対的に有利になると思います。 日本の経験があればなお良し この職種に限ってはデジタルマーケティングやWebデザインのように、日本語のプロダクトを作るという話ではないので、ガチの技術勝負になります。 なので日本のブラック企業での就業経験があると圧倒的に有利になるのではと思われます。 ちなみに以下の本に海外でソフトウェアエンジニアとして働いている方の経験談が載っています。 この方の話では、アマゾン〜グーグルなどの世界的企業を転々と渡り歩いているそうです。 私がもし高校生に戻れるとしたらこの道を目指すかもしれません。 アメリカでの年収例 Payscaleから調べた各年収は以下の通り• ちなみに日本で年収例はこんな感じ。 ソフトウェア・エンジニア … 平均465万円(レンジ:119万 — 925万) 参考: 日本のブラック企業で働いているエンジニアの方はここを目指してみてはいかがでしょうか。 寿司職人(シェフ) 私がオーストラリアに住んでいた時は、寿司屋さんのアルバイト募集がとても多くて驚きました。 寿司屋は世界中で人気ですが、海外在住の日本人が少ないので供給が全く足りていない状況です。 なので日本人のあまりいない田舎町では韓国や中国の方々が寿司職人として働いているくらい。 やはり 「日本人が握る寿司」というのは希少価値が出ますので、どこのお寿司屋さんも日本人を雇うことに対しては積極的です。 寿司職人が人気の都市 私が現在分かっている情報では、オーストラリア、シンガポールでは間違いなく食いっぱぐれば無いと思われます。 友人の話ではニューヨークではかなり高給とのこと。 他に住んだことのある国で言えば、フィリピンとハワイではそれほど人気では無かったと思います。 おそらく寿司職人が活躍できる場所としては、物価が高くて日本人があまりいない都市になると思います。 年収例 アメリカのglassdoorというサイトで調べてみました。 ロサンゼルスの寿司シェフの年収例はこちら• 美容師 私の友人が美容師として過去にタイとニューヨーク、現在はハワイで働いているのでいろいろと話は聞いているのですが、美容師も海外就職に有利な職種であると言えそうです。 日本では美容師の数が増えすぎていてレッドオーシャンと化してきているのですが、海外ではまだまだ美容師の供給が追いついていないとのこと。 ちなみに海外では「男性の美容師はゲイが多い」と言われていて、男性の美容師さんをほとんど見かけません。 逆を取ると男性の美容師さんは海外では希少価値があると言えます。 海外在住の日本人は日本人美容師にしか切ってもらわない 日本人の髪型のセンスは世界的に見ても独特なので、外国人の美容師さんに切ってもらうと「なんじゃこりゃ」というような髪型にされることが多いです。 そんな理由もあってか、海外在住の日本人の多くは日本人美容師さんのところで切ってもらいます。 と言うことは、海外で美容師として活躍したい方は日本人の多い街に行けば活躍の場が確実にあるということですね。 年収例 アメリカのPayscaleで調べたデータはこちら。 ローカルの美容院は単価かなり安いです。 日本人が務めるとしたら大体ハイエンドの美容院になると思うので、平均以上は稼げると思います。 ちなみに私の友人は独立して大忙しだそうなので、この職種は将来的には独立を考えた方が良いのかもしれません。 翻訳家 現在はWebメディア業界の盛り上がりによって翻訳家の需要も増えていると思います。 ただし翻訳家を目指した多くの友人の状況を見てみると、多くの人は挫折してしまいました。 海外在住の英語堪能な方が副業、もしくは主婦の方がアルバイトで行っている場合が多いです。 受注先はお得意さん、もしくはなど。 海外の仕事では何かと翻訳が絡んでくることが多いですが、翻訳のみを専業にして就職したり労働ビザを取得したりするのは現状難しいかもしれません。 自動車整備士 なぜか分かりませんが海外(オーストラリアやハワイなど)で以外と求人が多いのがこの職種。 ビザや永住権も取りやすいらしいです。 ただガソリンの自動車と電気自動車の整備は全くノウハウが異なるらしく、ガソリンの自動車の整備士さんの方は将来性がある職種かどうかは判断が難しいところです。 カスタマーサービス シンガポールやフィリピンではよく求人を見かけました。 仕事内容は日本人のお客さん相手に電話でサポートするような感じ。 なぜ海外(特にアジア)でこの求人が多いのかというと、単純にアジア在住の日本人の方が人件費が安いからです。 カスタマーサービスのマネージャー的なポジションを目指すのであれば良いと思いますが、それ以外であればあまりキャリアを築けない職種の一つかもしれません。 日本語教師 これは完全に日本人にしか出来ない職種なので、海外就職には有利です。 仕事にしなくとも日本語を習いたい外国人はいっぱいいるので、このスキルを持っていれば海外在住時に何かと役に立ってくれると思います。 で日本語教師コースがあるので、仕事を辞めて海外生活を考えている人には良いと思います。 最後に とりあえず今思い浮かぶものを挙げてみましたが、今後はもう少し知り合いの実体験などを深く掘り下げて追記していきたいと思います。 今回の記事ではIT系を強く推しているような感じになってしまいましたが、基本的なコンセプトは以下の通り。 需要がある• 好きな仕事• 専門職であれば尚よし 自分の天職を見つければ、あとは頑張るだけ。 あと転職回数を重ねても職種が同じであれば「キャリアを積み上げている」と受け取られるので、職種を選ぶ際は慎重に検討した方が良いと思われます。 皆さんの天職が見つかることを願っております。 すでに自分の専門分野が決まっている人は、に登録して海外の求人情報を定期的に送ってもらえるようにしてみてください。 ご精読ありがとうございました!.

次の