ラインモバイル ビデオ通話。 【LINE】ビデオ通話(テレビ電話)のやり方|顔を見合って会話しよう!

【検証】LINEモバイルはFaceTimeの音声通話やビデオ通話が使える

ラインモバイル ビデオ通話

パソコンでLINEを利用する PC版のLINEアプリをインストールすれば、パソコン上でもLINEを利用することができます。 スマホで利用しているLINEアカウントと連携できるため、自分のプロフィールや友だち・グループの登録内容、ノート・アルバムなども引き継ぐことができます。 また、パワーポイントやエクセルといったファイルの送受信も簡単に行えます。 パソコン版LINEの詳細やインストール方法はを参照してください。 【TIPS】文字の書式を変更しよう 決まった記号で対象の文字を囲むことで、送信する文字の書式を変更することができます。 グループ通話の利用方法はを参照してください。 【TIPS】顔を隠したい時はエフェクトを使用しよう 自宅から会議に参加するのですっぴんを隠したい... 寝起きの状態を隠したい...。 そんな時はエフェクト機能を使って顔を隠しながらビデオ通話をすることができます。 OpenChatで個別のグループを作る 個人のLINEアカウントを知られたくない...。 そんな時はトークルームごとにプロフィール設定を変更できる「OpenChat(オープンチャット)」の活用がおすすめです。 また、参加メンバーの上限数も設定可能です。 OpenChatの作成方法や詳細についてはを参照してください。 ノートに議事録を残す 長文でのやりとりや、後から確認する必要がある情報はノート機能を活用すると大変便利です。 後からグループに参加したメンバーもノートを閲覧できるため、過去のログを残しておく場としても有効です。 また、ノート内でメンションされたメンバー、テキスト、ハッシュタグなどは検索できるため、後からの振り返りも便利です。 ノートの作成方法はを参照してください。 Keepにデータを保存する 無料で利用できるオンラインストレージ機能である「Keep」を利用すれば、後でチェックしたい大事なファイルやテキストなどを保存しておくことできます。 また、他のチャットやグループにもKeepに保存したファイルをそのまま転送することができるため、複数のチャットでやり取りをする際にも便利です。 対象のファイルを長押し後、[Keep]をタップし保存します• アナウンス機能でメッセージをピン留めする グループ全体に周知したいトークやメモなどは「アナウンス機能」を使ってトーク画面の上部にピン留めしておくことができます。 メンバーの誰かがアナウンス設定すると、グループメンバー全員のトーク画面に反映されます。 アナウンス機能の利用方法はを参照してください。 メンション・リプライ機能で会話を快適に 複数のメンバーで会話をしていて様々な議題が飛び交う場合は、「リプライ機能」「メンション機能」がおすすめです。 リプライ機能を使えば、返信先を指定して返信することが可能に。 メンション機能を使えば特定のメンバーを指定して会話することができます。 メンション機能の利用方法はを、リプライ機能の利用方法はを参照してください。 シェアされたファイルやリンクを一覧表示する トーク・グループでシェアされたファイルやリンクを振り返りたい時は、一覧表示で確認すると便利です。 いかがでしたでしょうか? オンラインでも円滑にコミュニケーションを取るため、ぜひこれらのTIPSをお試しください。 LINEでできる、コロナウイルス対策 新型コロナウイルスによる皆さまの生活のなかの不便を解消できるように、LINEでも様々な施策をしています。 不安や悩みを医師に直接相談したり、コロナウイルスの最新情報を知ることができたり、LINEでできることを以下のページでご案内しています。 自治体や省庁の公式アカウント お住まいの地域に応じた自治体アカウントに登録しアンケートに答えていただくと、その結果をもとに健康状態にあわせた情報提供や適切な行動のサポートが受けられます。 また、各省庁のアカウントでは新型コロナウイルスの発生状況などの最新情報も配信しています。 コロナ対策に役立つ、LINEの便利な使い方 オンライン飲み会や休校時に活用できるLINEの使い方などもご紹介していますので、ぜひご覧ください。 UPDATE 2020.

次の

LINEモバイルはビデオ通話も無料でカウントフリー!ラインの機能は使い放題

ラインモバイル ビデオ通話

LINEモバイルは格安SIMで唯一 LINEアプリでのデータ通信が使用したデータ通信量としてカウントされないカウントフリーを採用している格安SIMです。 結論から先に書くとLINEモバイルはカウントフリー機能がある格安SIMなので LINEの音声通話やビデオ通話も 完全無料で使い放題です。 何時間使ってもデータ通信量として一切カウントされないので何時間音声通話をしてもビデオ通話をしてもデータ通信量の消費は一切ありません。 当月のデータ通信量を使い切って200kbpsに通信速度を制限されている状態でもLINEモバイルは「」が適用されるためLINEアプリでの音声通話やビデオ通話は速度制限がされないので快適に利用することができます。 LINEモバイルはLINEの音声通話やビデオ通話が無料で使い放題 LINEモバイルは格安SIMで唯一カウントフリー機能がある格安SIMです。 LINEでのメッセージのやり取りや画像や動画の送受信、無料通話やビデオ通話すべて完全無料で利用できます。 何時間使っても使用したデータ量として一切カウントされません。 「LINE」の利用におけるカウントフリーの対象• テキスト及び音声メッセージの送受信• スタンプ、画像、動画・その他ファイルの送受信• 無料通話、ビデオ通話 「LINE」のタイムライン• 画面閲覧、投稿 画像、動画含む 「LINE」のその他の通信• スタンプ、着せ替えのダウンロード• アカウント設定に関わるご利用• 友だち一覧画面の表示、友だち追加 月額500円だけのLINEフリープランでもLINEが使い放題 LINEモバイルの格安SIMには月額500円だけで利用できるLINEフリープランがありますが、こちらのプランでもカウントフリーが適用されるので LINEアプリでの通信はすべて無料で使い放題です。 この 月額500円という料金は格安SIMで最安値クラスの月額料金です。 通信速度も速く月額料金が安いのでLINEモバイルの格安SIMに乗り換える人が爆発的に増えています。 またLINEアプリでもグループ通話が利用できます。 LINEアプリでのグループ通話はなにオプションを契約したりしなくても最初から利用できます。 LINEモバイルのグループ通話や三者通話の詳細は下記の記事で詳しくまとめましたので参考にしてみて下さい。 LINEモバイルはテザリングをしてもカウントフリーが適用される LINEモバイルは 最初からテザリングが無料で使い放題の格安SIMです。 そのためLINEモバイルのSIMカードを挿しているスマホやタブレットをWiFiルーターとして使うことで他のスマホやタブレット、iPhoneやiPad、パソコン(PC やゲーム機などWiFiに対応している機器であればなんでもLINEモバイルのテザリングを使ってインターネットに接続することができます。 LINEモバイルは テザリングをした先の端末でLINEの通信をしてもカウントフリーが適用されます。 またコミュニケーションプランを契約したいた場合はLINEに加えTwiteer、Facebook、インスタグラムの通信もカウントフリーの対象になるため無料で使い放題になります。 LINEモバイルのプラン別カウントフリーの対象まとめ LINEモバイルにはLINEフリープランとコミュニケーションフリープランの2つのプランが用意されています。 LINEフリープランはLINEアプリでのすべての通信がカウントフリーの対象なり、 コミュニケーションフリープランはLINEアプリに加え、Twitter、Facebook、インスタグラムの通信もカウントフリーの対象となります。 LINEフリープラン: LINEアプリのすべての通信がカウントフリーの対象• コミュニケーションフリープラン: LINEアプリのすべての通信、Twitter、Facebook、インスタグラムの通信がカウントフリーの対象 LINEモバイルはSMSオプション不要で500円だけで利用できる LINEモバイルの格安SIMが選ばれている大きな理由としてSMSオプションを契約しなくてもLINEが利用できる唯一の格安SIMだからです。 LINEモバイル以外の格安SIMはLINEを利用する場合はSMS認証が必要なのでSMSオプションの契約が必要になります。 このSMSオプションは月額120円〜150円かかるためもったいない出費です。 LINEモバイルの格安SIMはLINEを利用する場合でもSMS認証なしでLINEを利用することができます。 そのため月額500円だけでのSMS契約不要でLINEが利用できます。 格安SIMを使う時はできるだけ月額料金を抑えたいと思うのが通常だと思います。 しかし月額料金の安いプランを選んで節約してもSMSオプションが必要となると無駄な月額料金がかかってしまいます。 LINEモバイルはLINEアプリを提供しているLINE株式会社とLINEモバイルを提供しているLINEモバイルの会社がグループ会社のため契約時の年齢情報を使ってSMS認証を使わなくても本人確認と年齢認証ができるようになっています。

次の

【必見】LINEの音声通話やビデオ通話は無料で使えますか? |LINEモバイルFAN

ラインモバイル ビデオ通話

カウントフリー機能とは? まず、カウントフリー機能ってのが何か復習しときましょう。 カウントフリー機能とは、各プランごとで 対象の アプリ・webページが使い放題になる機能です。 対象のアプリやwebページを使ってるときは、データ容量が減りませんし、200kbpsの通信速度制限がかかってても、高速で使えます。 とっても便利ですね。 注意点は、対象のアプリ、webページがプランごとで違うってことです。 各プランの対象アプリ、webページはこちら。 LINEフリープラン:LINE コミュニケーションフリープラン:LINE、Twitter、Facebook、Instagram MUSIC+プラン:LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC になってます。 さらにいいところは、 テザリングしてても対象になってる機能は無料で使い放題です。 ってことで、カウントフリー機能は使いこなせば最強な機能です。 しっかり詳細をチェックしときましょう。 その結果! 無料通話とビデオ通話も 対象になってます。 無料で使い放題です。 詳しいことは、から引用してきました。 ってことで、ほとんどの機能が使えます。 画像や動画の送受信もつかえちゃいます。 逆にLIINEで、カウントフリー機能として使えない機能って何なんでしょう?調べてみました。 なんだか使えないものが3つあるみたいです。 使ってないなら関係なしです。 つまり、簡単にまとめると カウントフリー :LINEのアプリ カウントフリー対象外:LINEのアプリ以外 ってことですね。 これなら簡単です。 当然っちゃ当然ですけど、ココわかりづらいですよね。 ってことで、カウントフリー機能が適応されるのは、対象アプリだけってことです。 名前が似てる他のアプリは適用されませんので、注意してくださいね。 下の画像はから引用してます。 Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICは、アプリ内のもの全てが使えます。 逆にLIINEで、カウントフリー機能として使えない機能って何なんでしょう?こっちも調べてみました。 やっぱりこっちのアプリ・webページもLINEと同じように対象のアプリ、webページ内だけでできることが対象みたいです。 つまり、簡単にまとめると カウントフリー :Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICのアプリ カウントフリー対象外:Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICのアプリ以外 ってことですね。 Facebookは、Messengerが対象外なんで注意が必要ですよ。 ・LINEなどのカウントフリーは、 公式アプリだけしか対象になりません。 似たようなアプリに注意しましょう。 ・ 外部サイトの埋め込み動画は、カウントフリー対象にならない!youtubeなどの外部リンクが埋め込まれてたらカウントされます。 ・カウントフリー機能を、 馬鹿みたいに使い過ぎたら通信制限がかかります。 普通の使い方してたら大丈夫だとおもいますが、悪質な使用をした場合は制限されるんで危ないことはだめですよ。 ってことで、注意事項が少しあるんで、詳細をしっかりチェックです。 その方法とは、 キャンペーンを併用して契約することです!! この方法でキャンペーンを適用すると最大20,520円もお得になります。 この方法が間違いなく最安値です。 だって、使えるキャンペーン全てを併用してますからね。 やり方をサクッと説明しときます。 1, 3ヶ月間基本料金無料を使って「MUSIC+プラン10GB」を契約 2, MUSIC+プランに入って、利用特典30日間無料チケットをもらう こうすれば、普通に契約するよりも20,520円以上お得に使えちゃいますよ〜。 その結果、 無料通話・ビデオ通話もカウントフリー機能の対象で使い放題です。 簡単に範囲をまとめると カウントフリー :LINEのアプリ カウントフリー対象外:LINEのアプリ以外 ってことですね。 外部リンクの動画が勝手に再生されてたりすると、対象外なんで注意してくださいね。 以上、カウントフリーの詳細でした。 最後に! いまらなLINEモバイルはお得なキャンペーン中です!コミュニケーションプランに申し込むと、3ヶ月間毎月3GBのデータ容量ばもらえます!さらに、キャンペーンを併用すると、最大20,520円分もお得に契約できるんです。

次の