危険物乙4 合格率。 【危険物取扱者 乙種4類】独学で合格する勉強方法とポイント|文系必見

【2019年版】危険物乙4の難易度・合格率を「過去5年分」調査した結果は?

危険物乙4 合格率

危険物取扱者試験の合格率の推移 年度 甲種 1 類 2 類 3 類 4 類 5 類 6 類 平成25年度 33. 合格率の数値だけを見た場合の難易度は「ふつう ~ 易しい」レベルです。 しかし、甲種は一定の要件を満たさなければ受験できないため、難易度については合格率の数値だけではなく受験者のレベルが一定以上であることを考慮して判断しなければなりません。 甲種の受験要件は「学歴要件」、「単位修得要件」、「実務経験」、「所定の 4 種類の乙種危険物取扱者免状の交付を受けていること」などがあります。 乙種 1 類 または 6 類• 乙種 2 類 または 4 類• 乙種 3 類• 乙種 5 類 「大学等で化学について学んだ人」、「化学に関する仕事をしている人」、「乙種免状を4種類以上取得している人」が受験して合格率が30%~40%ということは、決して簡単では無いが難関というほどでも無い、つまり「やや難しい ~ ふつう」くらいであると考えるのが妥当でしょう。 乙種の難易度 乙種4類以外の乙種の合格率は60%~70%という非常に高い合格率で推移しており、 難易度は「非常に易しい」レベルです。 学歴や専門分野など関係なく、誰でも簡単に取得できるでしょう。 乙種4類の合格率は他の乙種より低く30%~40%で推移しています。 平成 25 年以降の平均合格率は 33. 3 %です。 合格率だけを見た場合、乙種4類の難易度は他の乙種より高く甲種レベルであるかのように見えますが、 試験の実際の難易度は他の乙種より若干難しい程度なので「易しい」レベルでしょう。 ではなぜ乙種4類だけ他の乙種より合格率が低いのか、その理由を解説します。 乙種4類だけ合格率が低い理由 乙種4類だけ合格率が低い理由は 2 つあります。 他の乙種より覚えることが多いから• 受験者数が他の乙種に比べて圧倒的に多いから まず 1 つ目の理由について説明します。 純粋に試験の難易度が他の乙種より高いというのは事実ですが、合格率が半分以下になるほど難易度に差があるわけではありません。 以下の表は平成 30 年度の危険物取扱者試験の受験者のデータです。 年度 区分 甲種 乙種 1類 2類 3類 4類 5類 6類 H 30 年度 申請者 12,389 6,629 6,555 7,218 138,555 7,383 7,533 受験者 10,695 6,391 6,356 6,949 123,399 7,143 7,339 合格者 4,219 4,247 4,404 4,829 48,519 4,742 4,670 合格率 39. 4 66. 5 69. 3 69. 5 39. 3 66. 4 63. 6 乙種4類は他の乙種と比較して約 20 倍もの人が受験していることが分かります。 乙種4類だけ受験者が多い理由は次の通りです。 工業高校や会社で強制的に受験させられるから• 初めての国家試験受験として、有名な「危険物乙4」をなんとなく受験する人が多いから 強制的に受験させられた人やなんとなく受験する人は合格に対する意欲が低く、「勉強せずに受験して合格すればラッキー」という考える人も大勢いることから母集団のレベルが低くなります。 その結果が、難易度の易しさに対して低い合格率という数値に現れているのです。 危険物取扱者試験に合格する勉強時間の目安 甲種に合格する勉強時間の目安 僕は甲種危険物取扱者試験に合格しているのでその実体験をお話します。 僕は「所定の乙種免状を4種類以上取得する」という要件を満たして甲種を受験しました。 取得していた乙種免状は3類、4類、5類、6類です。 学校は電気・電子系の学科だったので、化学についてはまともに勉強したことがありませんでした。 以上のことから、 化学について全く知識がない人が余裕を持って合格するために必要な勉強時間の目安は 50 時間程度と考えれば良いのではないでしょうか。 平日 2 時間、休日 4 時間なら勉強期間は 3 週間 ~ 1 ヶ月• 平日 1 時間、休日 2 時間なら勉強期間は 1 ヶ月半 ~ 2 ヶ月 できるだけ短期間でギリギリ合格できるかどうかの瀬戸際を攻めるなら、知識ゼロからでも 30 時間程度の勉強時間で合格は狙えると思います。 甲種危険物取扱者試験に独学で合格できるお勧めの参考書と勉強方法は「」でご紹介していますのであわせてご覧ください! 勉強期間1週間で甲種に合格できるって本当? 「危険物甲種 1週間」などと検索すれば「1週間で合格した」という体験談がたくさん出てきますし、中には「3日で合格した」という方も居ます。 大学などで化学について勉強している人なら物理化学の科目は勉強せずに受験できるでしょうし、乙種を 6 種類全て取得してすぐ甲種を受験する人は法令や性消の対策が短期間で済むでしょう。 そもそも試験の難易度がそんなに高いものではありませんので、このようなアドバンテージを持つ人なら 2,3 日 ~ 1週間程度の勉強期間で合格しても何の不思議もありません。 前提知識と記憶力に自信があるなら問題ありませんが、アドバンテージの無い人が最初から1週間で合格する勉強スケジュールを立てるのはお勧めできません。 乙種の合格に必要な勉強時間 前述した通り僕は乙種3類、4類、5類、6類を取得していますので、こちらも僕の実体験を基にお話をします。 まず乙種4類ですが、若気の至りでやんちゃな勉強方法を取ったので参考にならないかもしれません…。 化学科の友人と共に試験前日のお昼頃から勉強を始め、食事や風呂の時間を除いては夜も眠らずにひたすら勉強を続けて試験時間を迎えました。 この記事を書いている今では絶対に再現できない勉強方法ですが、一応実体験として紹介しました。 乙種4類に合格するために必要な勉強時間は 15 ~ 30 時間程度です。 実際「」という参考書もあるくらいで、にも「本当に10日で合格した」「この本を一週間でやり終えて合格した」という高評価が寄せられています。

次の

危険物取扱者の種類と人気資格「乙4」とは?約1ヶ月で取得するための勉強方法

危険物乙4 合格率

危険物取扱者乙4種の特徴 危険物取扱者の特徴危険物取扱者は、法律で定められた資格であり資格の保持者でないと業務に従事できないお仕事もあります。 ガソリンスタンドなどでは、危険物取扱者乙種の第四類が必要になります。 ほかにも工場などでも必要なる場所は多く転職でも有利になるかと思います。 危険物取扱者乙4種はどう役立つ? どのように役立つか?危険物取扱者は、法律で定められた以上の危険物を取扱いする職業で必ず必要になります。 例えば、ガソリンスタンドや危険物を運搬するトラックの運転、危険物を大量に取扱する化学系の工場などです。 ガソリンスタンドでは、アルバイトする際時給アップや、手当てがついたりする場所もあります。 就職や転職でも、危険物を取扱いする職業では必要になるので取得しておくと有利です。 危険物取扱者乙4種の難易度は? 危険物取扱者乙種四類の難易度は? 乙種四類については、ガソリンや灯油などの分野のため身近な分野なので性質などについてはそこまで不安はないかと思われますが、危険物に関する法令・基礎的な物理学及び基礎的は普段目にしない単位や言い回しが出てくるので要注意です。 合格率はどれくらい? 28〜33パーセント程度です。 他の乙種に比べ合格率が低いですが理由は多くの人が受けるためです。 独学でも取れる? 普通に勉強すれば取れる 資格取得までに必要な勉強時間の目安は? まったくの知識ゼロの人 一日2〜3時間の勉強で1ヵ月程度の勉強で大丈夫です。 すでに多少の知識はある人 一日2〜3時間の勉強で1〜2週間程度の勉強で大丈夫です。 まずは、化学などの知識が全くない方は、参考書で単位や計算式について整理しておきましょう。 一番のコツは、過去問を解いてみることです。 これは資格全般に言えることですが試験には、「よく出る問題」があります。 まずは、参考書等で過去問を解いてみて「これはよく出てくるな」と実感できるようになりましょう。 そうしていく中で、「この問題何回も間違えるな」や「これは解けない」という問題が出てくるはずです。 その問題をマークをしたり、ノートに書き写したりしましょう。 分野ごとに注意するべきこと 危険物に関する法令は、言い回しやひっかけ問題が多いです、「すべて」などの言い方は例外があることが多いので注意しましょう。 基礎的な物理学及び基礎的な化学は、計算が一番の難所になるでしょう、参考書等で計算式をしっかりと暗記しておくことが重要です。 危険物の性質並びにその火災予防及び消化の方法は、消化方法についてが種類が多く覚えるのが大変です。 危険物に応じた消化方法を正確に覚えましょう。 特筆すべきことは、過去問をしっかりとやり内容を理解し暗記をしてください。 自分の苦手分野をしっかりとなく指定ことで合格する確率がかなり上がります。 オススメの参考書は? おすすめの参考書は乙種4類危険物取扱者試験(公論出版)です。 理由は分野ごとに分けてあり、分野ごとの頻出問題がどれなのかがわかりやすい点と、テキスト・過去問と解説が一冊にまとまっているのでこの一冊で合格することが可能だからです。 危険物取扱者乙4種の基本情報 関連ページ 普通自動車運転免許は車を運転するなら必須の資格です。 今回はそんな普通自動車運転免許試験の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、普通自動車運転免許試験の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 原付免許は16歳から取得できる原付バイクを運転するために必要な資格です。 普通自動車免許があればなくても乗れますが、ないなら取得が必要です。 そんな原付免許試験の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、原付免許試験の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 フォークリフト免許はフォークリフトを操縦するために必要な資格です。 今回はそんなフォークリフト免許の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、フォークリフト免許の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 危険物取扱者甲種は危険物取扱者の中でもっとも難しい資格です。 今回そんな危険物取扱者甲種の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、危険物取扱者甲種の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 第二種電気工事士は電気工事会社に就職するならぜひ取得したい資格です。 今回はそんな第二種電気工事士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、第二種電気工事士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 消防設備士は消防設備の設置・点検を行うビル管理者などに役立つ資格です。 今回はそんな甲種4類消防設備士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、甲種4類消防設備士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 ボイラー技士はボイラー設備の操作や保守業務を行うために必要な資格です。 そんな二級ボイラー技士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、二級ボイラー技士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 電気主任技術者は発電所や変電所など、電気設備の保安監督という立場になるために必要な資格です。 そんな第三種電気主任技術者の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、第三種電気主任技術者の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 工事担任者DDは電気通信に関する国家資格です。 今回はそんな工事担任者DD第一種の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、工事担任者DD第一種の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 衛生管理者はさまざまな産業で労働者の数に応じて必ず必要となります。 そのため、多少となっている産業で働いている場合、第一種衛生管理者という資格を持っているとかなり重宝される価値の高い資格です。 今回はそんな第一種衛生管理者の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、第一種衛生管理者の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 技術士補 建設部門は、建設業界で働いてる人ならぜひ取りたい資格です。 今回はそんな技術士補 建設部門の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、技術士補 建設部門の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 建築物環境衛生管理技術者はビル管理に携わる仕事をしている人なら持っておくことで責任のある仕事を任されやすくなる非常に有用な資格です。 今回はそんな建築物環境衛生管理技術者の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、建築物環境衛生管理技術者の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 海上特殊無線技士は無線設備の操作技術などの知識を問う資格です。 今回はそんな第二級海上特殊無線技士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、第二級海上特殊無線技士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 運行管理者は自動車などの安全管理をするために必要な資格です。 今回はそんな運行管理者 貨物 の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、運行管理者 貨物 の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 一級建築士はその名の通り建築士としての最高峰の国家資格です。 そんな一級建築士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、一級建築士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 二級建築士は建築士として一人前になりたいなら必須と言ってもいい資格です。 そんな二級建築士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、二級建築士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 エネルギー管理士は規定量以上のエネルギーを使う工場で必ず一人は持っていることが必要とされる資格です。 そんなエネルギー管理士 - 電気分野の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、エネルギー管理士 - 電気分野の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。

次の

危険物乙4の勉強方法を学ぼう!13回以上受験し学んだ勉強方法とは?

危険物乙4 合格率

危険物取扱者乙4種の特徴 危険物取扱者の特徴危険物取扱者は、法律で定められた資格であり資格の保持者でないと業務に従事できないお仕事もあります。 ガソリンスタンドなどでは、危険物取扱者乙種の第四類が必要になります。 ほかにも工場などでも必要なる場所は多く転職でも有利になるかと思います。 危険物取扱者乙4種はどう役立つ? どのように役立つか?危険物取扱者は、法律で定められた以上の危険物を取扱いする職業で必ず必要になります。 例えば、ガソリンスタンドや危険物を運搬するトラックの運転、危険物を大量に取扱する化学系の工場などです。 ガソリンスタンドでは、アルバイトする際時給アップや、手当てがついたりする場所もあります。 就職や転職でも、危険物を取扱いする職業では必要になるので取得しておくと有利です。 危険物取扱者乙4種の難易度は? 危険物取扱者乙種四類の難易度は? 乙種四類については、ガソリンや灯油などの分野のため身近な分野なので性質などについてはそこまで不安はないかと思われますが、危険物に関する法令・基礎的な物理学及び基礎的は普段目にしない単位や言い回しが出てくるので要注意です。 合格率はどれくらい? 28〜33パーセント程度です。 他の乙種に比べ合格率が低いですが理由は多くの人が受けるためです。 独学でも取れる? 普通に勉強すれば取れる 資格取得までに必要な勉強時間の目安は? まったくの知識ゼロの人 一日2〜3時間の勉強で1ヵ月程度の勉強で大丈夫です。 すでに多少の知識はある人 一日2〜3時間の勉強で1〜2週間程度の勉強で大丈夫です。 まずは、化学などの知識が全くない方は、参考書で単位や計算式について整理しておきましょう。 一番のコツは、過去問を解いてみることです。 これは資格全般に言えることですが試験には、「よく出る問題」があります。 まずは、参考書等で過去問を解いてみて「これはよく出てくるな」と実感できるようになりましょう。 そうしていく中で、「この問題何回も間違えるな」や「これは解けない」という問題が出てくるはずです。 その問題をマークをしたり、ノートに書き写したりしましょう。 分野ごとに注意するべきこと 危険物に関する法令は、言い回しやひっかけ問題が多いです、「すべて」などの言い方は例外があることが多いので注意しましょう。 基礎的な物理学及び基礎的な化学は、計算が一番の難所になるでしょう、参考書等で計算式をしっかりと暗記しておくことが重要です。 危険物の性質並びにその火災予防及び消化の方法は、消化方法についてが種類が多く覚えるのが大変です。 危険物に応じた消化方法を正確に覚えましょう。 特筆すべきことは、過去問をしっかりとやり内容を理解し暗記をしてください。 自分の苦手分野をしっかりとなく指定ことで合格する確率がかなり上がります。 オススメの参考書は? おすすめの参考書は乙種4類危険物取扱者試験(公論出版)です。 理由は分野ごとに分けてあり、分野ごとの頻出問題がどれなのかがわかりやすい点と、テキスト・過去問と解説が一冊にまとまっているのでこの一冊で合格することが可能だからです。 危険物取扱者乙4種の基本情報 関連ページ 普通自動車運転免許は車を運転するなら必須の資格です。 今回はそんな普通自動車運転免許試験の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、普通自動車運転免許試験の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 原付免許は16歳から取得できる原付バイクを運転するために必要な資格です。 普通自動車免許があればなくても乗れますが、ないなら取得が必要です。 そんな原付免許試験の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、原付免許試験の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 フォークリフト免許はフォークリフトを操縦するために必要な資格です。 今回はそんなフォークリフト免許の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、フォークリフト免許の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 危険物取扱者甲種は危険物取扱者の中でもっとも難しい資格です。 今回そんな危険物取扱者甲種の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、危険物取扱者甲種の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 第二種電気工事士は電気工事会社に就職するならぜひ取得したい資格です。 今回はそんな第二種電気工事士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、第二種電気工事士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 消防設備士は消防設備の設置・点検を行うビル管理者などに役立つ資格です。 今回はそんな甲種4類消防設備士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、甲種4類消防設備士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 ボイラー技士はボイラー設備の操作や保守業務を行うために必要な資格です。 そんな二級ボイラー技士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、二級ボイラー技士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 電気主任技術者は発電所や変電所など、電気設備の保安監督という立場になるために必要な資格です。 そんな第三種電気主任技術者の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、第三種電気主任技術者の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 工事担任者DDは電気通信に関する国家資格です。 今回はそんな工事担任者DD第一種の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、工事担任者DD第一種の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 衛生管理者はさまざまな産業で労働者の数に応じて必ず必要となります。 そのため、多少となっている産業で働いている場合、第一種衛生管理者という資格を持っているとかなり重宝される価値の高い資格です。 今回はそんな第一種衛生管理者の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、第一種衛生管理者の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 技術士補 建設部門は、建設業界で働いてる人ならぜひ取りたい資格です。 今回はそんな技術士補 建設部門の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、技術士補 建設部門の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 建築物環境衛生管理技術者はビル管理に携わる仕事をしている人なら持っておくことで責任のある仕事を任されやすくなる非常に有用な資格です。 今回はそんな建築物環境衛生管理技術者の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、建築物環境衛生管理技術者の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 海上特殊無線技士は無線設備の操作技術などの知識を問う資格です。 今回はそんな第二級海上特殊無線技士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、第二級海上特殊無線技士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 運行管理者は自動車などの安全管理をするために必要な資格です。 今回はそんな運行管理者 貨物 の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、運行管理者 貨物 の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 一級建築士はその名の通り建築士としての最高峰の国家資格です。 そんな一級建築士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、一級建築士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 二級建築士は建築士として一人前になりたいなら必須と言ってもいい資格です。 そんな二級建築士の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、二級建築士の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 エネルギー管理士は規定量以上のエネルギーを使う工場で必ず一人は持っていることが必要とされる資格です。 そんなエネルギー管理士 - 電気分野の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、エネルギー管理士 - 電気分野の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。

次の