黒目 の ふち が 白い。 「瞼裂斑(けんれつはん)」と「翼状片(よくじょうへん)」

黒目の縁の色が薄く、白っぽくなってたので眼科行ってみた。

黒目 の ふち が 白い

画像をクリックすると拡大します 瞼裂斑(けんれつはん) 茶目又は黒目の横に何かついているようだと訴えて受診される方が時々おられますが、図1のように茶目に接した白目に黄色に盛り上った斑点が認められることがあります。 20才以下の方にはほとんど現われませんので加齢性の変化とも言えます。 鼻側に認められることが多いですが、耳側にも出来ることがあります。 色は白っぽいものから黄色までいろいろありますが、炎症を伴う瞼裂斑炎の場合は充血して赤っぽくなります。 もちろん悪性のものではありません。 原因は外界からの紫外線によるもの、涙液不足による乾燥によるもの、ハードコンタクトレンズによる物理的な刺激によるものなどが考えられます。 瞼裂班が翼状片に発展するケースは少ないため、よほど大きくてゴロゴロ感がある場合を除いて手術的に切除することは一般的には行なわれていません。 充血が目立つ時や瞼裂斑炎を起している時には抗炎症点眼薬や抗生剤点眼薬などが処方されます。 予防策としては、紫外線やホコリを避けるため外出時にはサングラスをかけるのも一方法です。 長年のハードコンタクトレンズ使用によって起された場合には、半年間位ソフトコンタクトレンズにすると少し目立たなくなることがあります。 翼状片(よくじょうへん) 瞼裂斑と同様に鼻側の茶目に接した白目から赤く細い血管を伴なった白い膜が瞳の中の黒目の中心に向かって伸びてくる病気です。 (図2、図3) 年齢的には中年以上の方に現われます。 耳側からも出てくることがあります。 翼状片が伸びて黒目にかかってしまうと視力は極端に悪くなりますが、黒目にかからなくても強い乱視になるためメガネが合わなくなってしまいます。 原因としては、この病気にかかる人の職業が屋外労働の多い漁師や農業の方が多い点を考えると日光に含まれる紫外線の関与が最も考えられます。 そのため進行予防策としては、UVカットの確実なサングラスを昼間は屋外で常時使用する必要があります。 充血が目立つ時は抗炎症の点眼薬が使われますが、茶目の中に 2~3mm侵入してきたら手術的に切除することになります。 ただやっかいな点としては決して悪性のものではないのですが、再発率がかなり高いと言うことです。 最近手術方法の改善により以前よりは少なくなりましたがゼロではありません。 手術は点眼や局所麻酔で20~30分かかります。 術後数日間は、ゴロゴロした異物感と充血がどうしても残ります。 しかし、黒目の中心部にまで伸びてから手術しても視力は0. 4位までしか回復しませんので、かなり大きくなるまで手術を延ばすことは得策ではありません。 瞼裂班も翼状片も個々人によって進行する場合と停在性の場合がありますので、当院に定期的に受診し経過観察を受けるようにして下さい。

次の

黒目の縁の色が薄く、白っぽくなってたので眼科行ってみた。

黒目 の ふち が 白い

細菌性角膜感染症 コンタクトレンズの装着などが原因で、角膜に細菌感染を起こすと白い斑点ができることがあります。 このような感染症を 細菌性角膜感染症とよびます。 重症度により、角膜びらん・角膜浸潤(かくまくしんじゅん)・角膜潰瘍(かくまくかいよう)と言われ、角膜潰瘍になると激しい痛みが出ることもあります。 角膜周囲の充血・大量のめやに・痛み・まぶしさなどの症状が合わせて出ることもあります。 白い斑点ができるのは炎症が強い時の症状ですので、すぐに眼科を受診するようにしましょう。 角膜感染症を起こす細菌は黄色ブドウ球菌や緑膿菌などがあります。 コンタクトレンズを長時間装着したままであったり、洗浄が不十分な時に感染しやすいので、コンタクトレンズを使用される場合は衛生面に十分注意が必要です。 コンタクトレンズをいつも装着している方は、常に違和感を感じていて痛みなどの症状に気付かないという方もいます。 コンタクトレンズをつけっぱなしで寝てしまった時などは、痛みや違和感があっても、原因がわかっているため、すぐに治るだろうと自己判断してしまいがちなので注意しなければなりません。 治療は、感染した細菌の種類にもよりますが、抗生剤を点眼することになります。 症状が重い場合は点滴が必要となることもあります。 重症化するまで放置されていた場合、白い斑点が濁りとして残ってしまったり、最悪の場合は失明という事態にもなりかねません。 異変に気づいたら一刻も早く眼科で相談しましょう。 アベリーノ角膜変性症 アベリーノ角膜変性症は遺伝性の疾患です。 黒目に白い斑点ができ、視界を妨害してしまいます。 症状が出るのは、角膜に傷が出来た時や紫外線の影響であったりと個人差がありますが、レーシック治療を受けると急激に進行する場合が多いです。 レーシックというのは視力回復のための手術で、メガネやコンタクトレンズが必需の方には嬉しい治療ですが、リスクもありますので、十分に検討して信頼のおける医師に相談の上行う必要があります。 アベリーノ角膜変性症が発症した場合、治療法は確立されておらず、視界を妨害している白濁部分を削る方法しかありません。 この方法でも有効期間は3ヶ月程度で、すぐに再発してしまいます。 角膜移植を行っても再発するため、根本的な治療にはなりません。 レーシック治療を受ける場合、任意でアベリーノ検査を行うことができます。 レーシック治療を受ける場合のリスクはこれだけではありませんので、あらゆるリスクをしっかり把握し、できる検査をしてから臨みましょう。 角膜フリクテン 角膜フリクテンとは、角膜に灰色の水泡状の斑点ができる病気です。 涙が出る・まぶしい・目が痛い・目の異物感などの自覚症状が現れます。 角膜には白目との境目付近に水泡状の斑点ができ、その周囲が充血します。 目の病気では、目やにが出ることが多いですが、角膜フリクテンの場合は目やにが出ません。 原因は解明されておらず、結核菌・アクネ菌・ブドウ球菌・クラミジア・真菌などへのアレルギー反応により起こることがわかっています。 アレルギー検査をしても原因を特定できない場合が多く、繰り返し発症する方が多いです。 治療法は、抗生物質やステロイド剤の点眼や眼軟膏などが処方されますが、症状が軽い場合は自然に治ることもあります。 他の病気の可能性もありますので、一度眼科で診察をしてもらうようにしましょう。 乳児・幼児・女性に多く見られ、偏った食生活をしている人にも発症しやすい病気ですので、食生活の見直しも必要です。 まとめ 黒目に白い斑点ができる原因は、軽いアレルギー症状から失明の危険があるものまで様々です。 自分の置かれている環境の中で痛みやかゆみに慣れてしまい、眼科へなかなか行かない方も多いようですが、これは危険です。 何事もなければそれで良いですし、早めの治療で早く治るかもれません。 目の異常を発見した時は悪化してしまう前に早めに眼科を受診するように心がけましょう。 白い斑点ができるというのは明らかにいつもとは違う症状です。 大切な目の病気を放置して取り返しのつかないことになる前に一度眼科で診察してもらうことが大切になってきます。

次の

2/2 黒目にかかる薄く白い影……翼状片とは? [目の病気] All About

黒目 の ふち が 白い

黒目に白い点が現れる原因 黒目は角膜という透明な膜です。 直径12mmほど、厚さはわずか0. 5mmほどですが、表面から角膜上皮、ボーマン膜、角膜実質、デスメ膜、角膜内皮という5層構造を持っています。 目でものを見る際、角膜と水晶体の二段階で外界の光を屈折させて網膜に像を結ぶことで視覚情報を獲得しています。 まさに視覚情報の入口が黒目=角膜なのです。 この角膜にぽつぽつと白い点が現れる。 視力に悪い影響がないはずがありません。 この白い点ができる原因は、コンタクトレンズの不適切な使用と、目の病気の2つが考えられます。 コンタクトレンズの不適切な使用によるもの 最近、コンタクトレンズ装着者の間で、角膜に白い点が現れる症状を訴える患者が増えています。 人によって、あるいは状態によって痛みがあったり、なかったりします。 こうした症状のほとんどは、コンタクトレンズの不適切な使用方法に起因する細菌感染症(角膜炎)が原因です。 点状表層角膜症 角膜上皮が点状に傷ついた状態であることを総称する言葉です。 炎症のあるなしにかかわらず、角膜上皮細胞の一部が脱落した状態です。 原因としては、コンタクトレンズの使用によるものと、ドライアイによるものがほとんどです。 その他、ウイルスや細菌の感染によるもの、紫外線の影響などが考えられます。 目が充血して痛んだり、涙目になったり、光をまぶしく感じることがあります。 目がぼやけて見えることもあります。 点状表層角膜症の治療 角膜上皮は非常に新陳代謝が盛んで、短時間で細胞が入れ替わっています。 そのため、傷の修復機能にも優れていて、ちょっとした傷であれば自然に治っていきます。 そのため、点状表層角膜症の段階であれば、ドライアイに起因するものであっても、ウイルスや細菌に起因するものであっても、それぞれに対応した適切な治療を受ければ、ほぼ3週間前後で完治します。 細菌性角膜炎 長時間コンタクトレンズの装着を続けたり、洗浄が不十分なコンタクトレンズを装着したりして、角膜についた傷から細菌に感染してしまったために、角膜(黒目)に白い点が現れます。 感染する細菌は黄色ブドウ球菌や肺炎球菌、緑膿菌などです。 感染初期で炎症が軽い段階では、あまり痛みも感じず白い点も見られませんが、進行して白い点が見えるようになった頃には目の痛みを感じます。 また白目も充血し、大量の目やにが出ます。 感染は角膜表面の傷から始まり、角膜上皮の表面に炎症を起こして角膜びらんという状態になります。 この頃はまだ、白い点は見られません。 やがて角膜内部の角膜実質あたりへと進むと、角膜浸潤という状態になり、痛みを感じ、白い点状に炎症箇所が見えるようになってきます。 これは細菌を死滅させるために白血球が集まってくるためで、黒目が白濁した状態になります。 炎症が完全に角膜実質に届いた状態を角膜潰瘍といい、激しい痛みを伴います。 はっきりと白い点が確認でき、この白い点は治療後も残るリスクが高くなります。 角膜の濁りが残るため、視力の低下を招くこともあります。 さらに進むと角膜が溶けて孔が空いた状態になったり、眼内組織がズレて位置異常を起こすことがあります。 細菌性角膜炎の治療 細菌性角膜炎では、抗菌点眼薬による治療が行われます。 細菌の種類に応じて抗菌内服薬の服用や抗菌眼軟膏の塗布などが行われます。 おおむね1、2週間で完治しますが、症状によって完治まで数ヵ月程度かかる場合があります。 真菌性角膜炎 真菌とはカビの一種で、カンジダなどの酵母菌や、糸状菌などが感染菌として考えられます。 通常、健康な角膜に真菌類が感染することはありませんが、目に病気があったり、抵抗力が落ちたりしていると、まれに発症することがあります。 症状はほぼ細菌性角膜炎と同じです。 早期の治療が必要です。 真菌性角膜炎の治療 真菌性角膜炎は、細菌性角膜炎に比べて治療に時間がかかります。 抗真菌薬の点眼や軟膏薬の塗布が基本ですが、ケースによっては、抗真菌の内服薬や点滴などを併用することもあります。 完治まで、最低1ヵ月以上はかかります。 アカントアメーバ角膜炎 アカントアメーバは川や沼、土壌中に生息する微生物で、水道水にも存在することが分かっています。 これに感染して起こるのがアカントアメーバ角膜炎です。 発症者のほとんどがソフトコンタクトレンズ装着者です。 十分な洗浄、ケアをしないでコンタクトレンズを使い続けたり、使い捨てコンタクトレンズを再装着したりしたケースがほとんどです。 症状は細菌性角膜炎に似ていますが、非常に強い痛みを感じることもあります。 アカントアメーバ角膜炎の治療 この病気には、有効な治療薬がありません。 アカントアメーバは角膜実質にまで入り込んでいるため、金属製のへらによって角膜ごとアカントアメーバを削り取るしかないのが実情です。 問題なのは角膜を削り取った後で、角膜が混濁したり、乱視などの視力障害を招くことがあります。 程度がひどい場合は、角膜移植をせざるを得ないケースもあります。 コンタクトレンズの正しいケアで予防 角膜炎の原因のすべてがコンタクトレンズの装着であるわけではありません。 しかし、近年、角膜炎の患者が増えている原因は、コンタクトレンズの普及と無関係ではありません。 コンタクトレンズの正しい洗浄のしかた、保存のしかたなど、ケアについては十分に配慮しておかないと、重大な眼病の原因となって多額の治療費と治療時間を費やすことにもなります。 また、長時間装着したままにしない、コンタクトレンズを装着したまま眠らない、コンタクトレンズを着けたまま川やプールに入らない、使い捨てコンタクトレンズを再装着しない、使用期間を守るなど、使い方についても十分に気をつける必要があります。 ファッションレンズも同様です。 気軽に使える分、ケアについても蔑ろにされる傾向がありますが、目の中に入れるものですので、必ず使用方法を守ってください。 そして、コンタクトレンズ装着によって、角膜に傷をつけないことも重要です。 コンタクトレンズ障害の9割でドライアイの症状が見られています。 ドライアイの状態では、眼球に傷がつきやすくなります。 人工涙液を使用して目の乾きを抑えたり、ドライアイがひどいときにはコンタクトレンズの使用を控えるなど、目に傷をつけないことに注意してください。 ドライアイが辛いようなときには、眼科医に相談してみましょう。 目の病気が原因の白い点 ここまでコンタクトレンズの使用に関わる原因、そこから派生する病気についてみてきました。 ここからは、コンタクトレンズの使用に関わらない目の病気について説明していきます。 アベリーノ角膜変性症 これは遺伝性の病気です。 アベリーノ遺伝子保持者に現れ、角膜(黒目)に微細な白い点が現れはじめますが、放っておくと白い点が拡大しながら角膜全体にぽつぽつと広がっていき、視野を狭めていきます。 個人差がありますが、非常にゆっくりと進行する病気です。 また、レーシックを受けると急速に症状が進むことが分かっています。 この病気は発症していないと診察で発見することはできません。 アベリーノ遺伝子保持が分からないままレーシックを受けて発症することもあります。 アベリーノ遺伝子保持者であるかどうかは、アベリーノDNA検査をして確認することができます。 レーシックなどの屈折矯正手術前には、DNA検査をしておくことをおすすめします。 また、レーシック以外でも、角膜の傷や紫外線による影響で症状が現れることもあります。 アベリーノ角膜変性症に有効な治療法はない このまた、アベリーノ角膜変性症には有効な治療方法はありません。 白濁した部分をレーザーなどで削ることで濁りを取り、透明な角膜を取り戻すことはできますが、3ヵ月ほどすると再び白い点が現れ再発します。 角膜の厚みに限界があるため、4回ほどしか削ることができません。 角膜移植をしても再発するといわれています。 角膜フリクテン 黒目の、白目との境部分に水泡状の明灰色の点が現れる病気です。 「めぼし」とも呼ばれます。 結膜炎の一種で、もちろん、結膜に出ることもあります。 目の異物感、涙が出る、目が痛い、光をまぶしく感じるなどの症状があり、めぼしの周りが充血してきます。 充血部分の中心が炎症して隆起してきたりもします。 他の眼病とは違い、目やにが出ることはありません。 ほとんど1週間ぐらいで水泡状の点は消えていき炎症もなくなりますが、何度も再発を繰り返すケースもあります。 放っておくと角膜が濁って、視力の低下を招くこともあります。 必ず眼科を受診して、適切な処置を受けてください。 この病気はアクネ菌やブドウ球菌、結核菌、真菌、クラミジアなどに感染した後の遅延型アレルギー反応であるといわれています。 したがって、通常の結膜炎のように他人に移るようなことはありません。 ただ、アレルギー検査でも原因が分からないことが多いようで、様々な原因物質があると考えられています。 乳幼児、女性に多く見られるといわれています。 「偏食」でも発症しやすいとされていますので、食生活を見直してみる必要もあるかもしれません。 翼状片 これは白目である結膜の一部が目頭側から黒目(角膜)の上に三角状に流れ込んでくる病気です。 自分の組織の一部が被さってきますので、とくに悪いものではないのですが、異物感を感じて、黒目に大きく被さるようだと乱視などの症状を呈すこともあります。 原因はよく分かっていませんが、紫外線が影響しているともいわれています。 根本治療には手術が必要となります。 高齢者に多く見られ、手術をしても再発することが多く、若い人ほどその傾向が強いといわれています。 外傷や角膜潰瘍などが治りかけている際に、翼状片に似た症状が現れることがあります。 これを偽翼状片といいます。 治療については翼状片と同じです。 まとめ 黒目に白い点が現れる症状についてまとめました。 黒目に現れる白い点は、アレルギーもあれば、自然に治ってしまうものもありますが、放っておくと取り返しがつかなくなって、場合によっては大きな手術を避けられないケースも多々あります。 疾患が軽いのか重いのかかは眼科医でなければ判断できません。 異常が見られたら、すぐに眼科医を受診するようにしてください。 また、コンタクトレンズの不適切な使用によって引き起こされる例が増えています。 くれぐれもコンタクトレンズのケアには十分な注意を払って、未然に予防してください。

次の