クレア2 設定判別。 %page_title%

クレアの秘宝伝2 |設定判別・設定差・高設定確定演出 解析まとめ

クレア2 設定判別

設定判別ポイント 奇数・偶数で出現しやすい色が異なる クレア頭が多い場合は偶数設定示唆 ベル・チェリーの2役をカウント• 7 斜めスイカでのボーナスが複数回出現すれば 高設定期待度大幅にアップ! チェリー+REG出現率も要チェック• 6 1回のREGで5枚のカードが出現 シナリオ管理• 88 高設定示唆・確定演出あり RT終了画面 or RT中のREG終了画面で出現 RT連チャン数に応じて出現率も変化• 2 全てのボーナスの当選契機を確認し、 それぞれメモに残すのがオススメです。 斜めスイカでのボーナスが複数出れば 高設定期待度はかなり上がります! あとはチェリー+REGは2倍の設定差があり、 出現頻度もそこそこありますので 設定判別においては重要なポイントです。 9ゲーム目 キャラ 設定1 設定2 設定5 設定6 クレア 子供 9. 出現ゲーム数とキャラ名を メモしておくと良いでしょう。 表の詳細版の方は細かく判別したい人にオススメ。 また、例外で銅カードの中でも 「神秘の秘湯」は高設定を示唆するので注意。 導入日未定• 2020年8月17日• 2020年8月3日• 2020年7月20日• 2020年7月6日• 2020年6月15日• 2020年5月18日• 2020年5月11日• 2020年4月20日• 2020年4月6日• 2020年3月23日• 2020年3月16日• 2020年3月2日• 2020年2月25日• 2020年2月17日• 2020年2月3日• 2020年1月20日• 2020年1月6日• 2019年12月09日• 2019年12月02日•

次の

クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡 設定判別・設定差解析まとめ【スロット・パチスロ】

クレア2 設定判別

設定差1 スペック解析• 機械割 設定1 97. 設定変更時の挙動 天井ゲーム数リセット。 必ずリセットモードに移行し、最大天井ゲーム数は512G。 弱チェリーでのCZ当選率 設定123 3. ボートでのCZ当選率 設定135 2. 設定差のある解析が判明しましたね。 まずは AT初当たり確率・超抜チャレンジ突入率ですね。 高設定ほど当たりやすいのは言うまでもありません。 また、前作ではなかった レア小役確率の設定差が有ります。 前作は、共通ベル確率に設定差が有りましたが、 モンキー2では逆で、レア小役以外は全設定共通となっています。 低設定ほど弱子役が出現しやすく、強小役が出現しにくい。 高設定ほど弱小役が出現しにくく、強小役が出現しやすい。 このような特徴があります。 弱チェリー・ボートからのCZ当選率はカウントしておきましょう。 あとは、 384G以内の解除率ですね。 AT当選ゲーム数は台の履歴から見れるので、 ここでハマりを繰り返している台は避けたほうがいいでしょう。 設定変更判別は? 設定変更後は、最大天井が512Gとなります。 また、 設定変更後は100G付近で優出モードに突入するパターンが大半のようです。 朝一128G以内に優出モードに突入しない場合や、128Gから大きくズレて優出モードが終了する場合なら据え置き濃厚です。 これらの設定変更判別をすれば、設定変更を見抜くのは難しくないので、 朝一優出モードの突入具合をしっかり見ておきましょう。

次の

クレアの秘宝伝2 設定判別・推測要素の総まとめ

クレア2 設定判別

クレアの秘宝伝2 設定差のある小役 主な小役の設定差が判明しています。 特にスイカには設定差が大きくなっていますね。 ベルやチェリーは確率に差が小さいのでやや設定判別要素としては弱いかもしれません。 通常時の小役確率だけでは設定差がまだまだ十分では無いので他の設定差があるポイントも押さえておきたいですね。 RT中のハズレ確率に設定差 小役ではありませんがRT中のハズレ確率に設定差があります。 高設定ほどベル・チェリー・スイカなどが成立しやすいので高設定ほどハズレが多くなっています。 4 一度のBIGで最大30Gなのでサンプル数が取りにくい傾向がありますが設定判別要素としては非常に重要になると思います。 クレアの秘宝伝2 ボーナス確率に設定差 クレアの秘宝伝2ではノーマルタイプらしくボーナス確率に設定差がありますよ。 特に合算確率ではかなり設定差があるので押さえておきたいですね。 2 特に注目したいのはREG確率ですね。 4とやや確率の差が小さくなっています。 4と約1. 5倍の開きがあります。 REG回数が先行している台は高設定の可能性が高くなりますね! クレアの秘宝伝2 高設定確定パターン REG中やRT中は高設定確定パターンや設定2以上確定などの演出があります。 設定5以上確定なんてパターンが出た場合は設定5か設定6かを判別しながら打てば良いので非常に楽になりますよね? これらが出たら設定1の可能性はなくなるので各パターンを覚えておきましょう。 クレアの秘宝伝2 REG中の設定判別 赤カード出現で設定4以上確定が確定します! C DAITO GIKEN,INC. 銀カード・金カード出現率に差があり!? 赤カード出現は設定4以上が確定しますが銀カードや金カードの出現率にも差があるようです。 ただし設定1でも金カードは出現するようなのであくまで高設定の可能性が高くなるという点に注意しましょう。 目安としては設定1での銀カード、金カード出現率が約10%くらい。 設定6では銀カード、金カード出現率は約20%くらいになる模様です。 クレアの秘宝伝2 RT中の設定判別 RT中の演出には高設定確定パターンが多数存在します。 クレアRT中 クレアRT中のクレア%演出で 『555%』が出現すれば設定5以上が確定します。 C DAITO GIKEN,INC. また 『666%』が出現した場合は設定6が確定しますよ! C DAITO GIKEN,INC. 番長RT中 番長RT中の鉄塊落下演出で 『456グラム』だった場合は設定4以上が確定します! C DAITO GIKEN,INC. ギラギラ爺サマーRT中 SPキーン音 『キキキキキキキキーン』が発生した場合は設定2以上が確定します! C DAITO GIKEN,INC. シェイクRT中 シェイクRT中のステージ変化で ピンクステージに移行した場合は設定4以上が確定します! C DAITO GIKEN,INC. 鏡RT中 鏡RT中は高設定確定パターンは無いのですがRT開始画面で設定の偶奇を示唆しています。 奇数設定なら赤文字、 C DAITO GIKEN,INC. 偶数設定なら青文字が多くなります。 C DAITO GIKEN,INC. クレアの秘宝伝2~眠りの塔とめざめの石~ 設定差・設定判別まとめ クレアの秘宝伝2では設定看破要素がたくさんあります。 特に注目したいのはボーナス確率ですね。 REGに設定差が大きいので REG確率とボーナス合算確率に注目してみると良いと思います! また小役確率にも設定差があり、 ベル・チェリー・スイカ・強チャンス目の設定差が判明しています。 スイカはやや設定差が大きいのでサンプル数が取りやすいですね。 またRT中はハズレ確率にも設定差があります。 RT中限定となりますがハズレ確率にはかなり差が大きいのでぜひ数えるようにしましょう。 REG中のカード選択率にも差があり、赤カードが出現したら設定4以上確定! また銀カード、金カードも高設定ほど出現しやすいようです。 カード出現率はやや信頼性に欠けるので他の設定判別要素と複合的にみたいところです。 最後にRT中は高設定確定パターンが多数あるので是非覚えておきたいところですね! クレアRTや番長RT、シェイクRTで設定4以上や設定5以上の確定演出を出したいところです。 例えば設定5以上が確定している状況になったら鏡RTの開始画面で設定の偶奇を判別していくと設定6がほぼ確定する場合もありそうですね! クレアの秘宝伝2では常に設定判別になる要素があるので必ず押さえてから打つようにしましょう。 確かに5. 5号機以降勝ちにくくなったのは事実です。 メルマガ解除もカンタンに可能なので勝てていない人はまずは登録しちゃいましょう!•

次の