倉敷 美観 地区。 初めてさん必見!半日でまわる倉敷美観地区のオススメスポット

【倉敷美観地区・倉敷駅周辺】絶対おすすめのグルメ|ランチ・食べ歩き情報|HAREnote(はれノート)|岡山のグルメと観光情報を発信するWEBマガジン

倉敷 美観 地区

岡山県倉敷市の美観地区とは? 美観地区の楽しみ方は? 美観地区での撮影ポイントは? 岡山県倉敷市にある景観の良いエリア「美観地区」 美観地区(びかんちく)と名付ける程の観光スポット。 美観地区内は整備され中国地方の観光地として 「一度は行ってみたい観光地」のひとつでしょう。 写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ! 中国地方にも観光スポットはたくさんありますね? 東京や関東からだと… わざわざ行くなら「京都」や「広島」を選択してしまいます。 なかなかアクセスする機会が無いであろうエリア。 ただ… 「一度は行ってみたい観光地」には列挙される。 今回は倉敷の美観地区をご紹介しましょう。 岡山県倉敷 岡山県倉敷(くらしき)は岡山市の隣。 瀬戸大橋がある為、四国へのアクセスの拠点になっています。 倉敷美観地区 倉敷市の中でも観光スポットとして人気なのが「美観地区」 美観地区はCMやドラマなどのロケ地でも度々登場します。 倉敷美観地区 美術館も多く集まっており、景観だけでなくアート分野でも楽しめる地域。 アートの意識が高い為か? 美観地区のエリアは統一感があり余計な看板も少ない。 倉敷美観地区 当エリアは倉敷市の美観地区景観条例に基づき定められたもので、同市本町全域、中央1丁目北部(前神町など)、東町・阿知2丁目・鶴形2丁目の各一部が含まれる。 広義の美観地区の面積は21. 0ヘクタールで、うち伝統的建造物群保存地区(第一種美観地区)が15. 0ヘクタール、伝統美観保存地区(第二種美観地区)が6. 0ヘクタールとなっている。 伝統的建造物群保存地区(倉敷川周辺)は倉敷川畔伝統的建造物群保存地区(くらしきがわはん でんとうてきけんぞうぶつぐん ほぞんちく)の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。 出典:wikipedia 倉敷川の川辺はしだれ柳の木が印象的。 柳の木が緑に色づく春から夏にかけて景観もより美しくなります。 倉敷美観地区 しだれ柳の木が枯れ枝になると少し寂しい感じ。 川べりでお茶やスイーツをいただくには過ごしやすい春からがお勧めです。 倉敷美観地区 川辺で眺めるだけでなく「川舟流し」を楽しむのも良いかも? ちょうど結婚式の花嫁が川舟を降りた時に到着した為… 残念ながら撮影できませんでしたが… タイミングが合えば婚礼の川舟「花嫁舟」が見られるかもしれません。 花嫁舟は潮来(いたこ)や柳川(やながわ)でも見られます。 嫁入り舟などとも呼ばれています。 倉敷美観地区 美観地区は倉敷駅からも近い為、ぐるり巡っても半日足らず。 のんびり散歩気分で巡るのが良いですね? 倉敷美観地区 昼食は美観地区のエリアで探すのが良いです。 所々でスイーツなどをつまみつつ… おしゃれなカフェやレストランも多く点在しています。 美観地区の楽しみ方 美観地区を観光がてら散歩するなら… 着物をレンタルするのがお勧め! カップルや女性が着物姿で歩くのも多く見かけます。 倉敷美観地区 声を掛けて後ろ姿を撮らせていただきました。 はなからブログ用だったので… 「後ろ姿を…」と声がけしたのですが… 正面から撮って欲しかったかも? ご協力ありがとうございました。 着物レンタルは各所にあります。 美観地区での撮影 美観地区は旧家屋や美術館など建造物の撮影もお勧め。 まずは倉敷川エリアを散策して路地を巡ります。 PLフィルターを用意しておくのも良いでしょう。 倉敷川の川面を反射させたり、させなかったり… 倉敷美観地区 この写真はPLフィルターを使っています。 川舟と鯉のタイミングが合わなかったので… 川舟がはるか向こうですが… ちょうど良い時は「鯉は居ない」 鶴形山公園や阿智神社は小高い山にありますが… 景観が良いか?と思いアクセスしてみると美観地区は見えません。 倉敷美観地区へのアクセス 美観地区へのアクセスは倉敷駅から徒歩でも近い場所です。 倉敷駅からだと南口より出ます。 右側の方向に向かうと「倉敷駅前観光案内所」があります。 パンフレットなどを見て計画しても良いでしょう。 駅からだと徒歩15分程度で到着します。 マイカーの場合は瀬戸中央自動車道「早島IC」より。 ナビ入力は「倉敷市中央駐車場」が分かりやすい。 高速バスも運行している為、東京を夜出発して倉敷に朝の到着も利用できます。 岡山・倉敷市の宿泊地 岡山駅から倉敷駅までは電車で16分程度。 拠点を岡山市にしても良いでしょう。 r10.

次の

歴史ロマン薫る天領のまち

倉敷 美観 地区

時代とともに守り、開かれた伝統的建造物群 保存地区は標高36. 8mの鶴形山の南ろくに位置し、鶴形山の周辺一帯は阿知の潟と呼ばれる浅海であったが、高梁川の沖積作用による堆積が進み、 1584年(天正12年)宇喜多秀家による潮止め工事が大々的に行われ、新田が開発された。 1600年(慶長5年)には備中国奉行領になり、翌年の 1601年(慶長6年)には検地が行われた。 倉敷村はこのような過程の中から生れてきた。 当時、この地域には多くの人々が居住し、1609年(慶長14年)の水夫屋敷の帳面に172筆が記録されている。 その後、1642年(寛永19年)には幕府直轄地のいわゆる天領として幕府の支配下におかれ、物資輸送の集散地として、また、急速に開発が進んだ周辺新田地帯の中心地として繁栄するようになった。 そして有力な町人(商業地主)層があらわれ、人口も急増し、元禄年間から文政年間の約130年間に人口は2倍に増加し、活況を呈するようになった。 こうした背景のなかで、保存地区の特性である本瓦葺塗屋造りの町屋と土蔵造りの蔵などを中心とした町並が形成された。 その後、若干の洋風建築(美術館、旧町役場)が建てられたが現在では違和感は無く、鶴形山の緑や倉敷川畔の柳並木と調和し、優れた歴史的景観を形成している。 天領地に栄えた商家のたたずまい 1642年(寛永19年)に天領地になり、代官が置かれた頃、倉敷村は新田開発等によって大きく発展し、川畔は以前にもまして活気を帯びていった。 寛政年間(1789~1801)になると、商業的な成功者が現れ、徳川初期から村を支配してきた「古禄」と、経済の発展で台頭してきた「新禄」は、激しい対立を繰り広げた。 現在残る保存地区の建物は、この時代の豪商の商家を原型とするものが多く、町並みの景観を特徴づけている。 建物の特徴としては、町家はほとんどが塗屋造りで、蔵はすべて土蔵造りになっている。 意匠としては、倉敷窓や倉敷格子(親つき切子格子)が特徴的で、白色漆喰仕上げになまこ壁のコントラストも美しい。 特に大きな商家が集まっていた倉敷川畔とその両側に続く町並みには規模の大きなものが多く、保存地区の主要な骨組みとなっている。 新しい時代の先覚者たちが開いた町並み保存の道 慶応4年に代官所が廃止され、明治維新によって社会が大きく変動すると、一時ほどのにぎわいはなくなった。 その一族は、経済活動と共に社会事業にも尽力し、倉敷の文化の発展に大いに貢献した。 彼らの発案で倉敷川畔にも洋風建築のモダンな美術館や建物が建てられたが、それがまた周辺の江戸期以来の建物や自然環境などと溶け合って、独特なムードを作りだした。 彼ら一族の中に、町並み保存の重要性に着目した人物がいた。 彼は「倉敷をドイツの歴史的都市ローテンブルクのようにしたい」との考えを抱いたが、戦争を目前にして実行に移すことはできなかった。 しかし、この思想は後の文化人に多大な影響を与え、建築や民芸といった立場での戦後の保存活動へとつながっていった。 昭和30年代後半、これら有志による先覚者主導型の活動は、行政・住民主体の取り組みへと拡大していった。 市は昭和44年には保存計画が告示し、「倉敷川畔特別美観地区」が指定した。 さらに昭和54年に「重要伝統的建造物群保存地区」(13. 5ha その後平成10年に15haに拡大)として国の選定を受けるまでになった。 また、平成2年には全国にさきがけ背景保全条例を制定した。 平成12年に景観法に基づく景観条例として改正し、積極的な保存対策を講じている。 400年近くの歴史をもつ町並み。 天災に見舞われることも少なく、戦災にも遭うことなく今日を迎えた。 しかし、それだけではよりよい保存は望めなかったにちがいない。 今日に至るまでには、町並みの文化的な価値にいち早く目を向けた先覚者たちの多大な尽力と、地域住民の町を愛する気持があったからであろう。

次の

倉敷美観地区の観光時間は?所要時間別モデルコースをご紹介!

倉敷 美観 地区

概要 [ ] 当エリアは倉敷市の美観地区景観条例に基づき定められたもので、同市本町全域、中央1丁目北部(前神町など)、東町・阿知2丁目・鶴形2丁目の各一部が含まれる。 広義の美観地区の面積は21. 0ヘクタールで、うち 伝統的建造物群保存地区(第一種美観地区)が15. 0ヘクタール、 伝統美観保存地区(第二種美観地区)が6. 0ヘクタールとなっている。 伝統的建造物群保存地区(周辺)は 倉敷川畔伝統的建造物群保存地区(くらしきがわはん でんとうてきけんぞうぶつぐん ほぞんちく)の名称で国のとして選定されている。 初期の19年()、のに定められた際に倉敷が当地区に設けられ、以来南部の物資の集散地として発展した歴史を持つ。 の畔から南側の街道一帯に白壁の屋敷や蔵が並び、天領時代の町並みをよく残している。 1969年に倉敷市の条例に基づき美観地区に定められ、(54年)に県内2件目の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。 また、(昭和5年)に建てられた日本最初の西洋美術館や(21年)に代官所跡地に建てられた旧工場の建物を改修・再利用した観光施設等も当地区を代表する建築物である。 主な建築物 [ ]• - 、2018年4月からその一部を一般公開• 有隣荘 - (昭和3年)に作られた大原家別邸、が宿泊したことがある。 通常は非公開• 倉敷館 - 、旧倉敷町役場。 現在は無料休憩所・案内所として利用。 井上家住宅 - 重要文化財、非公開• 楠戸家住宅 - 倉敷市重要文化財、国登録有形文化財、はしまや呉服店。 奥の旧:米蔵「夢空間 はしまや」がギャラリー、コンサートホール兼ねた喫茶空間として営業• 旧 - 登録有形文化財、建築家・の設計。 第一合同銀行倉敷支店として(11年)に竣工したルネサンス風建築。 内部も基本的に作られた頃のままに営業していた。 建物はその後公益財団法人大原美術館に寄贈されている。 2020年11月、大原美術館の新たな展示施設が開設予定。 三楽会館 - 旧倉敷郵便局• 倉敷美観地区 史跡・観光スポット [ ]• - 『』をはじめとする名画を多数所蔵する日本を代表する私立• 新渓園 - 大原美術館本館と分館の間にある日本庭園• 倉敷川 - 倉敷川に並び立つ柳並木と川舟流し。 かつてはとして利用されていた。 倉敷考古館 - 江戸時代築の米蔵を使用した考古学系。 (昭和25年)に開館• 日本郷土玩具館 - 江戸時代築の米蔵を使用。 おもちゃの博物館• - 江戸時代築の家屋を使用。 世界の生活用具を展示• 倉敷物語館 - 東大橋家住宅を改修、整備した観光文化施設、(平成21年)4月開館。 倉敷の歴史や文化を紹介する展示室、和室、会議室、多目的ホールなどを備える。 いがらしゆみこ美術館 - 少女漫画家の個人美術館。 『』以外 の、いがらしゆみこ作品を取り扱う。 記念館 - (平成20年)3月開館• - 旧。 ただし旧倉敷蜷川美術館がギリシャ・ローマ美術を取り扱ったのとは異なり、加計美術館は現代芸術を取り扱う。 店舗・宿 [ ] 宿泊施設• 旅館くらしき• 料理旅館 鶴形• くらしきの宿 東町• 吉井旅館• - (昭和38年)開業の倉敷初の本格的ホテル、設計者は• 倉敷サクラステイ• なお、奈良萬旅館は(平成18年)11月に閉館 店舗• 珈琲 エル・グレコ - 大原美術館に隣接する蔦に覆われた喫茶店。 大正時代末期の事務所跡に(昭和34年)、当時の倉紡社長により美術館鑑賞の余韻を楽しむ場所にと設けられた。 珈琲館• - 森田酒造が経営する日本各地の珍しい食材・調味料を扱うショップ その他 [ ]• 大山日ノ丸証券倉敷支店 - 旧北田証券。 2013年1月28日経営統合。 町屋をそのまま使った社屋。 倉敷公民館 - 1969年、倉敷文化センターとして開館。 定員387人のホールと音楽図書館等を備え、設計は。 倉敷本町郵便局 鶴形山 [ ]• - 重要文化財• 大山名人記念館 - 郷土出身である将棋の十五世名人の記念館• - (昭和35年)建築の前 : 、設計• 倉敷キリスト会館() - (大正12年)建築、設計。 一部は竹中幼稚園 、喫茶「シャロン」 として使用。 倉敷アンティークモール・倉敷貯金箱博物館• ギャラリーしをり - 江戸時代築の民家を使用したギャラリー• 倉敷昆虫館 - しげい病院内• 倉敷市歴史民俗資料館 - (大正4年)建築の旧・倉敷幼稚園舎、(昭和56年)に西中新田の現・市役所横に移築 美観地区で行われるイベント [ ] 春 [ ]• 倉敷春宵あかり• 倉敷雛めぐり• - 5月5日• ハートランド倉敷• 阿智神社春まつり(春季例大祭) - 5月第3土・日曜日 夏 [ ]• 倉敷天領夏祭り 秋 [ ]• 倉敷屏風祭• 阿智神社秋祭 - 10月第3土・日曜日• 倉敷国際ふれあい広場• 着物の着付け体験と写真撮影会 冬 [ ]• 和文化センター 投扇興• 着物の着付け体験と写真撮影会 通年イベント [ ]• 倉敷館コンサート - 5月〜7月 10月〜12月 毎週木曜日 計24回開催• くらしき朝市 三斎市 - 毎月第3日曜日 他イベントと同時開催されるイベント [ ]• 着物でぶらり!笑顔でパチリ!!ようこそ倉敷へ - 同時開催 : 倉敷雛めぐり、倉敷屏風祭 不定期イベント [ ]• 倉敷音楽物語 期間限定 [ ]• 倉敷2コイングルメ - 2012年1月12日〜12月31日• 倉敷天領寿司祭り - 2012年3月1日〜2013年2月28日 歴史 [ ] 今橋 年表 [ ]• (15年) - 皇太子()が倉敷に来訪、有隣荘に宿泊。 (5年) - 大原美術館開館。 (昭和12年) - 後の社長・がの・を訪れ、倉敷の町並み保存を思いついたと云われている。 (昭和22年) - 昭和天皇が日本全国巡幸、倉敷を訪れる。 (昭和23年) - 倉敷観光協会が本町、前神町、向市場町をに指定する。 (昭和24年) - 佐藤重夫が倉敷都市美協会結成。 倉敷の町並写真がに初めて掲載される。 (昭和25年) - 来訪。 倉敷考古館開館。 (昭和29年) - 来訪。 (昭和30年) - 倉敷市により倉敷川河畔の護岸工事との植栽が始まる。 (昭和31年) - が「倉敷 古い形の町、美術-」を発刊、倉敷の町並みが日本全国に紹介された。 中橋と倉敷考古館• (昭和42年) - 町並みの保存事業が本格的に始まり、翌年「倉敷市伝統美観保存条例」が制定。 (昭和48年) - 倉敷アイビースクエア開業。 (昭和53年) - 「倉敷市伝統的建造物群保存地区保存条例」が制定。 (昭和54年) - 国()により13. 5haの地区が「重要伝統的建造物群保存地区」として選定。 (2年) - 電柱・電線地下埋設工事が倉敷川畔両岸から始められた。 (平成10年) - 重要伝統的建造物群保存地区の追加選定により選定区域を15haに拡大。 (平成12年) - 「倉敷市美観地区景観条例」が制定。 (平成17年) - 夜間ライトアップが始まる。 (平成21年) - 、倉敷観光案内所倉庫が火災により全焼。 (平成26年)• 、倉敷川に残る旧倉敷紡績倉敷本社工場専用の荷揚げ場跡(倉敷市本町)で、舟荷の積み降ろしに使われたとみられるスロープ状の遺構が発見されたと倉敷市教育委員会が発表。 この年、地区内の主要な通りにおける電線類の地中化事業が完了。 ロケ [ ] CM [ ]• ・セシルチョコレート - 出演: - 場所 : 珈琲 エル・グレコ• ・ - 場所 : 料理旅館 鶴形• ・ご契約内容確認活動〜晩春篇〜 ドラマ [ ]• ・『鉄道捜査官 6 』(2005年10月1日)• ・『』第30部 第17話 : 『二枚目助さん女難の相』/倉敷(2002年5月6日放送・春の2時間スペシャル)• TBS・ 第1話(2015年4月26日放送) 連続テレビ小説 [ ] の(特に制作分)において、明治・大正期における繁華街の町並みの場面に使用される事がある。 『』(2011年) - 場所 : 倉敷館 旧倉敷町役場 、中橋から今橋付近• 『』(2014年) - 場所 : 倉敷館 旧倉敷町役場 、中橋から今橋付近 アニメ [ ]• ・『』 641話 8枚のスケッチ 倉敷編 映画 [ ]• 配給・『』(2004年)• 配給・『』(2012年) - 場面 : との決闘のシーン - 場所 : 中橋周辺 交通アクセス [ ] 倉敷駅から [ ] 徒歩• を南口から出て正面の「倉敷中央通り」を道なりに真っ直ぐ進むと徒歩15分で美観地区西側へ着く。 または同じく南口から出て左(西)へ向かって歩道橋を降りて「倉敷センター街 BIOS ビオス 」に入り、最初の十字路は南へ、途中の三叉路は左(南東)へ向かうと同程度の時刻で美観地区北側へ着く。 なお、どちらのルートでも自転車と自動車には注意すること。 【補足】倉敷駅南口は通路が左右(東西)に分かれるが、2階通路を右(西)へ向かうと、西ビル()建物の2階にある「くらしき駅前観光案内所 」へ行くことができる。 自転車• 西日本が運営するレンタサイクル が利用可能。 倉敷駅南口の建物内の右(西)側階段で1階へ下りてそのまま西に向かうと、西ビル北側に白い建物がある。 倉敷駅南口バスターミナルでバスに乗車し、「大原美術館前」で下車。 詳しくはバス路線の検索サイト などで調べられる。 タクシー• 倉敷駅南口の建物内の左(東)側階段で1階へ下りるとロータリーにタクシー乗り場がある。 倉敷駅まで [ ] 在来線• 広島・三原方面から倉敷駅 : 上り• 姫路・岡山方面から倉敷駅 : または下り• 新見・米子方面から倉敷駅 : 伯備線上り• 児島・宇野・四国方面から倉敷駅 : 上り、で山陽本線または伯備線下りに乗り換え。 新幹線• 広島・博多・鹿児島中央方面から倉敷駅 : 上り、で在来線(山陽本線または伯備線)下りに乗り換え。 3km下りに離れているため、在来線上りへの乗り換えが必要となる(片道の乗車時間は8分)。 新大阪・東京方面から倉敷駅 : 山陽新幹線下り、岡山駅で在来線(山陽本線または伯備線)下りに乗り換え。 高速バス• ・・・・・から倉敷駅北口へ高速バスが運行 - 詳しくはを参照。 飛行機• - 詳しくはを参照。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• およびによる。 「倉敷川畔」(くらしきがわはん)の読みは以下に基づく• まっぷるマガジン 岡山倉敷蒜山高原 昭文社 2018年 付録p4• 中国銀行ニュースリリース2015年10月19日• 中国銀行ニュースリリース2015年10月19日• 大山日ノ丸証券 2012年10月29日. 2017年2月22日閲覧。 2014年1月22日. の2014年2月2日時点におけるアーカイブ。 2014年9月2日閲覧。 山陽新聞 山陽新聞社. 2014年11月12日. 2014年11月17日閲覧。 参考文献 [ ]• 『倉敷美観地区の歴史』 編集・出版・発行 倉敷市教育委員会文化財保護課 2002年11月発行 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• (福岡県八女市)• (福岡県八女市)• (福岡県うきは市)• (福岡県うきは市)• (福岡県朝倉市)• (佐賀県鹿島市)• (佐賀県鹿島市)• (佐賀県嬉野市)• (佐賀県有田町)• (長崎県長崎市)• (長崎県長崎市)• (長崎県平戸市的山大島)• (長崎県雲仙市)• (大分県日田市)• (大分県杵築市)• (宮崎県日南市)• (宮崎県日向市)• (宮崎県椎葉村)• (鹿児島県出水市)• (鹿児島県薩摩川内市)• (鹿児島県南九州市)• (鹿児島県南さつま市)• (沖縄県渡名喜村)• (沖縄県竹富町) 正式な保存地区名についてはを参照のこと•

次の