10 万 円 金貨 買取。 【天皇陛下御在位60年記念10万円金貨】の買取価格、相場と詳細について

【天皇陛下御在位10年記念硬貨】の買取相場、おすすめ買取業者をまとめてご紹介

10 万 円 金貨 買取

天皇陛下御在位10年記念500円白銅貨は、表面には富士山と菊が描かれており、裏面には菊花紋と桜、そして橘が描かれています。 天皇陛下御在位10年記念500円白銅貨の買取相場ですが、 発行枚数が1500万枚と比較的多いことから、際立ったプレミア価値は今のところ付いていません。 よって、 買取価格は額面通りの500円前後から、美品であれば稀に600円前後の買取価格になるケースもあります。 価値が額面を大きく超えていない記念硬貨ですし、支払いなどでそのまま使ってしまっても問題ありませんが、他にも買取を検討している記念硬貨が有れば、一緒に買取に出してみても良いかと思います。 天皇陛下御在位10年記念1万円金貨について 買取情報等 天皇陛下御在位10年の当時について 天皇陛下御在位10年記念硬貨は、 1999年(平成11年)、昭和天皇がご即位してから10年を迎えたことを記念して発行された記念硬貨です。 日本の記念硬貨には天皇陛下に関連したものが数多くあり、以前には「天皇陛下御在位50年記念硬貨(昭和51年)」や「天皇陛下御在位60年記念硬貨 昭和61年 」なども発行されていました。 1999年に御在位10年を迎えた天皇陛下は、皇后陛下とご一緒に「天皇陛下御在位10年記念式典」に出席されました。 天皇陛下御在位10年記念式典は、国立劇場にて、政府主催で1999年11月12日に行われました。 1999年はご即位10年を記念する催しが数多く行われ、皇居東御苑にて装束特別展や旛類特別展、盆栽特別展などが開催された他、三の丸尚蔵館においても沢山の特別展が行われました。 他、京都御所が日付限定で特別公開されたり、雅楽特別演奏会が行われるなど、沢山の人々がご即位の10年をお祝いしました。 天皇陛下御在位10年記念硬貨は1999年の12月に発行され、1万円金貨の図柄には「鳳凰」が採用されました。 「鳳凰」とは、古来より伝わる想像上の瑞鳥で、日本においては天皇陛下御在位10年記念1万円金貨の他、実は1万円札の意匠としても採用されています。

次の

天皇陛下10万円記念金貨の買取はいくら?

10 万 円 金貨 買取

金貨表面デザイン 鳳凰と瑞雲 金貨裏面デザイン 菊の御紋と桐と唐草 発行枚数 200万枚 10万円金貨の気になる価値や相場ですが2018年7月現在では13万円前後となっております。 主に金相場で買取価格が変わるのですが、まだまだ金は高値が続いています。 この価格価値のまま今後も安泰かというとそんなことはありませんので売り時を逃さないよう、このページで常に価格をチェックしてください。 売り時を逃して、後悔だけはしないようにしてください。 プルーフ金貨や、白銅貨とのセットはこちらのでご確認いただけます。 天皇陛下御即位記念硬貨は、1990年(平成2年)4月10日に上皇陛下が天皇に即位されたときに日本造幣局より発行されました。 天皇御即位記念金貨(平成2年天皇陛下御即位記念10万円金貨)は 純金製で発行枚数は200万枚。 そのうち10万枚は、天皇陛下御即位記念金貨と500円白銅貨のセットでした。 因みに、皇嗣が新たに皇位に就くことを「即位」と言います。 古代では簡素な儀式が行われていたようですが、平安時代には皇位の継承である践祚と「即位」が別の儀式となり、唐風の儀式が江戸時代まで続きました。 明治時代には儀式の内容が細かく規定されましたが、1947年(昭和22年)、同令は旧皇室典範と共に廃止となり、即位の礼を行う定めがありますが内容についての規定は無く、そのため、大嘗祭をどの様に行うのか、昭和天皇の崩御前後から様々な(政治・思想的)論議が起きました。 天皇(明仁天皇)の即位の礼・大嘗祭を巡る儀式は、1990年(平成2年)1月23日の期日奉告の儀から始まり、1年間にわたり関連行事が行われました。 天皇陛下10万円金貨の買取価格はいくら?高く売るためのコツ! 日本で流通している貨幣の最高額面といえば、1万円札ですが、実は1万円以上の額面を持つ貨幣があることをご存じでしょうか。 その貨幣とは、天皇陛下の御即位や御在位を記念してつくられた純金の記念硬貨のことで、俗に「10万円金貨」と呼ばれています。 普通のお金として使えるのはもちろん、純金であるため資産的な価値も非常に高い魅力的な一品です。 今回は、このページに記載されている御即位10万円金貨の基礎情報をはじめ、高く売るためのコツなども徹底解説していきます。 バラエティ豊富な10万円金貨 10万円金貨は、天皇陛下の御代を記念してつくられた品物です。 こう聞くと、希少性の高い唯一の品というイメージがありますよね。 ところが、実際には10万円金貨は2種類つくられており、しかもそれぞれに複数のパッケージが存在します。 意外とバラエティ豊かなラインナップを持っているので、詳しく見ていきましょう。 種類によってさまざまな特徴が! 10万円金貨には、「天皇陛下御即位記念金貨」と「昭和天皇陛下御在位60周年記念金貨」という2種類が存在しています。 天皇即位10万円金貨は、平成2年4月10日に上皇陛下の天皇御即位を祝して発行されました。 表には鳳凰、裏には菊の紋章が美しく刻印され、偽造防止のための認証番号が記載されているのが特徴です。 御即位記念金貨は、「」と「」の2種類に分かれています。 プルーフは10万円金貨のみ、白銅貨セットは10万円金貨に額面500円の白銅貨がプラスされたものです。 白銅貨は銅とニッケルでつくられているため、金貨と比べるとあまり資産的価値は期待できません。 販売価格もそれぞれの貨幣の価値を反映し、プルーフは10万円、白銅貨セットは10万500円でした。 昭和天皇の10万円金貨は、昭和61年と62年に御在位60周年を記念して発行されたものです。 表には鳩、裏には天皇家の証である菊の紋章が刻まれています。 こちらの金貨は、「金貨(昭和61年版・昭和62年版)」「1万円銀貨」「500円白銅貨」の3種類がつくられました。 それぞれ単体で発行されたほか、金銀銅貨がセットになったもの、昭和61年と62年に発行された金貨がセットになったものも発行されています。 金貨1枚の販売価格は10万円、金銀銅貨セットは11万500円、金貨2枚がセットになったものは20万円で販売されていました。 額面は同じでも価値が違う? 一般的に、額面が同じ貨幣は価値も同じです。 しかし、10万円金貨に限っては、額面が同じでも種類によって価値が大きく変わるケースがあるのです。 2種類の10万円金貨がどのように価値が異なるのか、具体的に見ていきましょう。 価値が高いのは「天皇御即位記念金貨10万円金貨」! 同じ10万円の額面を持つ金貨ですが、即位10万と在位10万の金貨とでは大きな違いがあります。 まず、昭和天皇在位の金貨は非常に多く販売されたため希少価値が低く、偽物も多く出回っているためあまりプレミアがつきません。 しかも、天皇即位10万円の金貨は約30gあるのに対し、昭和天皇在位の金貨は約20gと金の質量も少ないのです。 たった10gと思うでしょうが、金の相場価格によっては価値に数万円の差が出ることもあるため無視できないポイントになります。 このような理由により、残念ながら昭和天皇御在位60周年記念金貨の価値は低くなってしまうのです。 御在位60年記念10万円金貨は金20gで出来ています。 この重量ですと2018年8月10日の相場で90,000円前後です。 これを銀行で両替すれば額面通りの100,000円になります。 御即位記念10万円金貨は30gで出来ています。 この重量ですと2018年8月10日の相場で135,000円前後です。 天皇御即位記念10万円金貨を持っているならチャンス! 天皇の即位10万円金貨は、もともとの発行数も在位60年に比べて多くなく、偽造防止用の認証番号もつけられています。 それに加え、使用されている金も約30gもあることから、買取価格もぐっと高まります。 思わぬ臨時収入になる可能性もあるので、眠らせたままになっている天皇の即位10万円金貨があれば、ぜひ買取に出してみましょう。 天皇即位金貨を売るときは金相場にも注目しよう 10万円金貨の買取価格を決めるうえで、注目したいポイントがあります。 それは、ずばり「金相場」。 金相場とは何なのか、なぜ金相場が買取価格に影響するのかなど、買取に出す前に知っておきましょう。 金相場と買取価格の関係 金相場とは、金を売買する際に目安となる取引価格のことです。 市場に金が多く出回っているときは価値が下がり、逆になれば価値が上がるケースが多いです。 それ以外にも、その国の経済状況や社会情勢などによっても金相場は変動するため、一概に相場が決まっているわけではありません。 相場価格から金1gあたりの買取価格を決め、金の質量を計算して買取価格が決まります。 少しでも高く10万円金貨を買い取ってもらいたいなら、金相場が高い時期を見計らって売ることが大切です。 ちなみに、天皇即位の10万円金貨は約30gあるため、金買取相場が5千円のときに買取に出せば15万円になります。 もし金買取相場が4千円になれば12万円でしか買い取ってもらえないので、3万円も損してしまいます。 また、昭和天皇の10万円金貨は20gなので、金買取相場が5千円でも10万円にしかなりません。 しかも、金買取相場が4千円になれば買取価格8万円となり、額面割れしてしまう可能性もあります。 同じ額面10万円の金貨なのに、このように買取価格に差が出るのは驚きですよね。 天皇即位の10万円金貨だったとしても、金相場次第で得をするか損をするかが変わるので、注意深く相場をチェックしておきましょう。 注意!買取価格は金貨の状態によっても変わる ホームページには、10万円金貨の通常買取価格を表示しています。 ただ、どんな状態の金貨でもこの価格で買い取れるとは限りません。 傷や汚れ、付属品類の欠品など状態によっては買取価格が下がる可能性もあります。 表示買取価格通りに買取価格が確定するわけではないので、買取を決める前に査定依頼や問い合わせをしておくと安心です。 高く売るには「グレーディング」がおすすめ せっかく手に入れた10万円金貨があるなら、少しでも高く売りたいと思いますよね。 そんなときは、手元の金貨を国際的鑑定機関でグレーディングしてもらいましょう。 金貨の価値を高められる可能性もあるグレーディングについて、詳しく解説します。 グレーディングのメリット グレーディングとは、国際的に認められている鑑定機関による「格付け」のことです。 適切な手順を経てグレーディングされたコインは、真贋はもちろん、コインとしての状態まで証明されたことを意味します。 これにより、客観的な価値が判断しやすくなるだけでなく、鑑定機関によるお墨付きを得られたことになるため、通常品よりも価値が高くなりやすいのです。 手持ちの10万円金貨の価値がよくわからない、箔をつけたいという場合は、鑑定機関に依頼してみましょう。 この場合、豊富な実績によって多くの貨幣愛好家から信頼を集める機関を選ぶのがポイントです。 グレーディングすると数万円アップの可能性も! グレーディングされるということは、プロによる鑑定が済んだ本物だという証です。 このため、グレーディングされているだけで数千円アップすることもあり、中には数万円も買取価格がアップするケースもあります。 もちろん、10万円金貨の状態によっては確実にアップするとは限りませんが、可能性は高まります。 買取価格がアップすれば、昭和天皇御在位60周年記念金貨も価値が高まり、買い取ってもらえる可能性もあるのです。 要注意!高く売るためのコツ 少しでも高く売ろうとして、10万円金貨にいろいろと手を加えてしまう人もいます。 しかし、硬貨・古銭・紙幣、古紙幣は発行されたときの状態に近いほど価値が上がるもの。 手を加えれば、逆に価値を損なってしまうおそれもあるのです。 そんな悲しい事態を避けるために、やってはいけないことや高く売るためのコツを覚えておきましょう。 無理に手入れをしない 保管状態によっては、10万円金貨がくすんだり汚れたりしてしまうケースもあります。 普通の中古品売買の場合、品物を高く売るためには掃除をしてきれいな状態にしておくことが欠かせません。 同様に10万円金貨も同じように掃除をしたくなりますが、それは絶対にやめましょう。 磨いたり洗浄したりすると、金貨の状態を悪くする可能性もあります。 いっそ、何もしないほうが価値が高かったというケースもありえるので、保管していた状態のまま買取に出すようにしましょう。 売り時の見極めが大事!金相場を必ず確認 金の買取価格は、相場に左右される部分が大きいです。 せっかく金貨を持っていても、金相場が低いときに売れば損をしてしまいます。 少しでも高く売るためには、相場をしっかりと見極めることが大切なのです。 ただ、金相場がどう動くかは誰にもわかりません。 自分では今がピークと思って買取に出しても、その後も上昇し続けて悔しい思いをする可能性もあります。 逆に、上昇するだろうと見込んで売らずにいたのに、どんどん相場が下降して売るに売れなくなるケースもあります。 このように、金相場の動向によって10万円金貨の買取価格が大きく変わるので、相場の動向はこまめに確認しておきましょう。

次の

10万円金貨の価値と買取相場!天皇陛下御即位記念・昭和天皇御在位60年記念

10 万 円 金貨 買取

銀行に行けば10万円。 記念硬貨の買取専門店に行けば?万円 もし二つの10万円金貨を銀行に持っていくとどうなるか。 もちろん、それぞれ両替となり額面と同じ10万円と引き換えとなります。 銀行では記念金貨や記念硬貨を、普段使用するお金に額面通りに換金してくれます。 銀行では記念金貨に書かれた額面10万円として両替される二つの金貨ですが、そのまま額面通りの10万円としての価値しかないのかというと、そんなことはありません。 なぜなら金貨に使用されている「金」としての価値のほうが今ははるかに高いからです。 そのときの金の買い取り相場によりますが、金がおよそ1グラム4,500円の価値があるとして、30グラムの金貨ならば1グラム4,500円計算で135,000円もの価値があることになるからです。 額面の10万円より35,000円も高いんです。 買取店で10万円以上で売れるなら買取店で売却したほうがよいですよね。 誤解の無いようにはじめに言っておきます。 金の価値として値付けするといっても、金として買い取って、鋳潰して別の用途にしたりするわけではありません。 通貨なので鋳潰したりしたら犯罪です。 金としての価値がある事と、金として利用する事とは別の話です。 希少価値などと同様に素材価値があるというだけです。 話を戻しまして、このように「金」の素材価値があるため、普通は銀行には行かず、記念硬貨の買取専門店で買取してもらうのですが、ここで本題の「同じ10万円金貨なのにまったく価値が違う」です。 それぞれの10万円金貨を買取店などで売却するために持って行くと、二つの金貨は残念ながら同じ買取価格にはなりません。 同じ10万円金貨なのにどうして価格が違うのか不思議ですよね? 銀行や金融機関で換金される場合は繰り返しとなりますが10万円という「貨幣」のみの価値となります。 では金貨や古銭買取店で売却する場合はどうなるのでしょう。 記念金貨は「金」の価値で価格が計算されるというのはさきほど述べた通りですが、それ以外にも「希少性」「コインの状態」などにより金貨の値段が変わったりもします。 では、こちらの天皇陛下御即位記念10万円金貨と天皇陛下御在位60年記念10万円金貨の場合はどうでしょうか。 この二つの金貨は買取店で売却する場合に、どんな違いでそんなにも買取価格に差が生じるのでしょうか? たかが1g、されど1g。 金の世界では結構重い1g その差純金10グラム。 では、その純金10グラムの重さの違いで買取の価格にどれほどの違いがでるというのでしょうか? 金の買取価格というものは、世界の政治や経済の動きで価格が変動する「金相場」の影響を受けます。 これらの10万円金貨が発行された当初よりは、近年の金の価値・相場のほうが高く、上昇傾向にあります。 そして2018年の金相場で考えた場合、1gの純金買取価格はおおよそ4,500円ぐらいです。 金相場が4,500円〜5,000円なら45,000円〜50,000円となります。 これではっきりと二つの金貨に大きな差が生じたことがお解かりいただけたかと思います。 上記の価格はあくまで相場を仮に設定した一例です。 上記のように、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨は額面の10万円のほうが高いため、金融機関での両替えをおすすめする場合がございます。 なぜ御在位60年記念の金貨はこんな仕様なのか なぜ在位60年はこんなに金の量が少ないのかというと、当時の政府がコストを抑えた金貨を高い額面でばら撒いて、その差益で財源確保しようとしたのと、アメリカとの貿易摩擦が問題で、材料の金を大量にアメリカから輸入することで外交問題を緩和しようと政府が考えたからです。 この10万円金貨は1000万枚製造して、発行総額は1兆円。 製造費などもろもろ計算しても額面の半分以下の原価でした。 どうせ殆ど通貨としては使われないと考えて、額面価格で販売(引き換え)しました。 差益の約5500億円が国に入ることになります。 こういったお国の事情でこの金貨は少ない質量で作られたのです。 収集型金貨は地金型に比べて少量製造されます。 額面は製造コスト以下で、高額で販売されます。 御在位60年記念の金貨はというと、地金型金貨でもなく収集型金貨でもない、特殊な位置付けで発行されました。 御在位60年記念は製造コストより高い額面で大量製造し、その額面価格のままで販売ということになりました。 これはどういう事かと言うと、約4万円の製造コストで容易に10万円の価値を生み出せるという事です。 天皇陛下御在位60年記念10万円金貨は1990年の1月に大量偽造が発覚しました。 61年度は1000万枚発行され62年度は100万枚発行されたのですが、偽造されたのは61年銘柄のみ。 約11万枚が偽造されたと発表されています。 本物から型を取り、純金を使用するという単純な方法で簡単に偽造できます。 しかも大量発行していて、額面価格で引き換えされたとても身近な金貨なので、偽造金貨が大量に流通していても怪しまれないんですから大変です。 この事件後に発行された日本の記念金貨は、普通の収集型金貨と同様になり、偽造防止の対策もされました。 天皇陛下御在位60年記念 10万円金貨のお買取について 天皇陛下御在位60年記念10万円金貨は単体では両替相当品で買取価格も額面通りとなります。 その日の店頭状況によっては買取をお断りすることもございます。 ご了承ください。 こちらのは金融機関での換金・両替がおすすめです。 額面通りの10万円の価値の金貨貨幣なので10万円となります。 御在位60年記念10万円金貨の単体は買取しておりませんが、はお買取しておりますので、こちらの61・62年銘2枚セットの売却をお考えのお客様は当店をぜひご利用ください。 天皇陛下御在位60年記念10万円金貨の現在買取価格はをご覧ください。

次の