ワンズ 再 結成。 【動画あり】ガンズ・アンド・ローゼズの再結成ツアーの客席にまさかの “あの人” が! ネットの声「なんてこった!」「クソ素晴らしい」

【ライブレポート】WANDS、19年8ヶ月ぶりに復活「覚悟を決めてやろうと思います」

ワンズ 再 結成

1960年代後半にグループサウンズの代表的バンドとして活躍した「ザ・ワイルドワンズ」のリーダー・加瀬邦彦(かせ・くにひこ)さんが20日に都内の自宅で自殺していたことが22日、分かった。 74歳。 東京都出身。 14年2月に下咽頭がんを発症。 自宅療養しながらステージ復帰を目指していたが、最近は体調を崩し精神的に不安定だったという。 通夜は27日午後6時から、葬儀は28日午前11時から、東京都文京区大塚5の40の1、護国寺桂昌殿で。 喪主は妻・泰子(やすこ)さん。 グループサウンズブームの中心で活躍し、12弦ギターの音色で人気を博したギタリストが、衝撃的な死を遂げた。 所属事務所はこの日、加瀬さんの死因を「自死」と発表した。 加瀬さんは14年2月に下咽頭がんを発症。 同3月に手術を受けた。 手術は成功し、呼吸用のチューブを喉に通して生活していたが、自らチューブをふさぎ呼吸不全の状態にして命を絶ったという。 21日朝に泰子夫人が自宅で発見した際には、すでに亡くなっており、検視の結果、20日の午後9時に死亡したと診断されたという。 ステージ復帰を目指し自宅療養を続けていた。 だが、体調がすぐれないことに加え、精神的にも不安定になっていたという。 喉にチューブを通したことで発声にも影響があり、完全な形で復帰するのは難しいと自身も感じていたようだ。 関係者は「音楽が好きでライブがしたいのにステージに立てないことに対する葛藤があったのでは」と話した。 加瀬さんは、高校の時に加山雄三からギターを習い、それをきっかけに音楽の道へ進んだ。 慶大在学中に「ザ・スパイダース」「寺内タケシとブルージーンズ」に参加。 66年にに「ザ・ワイルドワンズ」を結成し、同年11月に「想い出の渚」でデビューした。 71年の解散後は、音楽プロデューサーとしても活躍。 沢田研二の「危険なふたり」「TOKIO」などヒット曲を世に送り出した。 81年にはワイルドワンズを再結成した。 94年に食道がんを患うも、手術を経て乗りこえていた。 だが、再び病魔に襲われ、復帰のステージに立つ前に、自ら人生というステージに幕を引いてしまった。

次の

WANDS、復活!! なお、上杉昇は

ワンズ 再 結成

「第〇期」で数えると、一番多くの期間在籍しているのは柴崎だが(第3期以外全て)、実質的な活動期間で換算すると、一番長く在籍しているのは木村になる(1992年9月頃~2000年、2019年~)。 来歴 [ ] 結成、デビュー 〜 解体(1991年 - 2000年) [ ] 夏頃、の音楽プロデューサーを介し、当時のBeing音楽振興会(後の)在籍の上杉と、BADオーディション(Being Artist Development Audition)で最終選考に残っていた柴崎、のサポートメンバーとして活動していた大島を加えて結成。 同年12月にシングル『』でデビュー。 7月、3rdシングル『』を発表。 この作品を最後に、大島が自身のユニット を結成するために脱退。 後任として、柴崎の時代の知人であった木村が加入。 1992年の『』に中山がこの曲で出場した際、WANDSもサポートの形で参加した。 『もっと強く抱きしめたなら』も、オリコンチャート登場29週目にして1位となりミリオンセラーを記録する。 2月、4thシングル『』、4月には同名のアルバム『』を発表。 いずれもオリコンチャート1位、ミリオンセラー記録の大ヒットとなり、日本の音楽界においてトップアーティストとしての地位を確立する。 1993年度はシングル4,112,008枚、アルバム3,187,564枚の売り上げを記録し、第8回を受賞した。 以降1995年まで、シングル『』『』、アルバム『』『』が、それぞれミリオンセラーを記録。 シングル『』『』もオリコンチャート1位獲得のヒットとなった。 12月、10thシングル『』を発表。 2ndシングル以来のメンバーのみの手によるシングル曲で、上杉が志向する欧米的な流れである風ののサウンドを如実に示すものであったが、当時の日本での売れ筋J-POP路線とは一線を画していたため前作から大幅に売上を落とす結果となった。 しかし現在ファンの間では再評価され、上杉自身も「この曲が今の自分の音楽の原点となった。 」と発言している。 2月、11thシングル『』を発表後、長戸が求めるWANDSのスタイルと音楽性との違いを理由に初頭に上杉昇と柴崎浩が脱退(後に2人は を結成)し、活動を休止。 ビーイングが「WANDS」の名前を商標登録していたため、残った木村真也は2代目ボーカルに和久二郎、ギターに杉元一生を迎え、第3期WANDSとして活動を再開する。 9月、当時デビュー直後であったの楽曲提供により、12thシングル『』を発表。 その後ものやとしてデビューする前のからの楽曲提供を受け、シングル4枚、オリジナルアルバム1枚を発表したが、3月に公式サイト上で「解体」(解散)を表明した。 ののアルバム『』のレコーディングに柴崎と大島が参加。 以前からT. Revolutionのライブにサポートメンバーとして参加していた柴崎の仲介で大島を起用できたとがインタビューで語っている。 に行われた西川主催のチャリティーライブ『STAND UP! JAPAN 中央共同募金会』では前述のアルバムで大島が編曲とキーボード、柴崎がギターを手掛けた「」を大島、柴崎を含むメンバーでライブ演奏している。 2人のライブでの共演はWANDS時代を含め初めてであった。 イベント終了後、2人が「WANDSとしてサインした」という大島がWANDS時代に使用していたシンセサイザー、がチャリティーオークションに出品された。 、杉元(現・安保)が出演したライブに、和久が、本名の"松元治郎"名義でゲストボーカルとして参加。 の「」を歌唱している。 2人のライブでの共演はWANDS時代を含め初めてであった。 その後、に松元は安保の支援を受けて音楽活動を再開。 同年10月にリリースされた松元の初ソロアルバム『』は、安保がを務めており、収録曲「Journey」のは「作詞:松元治郎 作曲:木村真也 編曲:安保一生」といった第3期メンバーの並びとなった。 に開催された初ワンマンライブ『松元治郎 1st LIVE』で、松元と安保が再び共演した。 、『松元治郎 2nd LIVE』では引き続き安保が参加、スペシャルゲストとして木村が参加したことで、第3期WANDSのメンバーが全員揃っての初のライブとなり、第3期WANDS時代の楽曲(シングル曲全て)も披露された。 再始動(2019年 - ) [ ] 、新ボーカリストを3代目ボーカルに迎え第5期として活動を再開することを発表した。 プロデューサーの長戸は2018年からWANDSの再始動に向けて動いており、大島康祐、柴崎浩、上原大史の3人体制を第4期とし、楽曲の制作を行なっていた。 その後大島は制作に専念し、木村がメンバーに加わることが決定。 上原、柴崎、木村の3人で第5期の活動となった。 に行われるフリーライブ『DFT presents ONTO vol. 6 』の模様をで生配信、にシングル『』を発売することが併せて発表された。 にWANDS第5期としては初めての楽曲となる、『』をリリース。 この曲はテレビアニメのOP曲に起用された。 同年には『』をリリースし、オリコンのデイリーチャートで初登場首位を獲得した。 なおこの曲は『』の主題歌に起用されている。 上杉は『V-net LUNCH BARKS』の第452回において、「上杉」の苗字のスペルが、第一期に使用していた本来の表記である『 Uesugi』ではなく「 Wesugi」にしている理由を、「ゴロ合わせが好きなプロデューサーだったので、「 U」じゃなくて「 W」の方が見てくれもかっこいい、ということから始まった」と発言している。 [ ]第3期メンバーの和久( Waku)と杉元( Sugimoto)、第5期メンバーの上原 Wehara)も、芸名の苗字の頭文字が「 W」と「 S」になるように付けられている。 』 愛を語るより口づけをかわそう 2008年8月20日 Various Artists『』 もっと強く抱きしめたなら 2008年10月22日 Various Artists『』 2009年10月7日 Various Artists『オーライ! 元気になれるうた』 時の扉 2009年12月- Various Artists『』 恋せよ乙女 世界が終るまでは… 世界中の誰よりきっと 〜Album Version〜 Jumpin' Jack Boy 2020年3月25日 Various Artists『』 真っ赤なLip TV size 2020年4月8日 Various Artists『 mixed by 』 恋せよ乙女 もっと強く抱きしめたなら ネット配信 [ ] 90's J-POP ARCHIVE -WANDS-(2008年11月1日) Musingで配信されている『LIVE-JUNK 2 PIECE OF MY SOUL』(1995年5月25日 中野サンプラザ)のライブ映像集。 2006年11月ににて放送された同名の番組と同様の内容である。 未発表アルバム [ ] バラード・ベストアルバム(仮) 当時、1998年(の『』と同時発売)発売予定と公表されていたが、延期になり、発売中止となった。 詳細等は不明。 品番JBCJ-1019。 予価1998円。 「ありふれた言葉で」「Little Bit... 」「このまま君だけを奪い去りたい」「DON'T CRY」など全11曲収録予定だった。 タイアップ一覧 [ ] 曲名 タイアップ 収録作品 寂しさは秋の色 ・系"おんなの企業サスペンス"『』挿入歌 シングル『』 ふりむいて抱きしめて 系『』オープニングテーマ シングル『』 もっと強く抱きしめたなら CMソング シングル『』 世界中の誰よりきっと フジテレビ系ドラマ『』主題歌 シングル『』 世界中の誰よりきっと フジテレビ系ドラマ『誰かが彼女を愛してる』挿入歌 時の扉 テレビ朝日系『』主題歌 シングル『』 愛を語るより口づけをかわそう 「ブティックJOY」CMソング シングル『』 果てしない夢を 系『』テーマソング シングル『』 恋せよ乙女 三貴「ブティックJOY」CMソング シングル『』 Jumpin' Jack Boy スキーウエア「インパルス」CMソング シングル『』 世界が終るまでは… テレビ朝日系『』エンディングテーマ シングル『』 Secret Night 〜It's My Treat〜 系『』1995年1月・2月度オープニングテーマ シングル『』 Same Side テレビ朝日系『』エンディングテーマ シングル『』 「」CMソング WORST CRIME〜About a rock star who was a swindler〜 TBS系『COUNT DOWN TV』1996年2月度オープニングテーマ シングル『』 錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう フジテレビ系アニメ『』エンディングテーマ シングル『』 Brand New Love 「&」CMソング シングル『』 明日もし君が壊れても テレビ朝日系アニメ『』エンディングテーマ シングル『』 「今日、ナニカノハズミデ生きている」 TBS系『』1999年3月度エンディングテーマ シングル『』 FREEZE 用ゲームソフト「Cybernetic EMPIRE」イメージソング AWAKE ミズノ「インターナショナル」CMソング アルバム『』 真っ赤なLip ・テレビアニメ『』オープニングテーマ シングル『』 抱き寄せ 高まる 君の体温と共に 『』主題歌 シングル『』 ライブ [ ] 単独ライブが開催されたのは第2期の1993年 - 1995年のみ。 日程 ライブタイトル 開催場所 VIDEO SHOOTING - LIVE-JUNK 0 - LIVE-JUNK 1 KEEP MY ROCK'N ROAD 22日 - 24日 - - LIVE-JUNK 2 PIECE OF MY SOUL 4月14日 - 17日、18日- 24日 - 5月1日、2日 - 中野サンプラザ 8日 - 9日 - 11日 - 24日、25日 - 中野サンプラザ 共演したアーティスト [ ]• (REV)• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2008年1月12日. 2019年8月5日閲覧。 、 - Issei Ambo "Private Management"にて、ライブの模様がアップされている。 - Issei Ambo "Private Management"より• - Issei Ambo "Private Management"より• の『BAND MEMBER』参照。 『』を提供したも、ゲストで参加した。 2019年11月13日閲覧。 音楽ナタリー 株式会社ナターシャ. 2019年11月27日. 2019年11月27日閲覧。 CCCミュージックラボ株式会社 2020年3月15日. 2020年3月15日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ].

次の

【動画あり】ガンズ・アンド・ローゼズの再結成ツアーの客席にまさかの “あの人” が! ネットの声「なんてこった!」「クソ素晴らしい」

ワンズ 再 結成

私も、仮に声が掛かっていたとしたら、上杉さんが断っただろうと思いますし、最初から打診していない可能性もあると思います。 ファンとしては、幻に終わったAL『Burn the Bridge』を再び!という願望がないわけではないです。 ただ、今の上杉さんは、自分で表現したいことが明確にあってソロと猫騙をやっていますし、「元WANDS」というイメージを乗り越えていこうと奮闘していることを思えば、「WANDS再結成」に加わって欲しいとは思いませんでした。 たしかに近年は、中国や台湾で「世界が終るまでは…」などのWANDS曲を披露する機会も増えてきましたが、それとこれとは話が別かと。 新ボーカリスト・上原さんについては「可もなく不可もないけど、若そうだな」くらいの印象です。 上杉さんとは全然違いますが、半端に似せるくらいなら、違う個性であった方がいいとも思います。 イニシャルが「Wehara」になるようにしたところは御約束ですね。 願わくば、良い曲を発表してくれて、「WANDS再評価」に繋がって、それが歴代メンバー達のキャリア再評価にも繋がって(特に柴崎さん!)、さらに、参加していない上杉さんのソロに目を向けてもらえる契機になってくれれば本望なので、往年のファンの皆様には温かい目で見守ってほしいな~・・・と思っている、ファン歴27年の40歳でした。 上杉さん自体WANDSの音楽スタイルでやりたいと思っていなかった。 元々はLOUDNESSにあこがれていたのでハードロック系をやりたかったけど、どちらかと言えばポップス色の強いバンドだった。 別にWANDSそのものが嫌いだったわけではない。 でもやっぱりやりたい音楽じゃなかった。 そしてビーイングから完全に離れていきました。 ビーイング側は最初から声をかけなかったと思います。 仮にかけても来ないと思ったと思いますね。 事務所がB'zの二番煎じじゃないけど、作りたくて作ったバンドみたいなものですから。 初期メンバーの大島さんも裏方に回るという事でビーイングを止めずにバンドから脱退とかしていますから。 同じビーイングでもB'zは最初の路線と途中からの路線変更がありましたけど、あれも本人たちの考え、それと売れているからできたってのもありますね。 やりたい事をやって残っているB'zとやらされた感が強くて結局一度解体したWANDS。 上杉さんのやりたいようにやらせてくれたらWANDSも解体とか無かったかも。

次の