気遣いありがとうございます 英語。 お気遣いありがとうって英語でなんて言うの?

「お気遣いありがとうございます」とは?意味や使い方をご紹介

気遣いありがとうございます 英語

「気遣い」とは、「あれこれと気をつかうこと・心づかい・配慮」という意味があります。 それに尊敬 丁寧 語の「お」つけたものが、「お気遣い」。 つまり、 「お気遣いありがとうございます」とは、相手が自分のために気をつかってくれることや配慮してくれることに感謝の気持ちを伝える言葉になります。 「お気遣いありがとうございます」を使うタイミングとしては、自分が体調を崩したときに「お大事に」と言われた場合や、順調ではない仕事の進捗状況を気にかけてもらった場合などが挙げられます。 相手からの配慮や心づかいに対して、丁寧にお礼・感謝の気持ちを伝えられる敬語表現が「お気遣いありがとうございます」になります。 「お気遣いありがとうございます」は目上の人に使えるのか? 「お気遣いありがとうございます」と似た敬語に、「お心遣いありがとうございます」というものがあります。 「お心遣い」の意味は、「あれこれと気を配ること・心付け」。 言葉の意味だけに着目すると「お気遣い」も「お心遣い」もよく似ていますが、二つの言葉はニュアンスが異なります。 「気遣い」は、相手が自分に対して配慮や心配をしてくれたときに使う言葉。 「心遣い」は、相手が自分に対して思いやりのある言動をしてくれた時に使う言葉です。 祝儀・香典・寸志・餞別などの金品をもらった場合は「お心遣いありがとうございます」が適切。 「お心遣い」は、普通のお礼だけではなく、金品など物をもらったシーンでの感謝するフレーズとしてもよく使われます。 「心遣い」の類語の「配慮」には、「手落ちのないように良い結果になるように、あれこれと心を配ること」という意味があります。 その「配慮」に、敬意を表す接頭語の「ご」がついた言葉が「ご配慮」。 よって、敬語表現である「ご配慮」は、目上の人や上司に使える言葉です。 「ご配慮ありがとうございます」のフレーズには、注意を向けてもらったり、 相手が思いを巡らせて気を配ってくれたことに対してのお礼の意味が含まれています。 一般的なお礼には「お気遣いありがとうございます」が使われますが、相手から非常に気にかけてもらったときや、先回りして気をきかせてもらったときなどは、「ご配慮ありがとうございます」が使われます。 「ご配慮ありがとうございます」の例文 「心遣い」の類語である「高配」は、「他人を敬ってその心配り」を意味する言葉です。 「高配」に、敬意を表す接頭語の「ご」がついた言葉が「ご高配」。 目上の人や上司に使える敬語表現です。 「ご高配ありがとうございます」のフレーズを分かりやすく言うと、「特別に配慮していただいて感謝しています」「親切な気遣いをありがとうございます」という意味合いになります。 相手から自分に対しての特別な配慮や思いやりを感じたときは、「お心遣いありがとうございます」ではなく「ご高配ありがとうございます」を使うと、感謝の意がより深く伝わります。 ビジネスシーンではメールの文頭によく用いられるポピュラーな決まり文句でもあります。 「ご高配ありがとうございます」の例文 「心遣い」の類語である「厚情」の言葉の意味は「手厚いなさけ・思いやりのある心・親切な気持ち」です。 そんな「厚情」に、敬意を表す接頭語の「ご」がついた言葉が「ご厚情」になります。 尊敬語である「ご厚情」は、目上の人や上司に対して使える言葉です。 「ご厚情」はフォーマルで堅い言葉なので、日常生活で使うことはほぼありません。 ビジネスシーンでの使い方は、取引先に対する年賀状・暑中見舞い・改まったメールや、就任セレモニー・祝賀会などです。 このようなフォーマルな場面では、「お心遣い お気遣い ありがとうございます」よりも、「ご厚情ありがとうございます」というフレーズの方が相応しいと言えるでしょう。 「ご厚情ありがとうございます」の例文 「心遣い」の類語である「心配」には、「物事の先行きなどを気にして心を悩ますこと・気がかり」という意味があります。 「心配」に、敬意を表す接頭語の「ご」がついた言葉が「ご心配」。 「ご心配ありがとうございます」は、相手から心配をしてもらったときにお礼や感謝の気持ちを伝えるフレーズです。 目上の人や上司に使って問題ない敬語表現ですが、 より丁寧に気持ちを伝えたいときは「ご心配いただき」「ご心配くださり」と装飾語を付け加えた使い方が一般的。 相手から何か心配をしてもらった場合、「お心遣い お気遣い ありがとうございます」でも間違いではありませんが、「ご心配ありがとうございます」というフレーズの方が適切です。 「ご心配ありがとうございます」の例文.

次の

「気遣い」の意味と「気配り」との違いについて解説

気遣いありがとうございます 英語

このような場面で、お礼の気持ちを伝える言葉が「お気遣いありがとうございます」です。 単に「ありがとうございます」と言うよりも、「お気遣いありがとうございます」と言った方が、気遣ってくれたことへの感謝の意が伝わりやすくなります。 「お気遣い」の「お」は尊敬を表す接頭語なので、「お気遣いありがとうございます」は 目上の相手に対して使うことができます。 例文 ・いつもお気遣いをいただき、誠にありがとうございます。 ・たくさんの励ましのお言葉をくださり、お気遣いに感謝いたします。 ・「先日は大変お世話になりました。 心ばかりのものではありますが、ご笑納いただけると幸いです」「お気遣いありがとうございます」 ・「お風邪を召されたとお聞きしました。 まだまだ寒い日が続くので、くれぐれもお大事になさってください」「お気遣いありがとうございます」 ・「どうかお大事に、一日も早く回復なさってください」「はい。 お気遣いいただきありがとうございます」 ・仕事と家庭の両立について心配してくださる部長のお気遣いには、大変感謝いたします。 ・この度は、商品の納入価格につきましてお気遣いいただき感謝申し上げます。 「お気遣い」と「お心遣い」の違い 「お気遣い」に似た言葉に「お心遣い」という言葉があります。 「心遣い」の意味は ・人のために思っていろいろ気をつかうこと ・祝儀、心付け になります。 「お心遣い」は、 「相手のことを思いやり、相手の立場になって考えた言葉や行為」を表します。 「お心遣い」は、感謝の気持ちを伝える場面で、使用することが多いです。 「お心遣い」は金品をもらった際のお礼のフレーズとしてもよく使われ、例えば、祝儀・香典・寸志・結婚祝い・餞別など「お金」をもらったときに、「お金を頂き、ありがとうございます」を「お心遣い、ありがとうございます」と言い換えることができます。 「お心遣い」と「お気遣い」は似ていますが、違いとしては、 「お気遣い」がマニュアル通りに教わったものだったり、最低限のマナーという傾向があるのに対して、「お心遣い」は相手の気持ちや助けになることを考えた結果の積極的に行う行為のことを指します。 ・相手が自分に配慮や心配をしてくれたときに使う言葉。 ・相手が自分に思いやりのある行為をしてくれたときに使う言葉。 「お気遣いありがとうございます」の類語 ご高配ありがとうございます 「高配」は「他人への心配りや配慮」という意味です。 敬語表現にするには、「高配」に尊敬を表す接頭語「ご」つけて「ご高配」とします。 「ご高配」は 「目上の人の心配りや配慮のこと」を意味しています。 「ご高配」は主にビジネス文書や手紙などの挨拶文として用いることが多く、「ご高配賜りありがとうございます」といった形でよく使われます。 「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」は挨拶の定型文として覚えておくと良いでしょう。 「ご高配」は「他人への心配り」を表しているので、自分のことに対しては使うことができません。 自分が相手へ心配りをしていることを伝えたい場合は、「最善を尽くす」や「鋭意努力する」と言い換えることができます。 例文 ・ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援ご高配に心より感謝申し上げます。 ・拝啓 時下益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。 日頃より当社の事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 ・これもひとえに、御社のご高配の賜物と大変感謝しております。 ご厚情ありがとうございます 「厚情」は、「厚いなさけ」「心からの深い思いやりの気持ち」を意味しています。 敬語表現にするには、「厚情」に尊敬を表す接頭語「ご」つけて「ご厚情」とします。 つまり「ご厚情」は、 「目上の人が深い思いやりや厚いなさけ」を意味する言葉になります。 「ご厚情」は、 「大事にしてもらう」「親切にしてもらう」「なさけをかけてもらう」というニュアンスが含まれていて、相手を尊敬する気持ちと深く感謝する気持ちを合わさった表現です。 主に「賜る」「預かる」「いただく」などと一緒に使用します。 「ご厚情」は、式典や歓送迎会など改まった場面で使うことが多い言葉で、他にも年賀状や暑中お見舞いなど書き言葉としても使います。 例文 ・日頃より一方ならぬご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。 ・今後とも変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます。 ご配慮ありがとうございます 「配慮」は「他人に対して心をくばること」という意味です。 敬語表現にするには、「配慮」に尊敬を表す接頭語「ご」つけて「ご配慮」とします。 「ご配慮」は 「相手の心遣いに対して感謝の気持ち」を表しています。 「配慮」という言葉を分解すると、 「配」は「くばる」「割り当てる」で、 「慮」は「あれこれと思いめぐらせる」「思い」といった意味になります。 「ご配慮」は相手の心遣いの感謝だけではなく、自分が気を配る場合にも使うことができます。 特に自分に対して使うとき、「気をつけます」ではなんとなく軽い感じがしてしまうので「配慮します」と言い換えると良いでしょう。 例文 ・先日は突然お伺いしたにも関わらず、いろいろご配慮をいただきありがとうございました。 ・いつもながらの温かいご配慮に、心より感謝申し上げます。 ・日頃より格別のご配慮とご支援を賜りまして、ありがとうございます。

次の

「気遣い」や「気を使う」を英語にすると?

気遣いありがとうございます 英語

ある物、事のために働かせる• 言いつけて用をさせる• 材料、手段として役立てる• 費やす• 技、術などをあやつる では何が違うかというと、 品詞や使われる範囲が異なります。 品詞 範囲 例 使う 動詞で使われることが多い 広い 道具を使う、金を使う、気を使う、心を使う 遣う 名詞(遣い)で使われることが多い 限定的(気、心) 気を遣う(気遣い)、心を遣う(心遣い) 使うの場合は、気を使うや心を使うなど、幅広く用いられます。 一方、 「遣う」は気や心など限定的なものが対象です。 ただし、名詞として用いる場合は「」「金遣い」「仮名遣い」など範囲が広くなります。 また、「気を使う」と「気を遣う」もどちらもありますが、気や心に限定される「遣」の方が相手のことを思ってすることというが強くなります。 お気遣い:相手が神経を使って何かをしたり、発言してくれること• お心遣い: 心からの思いやりで、相手が何かをしたり発言してくれること 「気遣い」は「あれこれ気を使うこと」という頭脳や神経を働かせるという意味があるので、神経を使って何かをするというニュアンスが強い言葉です。 一方、「心遣い」は「あれこれ気を配ること、心配り」です。 つまり、「心遣い」には 心から相手のことを思いやるという気持ちが「気遣い」にプラスされています。 しかし、心がこもっているというのは微妙なニュアンスなので、よくわからないですよね。 「お気遣い」でも心がこもっていないわけではないので、これだけで判断するのは難しいかもしれません。 その場合は、お気遣い以上の言動が伴うかどうかで判断してみましょう。 2-2.「お気遣い」+お気遣い以上の言動=「お心遣い」 には、 祝儀や心付け(感謝の印として渡す、少額のお金や物)という意味もあります。 そのため、お心遣いはお気遣いに比べて物を渡したり、相手の役に立つことをするなど言動を伴うことが多いです。 例えば、風邪をひいた時に「大丈夫?」と声をかけるのがお気遣いだとしたら、「具合が悪そう車で送るよ」という行動が伴うのがお心遣いです。 「結婚おめでとう」と声をかけられるのは「お気遣い」ですが、それにプラスしてご祝儀をいただいたのであればそれは「お心遣い」になります。 「お気遣い」が一般的な言動だとすれば、「お心遣い」はそれ以上の言動が伴うというニュアンスです。• 2-3.何かをもらったときには「お心遣いありがとうございます」 相手から何かをもらったときは「ありがとうございます」を使ったほうがいいです。 例えば旅行に行った上司からお土産をもらったとします。 上司が職場のみんなのことを気にかけてくれたのは「お気遣い」ですが、 さらにお土産という物を用意してくれたのは「お心遣い」です。 この場合、上司の心とお気遣い以上の言動(お土産を買ってきてくれた行動)の両方が入っていますね。 何かをもらったときは「お気遣い」よりも、「お心遣い」を使うのがふさわしいです。 3.「お気遣い」と「お心遣い」の使い分け方 「 お気遣い+心、お気遣い以上の言動=」ということを覚えておけば、「お気遣い」と「お心遣い」の使い分けができますね。 「お気遣い」も「お心遣い」も厳密に使い分ける必要はありませんが、細かい違いを知っておくと大人の対応ができるようになります。 ここでは、具体的にどんなシーンで「お気遣い」と「お心遣い」を使うのか、例文を使って解説します。• 3-1.「お気遣い」と「お心遣い」を使うシーン 「お気遣い」にお気遣い以上の言動が加わったものが「お心遣い」だとすると、例えば以下のようなシーンで使うことができます。 シーン例 お気遣い お心遣い 風邪をひいたとき 心配してくれた 心配してくれた+薬を買ってきてくれた 結婚したとき おめでとうと言ってくれた おめでとうと言ってくれた+ご祝儀をもらった 上司から怒られて凹んでいるときに 慰めてくれた 慰めてくれた+こうすればうまくいくというをくれた 昇進したとき おめでとうと声をかけてくれた おめでとうと声をかけてくれた+ご馳走してくれた 雨で足元が悪いとき 滑らないようにと注意してくれた 滑らないようにと注意してくれた+危ないので送ってくれた 「お気遣い」の方は気にかけてくれているものの、 具体的にこちらの解決策や得になるような言動は起こしていないところがポイントです。 では、今度は例文で「お気遣い」と「お心遣い」の使い方を見ていきます。 3-2.「お気遣い」の使い方 「お気遣い」と「お心遣い」はどちらも感謝の気持ちを述べるときに使うので、ほぼ同じ表現で使います。 <例文>• I really appreciate your concern. ( お気遣いに感謝いたします。 Thank you(Thanks) for your concern. ( お気遣いありがとうございます。 ) 感謝の気持ちをメインに伝えたい場合は、「Thank you」ではなく「appreciate」を使います。 英語2.consideration(考慮、気遣い、配慮) 「consideration(コンスィダレイション)」は「考慮、気遣い、配慮」という意味を持つ名詞です。 「気遣い」という意味でも使いますが、 考えてくれる「考慮」や、考えて何かしてくれるという「配慮」に近い言葉です。 例文:Thank you for your kindness. (お気遣いありがとうございます。 ) まとめ 「お気遣い」は 「相手が神経を使って何かをしたり、発言してくれることに敬意を表す言葉」です。 「お気遣い」とよく似た言葉に「お心遣い」がありますが、「お心遣い」は「お気遣い+心、お気遣い以上の言動(物をくれる、役立つアドバイスをくれるなど)」という違いがあります。 「お気遣い」も「お心遣い」もどちらも同じような意味で使われることも多いですが、もし相手から何かもらった場合は「お心遣い」を使った方が丁寧な印象になります。 体調を気遣ってもらったなど、相手が自分を少し気にかけてくれたことへのお礼であれば、「お気遣い」を使うといいでしょう。

次の