君がいない日々生活毎日は 歌詞。 笑えない日々、笑える毎日 コンテンポラリーな生活 歌詞情報

ヨルシカ 詩書きとコーヒー

君がいない日々生活毎日は 歌詞

曲名:セイカツ 歌:おさるのうた おさるのうたさんのYOUTUBEに動画が上がっていました。 TikTokで流行っていた曲のフルバージョンで「セイカツ」というタイトルの曲でした。 声がすっっごいいいですね。 ハスキーで揺れがあってちょっと不安定な感じもすごくいいなと思いました。 TikTokでカップルの日常の動画に使われててとてもエモい 1y3m。 もうすぐ卒業。 友達としても恋人としてもずっと一緒にいたから、これから毎日会わなくなると思うと寂しいです。 一枚だけ付き合ってない時の写真があります。 こちらの動画にたくさんのいいねがついています。 写真のぼかしなどがプロっぽいものすっごいいいですね。 日常が想像できるような、セイカツが切り取られたかのような写真に、おさるのうたさんの声と歌がぴったり合っていて、映画エンディングのようです。 TikTokの動画のコメント欄では、「なんだこのエモいカップル」「エモすぎて映画始まるかと思いました」「1枚1枚映画のワンシーンみたいで素敵」など動画を絶賛するコメントがたくさんありました。 とにかく写真が素敵すぎる!ということでスマホなのかちゃんとしたカメラなのか?と思い、投稿者さんのインスタへ飛んでみました。 おさるのうたさんの「セイカツ」の歌詞 おさるのうたさんの「セイカツ」の歌詞はYOUTUBE動画の概要欄に貼ってありました。 「セイカツ」 君がいない日々、生活、毎日は 僕は超えられそうにないから 何をするにも途切れ途切れ そんな生活の中で巡り会えた 行くたび立ち止まり行き止まり そんな事もなんか愛おしくて 交差する感情進む時間 孤独に潰されそうな日は多く 何を選びどこに進もう 募る期待と不安な僕 それでもどうか 食らいついて 君がいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから 当たり前は偶然の連鎖で 毎日は生まれ変わりつつあって 何を見出しどこに行こう まだ幼い僕らだから それでもどうか 縋り付いて 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから 君のいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌にになってしまうから 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから どうか素晴らしい日に.

次の

セイカツ 歌詞「おさるのうた」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

君がいない日々生活毎日は 歌詞

歌詞全体の解釈 まずはこの曲の歌詞全体の解釈から。 大切な人との別れを描いた歌詞です。 ですが、別れの歌、ではなくて旅立ちの歌です。 これは詭弁でも言葉遊びでもなくて、生き方の違いです。 ここ大事。 別れはお互いの旅立ちであり、旅立つためには別れも漏れなくついてきます。 そんな関係性のある人物と出会えたということです。 歌詞の深読み ここからは歌詞を抜粋し、独自解釈の深読みをしていきます。 君の大好きだった歌 街に流れる それは偶然が僕にくれた さりげない贈り物 <出典>旅立ちの唄 /Mr. なぜそんなふうに感じたのか。 だから僕もきちんと生きなくては。 Ah 旅立ちの唄 さぁ どこへ行こう? また どこかで出会えるね Ah とりあえず「さようなら」 <出典>旅立ちの唄 /Mr. Children 作詞:桜井和寿 この部分の最後のフレーズ、最初に聞いたときにとても印象的でした。 とりあえず、今は互いに旅立たないといけないから、「さようなら」をしておこう。 また必ず会えるという確信と、別れではなく旅立ちなんだという主人公の信念が滲み出ていますよね。 自分が誰か分からなくなるとき君に語りかけるよ でも もし聞こえていたって返事はいらないから… <出典>旅立ちの唄 /Mr. 現代ではいろんな生き方が選べるし、いろんな価値観が普及しています。 ただ毎日をいつものように過ごしているだけのはずなのに、ふと自分はどうしないといけないんだ?と立ち止まってしまうことは多々あります。 今が大好きだって躊躇などしないで言える そんな風に日々を刻んでいこう どんな場所にいても <出典>旅立ちの唄 /Mr. Children 作詞:桜井和寿 別れがあって出会いがあって、失ってしまっては手に入れて…。 そんな毎日だけど、その度に「今が大好きだ」という気持ちでいられたら、確かにこれは最高の人生の送り方ですよね。 最高ならば、素直にその生き方を目指そう。 お互いにどんな場所でどんな状況でいるとしても。 とてもシンプルな考え方だし、前向きなフレーズです。 Ah 旅立ちを祝い歌う最後の唄 僕は今手を振るよ Ah 悲しみにさようなら <出典>旅立ちの唄 /Mr. Children 作詞:桜井和寿 この部分の歌詞も印象的で大好きです。 別れの歌というは、このような捉え方もできるんですね。 とてもポジティブです。 手を振って別れるのは、相手自身とではなくて、そこに現れる悲しみとなんだという考え方も書かれています。 やはり、同じ時間を生きて人生を送って行くのなら、ネガティブよりポジティブな気持ちでいたいものです。 その方が見えるものが多いし、結局得をするような気が僕の経験上はします。 背中を押してるから でも返事はいらないから <出典>旅立ちの唄 /Mr. Children 作詞:桜井和寿 最後の歌詞です。 しかしこれは、離れているから実際に物理的なものではありません。 互いに脳内でのやり取りです。 でも、2人にとってはそれで充分なのです。 親友なのか、恋人なのか、あるいは家族なのか。 いずれにせよ、この2人の絆の強さをうらやましく感じてしまいます。 学びの一言 自分の進むべき方向を示してくれる人がいれば、例えその人と離れていてもブレずに自分の生き方を貫いていける。 その人とは、自分の親かもしれないし、友人かもしれない。 恩師かもしれないし、恋人かもしれない。 人生は選択の連続だし、どうしたらいいか迷うことも多いものですが、「こんなことをしたらあの人ならなんて言うか」と考えることで、自分の生き方を微調整したり背中を押してもらえたりするものです。 例えそれぞれの人生の都合で離れてしまったとしても、その人が示してくれるものは変わりません。 むしろ、離れているからこそ、その影響は強くなるのかもしれませんね。 そんな人に出会えたことに感謝して、ときにはこちらもその人の背中を押してあげる。 近くにいなくても、そんな関係で互いの人生を進むことができたら素敵ですよね。

次の

君想いの歌詞

君がいない日々生活毎日は 歌詞

今回は、第97回全国高校サッカー選手権の応援歌として作られた僕のことについて考察していきたいと思います。 ミセスの僕のことの歌詞の意味 この歌詞からもわかるように頑張って自分の夢に向かう人は孤独だし、必死に取り組んでも馬鹿にされることだってあるかもしれない。 それでも、落ち込んで諦めるには早すぎるんだということが伝わってきます。 人間って 不思議でみんなと同じことをやっていると安心しますよね。 学生ならみんなと同じようにバカ騒ぎしたり、遊びまくったほうが安心できるし、寂しくない。 それでも苦しんで自分の夢を実現するために「 無駄になるかもしれない努力をし続けることは本当に孤独で辞めてしまいたくなる」という経験や実体験があるからこそこういう歌詞が出てきたんだと思います。 幸せな日はもちろん、苦しくてもがきながら生きている今日もかけがえのない素敵な日々なんだ。 確かに、 毎日が幸せで恵まれている日々だとその幸せに気づけず、慣れてしまいますよね。 現に僕たちは親や面倒を見てくれている人のおかげで学生生活や日々の日常を当たり前のように生きていますが、これも十分幸せな日々なんだということをに気づけないです。 そうは言っても夢に敗れたり、苦しくもがいている日々を過ごしている時はものすごいキツイです。 しかし 、後で振り返って見たときに苦しくてボロボロでも諦めず取り組んでいたことが成長に繋がるという思いを感じました。 僕らが思う成長は結果が良くなっている時だと思いますが、本当は全然結果に表れず。 むしろ 結果が良くないけど、諦めず必死に取り組んでいる時に人は成長しているのかもしれないです。 それがたまたま後になって結果として出てくるんだと感じました。 人の成長曲線はそれぞれ違うので順調に伸びる人もいれば、急に今までの経験値が反映されて伸びる人もいると思います。 誰だって伸び悩んで壁にぶつかる時がある。 そんな時でもあきらめないでほしいということを大森さんは伝えたいんだと思いました。 冬に咲く花とは厳しい環境であきらめず取り組んでいる人たちのことだと思います。 命が芽吹くよは自分の成長に繋がるということを表している。 雪の大地は一面、 真っ白な世界でいくら進んでも先が見えず目的地がわからず、吹雪が強くて寒くて苦しい。 それくらいキツイ環境で努力している人を表現しているんだと思う。 友との地図が自分が目指している目標という意味も含んでいるのかなと思いました。 この歌詞が本当に好きですね。 どんなに頑張っても自分の目標に近づていないと感じて逃げ出したいと思う。 しかし、 頑張って積み重ねてきたものは、いつか実を結んで奇跡的な成功をしたかのように見えるけど、それは僕たちの軌跡なんだよという表現がカッコいいですね。 サッカーのプロ選手だって元から才能があったわけではない 最初から才能に恵まれたわけではなく、たゆまぬ努力によってプロの世界で活躍している選手は多いです。 あの有名なサッカーの本田圭佑選手も子供時代は他の選手に比べて才能が目立たず評価してもらえていなかったそうです。 中学時代に入ったガンバのユースチームでは評価されず、高校に上がる時昇格できず。 高校のサッカー部からプロを目指したそうです。 そうしてプロ入りしたときには、子供時代からの積み重ねた努力が結果に表れて天才的に成長していったそうです。 これも自分の可能性をあきらめずに積み重ねてきた軌跡がプロ入りしてからの天才的な成長に繋がったんだと思います。 (参考: ) まとめ 夢を追いかける人やプロとして活躍している人にだって、壁にぶち当たって一歩も前進していないと思うときもあるけど、そういうときこそ成長してるんだよという大森さんの強いメッセージが伝わってくる歌でした。

次の