インセンティブ 意味。 「インセンティブ」の意味とは? 制度の目的や使われ方などを解説

「インセンティブ」「歩合」「報奨金」の意味と違い

インセンティブ 意味

「インセンティブ」の英語表記 「インセンティブ」は、英語では「incentive」と表記します。 「incentive」の派生語としては以下が挙げられます。 incentivize(動):「〜を奨励する」• inception(名):「発足」「発端」• inceptive(形):「起動の」• incessant(形):「絶え間のない」 「インセンティブ」のビジネスシーンでの意味とは? ここからは、「インセンティブ」のビジネスシーンでの意味を詳しくご紹介していきます。 意味:「刺激」 「刺激」とは、「やる気・意欲などをより一層引き出すために、外部から与えられるもの」を指します。 痛みなどの身体的な「刺激」とは意味が異なり、感情を揺さぶるような心理的な「刺激」のニュアンスが強いです。 意味:「動機」 「動機」とは、「自分が努力したり、行動を起こしたりするための原動力となるもの」を指します。 「刺激」の意味と似ていますが、「刺激」は相手に働きかける言い方で、「動機」は主観的なニュアンスが強いといった違いがあります。 「インセンティブ」の意味を覚える際には、「刺激」の意味を理解していれば基本的に問題ありません。 インセンティブ制度とは? 「インセンティブ制度」とは、 「会社が設定した目標を達成した際に与えられる報酬のこと」です。 似ている制度に「歩合制」がありますが、インセンティブ制度と歩合制には以下のような違いがあります。 歩合制: 個人の成績によって報酬額が決定する制度 一般企業においては、営業職などで歩合制の場合もありますが、ほとんどがインセンティブ制度を採用しています。 インセンティブ報酬の種類 インセンティブ制度を採用している企業は多くありますが、インセンティブ報酬の種類は1つではありません。 ここからは、以下の4種類のインセンティブ報酬についてご紹介していきます。 評価のインセンティブ報酬• 旅行・ツアーのインセンティブ報酬• 挑戦型インセンティブ報酬• 金銭的インセンティブ報酬 評価のインセンティブ報酬 「評価のインセンティブ報酬」は、 金銭による報酬ではなく、心理的な満足感を与えられるインセンティブ報酬です。 目標を達成したことによって、社内で表彰されたりすることが「評価のインセンティブ報酬」に該当します。 旅行・ツアーのインセンティブ報酬 「旅行・ツアーのインセンティブ報酬」は、 目標の達成・社内の成績優秀者などに対して与えられるインセンティブ報酬です。 旅行業界を代表する企業では、旅行・ツアーのインセンティブ報酬専門の相談窓口が設置されている場合もあります。 日本だけでなく、欧米などでも盛んなインセンティブ制度です。 挑戦型インセンティブ報酬 「挑戦型インセンティブ報酬」は、 自信の担当業務外において優秀な成績を修めた個人に対して支払われる報酬です。 挑戦型インセンティブ報酬を採用している企業は、かなり少ないというのが現状です。 報酬は金銭の場合もあれば、追加の休暇・旅行などの場合もあり多種多様と言えます。 金銭的インセンティブ報酬 「金銭的インセンティブ報酬」は最も一般的なインセンティブ報酬です。 目標を達成した場合、その報酬を金銭で与えられます。 「インセンティブ」の使い方・例文 ここからは、「インセンティブ」の実際のビジネスシーンでの使い方・例文をご紹介していきます。 ビジネスシーンにおいて「インセンティブ」は、「刺激」「動機」というニュアンスを含んだ意味で用いられるため、以下のような使い方をすることが多いです。

次の

インセンティブとは?歩合と報奨金と同じ意味?

インセンティブ 意味

インセンティブとは 「インセンティブ」という言葉には、目的や課題を達成するための動機や刺激、という意味があります。 インセンティブ制度とは、社員を励ましてモチベーションをアップさせることで、企業としての目標を達成しようと導入された制度です。 日本では、通常の給与形態に加えて賞与などの報酬としてインセンティブ制度を取り入れている企業が多くありますが、必ずしもお金だけがインセンティブではなく、表彰や副賞など、社員のモチベーションを上げる効果があるものはすべてインセンティブに該当します。 アルバイトでも、月何回勤務したかなどを報酬に反映させるなどインセンティブ制度が導入されているところもあります。 また、個人の成果や成績をインセンティブにどのように反映するかは、各企業の業種などによってもさまざまです。 これからインセンティブ制度を企業に導入する場合には、• 対象者• 成果の評価方法• 何をインセンティブとするか(賞与?表彰?賞品?)• 期間 などを始める前に制度として整備しておく必要があります。 就職・転職活動において企業を選択する上でも、インセンティブ制度の有無は重要なポイントのひとつです。 基本的にインセンティブ制度は、向上心が高く競争が好きな人に向いている制度で、実力が評価や給与に反映されるものなので、自分の性格や強みに合わせて制度の有無を判断基準にすることも大切です。 インセンティブはボーナスとはどう違うの? ボーナスも賞与ですが、ボーナスは企業全体の業績によって基本的な額が決まります。 支給される時期も決まっていますし、正社員全員がもらえる、基本給与に追加して支払われる給与です。 一方インセンティブでは、個人の成績によって額が決まります。 個人個人が企業のために結果を出したからこそ支給されるものが、インセンティブです。 また、前述のとおり結果を出したからこそもたらされるのがインセンティブ制度。 成果を出す人に対しインセンティブがあるということで、能力や実力がある、意欲のある人が集まってくることに繋がるでしょう。 やりがいを持ち、社員同士が競争しながら目的を持って業務に打ち込むことで、企業全体が高めあう雰囲気になり、企業の力も強くなっていきます。 企業側のデメリット 必ずしも全ての業種がインセンティブ制度に向いているわけではない 企業側のデメリットとして挙げられるのは、業種によってはインセンティブ制度には向かない業種や職種があるということです。 例えば営業職は個人の成績が可視化されやすい職種ですが、経理や事務などの職種は評価するのが難しく、導入を検討する際にはどのような場合にインセンティブが発生するのかを慎重に整備しておかなければなりません。 そういった場合、インセンティブ制度が導入されることで、表彰や賞与など、数字で成績を見られることになり、実力を正当に評価してもらえる機会が増えるのです。 やる気があってインセンティブもがんがん貰いに行くような人ならいいですが、全ての社員が高い志を持って仕事に取り組んでいるわけではないでしょう。 どんなに頑張っても、成績を残すことができないひとも中にはいます。 実力を結果に反映することができない社員は、モチベーションがどんどん下がってしまい悪循環に陥る危険性があります。 その結果、チームでの結束力が弱まったり、個人の成績だけを追いかけて人間関係にヒビが入る可能性もあります。 社員は自分の成果ばかりを追い過ぎず、企業全体としての成長や企業全体の利益を考える視点を持つ必要があるでしょう。 まとめ インセンティブ制度は、やる気のある社員を励ますだけでなく、企業としての機運醸成ものぞめる画期的な制度です。 一方で、意欲の有無や実力の有無によって社員の評価に差が開いてしまう危険性もあります。 企業としては、それぞれの企業の業種や社風に合うかたちで導入されていること、社員としては、インセンティブ制度を理解した上で自分が納得できる給与形態や働き方であることを確認しましょう。 インセンティブ制度をうまく活用して、実力が発揮しやすく、企業全体が成長していける職場を目指しましょう。

次の

「インセンティブ」の意味とは? 制度の目的や使われ方などを解説

インセンティブ 意味

企業の求人広告を見ていると、給与が掲載されている項目に、別途インセンティブ有りと記載されている企業があります。 求人広告を見ている人の中には、「インセンティブって何?」、「歩合とは違うの?」と思われる人もいるのではないでしょうか。 今回はインセンティブについて説明します。 インセンティブとは これまでの職場ではインセンティブ制度がなかった人や、働いた経験のない人にとっては、インセンティブ有りと聞いても、ピンとこない方もいるのではないでしょうか。 インセンティブの本来の意味は、やる気を起こさせるための外的刺激のことです。 そして、求人票に記載されているインセンティブとは、社員の働く意欲を向上させるために、会社から与えられるご褒美(=給与)のことになります。 通常の給与額に、上乗せして給与が支払われる仕組みのことを、インセンティブといいます。 インセンティブを受け取るためには、仕事の実績をあげることが求められます。 インセンティブの対象基準となる実績を達成することで、基本給にプラスされた給与を手にすることができます。 インセンティブにはさまざまなパターンがある インセンティブの内容は、企業によってさまざまなパターンがあります。 企業側から設定された計画をクリアすれば一律で、同じ金額のインセンティブが支給されるパターンがあれば、実績が増えれば増えるほど、実績1件ごとの支給金額が増えていくパターンもあります。 具体例をあげて説明します。 まずは、計画をクリアすれば同じ金額のインセンティブが支給されるパターンです。 企業側から10件の実績をあげればインセンティブの対象になると設定されている場合は、10件の実績をあげればインセンティブが支給されます。 実績が11件になったとしても、インセンティブの支給金額は変わりません。 次に、実績が増えれば増えるほど、インセンティブの支給金額が増えるパターンの場合です。 パターン1 実績5件から7件ならインセンティブの支給金額が5,000円、8件から10件なら10,000円、11件から15件なら20,000円となるパターンがあります。 実績 インセンティブ支給金額 5~7件 5,000円 8~10件 10,000円 11~15件 20,000円 パターン2 実績が5件から7件なら、インセンティブの支給金額が1件あたり1,000円、8件から10件なら実績1件あたり1,500円、11件から15件の実績をあげれば、1件あたり2,500円になるといったパターンです。 このパターンならば、7件の実績をあげれば7,000円が、10件の実績をあげれば15,000円が、15件の実績をあげれば37,500円がそれぞれインセンティブとして支給されます。 実績 実績1件あたりのインセンティブ インセンティブ支給金額 5~7件 1,000円 5,000~7,000円 8~10件 1,500円 12,000~15,000円 11~15件 2,500円 27,500~37,500円 具体例で紹介したインセンティブは実績数に応じたものですが、インセンティブの基準は実績数だけではありません。 また、実績の集計期間が、1か月だったり、3か月や6か月だったりと、実績の集計期間は、企業によって異なっています。 1か月の集計期間でインセンティブが支給される企業であれば、翌月の給与にインセンティブが反映されますが、3か月や6か月などの実績の集計期間がある場合は、集計期間後の給与にインセンティブが反映されることになります。 そして、基本給を高めに設定してある代わりに、インセンティブは低めに設定している企業があれば、基本給を低めに設定している代わりに、インセンティブが高めに設定してある企業があります。 ですから、入社後に、思っていたよりも、手にする給与が少なかったと後悔しないためにも、面接の時に、給与に関することを詳しく確認されることをおすすめします。 「会社のためにがんばりたい」などと意欲があることを前面に出して尋ねれば、悪い印象を抱く採用担当者は少ないでしょう。 インセンティブで支給されるのは金額以外にもある インセンティブで支給されるのは、なにも現金だけとは限りません。 プリペイドカードや商品券など、現金と同様に使用できる金券が支給される企業があります。 さらに、目標を達成すれば、旅行に行かせてくれる企業もあります。 これらも、インセンティブの一種となることを覚えておくと良いでしょう。 歩合が設定されていれば、基本的には、基本給に歩合給をプラスして給与を受け取れます。 しかし、完全歩合制の給与体系の企業であれば、基本給はなく、受け取れるのは歩合給のみです。 完全歩合制は、フルコミッション制ともいわれています。 完全歩合制の給与体系を敷いている企業を希望される場合は、正社員として雇用されることはありません。 個人事業主として業務委託契約を企業と締結し、仕事をすることになります。 実績をあげればあげるほど、多くの報酬を手にすることができますので、仕事のやりがいは高いと思いますが、実績が全くあげられなければ、報酬を全く手にすることができないことになりますので注意が必要です。 そのほかのインセンティブと似た言葉 インセンティブと似た言葉としては、歩合以外に、報奨金や業績給、出来高給があります。 報奨金や業績給、出来高給は、インセンティブと同様、企業ごとに内容には違いがあります。 よって、インセンティブと同様、求人広告の給与項目に業績給や出来高給有りと記載されている場合は、面接時に詳しく確認すると良いでしょう。 まとめ インセンティブがある企業に勤めれば、努力次第で給与を増やすことができます。 しかし、実績の集計期間や報酬額の計算方法などは、企業ごとで異なります。 なので、面接のときにインセンティブの内容は必ず確認するようにしましょう。

次の