サン 石田ゆり子。 【もののけ姫】サンの声が残念だったというのはなぜ?

石田ゆり子(女優)の年齢は?夫はいる?バツイチ?逃げ恥の時は何歳?

サン 石田ゆり子

写真 27歳ごろの石田さん(画像は石田ゆり子公式Instagramから) 女優の石田ゆり子さんが5月16日、約24年前の写真をInstagramに公開。 ちょうど、スタジオジブリ「もののけ姫」(1997年公開)で演じたサンに声を吹き込んでいた際の若かりし姿となっていますが、コメント欄では「可愛いですね、今と変わりませんよ!」「かわってない」と今と変わらない姿に反響が寄せられています。 妹で女優の石田ひかりさんから送られてきたという写真。 ごっちゃん 会いたいなぁ」「この日のことをよーく覚えている」と懐かしんでいます。 また、「1996年11月22日のわたしはえーーっと…27歳? ちょうどもののけ姫の声を吹き込んでいた年齢ですね」とゆり子さんの代表作の1本とも言える同作についても回顧。 2018年10月に日本テレビ系の「金曜ロードSHOW!」で「もののけ姫」が放映された際には、「二十年以上前のことを昨日のことのように思い出しながら。 ただ、ひたすら、感謝。 」と感慨深い様子でInstagramを更新していました。 27歳のゆり子さんの姿にコメント欄では、「全然この頃と変わらない」「今も綺麗ですけど、96年のゆりこさんも綺麗です」「そなたは美しい」と今と変わらない美貌に言及する声が多く寄せられた他、「ジブリの作品で、もののけ姫が1番好き」「サンの凛とした繊細な声が、雰囲気の柔らかいゆりこさんだったのを知りビックリしたのをよく覚えてる!! 」と懐かしむ人もいました。

次の

楽天ブックス: Lily

サン 石田ゆり子

スポンサーリンク 石田ゆり子って? 知っている方が多いと思いますが、一応写真をのっけて置きますね! これで49歳ですから本当に驚きですよね、、 かわいすぎます 今、多くのCMやドラマに出ていて、女優としての石田ゆり子を知っている方は多いと思いますが、声優をやっていたことを強いている方はあまりいないのではないでしょうか? そんな石田ゆり子さんがもののけ姫でどんな役の声をやっていたのか紹介していきます! まずはサンから。 サン 皆さん、サンの声をやっていたことは知っていたと思います。 なんたってサンはヒロインで登場回数が多いですからね! サンは人間なのですが、山犬の牙を恐れた人間たちに捨てられ、山犬のモロに育てられました。 なのでサンは人間が大嫌いなんですよね、、 捨てられたことで、自分は人間だという感情をなくし、自分は山犬だと信じ込んでいました。 さらに、森や自然を平気で破壊する、人間により強く憎しみを抱いていました。 そんな時に、主人公のアシタカと出会い、一緒に行動していくことで、人間を許すまでにはいかないが、みんながみんな、悪い人ではないということに気づいていきます! 後、個人的にサンのセリフで好きなものがあるので紹介します! 最後の方のシーンなのですが、 アシタカとサンのやり取りです。 アシタカ 「共に暮らすことはできないだろうか?」 サン 「アシタカは好きだ。 でも人間を許すことはできない。 」 痺れました。 このシーンは人間としての思いがよみがえってきたが、やはり山犬の娘として生きていくことを決心したシーンだと僕はとらえています。 アシタカの思いが、サンに届いた瞬間でした! 次にあまり知られていない、 カヤについてです カヤ 皆さんはこちらの少女を覚えていますか? ほとんど登場していないので覚えていない方も多いかと思います。 カヤはアシタカのことを兄様と呼ぶので兄妹かお兄さんのように慕っているのかと思っていましたが、 許嫁だそうです! 許嫁とは本人たちの意思にかかわらずに結婚を約束した間柄のことです。 このカヤのセリフでも1つ心に残っているものがあります。 アシタカがタタリ神に呪われ、その呪いを解くために西へ向かおうとヤックルを走らせようとした時のシーンです。 カヤ 「いつもいつもカヤは兄様を思っています。 」 アシタカ 「私もだ。 いつもカヤを思おう。 」 ここでも痺れました、、 こんなカッコイイことを言っているのに、 サンに共に生きようと言っているアシタカには少しがっかりしましたが笑 というように名シーンばかりで声優の石田ゆり子さんの評価も高いものだと思っていたのですが、そうでもなかったんですね。 石田ゆり子が下手だと言われる理由! これはもののけ姫をやるまで平成狸合戦ぽんぽこ以外で声優をやったことがなかったからでしょう、、 こんな超人気なジブリ映画に新人を出すなという世間の声だと思います。 経歴だけで評価をするのは本当に良くないですよね! 逆に最近人気になってきてからは、もののけ姫の時の石田ゆり子はすごかったというような意見に変わってきているようです。 どう考えても、すごいとしか言いようのない声優っぷりだったと私は最初から思っていましたよ!.

次の

石田ゆり子、沢口靖子も。「ジブリ作品」で声優をやっていた芸能人たち

サン 石田ゆり子

女優の石田ゆり子さんが5月16日、約24年前の写真をInstagramに公開。 ちょうど、スタジオジブリ「もののけ姫」(1997年公開)で演じたサンに声を吹き込んでいた際の若かりし姿となっていますが、コメント欄では「可愛いですね、今と変わりませんよ!」「かわってない」と今と変わらない姿に反響が寄せられています。 妹で女優の石田ひかりさんから送られてきたという写真。 ごっちゃん 会いたいなぁ」「この日のことをよーく覚えている」と懐かしんでいます。 また、「1996年11月22日のわたしはえーーっと…27歳? ちょうどもののけ姫の声を吹き込んでいた年齢ですね」とゆり子さんの代表作の1本とも言える同作についても回顧。 2018年10月に日本テレビ系の「金曜ロードSHOW!」で「もののけ姫」が放映された際には、「二十年以上前のことを昨日のことのように思い出しながら。 ただ、ひたすら、感謝。 」と感慨深い様子でInstagramを更新していました。 27歳のゆり子さんの姿にコメント欄では、「全然この頃と変わらない」「今も綺麗ですけど、96年のゆりこさんも綺麗です」「そなたは美しい」と今と変わらない美貌に言及する声が多く寄せられた他、「ジブリの作品で、もののけ姫が1番好き」「サンの凛とした繊細な声が、雰囲気の柔らかいゆりこさんだったのを知りビックリしたのをよく覚えてる!! 」と懐かしむ人もいました。 ねとらぼ.

次の