紫陽花 強剪定。 昨年短く剪定した紫陽花、今年はどうすれば?

アジサイ(紫陽花)の正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

紫陽花 強剪定

アジサイアナベルの剪定方法は強剪定と弱剪定、どちらがおすすめ?つるバラと宿根草の小さな庭づくり 白い花色がほかの西洋アジサイとは趣が異なる、。 我が家でも新築まもなく東側に1株地植えしていましたが、 今年になってから北西の花壇のほうにももう1株植え付けをしたぐらいお気に入りのアジサイです。 アナベルはほかの西洋アジサイと違って ある程度日射のある日向にも耐える性質があるので、 それほど植え付け場所を選ばず楽しむことができるのが魅力です。 もちろん、アジサイと言うからには多少湿り気のある土壌のほうが生育がいいので 乾燥しすぎる土壌では花が小さくなったり葉の色が黄色っぽくなったりします。 今年植え付けた北西の花壇は、時間帯によって日陰になるという、 いわゆる半日陰の場所なので、土壌も乾燥しすぎるということもなく、 アナベルにはぴったりの居場所かと思っています。 スポンサーリンク さて、初夏に花が咲いてからそのまま花が付いた状態で 花色の変化を楽しんできたアジサイアナベルですが、 花もだいぶ茶色く枯れこんできてそろそろ冬支度の準備をする時期になってきました。 今回は、 アジサイアナベルの剪定方法について、 強剪定と弱剪定のメリット・デメリットをそれぞれまとめてみたいと思います。 アジサイアナベルの剪定方法は強剪定?弱剪定? 一般的な西洋アジサイの場合、花は前年の古い枝につくので強剪定はできません。 深く剪定してしまうと、大切な花芽まで落としてしまうことになるからですね。 ですが、 アナベルの場合は剪定方法にとくに決まりはありません。 強剪定でもいいし、弱剪定でもいいということです。 ただ、強剪定の場合と弱剪定の場合では、 花の咲き方に違いが出てくるんですよ。 アジサイアナベルを強剪定するメリットとデメリットは? アジサイアナベルの強剪定は、 地際から2~3節の芽の上でバッサリと切ります。 強剪定を行うことのメリットとしては、次のようなことが挙げられます。 新しく伸びる枝に勢いが出て、花が大きくなる• 枝の長さが放射状にそろうので、美しい花姿になる• 積雪から枝を守るために雪囲いをする必要がない• 雪の重みで枝が折れる心配がない 一方でこんなデメリットもあります。 花数が少なくなる 我が家は雪深い東北地方。 長男が通っている小学校ではもうアジサイの雪囲いが終わっていました。 雪国に住むガーデナーとしては、やっぱり少しでも雪囲いの作業を減らしたいもの。 積雪で枝が折れる心配の全くない強剪定は、とってもありがたい剪定方法なんです。 クレマチスにも強剪定のタイプと弱剪定のタイプがありますが、 地際でバッサリ切ることのできる強剪定は本当に楽です。 つるバラと一緒にアーチに絡ませても 冬剪定の時期につるを気にすることなく処分してしまえるので、 剪定方法について深く考えることもなくとにかく気が楽なんですよね。 アジサイアナベルもそれと同じで、 強剪定の場合は難しく考えることなく 剪定を済ませることができるのがメリットですね。 アジサイアナベルを弱剪定するメリットとデメリットは? アジサイアナベルは、ほかの西洋アジサイのように 弱剪定をすることもできます。 弱剪定の場合は、 花後に花だけを切ります。 秋から冬にかけては 充実している芽の上でさらに枝先を軽く切り戻すようにすると、 しっかりとした花芽が伸びるんだそう。 弱剪定を行うことのメリットとしては、次のようなことが挙げられます。 新枝がたくさん伸びて花数が多くなる• 草丈が高くなって株全体にボリュームが出る その一方ではこんなデメリットも。 花の大きさが小ぶりになる• 積雪から枝を守るために雪囲いをする必要がある• 雪の重みで枝が折れる心配がある 弱剪定では古い枝をたくさん残すようにするので、 翌年の春に伸び出す新枝の数が多くなり、花数が多くなるんですね。 株姿もほかの西洋アジサイのようにこんもりとした木立状になるので、 見栄えが豪華になるのがメリットでしょう。 ただ、積雪地では枝を守る必要があるのでそれがやっぱり面倒。 強剪定がおすすめです。 以上、アジサイアナベルの強剪定と弱剪定、 それぞれのメリット・デメリットをまとめました。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 スポンサーリンク ブログランキング参加中です。 いつも応援ありがとうございます^^.

次の

梅の木を切り戻す強剪定の作業方法

紫陽花 強剪定

梅の木を数年でも放っておくと枝がだいぶ伸びて手に負えなくなる場合があり、このような枝は、切り戻して樹形を小さくして整える必要があります。 でも、そんなことは本当に可能なのか?枯れてしまわないのか?と不安になられる方。 切り戻しは、いつ行えばよいのか気になる方もいると思います。 ここでは、梅の木を枯らさずに伸びた枝を切り戻す、強剪定について解説していきます。 夏の剪定は行なわないほうがよい理由 毎年、梅の剪定を行い樹形を整えていれば、枝が伸び放題になって荒れることは少ないのですが、 天候や栄養状況によっても伸びすぎることもあり、気づいた時には伸びていたということもあるはずです。 一般の人たちは、枝葉が増えるとうっとうしくなり、スッキリきれいにしたがる性質があるようで、お盆前などの特に暑い時期を中心に剪定をすることが多いようです。 特に夏場の暑い時期に剪定をしてしまうと、梅は傷口を修正する作用が働きます。 すると、切ったところからたくさんの余計な枝葉(徒長枝)が、知らないうちに伸びていることに気づき慌てます。 樹勢の多くは、切ったその周辺部分に注がれることになるので、結果的に花芽の数は少なくなり、葉っぱだけが増えることになります。 梅の木全体に注がれるはずの樹勢の多くが、切った周辺部分の修復作用で、突発的に発生した徒長枝に注がれ、花芽が減るだけでなく木も弱ることになるので、夏場の剪定は木にとってはよくないことばかりです。 これが、夏の剪定は行なわないほうがよい理由です。 強剪定を行なえる時期は冬だけ では、剪定を行なえる時期はいつなのか気になると思いますが、普通に剪定するのはもちろんですが、特に 強剪定を行なえる時期は、梅の木がすっかり眠っている冬期の休眠期(11月頃~1月頃)です。 強剪定の場合は、梅が休眠状態に入っている冬期は太い枝を切ったとしても、修復作用は働かないので、養分が切り口に注がれることはありませんので、すっかり休眠した11月頃~1月頃の間に行なうと安心です。 樹形が荒れている場合、梅が休眠状態に入っている冬期だけが、一年を通して、思いきった強剪定を行える時期なので、この時期を逃さず、樹形を整えるための強剪定を行なうように心がけてください。 ちなみに、通常の梅の剪定時期は、10月頃~2月頃がベストなのですが、毎年たくさんの梅の花が咲き、樹形が整っているようなお宅の木は、やはり10月頃から2月頃の間に剪定を行っていようです。 梅の冬期剪定時期は、10月頃(落葉期)~2月頃(花が咲く前)と設定して解説しています。 地域により剪定時期に違いがあり、多少ずれる可能性がありますので、適当な時期に剪定を行なってください。 強剪定を行なえば花は咲かない 花を咲かせるためには、何もしないで放任しておくことよいですが、自然にまかせて伸ばし放題にしておくと、枝先ばかりに花が咲くようになります。 枝先でも短い枝にしか花芽がつかないので、だんだんと、花の数は少なくなる傾向があります。 伸ばし放題だと間延びして見栄えが悪くなり、だんだんに花も少なくなる可能性もあります。 この時期だけが、思い切って切り戻す強剪定をすることができる時期なので、枝が伸びていたら、冬期剪定を逃してはいけません。 ただし、強剪定を行なうという事は、花芽が形成された大部分を切ってなくすことになるので、次の春に花は咲かないことを覚悟して、そのまた次の年に期待しなければいけません。 伸ばし放題で樹形が悪くなっている場合、まずは、樹形を整える土台を作ることが先決です。 伸ばし放題でなくても、多少樹形が悪くなっている場合も、部分的な強剪定で作り直すようにするとよいです。 どのように思いきった切り戻す強剪定を行なうのか 毎年剪定しているけれど、どんどん大きくなってきたり、数年放っておいたから樹高が高くなってしまった経験もあると思いますが、その場合、冬期剪定では、切り戻して樹形を整える作業をすることができます。 枝が伸びて荒れている場合は、花が咲くのを1年我慢して樹形を整え、花が咲く環境作りをします。 その場合の作業として、思い切った切り戻す強剪定を行ない整理します。 切り戻す強剪定は、全体の樹形を見て、どの枝が不要なのか、生育に邪魔になっている枝なのか判断します。 要は、樹形の仕上がりを想像して切ります。 どこまで切ればよいのかというと、まずは、太い枝を枝元から切って整理した方がよいでしょうね。 あとその先は一概には言えませんが、誰が見てもきれいに仕上がっていればよいと思います。 だからあなたが見て判断して、この状態がきれいだと思えることろまで切り戻せばよいと思います。 たとえば、下図の黄色いラインまで切り戻したり、赤い矢印の太い枝を枝元で切ったり、 たとえば、下図の黄色いラインまで切り戻したり、 たとえば、思い切って、2mくらいまで下げてみるのもありかと、 休眠期なので、このように、だいぶ切り戻しても枯れないので、心配はいりません。 バッサリと剪定しても枯れないか 冬期を選んで剪定をすることで枯れることは少ないですが、病気など、その他の要因が潜んでいれば枯れることはあるかもしれないです。 強剪定をしても枯れる可能性はかなり低いので、梅の木の全体の樹形が荒れているのであれば、枯れることを恐れず、思い切ってバッサリと切って、まずは樹形を整えることをしてみて下さい。 ただし、「バッサリと切れる時期は冬期だけ」なので、この時期を外してしまうと枯らしてしまう可能性は高くなりますので、強剪定をする時期には十分に気をつけて下さい。 冬の強剪定作業のまとめ 冬期は、思い切って切り戻す強剪定をすることができる一番良い時期なので、樹形が乱れている場合や、枝が伸び放題の場合には、一度作業をして樹形を整えておくことをすすめます。 通常の梅の剪定時期は、10月頃~2月頃が良い 2. 強剪定をできる時期は、すっかり休眠した11月頃~1月頃の間に行なうと安心 3. 数年放っておいた伸びた枝や樹形を整理する場合、全体を強剪定して樹形を整える 4. 全体の強剪定は、花芽をだいぶ減らすので、次の年の花は期待できないことを覚悟する 5. 部分的な強剪定は冬期に随時行える.

次の

カシワバアジサイを強剪定する方法・大きくなりすぎた|お庭ブログ

紫陽花 強剪定

花芽に注意!剪定前に知っておくべきこと アジサイは大きくなりすぎる前にこまめに剪定することが大切です。 定期的に剪定することで、ある程度成長をおさえることができるため、日ごろの手入れも比較的楽になります。 しかし剪定方法を間違えると、花が咲かないままシーズンが過ぎ、場合によっては枯れてしまうことがあるかもしれません。 じつはアジサイの花は、毎年同じ場所に咲くわけではありません。 アジサイには、その年に成長した新しい枝には花芽をつけない性質があります。 そのため花芽は枝が成長してから1年経ったころにつき、さらに1年が過ぎてから、ようやく開花するのです。 そこで剪定する枝は、その年花を咲かせたものを選びます。 先端から数えて2節下のあたりに新しい花芽ができるため、それよりも少し上の部分で切り落としましょう。 アジサイの剪定方法について いつのまにかアジサイが大きくなりすぎている場合は、剪定してかたちを整えることをおすすめします。 剪定に適している時期は、花が咲き終わってから7月中旬ごろまでです。 アジサイの花は自然に散ることがありません。 剪定して古い花を取り除かなければ、新しい芽に必要な養分が奪われたままになってしまうため注意しましょう。 また、アジサイの成長がゆるやかになる11月から3月ごろにもう一度、花芽より上に伸びた枝を剪定するのもおすすめです。 この時期に剪定すればきれいなかたちを保ったまま春をむかえることができます。 この冬の剪定では、枯れてしまった古い枝や、花芽のついていない枝などもあわせて切りましょう。 根元から切り落として風通しをよくすることで、害虫対策にもなります。 ただし冬の剪定は、絶対に欠かせないというわけではありません。 あまり剪定に自信がない場合は、花が咲き終わってからおこなう剪定だけでも十分です。 剪定は植物の健康を保つためにも大切な作業のひとつです。 アジサイはしっかりと手入れすれば毎年花を咲かせてくれますので、大切に育ててください。 アジサイに強剪定が必要なケースもある アジサイは大きくなりすぎると、茎の部分が木のように固くなる「木化」という現象が起こります。 木化したアジサイは剪定だけでなく、日ごろの手入れも大変なので、思い切って強剪定しましょう。 なかには、そもそも強剪定とはどんなものなのか、あまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。 そこで、はじめに強剪定について簡単にご説明します。 強剪定とは、大きく成長しすぎた植物を、小さいかたちにおさえるため太い幹や枝を短くしたり、全体的に枝の量を減らす作業のことです。 深く刈りこむため、植物にかかる負担は大きく、アジサイの場合、強剪定した翌年は花が咲かないこともあります。 しかし木化したアジサイをそのまま放っておくと、内部の風通しが悪くなり、病害虫の温床になりかねません。 枯れるまで被害が悪化すれば、枝だけでなく、根元から切り倒す始末になってしまうこともあります。 病気や害虫の被害を受けてしまう前に、一度強剪定して風通しをよくしましょう。 アジサイはある程度深く刈りこんでも、切り口から新しい枝や花芽をのばして成長する植物ですので、正しく剪定すれば枯れることはほとんどありません。 アジサイの強剪定は、成長がゆるやかな2月から3月のはじめごろにおこないましょう。 すべての枝を、根元付近にあわせて切りそろえることで、樹形が大きく乱れることなく整えられます。 アジサイの管理を簡単にして栽培するコツ 普段の手入れがしやすいように、あるいは限られたスペースでアジサイを楽しむためにできる工夫があります。 ちょっとしたポイントをおさえれば、気軽にアジサイを楽しむことができるかもしれません。 以下で紹介するのは、アジサイを小さく育てる2つの方法です。 これからアジサイを育てたい方はもちろん、すでにアジサイを育てている方でも実践できることもありますので、一度確認してみてください。 切り落とす枝を限定する コンパクトなサイズで育てたいときは、アジサイが大きくなりすぎないよう、年に2回、剪定するのがおすすめです。 大きくなってしまってから小さくしたい場合は、一度強剪定してかたちを整える方法もあります。 しかし強剪定してしまうと翌年の花は期待できないため、深く刈りこむのは避けたい方もいらっしゃるかもしれません。 毎年花を楽しみたい場合は、剪定方法を少し工夫しましょう。 1章でも説明をした通り、アジサイは花のつき方に特徴があります。 その特徴を活かすことで、切り落とす枝を限定することができるのです。 方法は、「剪定する枝のうち半分は短く切りそろえ、残りは先端から2節目の部分にできる花芽よりも少し上で切り落とす」というものです。 アジサイの花芽は枝の先端から2節目より下にできるため、残しておくことで翌年も花を楽しむことができます。 もちろん全体的なバランスを考えながら剪定する必要がありますので、少し手間はかかりますが、気になる方はぜひ挑戦してみてください。 もともとコンパクトな種類を選ぶ アジサイのなかには、もともと全体的にコンパクトなサイズになるよう、品種改良されたものがあります。 植える前に、比較的小さく育つものを選べば、大きくなりすぎることを心配する必要はあまりありません。 アジサイがどれくらいの大きさになるかは苗の説明文に記載されていることが多いので、参考にしてみてください。 とくに鉢植え用という表記があるものは、コンパクトなサイズのままである種類がほとんどです。 まとめ アジサイが大きくなりすぎてしまったときは、剪定してかたちを整える必要があります。 しかし剪定する時期や場所を間違えると、花が咲かないことがあるため注意しましょう。 木化するほどに成長してしまうと、枝が混みあって風通しが悪くなり、病害虫の温床になりかねません。 成長がゆるやかな時期に深く刈りこみ、ある程度コンパクトなサイズに戻すことをおすすめします。 剪定に自信がない方は、一度業者に相談してみるのもひとつの手段です。 個人で剪定するのが難しい場合も、業者に依頼してコンパクトなサイズに整えてもらいましょう。 この記事は2019年10月24日に加筆・修正しています.

次の