ポケモン あかいいと 徹底攻略。 【ポケモン剣盾】孵化厳選(タマゴ厳選)のやり方|個体値や特性の遺伝条件は?【ポケモンソードシールド】

ツボツボ育成論 : 【トリル】最硬両受け居座りツボツボ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン あかいいと 徹底攻略

目次 メタモンの入手方法と厳選のやり方まとめ• メタモンの入手方法・入手場所 ポケモン 剣盾 ソードシールド ではメタモンはワイルドエリアの一定の場所で、エンカウント、マックスレイドバトルで捕まえることができます。 ストーンズ原野の巣穴で出現 「ストーンズ原野」のポケモンの巣穴「J」でメタモンが出現します。 巣穴の光が 太い線なら確定でメタモンが出現するのでこまめにチェックしましょう。 なお巣穴の光が細い線ではメタモンは出現しません。 また、メタモンはストーンズげんや以外ではマックスレイドバトルで出現しません。 げきりんの湖で野生が出現 メタモンは「げきりんのみずうみ」の草むらでシンボルエンカウント、レアエンカウントでも低確率で出現します。 マックスレイドバトルと同様にこちらも粘る必要があり、Vが確定していないので厳選にはやや不向きです。 また、げきりんのみずうみに行くための「ロトムじてんしゃ」は9番道路で入手可能です。 誰かと交換する ほかのプレイヤーとポケモン交換をすることでメタモンを入手することもできます。 とくにメタモンは厳選しているプレイヤーが多いため、「厳選の余り」も発生しやすくよく交換に出されています。 交換したい場合は掲示板で募集をしてみましょう。 夢特性メタモンの入手方法 夢特性のメタモンは「ストーンズ原野」のポケモンの巣穴「J」で稀に出現します。 メタモンの夢特性「かわりもの」はメタモンを場に出すだけで相手のポケモンに変身できる強力な特性で、スカーフを持たせたメタモンでステータスが上がった状態の相手のポケモンに変身し、上から殴ることが可能です。 ランクバトルでもよく使われるので、育成したい方は是非入手しましょう。 なぜメタモン厳選する必要があるの? メタモンで卵を産ませる メタモンは卵(タマゴ)を生ませたいポケモンと一緒に「あずかり屋」に預けることで、その卵を生ませることができる特別なポケモンです。 そのため6Vなど強いポケモンが欲しい場合は、まず強いメタモンを入手する必要があります。 性格厳選がしやすい メタモンを複数もっておけば、狙った性格のポケモンを捕まえまくって、そのポケモンに かわらずのいしを持たせて性格を遺伝させるといった作業がなくなるので今後の性格遺伝が非常に楽になります。 「いじっぱり、ひかえめ、おくびょう、ようき」といったメジャーな性格は最低でも捕まえておきましょう。 6Vメタモンの効率的な厳選方法 高個体(6V)メタモンの効率の良い厳選方法や手順を紹介します。 ジムバッジを8つ集める 高個体のメタモンが出現する星5のマックスレイドバトルはジムバッジを8つ持っていないと挑戦することができません。 星4のマックスレイドバトルは3V以上確定、星5のマックスレイドバトルであれば4V以上が確定なので先にストーリーを進めてからメタモン厳選をすることをおすすめします。 ねがいのかたまりを集める 4V以上のメタモンを厳選するには「ねがいのかたまり」が大量に必要になります。 1つ3000Wと中々高いので、わざレコードの回収ついでにW(ワット)もこまめに集めましょう。 星4~5のメタモンとマックスレイドバトル ストーンズ原野の上マップのJの位置に配置されているポケモンの巣穴で太い線が出ると、星4~5のメタモン(4V以上確定)が確定で出現します。 線が出ていない場合は、集めたねがいのかたまりを使って、太い線が出るまで粘ります。 出現したメタモンはダイマックスポケモンに対して効率良くダメージを与えられる「ムゲンダイナ」で周回すると良いでしょう。 個体値を確認 マックスレイドバトルで捕まえたメタモンは、ポケモンボックスから個体値を確認しましょう。 個体値から逆算する手もありますが、ジャッジ機能を解放することでより楽に個体値の確認が可能です。 6Vは確率が低いのでまずは5Vを目指す 6Vメタモンは星5のマックスレイドバトルで狙うことができますが確率はかなり低く、非常に時間がかかるためまずは5Vを目指しましょう。

次の

【ポケモン剣盾】孵化厳選(タマゴ厳選)のやり方|個体値や特性の遺伝条件は?【ポケモンソードシールド】

ポケモン あかいいと 徹底攻略

金策(お金稼ぎ)の効率的な方法 ポケモントレーナーを倒す ポケモントレーナーを倒すと、お金を奪うことができます。 見かけたトレーナーは全部倒してお金を稼ぎましょう。 ニャースの「ネコにこばん」を使う ニャースの技「ネコにこべん」を使うと、攻撃したポケモンからお金を獲得できます。 「ニャース」は早期購入特典で入手することができます。 マックスレイドバトルで換金アイテムを集める ワイルドエリアのマックスレイドバトルでは、「ほしのかけら」などの換金アイテムがドロップします。 換金アイテムを集めて売却しましょう。 マックスレイドバトルでは「けいけんアメ」や「銀の王冠」など育成アイテムも同時に集めることができます。 クリア後はジムリーダー周回もおすすめ クリア後はシュートシティのポケモンスタジアムでジムリーダーを呼び出してバトルができます。 ジムリーダーを倒して、何度でもお金を入手できます。 お金だけが目的の場合は、ジムリーダー狩りが効率的です。 1バトルで「99999円」を稼ぐ方法 ジムリーダー周回では、早期購入特典の「ニャース キョダイマックス 」を使って、1バトルで「99999円」を稼ぐことができます。 ニャースで3回攻撃する必要があるので、ニャースが死なないようにレベルを上げておきましょう。 1 ニャースをけいけんアメで、レベル90程度まで上げる 2 ニャースに「おまもりこばん」か「こううんおこう」を持たせる 3 シュートシティのトーナメントに参加 4 1ターン目に「ニャース」をダイマックスして、 「キョダイコバン」を3回使う 5 後は普通に相手を倒す 6 バトル勝利時に「キョダイコバン」の効果で「99999円」を入手.

次の

【ポケモン剣盾】あかいいとの入手方法と効果【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン あかいいと 徹底攻略

この考察ではHABCDSなどの略称を用います。 ダメージ計算につきましてはダメージ計算SSを使用させていただいてます。 質問不備等がございましたらコメント欄にてお願いいたします。 はじめに はじめまして、とりと申します。 育成論をあげるのは初めてなので、至らないところも多々あると思います。 コメント欄等でご指摘いただければ幸いです。 拙い文章ですが、最後までお付き合いよろしくお願いします。 ツボツボというポケモン まず、ツボツボというポケモンについて。 このポケモンはBとDの種族値が230というアホみたいに固いポケモンとなっています。 しかしその反面Hは20、AとCは10、Sにいたっては5という極端な数値になっています。 これでHが高かったら神だったのに。 今回は、特性あまのじゃくを利用したツボツボでどんなポケモンですら受け止めることのできるツボツボを紹介したいと思います。 特性 今回はからをやぶるで耐久を上げていきたいのであまのじゃく確定です。 個体値 個体値は 31-0-31-0-31-0 としています。 今回のツボツボはパワーシェアで相手の攻撃力を落とす型となっております。 よってより相手のパワーをダウンさせるためにAとCの個体値は0まで粘ってください。 Sについては低すぎるのであまり気にしなくていいですが、一応トリックルーム下での運用を前提にしているので0とさせていただきました。 性格・努力値 H252 B28 D228 実数値 127-13-279-15-279-10 まず、前提としてツボツボはHPの種族値がとても低いのでHに252は確定とします。 次にBとDですが、僕の使用しているツボツボは図太い性格でBに28、Dに228振っています。 こうすることでBとDの実数値が同じ279となります。 両受けで採用したいので実数値が同じになるように調節しました。 なので、 「おだやか B228 D28」 「わんぱく B28 D228」 「しんちょう B228 D28」 でも構いません。 下降補正については、相手の攻撃と特攻のどちらをより下げたいかで決めてください。 現在の環境はどちらかと物理よりなので、今回はAに下降補正がかかるように図太いで採用しました。 持ち物 カゴの実確定です。 いくら耐久があるとは言え、しっかりと積みきらなければねむるだけでは受けきれません。 一度カゴをはさんで積むことで素眠りでも受けきれるようにします。 技構成• パワーシェア 確定です。 この技があることで、相手が6段階積んできたとしても受けきることができます。 からをやぶる 確定です。 特性あまのじゃくでBとDを1段階上昇、ACSを2段階下降させます。 もともとあってないようなACSなので何も気にせずにガンガン下げましょう。 ねむる ツボツボの唯一の回復技です。 状態異常を治し、完全回復したのち2ターン眠ります。 以下、選択• どくどく AC皆無のツボツボの一番のダメージリソースです。 どくどくが通る相手ならこれが一番処理が楽です。 はがね、どくタイプには何もやることがなくなります。 まとわりつく 威力20、命中100の変化技 4〜5ターンの間定数ダメージを与えます。 どくどくほどのダメージは得られませんが、どのポケモンにも通る技です。 特殊攻撃技なので、挑発をもらっても少しは足掻けます。 この技をくらうと、逃げられなくなるのでパワーシェア解除交代を防ぐこともできます。 パワーシェアでCが上昇するのでこちらのダメージ量も増えます。 どくどくに比べて汎用性が高いので、こちらを基本採用でいいと思います。 長い戦いになるのは間違いないので、処理優先にするのか、通りの良さを優先するかでどくどくかまとわりつくを選んでください。 採用理由 まず、このツボツボを使用する理由はただ一つ。 愛です。 第一に、ツボツボはそこまで耐久の高いポケモンではありません。 理由はそのHPの低さです。 確かにBDは全ポケモン中トップを誇りますが、そもそもHPが低いため後投げクッションとしてはあまり役に立ちません。 結構ツボツボに対して確定2発をとれるポケモンは多いです。 受けループとしても、回復技が眠るしかないので採用しにくいです。 トリックルームの対策として、まもるやみがわり、ダイウォール、ゴーストダイブなどのターン稼ぎがあげられます。 今作はダイウォールをだれでも打てる上、ダイマックスを凌ぐことに力が多く注がれているため。 そんなトリックルームに対して、枯らそうという動きに対してこのツボツボは突き刺さります。 トリルパーティの並びで相手のトリル対策を誘い、そこにツボツボを降臨させることでトリル枯らしの動きに悠々と積むことができます。 そして、トリル下にでてくるツボツボはパワートリックを使ったアタッカーと思われることが多く、先制技の使えなくなるダイマックスをあまり切ってこないです。 ダイマックスの火力でも落としきれないツボツボに対して甘えた攻撃は格好の餌となります。 積んでしまえば詰ませてしまうことも可能でしょう。 トリルエースを装った受けで相手の意表をついて積んでしまう型となっております。 運用方法 (ここが一番大事!) このツボツボは トリックルームが張られた状態でこそ、その真価を発揮っします。 確かにツボツボは固いです。 全ポケモン中トップのBDを誇ります。 が、Hが壊滅的に低いです。 いかにダメージを抑えようとも元が低ければあまり意味がありません。 対面では勝てないことが多いでしょう。 そこでトリックルームを利用します。 起点作成型のトリックルーム始動要因から、このツボツボにつなぎます。 そうすることで、全ポケモン中最速のスピードでパワーシェアやからをやぶるを積むことができるのです。 そうまでしたんならトリルエースにつないだほうが良いとか言うのはなし。 ちなみに僕が使用しているのは置き土産デスバーン。 より確実に積めるように置き土産からツボツボを降臨させています。 パワーシェアをうつことで相手の実数値を下げます。 ツボツボのAは13、Cは15なのでほぼ半減といっていいでしょう。 そこから殻を破ってさらに耐久を上げます。 しかし、それだけでは心元ない場合もあるので「ねむかご」で回復したのちさらに積んでいきます。 完全に積み切ってしまえばこのツボツボを確3で落とせる相手はそうはいません。 体力が減ってきたら安心して眠りましょう。 はがねタイプ どくどくが通りません。 まとわりつくであれば対処できます。 挑発 もはや何もできなくなります。 おとなしく死を待つか引いてください。 積み切った後であればまとわりつくでどうにでもなる気もする。 一撃必殺 長期戦は必至です。 一撃技を見たのなら速攻で引きましょう。 待っているのは100%の命中です。 2連休所 パワーシェアで実数値を下げられるため、急所ダメージも減らせます。 が、さすがに2回も急所に当てられたらたまったもんじゃないです。 お手をあげてください。 はらだいこ さすがに一気に6段階積まれると間に合いません。 泡吹いて倒れてください。 マジックミラー エーフィやブリムオンなどにはどくどくが跳ね返されてしまうので、どくどく型ならひいてください。 ほえる・ふきとばし 吹き飛ばされたらそのままの勢いでご自身も吹き飛ばされてください。 ドリュウズ 一撃技ももってるし、鋼だからどくどく効かないし、アイアンヘッド強すぎる。 トリル下で先制で積むことができれば間に合いますが、一撃技なら終わりです。 どくどく型なら爆速で引いてください。 ダメージ計算 メジャーな高火力ポケモンをのせておきます。 (先制で積んでいる前提です。 ドリュウズ(ようきダイマックス命の玉) ダイスチル(パワーシェア) 51. 1%〜61. 4% 確定2発 ダイスチル(パワーシェア+1) 33. 0%〜43. 3% 乱数3発(99. 9%) ダイスチル(パワーシェア+2) 26. 7%〜33. 0% 確定4発 ちょっときついですね。 先制で眠れれば、ほぼ受けきれそうです。 ドリュウズ(ようきハチマキ) アイアンヘッド(パワーシェア) 39. 3%〜47. 2% 確定3発 アイアンヘッド(パワーシェア+1) 25. 1%〜33. 0% 確定4発 アイアンヘッド(パワーシェア+2) 20. 4%〜25. 1% 乱数4発(0. 0%)• ドラパルト(いじっぱりハチマキ) ドラゴンアロー(パワーシェア) 25. 1%〜29. 9% 確定4発 ドラゴンアロー(+1) 29. 9%〜37. 7% 乱数3発(53. 8%) ドラゴンアロー(パワーシェア+1) 15. 7%〜20. 4% 乱数6発• サザンドラ(おくびょうメガネ) ラスターカノン(パワーシェア) 25. 1%〜29. 9% 確定4発 りゅうせいぐん(パワーシェア) 30. 7%〜36. 2% 乱数3発(47. 6%〜24. 4% 確定5発• リザードン(ダイマックス命の玉) ダイバーン(パワーシェア) 25. 9%〜31. 4% 確定4発 ダイバーン+サンパワー(パワーシェア+1) 40. 1%〜47. 2% 確定3発 ダイバーン+サンパワー(パワーシェア+2) 30. 7%〜37. 0% 乱数3発(45. 積んだ状態での対面なら問題なさそうです。 まぁ、ツボツボで相手のダイマックスを枯らせられるならめっけもの。 ヒヒダルマ(ようきハチマキ) いわなだれ(パワーシェア) 37. 7%〜45. 6% 確定3発 いわなだれ(パワーシェア+1) 26. 7%〜31. 4% 確定4発 いわなだれ(パワーシェア+2) 18. 8%〜23. 6% 乱数5発(97. 5%)• ギャラドス(ダイマックス命の玉) ダイストリーム(パワーシェア) 51. 1%〜63. 7% 確定2発 ダイストリーム+雨(パワーシェア+1) 37. 0%〜44. 8% 確定3発 ダイストリーム+雨(パワーシェア+2) 26. 7%〜33. 0% 確定4発 抜群のダイストリームは先制で眠ってギリギリといったところです。 ダイマックスをしのげれば受けきれます。 しかし、ギャラは挑発を持っていることも多く、龍舞で積んでくるのですでに積んでいるのでなければギャラドスは引いたほうが良いでしょう。 バンギラス(ダイマックス命の玉) ダイロック(パワーシェア) 61. 4%〜74. 0% 確定2発 ダイロック(パワーシェア+1) 38. 5%〜48. 8% 確定3発 ダイロック(パワーシェア+2) 33. 0%〜38. 5% 乱数3発(87. 5%) こちらも先制眠るでギリギリ。 さいごに いかがだったでしょうか。 ツボツボの固さに少しでも驚いていただけたら幸いです。 基本ダイマックを切られたとしても、トリックルーム下であれば、先にねむかごができるので、積み間に合います。 (急所にあたらないかヒヤヒヤものですが。 ) トリックルームがないと対面では撃ち抜かれてしまうのでトリル始動要因にも注意が必要です。 気を付けなければならない点は多いですが、しかし、一度積むことができるともうこのポケモンを倒せるものはおりません。 はまればツボツボで3タテできるので爽快です。 裏にはドリュウズやギャラドスに強いポケモンを入れておけば何とかなります。 ぜひ、使ってみてください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 何かあれば、コメントください。 感想を述べますので、ご一考ください。 まず、毒鋼タイプに何もすることがなく、挑発にも滅法弱いため、非常に汎用性の低いポケモンだと感じました。 トリルターンをこのツボツボのために使うというのももったいないというのが正直な感想です。 運用方法に欄には当たり前のようなことしか書いておらず、もう少し仮想敵や、そもそも何の為に採用するのかあたりを詳しく書いていただきたいところです。 個人的にはトリル下でガンガン積むよりはクッションとして採用してパワーシェア毒ネットあたりをまいて後続に繋げるような運用のほうが真価を発揮できるのではと思いますが...。 なかなか厳しい意見が多数寄せられる内容だと思いますが、 このコメント含めて 具体的な理由や代替案のないような否定したいだけの意見は気にしなくていいので、納得した意見だけきちんと受け入れてより良い育成論に昇華していただけることを願っております。 確かに、もう少し具体的な採用理由等を明記するべきだと思いました。 修正したいと思います。 あまのじゃくでダイホロウに強いのも魅力的です。 パーティにトリル要員とツボツボを見た時点で、苦手な挑発持ちを呼びやすそうに思うのですが、その辺りの使用感など気になりました。 後は、パワーシェアは1回目でしか火力を大きく落とせないので早めにまとわりついて交代を防ぐ必要があり、初動に余裕が無さそうな印象があります。 それを補う置き土産デスバーンだとしたら、もう少し本文中で強く勧めてもいいのではないでしょうか。 感想としてはツボツボの耐久性はわかったのですが、育成論の根幹のトリル下における積みという点で必要性を全く感じられませんでした。 というのも、 わざわざ耐久を積んでも相手のPTや選出次第ではこの育成論のツボツボは全くの無意味である点 トリル下において先制ねむカゴをする必要性を感じられない(わざわざ積んだ上でねむカゴターンまで使ったら残りの何ターントリル残るんでしょうか… そもそも後続にトリルエースですらないドリュウズやギャラドスを採用しておけばいいという点で、それその二匹が強いから勝ててるんでは? 結局のところトリルである意味もツボツボである意味も感じられませんでした。 どのポケモンにも弱点はあります。 現環境で使用率1位のミミッキュにも苦手なポケモンは居ます。 一部の構築やポケモンに対して無意味なのは当たり前です。 トリル下において先制ねむカゴをする必要性を感じられないとのことですが、 この型のツボツボにとってトリルは確実に耐久力を上げるための下地にすぎません。 積めてなければトリックルームは必要ですが、ガッチガチに耐久を上げてしまえばトリックルームがあるかどうかは些細な問題です。 例え上から殴られても耐久力が上がっているならば耐久して役割を遂行することは可能です。 そもそも後続にトリルエースですらないドリュウズやギャラドスを採用しておけばいいという点で、それその二匹が強いから勝ててるんでは?とのことですが、 読み間違えていらっしゃいます。 正しくは「ドリュウズやギャラドスに強いポケモンを入れておきましょう」と記載されています。 通りすがりでしたが気になったのでコメントさせていただきました。 以前sm環境でツボツボを使ったことがありました。 その時はトリックルームの補助などをしていなかったためか、はたまたプレイングスキルの不足のためか、ツボツボの良さを全く活かせなかったのが悔しかった思い出があります・・・。 今回この育成論を見て、ツボツボをどのように活かせば良いのかわかりました。 ここまでの長文、失礼しました。 育成論拝見させていただきました。 まず、この型自体は強いとは感じましたが、トリルターンがギリギリすぎて厳しい気がします。 例えば、 1 トリル展開 2 ツボツボに交代 (トリル残り4ターン) 3 パワーシェア (トリル残り3ターン) 4からをやぶる (トリル残り2ターン) 5 カゴねむる (トリル残り1ターン) このように、パワーシェアをされた時点で、多くの人は型が分かると思います。 この型の弱点は、8世代からの新技 ボディプレス には、パワーシェアが通用しないことです。 つまり、環境でまあまあ見る 鉄壁ボディプレスアーマーガア の起点にされてしまうかと思います。 長文失礼しました。 とても、面白い育成論でした。 自分も、昔似たような型のツボツボを使っていましたが、なるほどトリルを使うという選択肢がありましたか…盲点でした。 ここからは質問なのですが、からやぶで下がったaとcをパワースワップで相手に押し付けるのとパワーシェアを運用するのとでは、どちらの方がより居座れるようになるのでしょうか? 少し長文になってしまいました。 失礼しました。

次の