お昼ご飯 簡単。 夏休みランチってどうしてる?子供が喜ぶお昼ご飯の簡単レシピ50選

休日ランチの簡単レシピ24選|美味しい丼ぶりやおすすめのヘルシー料理も

お昼ご飯 簡単

夏休みのランチって、どうしていますか? 普段、子供はお弁当や給食を食べてくることが多いので、朝食と夕食だけ作ればよかったかもしれませんが、夏休みに入るとそういうわけにもいきませんよね。 毎日のお昼ご飯、何を作ろうか迷ってしまいます。 毎日3食作るのが面倒だからと、ついつい同じメニューになってしまう夏休みのランチ。 今回は、そんな夏休みのマンネリランチを打開する、おすすめレシピをご紹介します。 簡単に美味しく作れる《丼》ランチから、お手軽おしゃれな《ワンプレート》ランチまで、カレンダーを見ながら曜日ごとにレシピを決めるのが楽しくなるようなレシピばかりです。 夏休みのお昼のメニューに、参考にしてみてくださいね。 豆腐は3cm角にし、沸騰した湯に豆腐を入れ軽く茹でる。 長ネギは小口切りに、オクラは塩を振り板ずりをして斜めに切る。 フライパンにごま油を適量熱し、豚ひき肉を入れ中火でよく炒める。 しっかり炒めたら、Aを加えてさらに炒め、香りが立ってきたら、鶏がらスープ、茹でた豆腐、醬油、酢を加えて煮込む。 豆腐に味がしみてきたら、オクラ、長ネギを加えて軽く煮込む。 オクラ、長ネギに火が通ったら、水溶き片栗粉を加え、とろみをつける。 仕上げにラー油と花椒を振り入れる。 材料 鶏の手羽元 7~8本 塩コショウ 適量 酒 大さじ1 トマト 2個(400g) ピーマン 1個 玉ねぎ 中2個 しょうが ひとかけ にんにく 1片 クミンシード 小さじ1(あれば) 市販のカレールー(中辛) 5皿分 水 800ml オリーブオイル 大さじ1 レシピ• 手羽元はポリ袋などに入れ、塩コショウ、酒を揉み込む。 トマトはヘタを取ってざく切りに、ピーマンは角切りに、玉ねぎは粗みじん切り、しょうが、にんにくはみじんぎりにする。 鍋に油を弱火で熱し、クミンシードを炒めて香りを出し、みじん切りの玉ねぎ、にんにく、しょうがを10分ほど炒める。 玉ねぎは広げて焼き付ける。 片面が焼けたら裏に返して水を大さじ3(分量外)入れてじっくりと炒める。 トマトを入れ潰しながら5~6分炒めて水分を飛ばす。 手羽元を入れ、手羽元の表面が白っぽくなってきたら水を入れ、沸騰したらふたをして30分ほど煮る。 一度火を止め、カレーのルーを入れて溶かす。 ふたたび火をつけ、弱火にし、ピーマンを合わせて、5分ほど煮込む。 豚バラ肉は一口大に、白菜キムチはハサミなどを使用し細かく刻む。 長ねぎ、万能ねぎ、にんにくはみじん切りにする。 卵は小鉢などに入れて溶いておく。 フライパンにごま油を弱火で熱し、長ネギ、にんにくを香りがが出るまで炒め、豚肉を加える。 豚肉の色が変わってきたら、キムチ、醬油、顆粒だし、塩コショウを炒め合わせる。 炒めた具材を端に寄せ、溶き卵を入れ、中火に熱する。 半熟状になってきたところで、卵の上にご飯を入れ、すばやく卵とご飯を刻むようによく混ぜる。 万能ネギ、白ごまを入れ、端に寄せた具材とご飯をほぐすように、強めの中火にし、フライパンを振って炒め合わせる。 夏休みにおすすめの《うどん》ランチ カルボナーラうどん 材料 パスタ 160〜200g アスパラガス 5〜6本 桜エビ 大さじ2 白ワイン 50cc にんにく 1片 赤唐辛子 1本 オリーブオイル 大さじ2 仕上げ用オリーブオイル 大さじ1 パセリ(トッピング用) 少々 《パスタを茹でる用の塩》 ・水1リットルの場合 塩8g ・水2リットルの場合 塩16g レシピ• アスパラガスは食べやすい大きさに3〜4等分する。 赤唐辛子は種を少し残して捨て、にんにくはみじん切りにする。 フライパンにオリーブオイルを入れ、赤唐辛子、にんにくを入れ、ふつふつするまで軽く火にかける(弱火)。 パスタを茹で始める。 にんにくに火が入り始め、香りが出て来たらアスパラガスと白ワインをいれ、炒める。 1分以上茹でた茹で汁をフライパンに加えて、桜エビを投入し、乳化させながら炒め合わせる。 パスタが茹で上がる3分前くらいで、フライパンに移し、さらにお玉1杯くらいフライパンに加えてよく混ぜて、なじんだら完成。 皿に盛り、最後にパセリ(イタリアンパセリ)をお好みでトッピングして完成。 材料 パスタ 160〜200g 蛤 8個 菜の花 10本 白ワイン 50〜100cc(50cc入れてみて、少ないようだったらさらに足す) にんにく 1片 赤唐辛子 1本 オリーブオイル 大さじ2 仕上げ用オリーブオイル 大さじ1 《パスタを茹でる用の塩》 ・水1リットルの場合 塩8g ・水2リットルの場合 塩16g レシピ• 蛤は塩を入れた水につけて、砂抜きをしておく。 菜の花は4cm幅くらいにザク切りにする。 にんにくはみじん切りにする。 鍋に水と塩を入れて火にかけて沸騰させ始める。 フライパンにオリーブオイルを入れ、赤唐辛子、にんにくを入れ、ふつふつするまで軽く火にかける。 ある程度火が入ったら白ワインと蛤をいれ、蓋をして、中弱火にして4〜5分(貝の口が開くまで)蒸す。 パスタを茹で始める。 貝が開いたら蓋を取り、菜の花を加えて、茹で汁をフライパンにおたま一杯分入れる。 パスタが茹で上がる3分前くらいで、フライパンに移し、蛤の出汁をパスタに吸わせながらアルデンテにしていく。 さらにお玉1杯くらいフライパンに加えてよく混ぜて、なじんだら完成。 レモンパスタ 材料 パスタ 160〜200g 塩鮭(甘口) 2切れ レタス(グリーンリーフ) 3枚くらい 野沢菜 大さじ3くらい にんにく 1片 赤唐辛子 1本 大根おろし 適量(醬油を少々かける) オリーブオイル 大さじ2 仕上げ用オリーブオイル 大さじ1 《パスタを茹でる用の塩》 ・水1リットルの場合 塩8g ・水2リットルの場合 塩16g レシピ• 塩鮭を焼いて、ほぐしておく。 レタスは手でちぎり、野沢菜はみじん切りにしておく。 フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくを入れ、ふつふつするまで軽く火にかける。 鍋に水と塩を入れて沸騰させ、パスタを茹で始める。 パスタを茹で始めて1分くらいで茹で汁をフライパンに1杯加え、よく混ぜ合わせる。 皿に盛り、最後に上から大根おろしをのせて完成。 マカロニサラダ.

次の

休日ランチの簡単レシピ24選|美味しい丼ぶりやおすすめのヘルシー料理も

お昼ご飯 簡単

All Aboutカフェの【なんでもランキング】のコーナーで、第38回「我が家の土曜日の昼の定番メニュー」ランキング投票が行われました(8月8日〆切り)。 ご投票いただきました皆様、どうもありがとうございました。 酸味のある醤油ダレ派とごまダレ派、あなたはどちらですか。 ・鍋一個ででき、しかもワンプレートで盛り付けられる。 簡単にできる割には見た目も豪華。 (神奈川県、40代:女性) ・とにかくラク!タレを変えたりや具材を工夫すれば、カンタンにも凝った料理にもなるのがイイ。 (大阪府、20代:女性) ・ごま味で、旬な野菜をいっぱい盛り合わせ、色とりどりも楽しめる一品。 (東京都、30代:男性) ・サッパリしていて酢が大好き(東京都、40代:男性) 第9位 カレー (おかずレシピ) みんなが大好き。 作りおきができて手軽、という方もいれば、休日だからこそゆっくり煮込んで調理も味も満喫する、という方も。 幅広い層からの支持が厚く、我が家だけ、自分だけの味が楽しめるのも人気のようです。 ・土曜のおひるごはんは、母親が金曜の夜からコトコトと煮込み始める野菜カレーでした。 (神奈川県、20代:男性) ・前日からの作り置きができて、夏は特に食欲がおちるが、家族は家カレーが大好き!(大阪府、50代:女性) ・休日なので気合入れて作ります。 (東京都、20代:男性) ・自分で作って食べるのが楽しみです。 自分で創れるのが少ない中、旨いと言ってもらえる料理です。 (岐阜県、50代:男性) 第8位 そば (そば) 喉越しのよさや奥深い味わいが人気。 その腕を披露する男性も多いようです。 休日ならではの楽しみ方として、「日本酒をちびりちびり飲みながら(神奈川県、30代:男性)」という風情ある昼食を満喫している方もいらっしゃいました。 ・主人の好物で、これさえ出しておけば、なんにも言われないんです。 (栃木県、40代:女性) ・主人がおそばをゆでるのが上手なので便乗して(千葉県、50代:女性) ・手軽に食べられておいしい。 大抵薬味もありますし、ちょうどいいんです。 (宮城県、20代:女性) ・熱いのも、冷たいのもいろいろなバリエーションで簡単に食べれる。 それに、栄養価もいい。 (大阪府、30代:女性) < INDEX > 1ページ:10位~8位.

次の

休日のお昼ご飯は簡単レシピに頼って♪家族が喜ぶお手軽ランチメニュー特集

お昼ご飯 簡単

簡単お昼ご飯レシピ【丼】 では、丼ぶりのお昼ご飯にはどのようなものがあるのでしょうか? 以下のかんたんに作れるお昼ご飯におすすめの丼ぶりレシピを10品ご紹介します。 【簡単!!】レンジで5分*とろとろ親子丼• 煮込み時間5分!麺つゆDE簡単過ぎる牛丼• ミートエッグ丼• お手軽ごはん ナスの和風カレーそぼろ丼• 絶品簡単激うましらす丼• オクラとトマトと納豆のネバネバ丼• ごはんがすすむ!ウインナーのたまご丼 丼ぶりは食器がひとつ済むため、洗い物も少なくてすみます。 ご飯もしっかり食べることが出来ることから、パワーをためたいお昼ご飯におすすめです。 お昼ご飯を一人でさっと済ませたいときなどに便利なレシピになります。 鶏肉がしっかり入っているため、ボリュームもあるお昼ご飯を食べることができます。 節約しているときやダイエットしているときでも気にせずにお腹一杯になれるお昼ご飯です。 チーズがアクセントになっており、お子さまでも食べやすくなっています。 煮込むのに時間がかかるイメージの牛丼ですが、 なんと5分で美味しい牛丼が作れるんです! めんつゆなので味付けの心配もしなくてよく、忙しいときにおすすめです。 がっつり食べたいときにいいですね。 ミートソースは作りおきしておけるため、多めに作っておいて、休日のお昼ご飯に簡単に済ませることができます。 レンジで作れるのも簡単で嬉しいですよね。 温泉卵がとろけてご飯と絡まりより美味しくなります。 カレー粉とめんつゆだけで味付けをするため、材料も少なく簡単にお昼ご飯を作ることができます。 ひき肉を使用しているので、火の通りも早くすぐに1品が完成できます! 手の込んだ料理のように見えますが、作ってみると意外と簡単に作れるお昼ご飯です。 お家によくある材料でお昼ご飯が作れるのがありがたいレシピですね。 甘辛い味に仕上がっており、どんどん箸が進むお昼ご飯です。 ツナと卵なのでお子さまも喜んで食べてくれる丼ぶりになります。 しらすや卵をのせるだけで完成の簡単レシピです。 胡麻油の香りがよく、食欲をそそります。 しらすは値段も手頃で身体にもよいため、常備しておくのもいいかもしれませんね。 餡掛けになっているため、お子さまでも食べやすくなっています。 しっかり味が絡まっていてとても美味しいお昼ご飯です。 フライパンひとつで作ることができるため、簡単にお昼ご飯が完成します。 豆腐とトマトが一緒に混ざっているため、さっぱりと食べることができます。 身体にもよく、ヘルシーなのでダイエットにもおすすめです。 暑い夏にも食べやすいお昼ご飯です。 ソーセージや卵など手軽や材料でお昼ご飯が作れるため、家計にも嬉しい一品です。 お子さまでも好きな味付けなので夏休みのお昼ご飯などにもおすすめです。 簡単お昼ご飯レシピ【パスタ】 では、お昼ご飯におすすめのパスタはどのようなものがあるのでしょうか? 以下のお昼ご飯におすすめのパスタレシピを10品ご紹介します。 カニのトマトクリームスパ• 塩昆布で簡単に!ベーコンと玉ねぎの和風パスタ• 【簡単!!パスタ】豆腐のクリーミー冷製スパゲッティ• 簡単!美味しい!!明太子パスタ• 超簡単。 失敗なし。 基本のペペロンチーノ。 シリコンスチーマーでコンソメパスタ!簡単一人ランチ• ツナとトマトの冷製パスタ パスタはつるつると食べることが出来るため、夏や食欲がないときなどにおすすめです。 和えるだけのレシピが多く、簡単に作れるものばかりです。 いろいろなレシピ本にも掲載されています。 缶詰めの材料をいれるだけで作れるのが嬉しい一品です。 カニ缶の汁もパスタに和えるため、カニの風味がして特別感が味わえます。 ベーコンの塩気と玉ねぎの甘みがよくあいます。 アレンジも出来る便利なお昼ご飯レシピです。 女性に人気のアボカドを使ったパスタです。 生クリームや卵などは使っておらず、牛乳だけでクリーミさが出せます。 それは、 アボカドを混ぜることでとろみが出てクリーミーなパスタが完成します。 そうめんやうどんで食べることが多い、納豆や大葉、めんつゆを使った和風なパスタです。 豆腐がドンとのっているため、ボリューム満点の一品になります。 ダイエット中のお昼におすすめです。 15分ほどで完成するため、忙しいときや簡単に済ませたいときにおすすめのお昼ご飯ですね。 バターをいれることで味がまろやか濃厚になります。 めんつゆで味付けをするため、失敗も少なくお昼ご飯を作ることができます。 七味唐辛子をかけて大人向けのパスタに味変するのもおすすめです。 失敗なし。 基本のペペロンチーノ。 具が入ってないとてもシンプルなペペロンチーノです。 具材が冷蔵庫にない場合でも作ることができるレシピです。 にんにくがしっかり入っているため、休日のお昼ご飯におすすめです。 素材の味をしっかりと活かしたとても美味しいパスタです。 茹でる時間を短縮できるため、すぐにご飯を作ることができます。 レンジに任せられるのは嬉しいですよね。 酢や大葉でさっぱりと食べることができます。 トマトが入っていることで、彩りや酸味がより食欲をそそります。 パスタをゆでて、材料を和えるだけの簡単レシピです。 子供が喜ぶ簡単お昼ご飯レシピ 夏休みなどお子さまがお休みのお昼ご飯は何にしようか悩みますよね。 以下のお子さまが喜ぶお昼ご飯を10品ご紹介します。 ホットプレートで!子どもに人気のミックスピザ• カリフワ!週末のブランチに。。。 フレンチトースト• 野菜たっぷり黄金チャーハン• レンジで簡単ランチ*ナポリタン風うどん• 肉巻きおにぎりde夏休みランチ。 【農家のレシピ】ソースやきそば 子どもだけでなく大人も満足いくレシピばかりです。 家族で楽しめるお昼ご飯にぜひ試してみてください。 子どもも大好きなピザをホットプレートで作るお昼ご飯です。 ピザにのせる具材はお好きなものを使用できるため、お好みのピザを自分達で作ることができます。 お子さまと一緒に作ることができるのは楽しいし盛り上がりますよね。 お子さまにも人気があるナポリタン。 調味料は先に合わせておくため、簡単に味付けをすることができます。 砂糖が入っている少し甘めのパスタになります。 大人の方も懐かしさを感じられるナポリタンになっています。 フレンチトースト お子さまも大好きなフレンチトーストです。 甘さ控えめにできているため、お好みではちみつやメープルシロップ、生クリームなどをかけて食べるのもおすすめです。 野菜を細かく切って炒めるため、お子さまでも食べやすくなっています。 椎茸の旨味が出ていて、美味しく仕上がります。 他の野菜をいれてもいいですね。 お昼ご飯にみんなでホットプレートを使って作っても楽しいですね。 キャベツを消費できるため、余ったキャベツがあるかたはぜひ作ってみてください。 また、チーズやキムチなどを追加して焼いても美味しく仕上がります。 お好みのアレンジが出来るため、みんなで盛り上がること間違いないでしょう。 このレシピは鶏肉やウインナーではなく、 豚バラを使っているのがポイントです。 そうめんを湯がいた上に、星形の野菜たちをのせるだけの簡単レシピ。 見た目も華やかでお子さまも喜んでくれる1品です。 オクラやハムなどを加えても美味しいですね。

次の