季語 7月上旬。 6月の時候の挨拶20選!季語や上旬・中旬・下旬別の書き出し・結びとは?

時候の挨拶「7月」上旬・中旬・下旬で使える例文と手紙の形とは?

季語 7月上旬

お中元は、親しい人やお世話になった人への感謝を伝えるための贈り物。 しかし、贈る時期は日本全国同じではありません。 私が住む地域では、一般的には8月上旬頃が目安となっているのですが、期間が長いところでは7月からお盆までの間に贈るという地域もあるようですね。 いずれにしても、お盆明けの8月16日以降に届いてしまうと、残暑見舞いの扱いになるので注意しなければなりません。 さて、このお中元には贈る側の悩みもさることながら、いただいた側にもちょっとした悩みが発生します。 それは、 お礼状の書き方です。 お礼状の冒頭で使う「時候の挨拶」によく合う季語を知り、マナーのある素敵なお礼状を書いてきちんとした大人の振る舞いをしたいものですよね。 そこで今回は、特に関東圏で多いといわれる7月のお中元シーズンに合わせて、 7月上旬・中旬・下旬の季語を使った 時候の挨拶とそれに合う 結びの例文を紹介していきたいと思います。 個人宛てのお礼状、ビジネス向けのお礼状とに分けて紹介しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。 お中元のお礼状に使える7月上旬・中旬・下旬の季語は? お礼状を書くときには、冒頭に 時候の挨拶を置くことでその後の流れがスムーズになります。 時候の挨拶は季節や気候を表す言葉を用いて作りますが、この季節を表す言葉である 「季語」はその時期に応じたものを使わなければなりません。 「季語」は、本来は俳句で季節を表現する際に用いられる言葉です。 対して時候の挨拶は、必ずしも季節を表す「季語」を含む必要はなく、「雨が続く」だとか「暖かくなってきた」といった気候の状態を用いても問題ありません。 ですが、「雨が続く」を「梅雨という季語」にしたり、「暖かくなってきた」を「春を表す季語」にすることで、とてもきれいな時候の挨拶文が完成します。 では 7月の季語はどうなっているのでしょうか? お中元のお礼状に使えるものを、 上旬・中旬・下旬別に見ていきましょう。 時候の挨拶 いよいよ夏本番となりました。 結びの挨拶 熱帯夜の寝苦しさが身体にこたえる毎日ですが、くれぐれもお体にお気をつけて素敵な夏をお過ごしください。 天の川や朝顔、蝉の声などの夏ならではの自然を表す言葉を使うと、とても綺麗な挨拶文になりますね。 また、個人宛てのお礼状では、 口語調と言われる少しカジュアルな表現をすることで、親しみを感じさせる挨拶になります。 対して、次項で紹介するビジネス向けのお礼状では、 漢語調と言われる少し固めの表現を用いた時候の挨拶を作ることで、礼儀あるお礼状に仕上がります。 例文を参考にしながら個人宛てとビジネス向けの違いを比較してみてください。 時候の挨拶 灼熱の候、貴社におかれましてはご盛栄のこととお慶び申し上げます。 結びの挨拶 酷暑のみぎり、皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。 ビジネス向けのお礼状を書く際に気を付けておきたいことは、 時候の挨拶と結びの挨拶で同じ言葉を使わないようにすることです。 先に活躍を喜ぶことを言っているのであれば、 結びでは 「ご健勝をお祈りします」「ご多幸をお祈りします」「益々のご繁栄をお祈りします」 といった違う意味の言葉を用いるようにしましょう。 ビジネス向けの固い言葉は難しい用語がたくさんあるので、1つ1つの意味をしっかり確認した上で、時候の挨拶と結びの挨拶のバランスを考えることが大事ですね。 まとめ いかがでしたか? 7月の時候の挨拶のポイントは、夏本番を迎える時期なので暑さで体調を崩さないように!という気づかいをすること、そして夏らしい季語で季節感をたっぷり出すことです。 また、今回はお礼状全体の例文は紹介していませんが、お中元のお礼状の構成として、時候の挨拶の後に、いただいた品に対する感想や感謝の気持ちを述べる必要があります。 時候の挨拶から感想、感謝の気持ちへとスムーズに流れるような文章を心がけると、マナーのあるお礼状に仕上がるでしょう。

次の

茶杓の銘:6月上旬〜7月上旬・仲夏(芒種・夏至のころ)

季語 7月上旬

7月の時候の挨拶を入れるメリット ビジネスメールや手紙は、用件を分かりやすくまとめ、読む側の負担にならないように配慮するのが基本です。 そのために、決まった書式や、テンプレートなどが用意されていることが多いようです。 ですが、例えば皆さんが、大切な取引先へ書く場合を想像してみてください。 宛先とタイトルを入れ、用件を書き、署名を入れて送信するだけでは、事務的で物足りない印象がありませんか?そこで、ぜひ、時候の挨拶をビジネスメールの中に取り入れてみましょう。 普段は事務的な印象になりがちなビジネスメールに、時候の挨拶を入れる事により、読み手側を気づかうような、柔らかな印象を与える事が出来ます。 その意味で ビジネスシーンで大切とされるクッション言葉と同じような役割を果たします。 ぜひ実践して、他の手紙やビジネスメールと差を付けましょう。 そもそも時候の挨拶ってなに? 本来、時候の挨拶とは日本の文化独特のものであり、手紙やはがきを書く時の文章の冒頭に、現在の季節に合った挨拶を入れる礼儀文のことを指します。 また、時候の挨拶には、その季節に合った季語を入れる事が決まりになっています。 決まりとして、時候の挨拶は、文章の冒頭の頭語の後に入れ、それとセットで、文章の末尾に結びの文章を入れます。 それでは、実際に7月での例を見ながら実際に解説して行きます。 7月の時候の挨拶を入れた手紙やメールの構成 手紙やメールは以下のような構成にすると素敵な文章になります。 時候の挨拶• 時候の挨拶の結び• 結語 1.頭語という「こんにちは」の意味の言葉を入れる 頭語で一般的に使われるのは、以下のような言葉です。 「拝啓」• 「拝呈」• 「啓上」 2.7月の時候の挨拶を入れる 7月の時候の挨拶は• 「梅雨明けの候」• 「向暑の候」• 「仲夏の候」• 「盛夏の候」• 「大暑の候」• 「炎暑の候」• 「酷暑の候」• 「猛暑の候」 などの季語が一般的です。 この季語の後に、挨拶文を続けます。 ここで使う挨拶文は、以下のような普段使っているビジネス用の挨拶文で構いません。 「貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 「〇〇様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 「平素は格別なご高配を賜りまして厚く御礼申し上げます。 」 3.用件を書く ビジネスでもプライベートな相手でも日頃の感謝の気持ちを丁寧に書いていきます。 相手を思いやる気持ちは文章でもしっかり伝わるので気持ちを込めてしたためましょう。 4.7月の時候の挨拶の結びの文章を入れる• 「暑さ厳しき折り、皆様のご健康をお祈りいたします。 「時節柄、くれぐれもお身体ご自愛下さい。 」 5.最後に結語という「さようなら」の意味の言葉を入れる 結語で一般的に使われるのは、以下のような言葉です。 「敬具」• 「敬白」• 「拝具」 実は、季語にはもっと細かな分類があります。 7月だけでも初旬、中旬、下旬それぞれに合った様々な季語があります。 また、挨拶文に関しても、もっと丁寧で個性的な表現が強くなるものもたくさんあります。 ですが冒頭でも書きましたが、あくまでも、時候の挨拶の入った手紙やビジネスメールであることは忘れないようにしましょう。 仕事で忙しい相手先のことを考え、 端的に用件を伝える内容に時候の挨拶はちょっとした心づかいを添えるものです。 なので、余り細かくは考え過ぎずに、シンプルにまとめる方が、より親切なものとなります。 ですが、季語の使用にはくれぐれも、気を付けましょう。 季節にそぐわない間違った季語を使ってしまうと、せっかくの時候の挨拶が台無しになってしまいます。 下記に7月の初旬、中旬、下旬に合った季語を使った、時候の挨拶を紹介します。 7月初旬の時候の挨拶• 梅雨明けの候、〇〇様にはますますご壮健のこととお慶び申し上げます。 向暑の候、皆々様お健やかにお過ごしのご様子、なによりと存じます。 「梅雨明けの候」と「向暑の候」は、7月初旬に合った時候の挨拶です。 また 「小夏」という言葉も、この時期にあった季語になります。 7月中旬の時候の挨拶• 仲夏の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。 盛夏の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 「仲夏の候」は、まさに夏の暑さの半ばに合った季語を使った、7月中旬に使える時候の挨拶です。 また 「盛夏の候」は、同じく7月中旬に合った時候の挨拶ですが、7月中を通して使う事が出来ます。 7月下旬の時候の挨拶• 大暑の候、貴社いよいよご隆盛のことと存じます。 猛暑の候、皆様にはいよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。 「大暑の候」「猛暑の候」は、日本の季節を表す二十四節気の「大暑」が7月23日頃にあたる事から、その時期やそれ以降の7月下旬に合った時候の挨拶になります。 年によっては、気温が上がらない涼しい夏であったり、逆に猛暑の夏であったり、その時々で体感する暑さも変わって来ますよね。 また、地域によっても7月の暑さの体感も変わって来ます。 そんな時は、ぜひ 「冷夏」や「炎暑」などの、暑さを表現する季語を使い分けてみましょう。 時候の挨拶の結び文も同様です。 季節にそぐわない季語を使わないように気を付けましょう。 7月の時候の挨拶の結び文も、いくつか例を紹介します。 7月の時候の挨拶の結び文の例• 梅雨明けの暑さひとしおでございますが、くれぐれもご自愛下さい。 暑さ厳しき折り、くれぐれもお身体をご自愛下さい。 本格的な夏を迎えました。 皆様のご健康をお祈りいたします。 暑さ厳しき折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 通常のメールと7月の時候の挨拶が入ったメールを比べてみる それでは、実際に同じ用件で作成した、通常のメールと7月の時候の挨拶を入れたメールを比べてみましょう。 以下の例は、見積もりの依頼をするメールの内容です。 (株)〇〇〇 営業部の〇〇でございます。 早速ではございますが、先日ご提案いただきました案件につきまして ぜひ一度、弊社から費用についてのお見積りをいただきたきたくお願い申し上げます。 ご多忙中恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。 (2.時候の挨拶) (株)〇〇〇 営業部の〇〇でございます。 早速ではございますが、先日ご提案いただきました案件につきまして ぜひ一度、弊社から費用についてのお見積りをいただきたきたくお願い申し上げます。 ご多忙中恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。 (3.用件) 暑さ厳しき折り、皆様のご健康をお祈りいたします。 (4.時候の挨拶の結び) 敬具(5.結語) いかがでしょうか。 同じ内容の文章の冒頭と末尾に、時候の挨拶を入れただけで、事務的な印象のビジネスメールから、ちょっとした心づかいや配慮が感じられませんか? 時候の挨拶は事務的な印象を和らげる、クッションのような役割も感じられますよね。 また、これらは元々、電子メールが普及する前から、書面でのビジネス書簡のやり取りでも使われていましたので、ビジネスマナーの一つとしても重視される大切なものです。 また、 ビジネスメールだけでなくもちろんビジネス書簡や手紙へも応用が出来ますので、ビジネススキルの一つとして、マスターしておくのが良いでしょう。 忙しい7月のビジネスシーンにこそ時候の挨拶を使ってみましょう 毎日が忙しい、ビジネスメールの送受信。 数ある電子メールの中で、形式ばかりの文章のやり取りだけでは、読み手の気持ちを惹きつけることは難しいでしょう。 きっと、似たような大量のメールの中に、埋もれてしまう事もあるかも知れません。 そこでぜひ、この7月の時候の挨拶を取り入れた手紙やビジネスメールを使ってみてください。 ちょっとした心づかいひとつで皆さんのメールが読み手に取ってより印象深いものになりますよ!.

次の

7月の時候の挨拶/季節の挨拶》季節の言葉/挨拶文/季語/候/結び/上旬/中旬/下旬/初旬/ビジネス文書

季語 7月上旬

季語とは、簡単に説明すると「季節を表わす言葉」のことです。 俳句では、季節を表わすために季語を使うことが大切な決まり事とされていますが、手紙や挨拶文で必ず使わなけばいけないという決まり事はありません。 しかし、手紙や挨拶文の中に季節を感じることができる文章があることで相手に丁寧で心が込もった文章だと良い印象を持たれることもあります。 難しく考える必要はなく自分や相手が同じ季節を連想できる言葉であれば季語になります。 7月は、梅雨が終わりを告げ本格的な暑さをが訪れる時期です。 季語も、夏のうだるような暑さ、冷たい飲み物や食べ物など気温の暑さや日差しの強さを連想させる言葉が多いのが特徴です。 7月の季語をまとめていますので、手紙や挨拶文を書く際の参考にしてください。 7月の季語 暦・行事 祇園祭、朝顔市、ほおずき市、山開き、海開き、半夏生、七月 食べ物 麦茶、心太、胡瓜、トマト、ラムネ、アイスクリーム、ビール、水羊羹、冷奴 生き物 夏の虫、甲虫、天道虫、蝉、黄金虫、毛虫、玉虫 天気 梅雨明、返り梅雨、炎天、夏の空、夕立、スコール 植物 向日葵、青林檎、早桃、バナナ、夕顔、ダリア、日日草、麻、月下美人、月見草 地理 夏の雲、雲の峰、夏の星 生活 キャンプ、帰省、林間学校、夏風邪、寝冷、暑気あたり 人事 花火、風鈴、日傘、暑中見舞い、浴衣、夏帽子、団扇、サンダル 7月の季語で気をつけること 地域によっての違いに注意 時候の挨拶を使うときの手紙の書き出しは、「季節の挨拶」+「相手に対して安否を尋ねる挨拶」という形式が基本です。 これさえ覚えておけば相手の立場が変わっても手紙の書き出しに悩むことはありません。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書き出しで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 送り先の方へ礼儀正しい印象を与えたいときの手紙を書くときにも使えます。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 小暑の候、貴社いよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。 向暑のみぎり、皆様におかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます。 七夕の折、ご家族の皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。 次に、7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書き出しで、友人など親しい人に書く際に使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• 梅雨明けの暑さがひとしおですが、皆さんいかがお過ごしですか。 海開きの季節を迎え暑さも本格的になってまいりましたが、お元気にお過ごしですか。 睡蓮が花咲かせる今日この頃、その後お変わりないですか。 【上旬】7月の時候の挨拶を使った季節の挨拶・手紙の結び 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 梅雨明けの暑さひとしおでございます。 ご自愛の上、ご活躍ください。 暑さが増す時期でございます、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 次に、7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、友人などの親しい間柄の人にあてる際に使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(友人など親しい方へのプライベートで送る文章)• 本格的な夏の到来です、お体に気を付けて元気に暑さを乗り切りましょう。 夏休みにご家族の皆さんに会えるのを心待ちにしています。 こちらでは、7月上旬の時候の挨拶をご紹介しましたが、6月になるとまた違った時候の挨拶になりますので、下記の記事をご参考にして違いを見て下さい。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書き出しで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 改まった文章の中にも季語や相手を気遣う言葉を使える大人のマナーで好印象を与えることができます。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 仲夏の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。 盛夏のみぎり、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 炎熱の候、貴社にはますますご清栄ことと拝察いたしております。 次に、7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、友人などの親しい間柄の人にあてる文章で使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• 暑さが厳しい折ですが、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。 夏休みを間近に控えた今日この頃、いかがお過ごしですか。 本格的な夏を迎え、大好きなビールの季節がやってきました、そちらにお変わりありませんか。 【中旬】7月の時候の挨拶を使った季節の挨拶・手紙の結び 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 結びの挨拶は、手紙を締めくくる大切な箇所です。 仕事の取引先の繁栄、友人の健康や幸せを祈る気持ちを言葉に込めて書くことで良い印象の文章が出来上がります。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 暑さ厳しき折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 これから益々厳しい暑さとなります、皆様のご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申し上げます。 夏風邪などお召しになりませぬようご自愛くださいませ。 次に、7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、友人などの親しい間柄の人にあてる際に使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• 今年は、冷夏で過ごしやすい日々が続いていますが夏風邪にはお気を付けください。 夏休みにご家族の皆さまに会えることを楽しみにしています。 健康に注意し、お互い元気に夏の暑さを乗り切りましょう。 【下旬編】7月の季語・時候の挨拶・書き出し・結び 【下旬】7月の季語 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書き出しで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 改まった文章の中に相手を思いやり気遣う丁寧な言葉を選び文章にすることで相手に好印象を与えることができます。 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 大暑の候、貴社におかれましてはますますご清祥のことと存じます。 酷暑のみぎり、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 灼熱の折、皆様には夏風邪など召されずお元気にお過ごしでしょうか。 次に、7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書きだしで、友人などの身近な親しい人にあてる文章で使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• うだるような暑さが続いておりますが、〇〇様はいかがお過ごしですか。 連日寝苦しい夜が続いていますが、皆さまお変わりございませんか。 例年以上の厳しい暑さの中、お元気にお過ごしですか。 【下旬】7月の時候の挨拶を使った季節の挨拶・手紙の結び 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった丁寧な手紙の例文をご紹介します。 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 連日の暑さでお疲れでしょうが、くれぐれも御身体大切にご配慮ください。 まだまだ熱帯夜の日々が続きます、くれぐれもご自愛ください。 ますますの酷暑に御身体を壊されませぬよう、どうぞご自愛くださいませ。 次に、7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、友人などの身近な親しい人にあてる文章で使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• 寝苦しい熱帯夜が続きますが、お体に気をつけて夏を満喫してください。 身体にこたえる極暑がまだまだ続きますが、夏バテなどされませんように。 炎天下の毎日ですが、ご家族皆さんお体に気をつけて夏を満喫してください。 暑中お見舞いやお中元を贈る季節でなにかと手紙やお礼状を書く機会が多くなる7月と同様に、1年の終わりの挨拶やお歳暮を贈る12月の時候の挨拶を下記で紹介していますのでぜひ、ご参考にしてください。 RELATED ARTICLE 7月の時候の挨拶を知って上手な手紙を書きましょう! まさに夏真っ盛りの7月、待ちに待った梅雨明けと暑い夏の訪れ、連日の日差しの強さと厳しい暑さが体にこたえる季節です。 時候の挨拶は、「季節の挨拶」+「相手に対して安否を尋ねる挨拶」を組み合わせて成り立つ挨拶の文章です。 季語や時候の挨拶を上旬、中旬、下旬に分けて改まった場面とプライベートそれぞれをご紹介しましたが、必ずこの挨拶を使わなければならないという決まりごとはありません。 手紙を送る相手の趣味嗜好や住んでいる環境に合わせてあなたなりの感性で言葉を選んでください。 相手が自分にとってどのような立場であっても手紙で伝えたい思いに変わりはありません。 以下の記事も参考に、お世話になったあの方へ久しぶりに手紙を書いてみませんか。

次の