神棚仏壇。 【楽天市場】神棚・神具:はせがわオンラインショップ

神棚と仏壇の違いを解説!同じ部屋に祀る時の配置は?

神棚仏壇

方法1:祈祷する 方法2:御神札(おふだ)を返納する 方法3:お焚き上げをする です。 そして、あなたが自分の意志でいずれかの方法を選択することができます。 今回は、「神棚を処分する3つの方法」について、それぞれの選択基準について解説します 神棚処分に共通のルールなし 神棚を処分するにあたり、「何かルールや基準のようなものがあるのか」を、まず知っておくことが大切です。 キリスト教には「聖書」が、そしてイスラム教には「コーラン」という、神の教えや戒律を説いた書があります。 また仏教にも、お釈迦様の教えをまとめた、いろいろな経典が存在しています。 各種仏事・仏教儀式の進め方や作法も、もともとその経典に書かれている戒律や考え方がベースにあり、時代とともに変化してきているのです。 戒律とは、平たくいえば「全国共通のマニュアル」のようなものです。 たとえば、仏教であれば、「読経の作法」といったルールや、「お墓や仏壇を処分する前に、魂・お性根を抜く」といったような考え方のことになります。 一方、神棚については「神道」という宗教のカテゴリーに入ります。 ただ、 神道には他の宗教のように神の定めた戒律がなく、「個人個人の良心により、地域の神々に感謝し、恵みを受ける宗教」になります。 つまり、「神から教えを請うのではなく、自身の良心でその地域の神々と共存する道を歩む」ことが神道の本質といえます。 したがって、実際に神棚を処分する際には、全国・全神社共通のルールがありません。 実際に私が複数の神社で「神棚の処分の仕方」について聞いて回ったところ、神社ごとにさまざまな答えが返ってきました。 そして、それらの答えをまとめると、 「1:祈祷する」「2:御神札を返納する」「3:お焚き上げをする」という3つの神棚処分方法に集約されました。 そこで、以下にそれぞれの方法について解説していきます。 方法1:神社で祈祷をしてもらう 「神棚を処分するにあたり、祈祷が必要」と答えてくれた神社は結構ありました。 そうした神社では、「神棚には神様の魂が宿っている」と考えています。 したがって、「祈祷をせずにそのまま捨ててはいけません」と言われました。 もし、あなたが同じように考えるのであれば、神社に神棚を持ち込んでご祈祷してもらうことをおすすめします。 やり方は、神棚をあなた自ら神社へ持参し、神主さんによる祈祷を行ってもらいます。 その後、神社で神棚を廃棄処分してもらうことができます。 神社には、一般的に社務所や祈祷受付所がありますので、そこで「神棚処分のための祈祷」の申し込みをします。 申し込み後、祈祷殿や祈祷所と呼ばれる別棟へ案内され、祈祷に立ち会うことができます。 ただし、神具のうち陶器や金属類、また神棚本体の扉ガラスなど、燃えないものは不可という神社もあるのでご注意ください。 この場合、燃えないものは持参できませんので、あらかじめ取り外しておきます。 また、神棚の祈祷を受け付けている神社と、そうでない神社がありますので、あらかじめ問い合わせて確認してください。 祈祷してもらう方法は、あなたにとっても精神的に一番スッキリするのではないかと思います。 次に祈祷をせずに神棚を処分する方法を解説します。 方法2:御神札(おふだ)を神社へ返納する方法 「神棚を処分するにあたり、祈祷は不要」と答えた神社もあります。 このような考えの神社では、次のように言われます。 「神棚の中にある御神札を、近所にある神社の古い御神札返納所へ返納してから、神棚本体(お社)をお焚き上げしてくだい」 神棚の中には御神札(以下、お札と表記)が入っていますので、それを取り出します。 そして、ほとんどの神社には「お札返納所」が設置されていますので、そこへお札を返納します。 お札返納所とは、初詣などでよく目にする「古いお守りはこちら」という類のところです。 すなわち、「返納所へお札を置いて帰る」というイメージです。 お焚きあげとは焼却のことです。 神社やお寺では、年末年始や節分など年に数回お焚きあげをしていますので、その際に自ら持ち込んでお焚きあげをしてもらいます。 また、あなたの環境が許されるのであれば、自宅の庭などで焼却されても良いでしょう。 「祈祷までは必要ないが、そのまま何もせず捨てるのは忍びない」という人は、この方法がおすすめです。 次に、祈祷もお札返納も何もせず、そのまま廃棄する方法です。 方法3:お焚き上げをする方法 「何もせずそのまま廃棄してもよい」と答えた神社もあります。 ある有名な神社の祈祷受付所では、次のように言われました。 「神棚は、そのままごみとして処分していただいて結構です。 中のお飾り(鏡、お狐さま、神具)もそのまま捨てていただいて問題はありません。 ただし、もし気になるようでしたら、お札を近所の神社に返納されて、社はお焚き上げしてください。 お焚きあげは近所の神社で年に数回やっているところがあります」 また、ある地域の小さな神社の神主さんは、「神棚そのものに神様の魂が宿っている」という考えはされていませんでした。 したがって、「特にご祈祷などは必要ない」ということです。 ただ、「お焚き上げはしてください」とアドバイスいただきました。 その神主さんによると、お焚き上げそのものがご供養になるということです。 結局どの方法がよいか? 以上、「1:祈祷する」「2:御神札を返納する」「3:お焚き上げをする」という3つの神棚処分の方法について解説しました。 自分にとって、どの方法が一番良いかは迷うところです。 ただ、私であれば次のように考えます。 あなたの考えがどれに一番合っているかを判断して、最適な方法を選んでください。 考え方1:「タタリや迷信などが気になる」もしくは「神棚に神様の魂は宿っていると思う」という人は、迷いなく「祈祷する」方法を選択してください。 考え方2:「祈祷するまでもないが、やはり多少は神様のことが気になる」という人は、「お札返納後お焚き上げ」が良いでしょう。 考え方3:「神様は信じない。 気にしていない」という人は、「そのまま廃棄」や「お焚き上げ」でけっこうかと思います。 さらに、「自分で神棚を処分したくない、できない」という人は、「供養じまい専門業者」へ依頼してください。 供養じまい専門業者であれば、面倒な「お札返納」や「お焚き上げ」などを代行してもらえます。 そのため、最終的には自らの良心で判断し選択することが大切です。 関連記事 関連記事 関連記事.

次の

[しきみ・さかき・しば]とは?仏壇・神棚・墓に供える葉の違い

神棚仏壇

仏壇と神棚の配置!どう置くのが正解? お家を新築するなどして、 仏壇と神棚両方を 新たに配置しなおすという場合、 どのように配置するのが正解なのかは とても気になるところですよね。 神棚を設置したらよい場所は、 明るく、 清潔で南向きか東向きに設置するのが 望ましいとされています。 さらに、神棚は大人が見上げるぐらいの 高さが良いとされています。 仏壇を配置するのに良いとされている 方角は、風通しが良く直射日光が 当たらない 南向きか、 仏壇の前に座ってお参りするときに 拝む向きが信仰する宗派の総本山が ある向きが良いという説や、 極楽浄土があると言われている西向きに 拝めるように 東向きに配置するのが 良いとされています。 仏壇は神棚とは違い、配置する高さは、 座ってお参りするときに ご本尊様の位置が 座っている人の目より少し上で、 立ってお参りするときは、 ご本尊様が お参りする人の胸の位置より少し上に なるように配置するのが良いようです。 神棚と仏壇両方を一つのお部屋に 並べて配置する場合は、 神棚を中心に 近い位置に配置し、 仏壇を少しわきに寄せた位置に 配置するのが良いとされています。 仏壇と神棚とでは神棚のほうが 上とされているため、仏壇よりも 神棚の位置のほうが優先されるようです。 やってはいけない位置関係とは? 仏壇と神棚両方をお家に置くご家庭は 結構多いと思いますが、仏壇と神棚両方を お家に置く場合に気を付けておきたいのが、 置いてはいけない場所に置かない! という点ですよね。 そこで、以下に 仏壇と神棚両方を ご自宅に配置する場合、 置いてはいけない位置関係を ご紹介させて頂きます。 同じ部屋の上下に配置するのは大丈夫? 仏壇と神棚を同じお部屋に上下に 配置してもよいのかというと、 答えは NOです。 家相上、 仏壇と神棚を上下に おまつりすると、お家の中に 争い事が生じ、一家の和がなくなると されていますので、 神棚と仏壇を同じ部屋に配置する場合は、 必ず 上下に配置せず、離して 置くようにしてくださいね。 向きは同じ向き?向かい合わせ? 神棚は明るく清潔な場所に、 仏壇は人が集まる場所に 配置するのが良いとされ、 同じ部屋に仏壇と神棚どちらも 配置するのであれば、 上記でご紹介しましたように、 神棚を中心に近い場所に配置し、 仏壇は神棚から少しわきに寄せた 位置に配置するのが良いようです。 なお、 仏壇と神棚を向かい合わせで 配置するのは 対立祀りといって 家相上よくない配置の仕方であると されていますので、 神棚と仏壇を配置するときは 向かい合わせに配置しないように しましょうね。 あと、 向かい合わせに配置する以外にも、 人が何度も足で踏みつける廊下や 不浄な物とされているお手洗いが 仏壇や神棚が配置されているお部屋の 上の階にあるのも家相上よくないと されているので、 仏壇、神棚を配置する場合は その点も注意するようにしましょうね。 まとめ 一般的に 仏壇は 人がいつも集まる場所に 東向き、もしくは西向きか南向きに 設置するのが良いとされ、 神棚は 明るく清潔な場所に東向きか南向きに 設置するのが良いとされています。 仏壇と神棚の関係は神棚のほうが 上とされていますので、 設置する場所は 神棚のほうを優先しますので、 神棚と仏壇を並べて設置する場合は、 神棚を中心に近い場所に設置し、 仏壇はそのわきに設置するのが 良いとされています。 あと、 仏壇と神棚を上下に 設置するとお家の中に争い事が生じ、 一家の和がなくなるとされていますし、 向かい合わせに設置することは 対立祀りといって家相上良くない 配置の仕方であるとされていますので、 仏壇と神棚を設置する場合は、 上下や向かい合わせには 設置しないようにしましょうね。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・親の急死でとにかく処分したかった ・親の遺産で不動産売却の知識がなかった ・どうやって売るか?知らなかった ・個人で売買の交渉をする自信がない など、不動産売却の知識がないために 安く買い叩かれているのが現状です。 そんな時は、 『無料の不動産一括見積もり』オススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で家・土地の値段がわかる ・自分で見積もりを取る必要がない ・信頼できる業者しかいないから安心 ・査定経験がない女性や年配の方にも親切 ・『比較』するから高額査定が期待できる また下取り相場が見れるので、 『買い叩かれる心配がない』ですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。

次の

仏壇・仏具・神棚の通販専門店

神棚仏壇

仏壇と神棚の違いとは 仏壇と神棚の違いとは? 神棚は、その名の通り神様を祀る場所です。 神棚には神社を模して作られた「宮形 みやがた 」を安置し、その中に伊勢神宮のお札や、地域の氏神様のお札を祀ります。 家の中に小さな神社があると考えて、拝礼すると良いでしょう。 毎日新しい水と米 またはご飯 をお供えします。 神棚の祀り方には完全に統一された形式はなく、地域や家庭によって様々な伝統があります。 一方、仏壇は、亡くなって「仏」になったご先祖様を家庭内で祀る場所です。 仏壇の中心には、仏さま 故人 の位牌とともに、信仰の中心となる「ご本尊」を祀ります。 ご本尊の種類は信仰する宗派によって異なりますが、木彫りの仏像あるいは仏さまの姿や曼荼羅 まんだら を描いた掛け軸が多いようです。 そのほか、香炉・鈴 りん ・灯籠・燭台 ろうそく立て ・花立などの仏具を配置するのが基本ですが、宗派によって様々な種類があります。 神棚を安置する場所と方角 神棚を安置する方角は? 神棚は、太陽の方角である南向きあるいは東向きとなるように、明るく清浄で天に近い場所に安置します。 直射日光が当たる場所、人の出入りがある扉の上、トイレと背中合わせになる場所、暗くじめじめした場所などは避けましょう。 建物が平屋でない場合は、最上階に安置するのが望ましいとされています。 住宅事情から最上階への安置が難しい場合は、すぐ上の天井に「雲」と書いた紙や、「雲」の文字をかたどった彫刻を貼り付けることで、「これより上が天である」と見なすことが可能です。 「雲」以外に「空」や「天」の文字を用いることもあります。 2階建ての一戸建てで下の階に神棚を安置する場合は、廊下や居室などの人が踏みつける場所の下は避けます。 神棚の上にあたる場所には何も置かないのがベストですが、難しい場合には家具を置くなどして人が歩かないようにしましょう。 仏壇を安置する場所と方角 仏壇を安置する場所は? 仏壇用の和室「仏間」があれば、そこに置くのが一番ですが、必ずしも仏間や和室に置かなければいけないという決まりはありません。 リビングなど、家族が過ごす時間が長くて毎日お参りしやすい場所にすると良いでしょう。 ただし、トイレのすぐ近くや廊下、家族があまり使用しない薄暗い部屋などは避けます。 昔ながらの仏壇は比較的大型で純和風のデザインですが、近年は住宅環境の変化に合わせて様々な種類の仏壇が登場しています。 洋風のリビングに置いても違和感のないシンプルなデザインや、小さめの仏壇も多いので、好みに合わせて選択すると良いでしょう。 また、家具の上に置けるほどのごく小型な仏壇もあります。 ただし、正座でお参りする際に、仏さまが目線よりも下になるのは望ましくないので、小型の仏壇は床へ直置きせずに台や棚の上に安置しましょう。 仏壇の方角は諸説ある 仏壇の方角は諸説あります 仏壇は東向きあるいは南向きに安置することが多いです。 ただ、仏壇の向きについては諸説あり、どの方角を向けても大きな問題はないとされています。 仏壇の位置や方角にこだわりすぎるよりも、毎日のお参りのしやすさを考えることがおすすめです。 それでもやはり方角が気になる場合は、菩提寺 法事などで日頃お世話になっているお寺 に相談しましょう。 方角が気になる場合は、菩提寺に相談を ・南面北座説 曹洞宗・臨済宗に多い、仏壇は南向きに安置するべきという説です。 お釈迦様が南向きに座って説法をしていたという逸話に基づいています。 ・東面西座説 浄土真宗・浄土宗・天台宗に多い、仏壇は東向きに安置するべきという説です。 これらの宗派がご本尊として祀る阿弥陀如来がいる極楽浄土は、西方にあるといわれています。 そのため、西を向いてお参りできるように仏壇を東向きにします。 ・本山説 真言宗では、本山 寺院 の方角を向くように仏壇を安置するのが望ましいとされています。 そのため、方角は自宅と本山との位置関係によって異なります。 ・春夏秋冬説 どの方角にも意味があり、良し悪しの区別はないため、仏壇をどの方角に安置しても良いという説です。 東西南北を春夏秋冬になぞらえ、太陽が昇る東 春 が万物のはじまりとなり、太陽が昇る南 夏 に結実し、西 秋 に収穫の時期を迎え、北 冬 に収めるという思想に基づいています。

次の