島根 県 コロナ 感染 者 数。 島根県、コロナ感染者ゼロ3週間 松江で経済活動再開へ 「第2波」を警戒(中国新聞デジタル)

島根県初のコロナウイルス感染者は誰?行動履歴や感染経路は何?(受け入れ先)入院先の病院はどこ?│ひつまぶしブログ

島根 県 コロナ 感染 者 数

世界中で感染者が160万人を超え(10日集計)、猛威をふるい続けている。 日本でも4月7日に東京や神奈川など7都府県に対して緊急事態宣言が発令された。 ほとんどの人が通勤 そんな中、4月10日現在、いまだに感染者が確認されていない県は岩手県だけだ。 この記事を入稿した4月10日に鳥取県、前日の9日に島根県に感染者が出てしまったが、この3県は、3月30日に富山、31日に山形で初の感染者が確認されて以降、感染ゼロ県として頑張ってきた。 まずは「一般生活の中で何らかの自粛をしているか」という質問には、3県とも9割の人が、自粛を心がけてきたという結果が。 「自分ができることをやるしかないと思う」(岩手・29歳女性) 「個人個人が自覚を持って行動すべきだと思う」(鳥取・49歳女性) 「できる限りの予防はしたい」(島根・64歳男性) と、感染しないためには、まずは自分が率先して、という意見が多かった。 中には、「大げさに騒ぎすぎ。 危機感は特にありません」(鳥取・59歳男性)という声もあったが、東京などと違って感染者がゼロでも警戒を怠らなかったのはさすが。 自粛に伴い「在宅やテレワークをしているか」の問いには、「していない」が126人、「している」が24人。 ほとんどの人が通勤を続けているが、その理由として、 「介護の仕事なので在宅はできない」(岩手・43歳男性) 「ライフライン関係の仕事なので、自粛するわけにはいかないのが現状」(鳥取・39歳男性) テレワークができなくても、人との接触を避ける努力をしている職場は多かった。 「通常勤務を続けているが、出張や来訪者に対する自粛をお願いしています」(岩手・49歳男性) 「営業時間の短縮や、従業員をチーム制にして出勤の絶対数を少なくしています」(鳥取・61歳男性) 県民感染第一号になりたくない そして核心となる「感染者がゼロもしくは少ないのはなぜ?」と聞くと、 「そもそも国内外からの人の移動が少ない」(岩手・43歳男性) 「有名企業もなければ、砂丘以外人気の場所がないから人が来ない」(鳥取・64歳男性) なんて自虐的なコメントも。 ただ、検査については思うところがあるらしく、 「実際に検査数が少ないだけで、隠れ感染者がいるのでは? 今はとにかく県民感染第1号になりたくない」(岩手・54歳女性) 「自分のことや他人のことを思いやっている結果だと思うが、仮に自分が感染してしまったら、周囲の目が厳しいのはわかっているから」(島根・55歳女性) 実は、このような意見は多く、感染したらすぐに身元がバレてしまうので、それだけは避けたいという気持ちが慎重な行動に結びついているようだ。 また、 「人口がもともと少なく密度も低いので、濃厚接触しにくい」(島根・47歳男性) なんて声もあるのだが、人口密度でいうなら、全国43位の島根県より下になる44位の高知県では50人以上の感染者が出ている。 高知といえば酒豪が多く、酒の席でも豪快に集まって……という県民性のイメージがある。 こうした県民性も感染者の少なさに関係しているのかもしれない。 県民性博士として知られる矢野新一さんに話を聞いてみた。 「3県の県民性にはいろいろな共通点があります。 まじめで勤勉で保守的で排他的。 「密集という点では、人口密度の全国ランキングで岩手が46位。 島根が43位で鳥取が37位と低いです」 ちなみに人口だと鳥取が最下位で、島根がその次。 人口密度の最下位は北海道だが、200万人都市・札幌があり、雪まつりでコロナ発症者が急増してしまった。 密着という点でも、話す距離、いわゆるソーシャルディスタンスが離れていて騒がしくしない。 岩手県医療政策室 「ほかの県と変わったことはあまりやっていないと思いますけども、緊急事態宣言が出るまでは、発生県から来る際には岩手県に来ても2週間程度、例えば夜の外出ですとか、週末のイベントの参加などは控えてほしいということは常々お願いしていました。 今はフェーズが変わったので、もっと強くお願いをしています。 発症者が現在0ということにつきましては、県民のみなさんに対策を励行していただいているということもあると思いますが、小樽の陽性の方が発症がわかる前、県内に1週間程度いらしたという事例もあり、濃厚接触者の話も聞いております。 人の往き来なので遮ることはできない部分がありますので、岩手県でいつ発症してもおかしくないと思っています。 その中で、発症者がいないというのは、なぜなんでしょうか……。 難しいですね。 県民のみなさんに防止の対策をきちんとしていただいているということが、理由のひとつだと、われわれは思っています。 まあ、日本でいちばん人口が少ないということもあると思いますが、実際はわからないというのが、正直なところです。 知事もコメントしていましたように、宣言が出ているということの趣旨を考えて行動していただきたいですね」 (注:取材は感染者発生前)アンケート1 現在、生活の中で何らかの自粛はしていますか? 岩手県 自粛している 44人 自粛していない 6人 鳥取県 自粛している 43 自粛していない 7人 島根県 自粛している 45人 自粛していない 5人アンケート2 感染者が少ない理由は何だと思いますか? 1位 田舎で人口密度が低く、移動がマイカー中心だから 73人 2位 検査数が少ないから 24人 3位 たまたま症状が出ている人がいないだけ 11人 (アンケート/アスマーク調べ) *感染者数は4月10日時点(出典:時事ネットコム) 外部サイト.

次の

新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数(15日10時時点)

島根 県 コロナ 感染 者 数

2020年4月9日、島根県初のコロナ感染者が確認されました。 感染者は松江市在住の10代女子高生です。 ぼくの住む松江で、感染者が出るとは・・・ つい最近までだったのに、島根でコロナが確認されて様々な感情が渦巻いてますよね。 高齢の家族や小さなお子さんがいらっしゃる方は、特に不安でしょう。 大事なのは、これからどうするか! 本記事で伝えたいのは2つです。 感染者してしまった女子高生の特定はやめろ• 冷静になって自己防衛に努めてほしい 僕たち島根県民一人ひとりが、自己防衛し感染拡大を抑えなければなりません。 しかし、 正しいと思ってやることが大切な人を危険に晒してしまうこともあるんです。 間違えた行動をすると、間違いなく島根県内に感染が拡大することになるでしょう。 そこで、本記事ではニューヨークやヨーロッパの事例から見た 絶対やっちゃダメな行動5つを紹介します。 島根という田舎だからこそ起こるであろう内容も盛り込んでいます。 ぜひ読んで、自己防衛と感染予防につとめてください。 噂話が娯楽の老人やおばちゃん達は必読な! 要約• 島根県初となる新型コロナウイルスの感染患者の確認がされた• 感染者は島根県松江市在住の10代の女子高生• 現在は軽症で、明日感染症医療機関への入院が松江保健所から勧告される予定• 患者が通う学校は明日臨時休校• 濃厚接触者などの行動調査はこれから• 家族構成は母親がいる• 相談窓口の開設時間を11〜21時に延長する• 手洗いや3密を避けて予防策の徹底をお願いしたい 学校名が晒されたことに、僕としては違和感がありました・・・ ただ、情報公開して感染拡大を防止する方が大事なのかも。 うーん。 ちなみに、ネットを騒がせているのはネットニュースの写真が鳥取県庁だったこと。 島根県で初のコロナで話題になっておりますが、この写真はしっかりと鳥取県庁なのですよ。 — しゅゆ shuyuGTA5 女子高生がアルバイトしていた伊勢宮町の飲食店「BUZZ」の客から新たに4人が感染。 女子高生は1月から3月28日まで飲食店でアルバイトをしていた。 市はクラスター感染が発生しているとして店名を公表し、3月中旬から下旬に来店後に症状がある人へ保健所への相談を呼びかけています。 大阪へのバスの乗客も濃厚接触者として、調査を急いでいます。 BUZZの場所 まさか、飲食店名が公開されるとは思わなかった・・・ 伊勢宮にある夜のBARです。 噂もあるので、情報は鵜呑みにしないでください。 感染拡大を防ぐためには仕方がないことですが、女子高生が誰かなのか探ることはもうやめませんか? 正直、こうなることはわかった上でPCR検査をした勇気は本当にすごいと思います。 その他、今後島根県民は以下の行動をやらないでほしいです。 仮想敵へのヘイト• すぐに病院へ行く• 新型コロナの情報に無関心• 引きこもって孤独になる 順番に解説していきます。 責任を取らせたい叩く相手を探して、ヘイトスピーチをするのは愚か過ぎるのでやめてください。 今回で言えば、 島根の旅行者・帰省者が炎上させたい対象になるでしょう。 例えばこの写真。 30人を超えたら、結核病床も解放するのかな? そのため、感染が拡大すれば早々に在宅診療にならざるを得ないことも容易に想像がつきます。 何が起きるかわかりません。 孤独に生きるのではなく地域コミュニティをうまく活用して孤独にならないようにしてください。 があるけどインバウンドの観光客は激減。 廃業を考える飲食店も多い… — はまちゃん 島根の地方移住ブロガー wakuwakukeigo また、東京では虐待を受けて自暴自棄になった子どもが、「コロナで死にたい」と言ってマスクもつけずに徘徊するという悲しいニュースも報告されています。 こういう時こそ支援の手が必要なのかもしれませんね。

次の

島根県は新型コロナ感染者数を隠蔽?公表しない理由は?

島根 県 コロナ 感染 者 数

世界中で感染者が160万人を超え(10日集計)、猛威をふるい続けている新型コロナウイルス。 日本でも4月7日に東京や神奈川など7都府県に対して緊急事態宣言が発令された。 ほとんどの人が通勤 そんな中、4月10日現在、いまだに感染者が確認されていない県は岩手県だけだ。 この記事を入稿した4月10日に鳥取県、前日の9日に島根県に感染者が出てしまったが、この3県は、3月30日に富山、31日に山形で初の感染者が確認されて以降、感染ゼロ県として頑張ってきた。 まずは「一般生活の中で何らかの自粛をしているか」という質問には、3県とも9割の人が、自粛を心がけてきたという結果が。 「自分ができることをやるしかないと思う」(岩手・29歳女性) 「個人個人が自覚を持って行動すべきだと思う」(鳥取・49歳女性) 「できる限りの予防はしたい」(島根・64歳男性) と、感染しないためには、まずは自分が率先して、という意見が多かった。 中には、「大げさに騒ぎすぎ。 危機感は特にありません」(鳥取・59歳男性)という声もあったが、東京などと違って感染者がゼロでも警戒を怠らなかったのはさすが。 自粛に伴い「在宅やテレワークをしているか」の問いには、「していない」が126人、「している」が24人。 ほとんどの人が通勤を続けているが、その理由として、 「介護の仕事なので在宅はできない」(岩手・43歳男性) 「ライフライン関係の仕事なので、自粛するわけにはいかないのが現状」(鳥取・39歳男性) テレワークができなくても、人との接触を避ける努力をしている職場は多かった。 「通常勤務を続けているが、出張や来訪者に対する自粛をお願いしています」(岩手・49歳男性) 「営業時間の短縮や、従業員をチーム制にして出勤の絶対数を少なくしています」(鳥取・61歳男性).

次の