モンゴル。 元朝青龍氏再婚、お相手はモンゴル人女性…本紙リモート直撃に応じるも出会った経緯は「必要ない(笑)」(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

世界の国々 / アジア / モンゴル

モンゴル

大学や学校、幼稚園は9月まで閉鎖となっており、会議や公共の場での抗議活動は禁止されている。 12歳未満の子どもは商業施設やレストランに行くことができず、人々はマスクの着用が義務付けられている。 フレルスフ首相は議会で報道陣に対し、ワクチンが入手可能となるまで規制を継続すると発表。 継続される措置の詳細には触れず、国境の再開時期は未定だと述べた。 一方で、議会選挙は予定通り6月24日に実施する予定だという。 モンゴルでこれまで確認された新型コロナウイルス感染者数は140人で、そのほとんどがロシアから持ち込まれたものだった。 帰国者は入国後3週間、厳しい隔離下に置かれた。 政府は国外にいるモンゴル人を帰還させるために航空機を手配しているが、現在も大勢が外国で身動きが取れずにいる。 帰国は妊娠中の女性や高齢者、保護者同伴の子ども、深刻な健康問題を抱える人ら、一部の人々に限定的に許可されており、当局は外国に残るすべての人に対応することはできないとしている。 c AFP.

次の

モンゴル旅行・ツアー・観光は格安価格で予約!【HIS】

モンゴル

mn,IOC:MGL 政府 政体 共和制 首都 ウランバートル,Ulaanbaatar,67万2882人(1998) 独立年月日 1921年7月11日、中国より独立 国連加盟 1961年10月27日 在日公館 〒150-0047 渋谷区神山町21-4 松濤パインクレストマンション TEL:03-3469-2088 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-8-10 東興ビル10F TEL:03-6202-1426 国民 人口 306万8243人(2017推計) 人口密度 1. 18%(2017推計) 普通出生率 18. 09人(2017推計) 平均寿命 69. 9歳(2017推計) 人間開発指数(HDI) 0. 735, 188ヵ国中92位(2015) 民族 モンゴル系ハルハ族78%,トルコ系カザフ族5%,モンゴル系ドルベド族3% 言語 モンゴル語(公用語) 宗教 おもにチベット仏教,イスラム教4% 地理 面積 156万4116km2(日本の約4倍) 地形 アジア大陸中西部、ロシアと中国に挟まれた国。 平均高度1580 mの高原状地形で、北西部は河川と湖の多い山岳地、南部はゴビ砂漠、中央部から東部は草原である。 塩湖に終わる内陸河川もみられる。 ステップ草原と砂漠が国土の80%を占めている。 気候 典型的な大陸性気候。 年間を通じて乾燥しており降雨は夏季にわずかにあるのみ。 年間降水量はウランバートルで200mm程度。 以前は遊牧中心であったが、定着放牧化が進み、現在では農牧業従事者は就労者数の半分以下。 集団農場は民営化された。 羊、山羊、牛、馬が飼育され、羊毛と畜産品は重要な輸出品である。 セレンゲ川流域では麦や綿花の栽培がおこなわれている。 地下資源ではモリブデンが豊富で、ほかに銅、石炭も産出される。 銅は輸出の第1位を占めている。 cdx. htm - Copyright c 1998-2018 Atlas Study -.

次の

小田愛美さんの海外留学体験記(留学先:モンゴル)|留学大図鑑~先輩たちの留学体験談~|トビタテ!留学JAPAN

モンゴル

広大なモンゴルの自然は、決して大草原ばかりではありません。 多種多様な自然があり、その豊かさにきっと驚くことでしょう。 【ハンガイ】 ウランバートルから西へ400kmほどにアルハンガイ県があります。 この地域は、国内でも「恵み豊かで美しい自然が残る土地」として地元の人々も憧れを持つ地域です。 森林と草原に覆われ、水が豊富で湖もあります。 その中の一つウブス湖は、モンゴルの中でもいち早く世界遺産に認定された場所。 野鳥をはじめ珍しい動植物の宝庫です。 その為、古来より騎馬民族の争奪の的であったという歴史もあります。 【ステップ】 平らで広々とした草原地帯。 皆様がイメージするモンゴルの風景そのものです。 どこまでも続く大草原は、日々の喧騒を忘れさせてくれるようです。 【タイガ】 主にモンゴルの最北部に位置する常緑針葉樹林が育つ山々のことで、この周辺にはトナカイを飼育するツァータン民族が暮らしています。 モンゴルのスイスと呼ばれる世界でも指折りのフブスグル湖もこの地域にあり、エメラルドグリーンの湖面は、沖へ行くとコバルトブルーへと色が変わって見えます。 【ゴビ】 モンゴル語で砂漠の意味。 モンゴルにも砂漠があるのです!しかし、「砂」というわけではなく、乾いた土地に丈の短い草や潅木がまだらに生えているのが特徴です。

次の