宅建資格映像講座 フォーサイト。 フォーサイトの宅建通信講座【体験して改めて実感!人気No.1の理由!】フォーサイトの評判・口コミ

宅地建物取引士(宅建)の通信講座【人気資格学校10社を徹底比較】

宅建資格映像講座 フォーサイト

1 宅建は独学で合格できる! 宅建は、独学で楽して合格できるような資格ではないということです。 そして 合格者の多くは講座を利用しています。 あなたが「大学受験以来勉強をしていない」「何から勉強していいかわからない」というように 勉強方法すらよくわからないのであれば、講座を受講した方が楽して合格できるでしょう。 独学で、テキストを読んだり過去問を解くに比べて、 講座を受講するほうが格段に理解が進み時間と労力を削減できるからです。 また講師が分かりやすく説明してくれるので 知識を誤解することが少ないからです。 とはいっても、 どの講座を選んでいいかわからないといったかたも多いのではないでしょうか? この記事では宅建通信講座の選び方と選び方の解説とあわせて、おすすめの宅建通信講座を紹介します。 管理人は平成30年度宅建試験の合格者、宅建講座を運用している資格のプロであり、 ランキングは15社以上の宅建講座を徹底的に分析して作成しております。 宅建通信講座の選び方 通信講座の選び方は以下の3つで選ぶと良いでしょう。 合格実績がある講座を選ぶ• 学習がしやすい教材・システムがある講座を選ぶ• 受講生満足度が高い講座を選ぼう また、 この記事で紹介する宅建講座はマルチデバイスに対応しているため、スマホ・タブレット・パソコンと学習端末を選びません。 合格実績がある講座を選ぼう 合格実績とは 受講をした方がどのくらい合格したかということです。 合格実績の高い講座を受講すればあなたの合格する可能性も高くなるからです。 合格実績には、受講している人の何人が合格したかっていう合格人数、 受講生の何割が合格しているかという合格率の2つがあります。 学習がしやすい講座を選ぼう 学習がしやすい講座 教材 とは基本的に以下の条件を満たしています。 フルカラー教材で、図やイラストが豊富• 講義画面にテキストが映される• 学習を続けやすいシステム フルカラー教材で、図やイラストが豊富 図やイラストが豊富に用いられていると視覚的に理解ができるので、文字だらけテキストより効率よく楽に学習がしやすいでしょう。 また、 フルカラー教材はモノクロ教材に比べて記憶の定着が良いといわれています。 アメリカの心理学者が行った研究で、モノクロ画像より カラー画像のほうが長く印象に残るという結果が出ています。 出典:「SCIENTIFICAMERICAN」 更に別の研究でも、グレー系の画像に比べて、 カラーの画像は覚えられる率が増加することが分かっています。 出典:『TheInfluenceofColouronMemoryPerformance:AReview』 講義画面にテキストが映される 講義画面にテキストが表示されれば 手元にテキストがなくても学習ができるので、テキストを開けるスペースがない満員電車の中でも学習ができます。 また、テキストが画面に映し出されれば、 画面とテキストに視線を交互に移動させなくて良いため授業に集中しやすいです。 学習を続けやすいシステムが有る ここは多くの方が講座を選ぶとき見落としてしまう超重要な要素。 学習をしやすいとは、ゲームのような「ハマる」仕組みがあるということです。 「ハマる」仕組みがあると、 勉強が面白くなり、モチベーションの維持も楽になります。 簡単にまとめると以下の項目を満たしている必要があります。 学習ボリュームがちょうどいい• 難易度が適切• 学習を行った実績が残る• やることが明確である 参考文献: 受講生満足度が高い講座を選ぼう 受講生満足度とは、 実際に受講した方が講座にどれくらい満足しているかを客観化したものです。 多くの宅建講座を提供している会社が、合格返金、再受講制度、手厚いサポートなどのサービス面の充実をアピールしていますが、これらのサービスが本当に受講生のためになっているかどうかは疑問ですよね? 本当に良い講座であるかどうかは、実際に受講している受講生がどれくらい満足しているかを参考にしたほうが確実なのです。 いつから学習始めればいいのか? いつから始めるのがいいのかという質問をよく受けます。 今すぐ始めた方がいいです。 講座の受講料は早割・キャンペーンなどで多少価格は変わりますが、基本的には同じです。 そうであれば、 早く受講して長くサービスの提供を受けたほうがお得だからです。 学習面に関しても、早く学習を始めた人のほうが遅く学習を始めた人より勉強できる絶対量があがるので、 受験戦略上も有利であることが明白ですよね。 宅建通信講座の人気ランキング3選 3位:クレアール「完全合格パーフェクトコース」 チェックポイント• コスパ良し!マルチデバイス対応• 宅建指導歴29年、1万人以上の指導を行ってきたベテランカリスマ講師の水野敏明が担当• 合格祝い金あり、コースによっては試験の受験料も不要 宅建指導歴29年、1万人以上の指導を行ってきたベテランカリスマ講師の水野敏明。 的確な指導と受験生の視点に立った分かりやすい講義スタイルで、受講生からの厚い信頼があつい。 講義時間を1単元30分におさえ、PC・スマフォ・タブレットに対応で、もちろん倍速再生ができます。 WEBテキストと音声テキストも付いているので、いつでもどこでも学習ができますね。 クレアール独自と言ってもいいと思います。 それが、 万が一今年の試験がだめだった場合のために来年受験用のカリキュラムも同時に受講できる制度です。 もし、今年受かれば12000円相当が返金されるので無駄払いにはならないです。 学習当初は時間があったが急に仕事が忙しくなって勉強できなくなったということが資格試験ではよくあることです。 また、今年で受からなければいけない!というプレッシャー弱い方は保険としてつけておくと安心して受験できますね。 他の学校にも似たようなシステムはありますが、受講時から来年目標を見据えてるのはクレアールだけでしょう。 ただ、今年で受かる!という気持ちを決めて試験に挑むのがベスト。 保険とは安心してベストをつくすためのお守りとおもってください。 入門総合カリキュラム• 入門総合講義 10時間程度• 基本講座 66時間程度• 実力アップ演習講座 27時間程度• 法改正講座 2時間• 模擬試験 全1回• 重要論点総まとめ講座 4時間 コース名 完全合格パーフェクトコース 受講形態 テキスト・Web授業 合格率 公表なし 給付金検索システム情報をみると高い フォロー制度 質問はメール・用紙で何度でも無料で可能 合格祝い金 8000円、受験料負担のコースも有り 受講料 59,800円 2位:スタディング 旧通勤講座 「宅建士合格コース」 チェックポイント• すべてのカリキュラムを スマホで受講できるため、いつでもどこでも勉強ができる• ゲームのステージをクリアする感覚で学習を進めていける「学習フロー」システムと独自SNS• 受講料が19,800円 他社通信講座講座は5〜10万程度 スマホだけですべての学習を行う唯一無二の講座!受講料尾は大手予備校の5分の1と破格だが、実力派講師によるわかりやすい授業は受講生から好評です。 受講者30,000人突破!と利用者が急増しております。 なによりゲームをしているように学習ができる「学習フロー」システムが秀逸。 効率的勉強法を組み込んだ学習システムにより、無駄を省いて短期間で合格レベルに到達できるでしょう。 インプットとアウトプットを最適な順番で学べます。 講義中は画面にスライドが表示されるプレゼンのような授業であるため、テキストがなくても学習ができます。 1回の講義の長さは5〜30分程度とちょうどよく分割されており、スキマ時間でも学習を進められるでしょう。 スタディングの宅建講座に関して詳し知りたい方は「」をご参考ください。 宅建士合格コース[2019年度試験対応]には以下の内容が含まれています。 宅建士合格コース[2019年度試験対応]• 38講座分 合計28時間 の動画講義• テキスト• スマート問題集• セレクト過去問集• 12年分テーマ別過去問集 *すべてWEB上での視聴。 既存の宅建講座の受講料金を破壊する 19800円と圧倒的低価格が魅力的でありつつも、質の高い講義とカリキュラムにより毎年多数の合格者を輩出しております。 コース名 宅建士合格コース 受講形態 Web 受講料 19800円 チェックポイント• フルカラーテキスト&高画質の映像講義• 受講生の70. オリコン顧客満足度調査で、通信講座 宅建の部門で第1位• 54倍と圧倒的に高いです。 フォーサイトの教材は、 フルカラーテキストで図表を多く取り入れた「視覚的にわかりやすい!」と受講生から評判です。 講座は専用スタジオで収録されているハイビジョン講義であり、 教材のクオリティが圧倒的に高いのが特徴。 講座・教材の質の高さもあって 2018年のオリコン顧客満足度調査で、通信講座 宅建の部門で第1位を獲得しております。 フォーサイトの宅建講座を詳しくは知りたい方は「をご参考ください。 戦略立案編&メディア• 合格必勝編&メディア• テキスト 入門講座含む 5冊• 講義DVD 8枚• 合格カード• 統計資料・法改正情報等• 過去問題集 5冊• 過去問講座DVD 5枚• 模擬試験 1回分• 演習ノート• 宅建マンガ• 合格体験記•

次の

宅地建物取引士(宅建)の通信講座【人気資格学校10社を徹底比較】

宅建資格映像講座 フォーサイト

また、フォーサイトの宅建通信講座受講者の合格率については、 一般合格率の約4.54倍と相当高い合格率を叩き出しており、講座カリキュラムに関しても質の高さを裏付けていると言えます。 あと、不定期 といっても結構頻繁 に割引キャンペーンを行ってますので、 比較的リーズナブルな費用で受講することが可能です。 Web学習システム「道場破り」の利用• フォローメルマガ 受講料 42,800円~ 教育訓練給付制度 指定講座• バリューセット1• また、日本初となるAIが宅建試験の予想問題を作成する 「未来問」という画期的なシステムを導入しており、 その予想問題の本試験的中率がかなりの高さを誇っております! 受講料に関しては講義付きの通信講座としてはリーズナブルな部類となっており、不定期に割引キャンペーンも行ってますので、タイミングによっては格安で受講することも可能です。 なお、資格スクエアでは資料請求は行っておりませんが、 公式サイトで無料体験講義を受講することが可能なので、まずはそちらで資格スクエアの学習システムを体験することをおすすめします! おすすめ度 テキスト教材 市販テキスト+講座オリジナルレジュメ 講義教材 通信講座専用に収録された講義 Web 受講生サポート なし 受講料 70,000円 教育訓練給付制度 指定講座 なし 割引制度・キャンペーン あり 合格祝い制度・キャッシュバック なし スタディングの宅建講座は、テキストや講義、問題練習などの教材すべてがWEBで完結している言わば 次世代型の通信講座のひとつです。 利用できるデバイスについては、PCはもちろんスマホからのアクセスも可能 というかスマホ用に作られている なので、 通勤途中やスキマ時間をフル活用出来る環境が整っているのがなんともありがたいです。 なお、教材がオインラインデータとして提供されていることもあり、 受講料は講義付きの通信講座としては破格の金額となってます。 ただし、受講生サポートが付いてないため、そのあたりを気にされない方であれば試験対策の大きな武器になると言えます。 27倍! を実現しており、初学者の方でも本試験に対応できる実力を高めることが出来ると非常に人気の通信講座です。

次の

「フォーサイト」宅建の評判は?講座の口コミは?値段(料金)は?

宅建資格映像講座 フォーサイト

「宅建士の通信講座を探してるけど、多すぎてどれを選べば良いのか分からない・・・」 そんな悩みをお持ちの方も多いと思います。 実際、 宅建士の通信講座は非常に数が多く、一つ一つ調べていては途方もない時間がかかってしまいます。 特に初めて宅建士試験に挑む方の場合、なんとなく通信講座を選んでしまい、後になって 「自分にはこの通信講座は合わなかった・・・」と後悔してしまうことも少なくありません。 そこでこの記事では、資格Times運営陣が 宅建士の通信講座をあらゆる面から徹底的に分析し、通信講座選びにもっとも大切な• 講座費用の安さ• 教材の分かりやすさ• 受講生に対する学習サポート• 合格率• 会社の信頼性 の5つのポイントをもとにランキング形式で紹介します! フォーサイトの宅建講座の特徴• 受講生の合格率は全国平均の4. 21倍!• テキストはフルカラーかつ図表も豊富!• 出るところだけに絞った無駄のない学習設計!• 動画講義もスマホ学習も最高品質!• 不合格の場合は受講料全額返金! フォーサイトの宅建士講座の最大の特徴は全国平均の4. 21倍という 業界最高クラスの合格率です。 テキスト・講義・スマホ学習システム、どれをとっても非常にクオリティが高く、これら全てが高い合格率を支えていることが伺えます。 さらに2020年度からは 「不合格者への全額返金制度」を導入し、他の追随を許さない通信講座となりました。 講座費用が特別安いわけではありませんが、合格というゴールを見据えるのであれば 1番おすすめの宅建講座です。 人気講座ランキング (上位3社) その他の宅建士通信講座 上に挙げた5社以外にも、宅建士を目指せる通信講座はたくさんあります。 しかし、 以下に紹介する講座はどれもウィークポイントが明確であり、 自信を持っておすすめするには至らないものとなっています。 通信講座選びの候補に入れなくてもデメリットはあまりないので、参考程度にご覧ください。 ユーキャン 言わずと知れたユーキャンの通信講座です。 もちろん 教育訓練給付制度の対象講座に認定されており、会社の知名度・信頼度という面ではユーキャンの右に出る講座はないでしょう。 講座費用は63,000円と相場通りの価格となっていますが、ユーキャンには他の通信講座と異なり メインの動画講義が存在しません。 短い解説動画が各章に用意されている程度です。 代わりに ユーキャンならではの添削指導がありますが、メインの講義なしてこの価格は少々高い印象を受けます。 一方でテキストは薄くても合格に十分な内容が詰め込まれており、スマホを使った学習システムも用意されているので、 合格を目指すのに不足はない講座となっています。 一方で メインテキストが宅建学院オリジナルのものではなく市販テキストであったり、受講料に加えて入学金や教材費が別にかかるために 合計100,000円以上必要だったりなど、残念な点が目立ちます。 目立った合格実績やアピールポイントも見られないので、他講座との比較の中で選ばれることは少ないでしょう。 エル・エー L・A(エル・エー)の通信講座は 全国平均の1. 6倍の合格率や、 合格者に対する受講料半額返金制度などを強みにしている通信講座です。 これまで見てきた通信講座と比較すると、 合格率も合格特典も目を見張るほどではないと判断せざるを得ません。 また、 受講料も50,000円から80,000円と決して安くはないので、イマイチ推しどころに欠ける講座です。 キャリアカレッジジャパン キャリアカレッジジャパンはフォーサイトと同じく 「不合格者への全額返金制度」を実施している数少ない講座です。 ただし講座内容の口コミ評判は良いとは言えず、講義の質の低さやテキストの誤字脱字などに不満を抱える方の意見が非常に多く見られました。 さらに返金制度についても、「返金方法が明記されていない」「返金の対応時期が短すぎる」といった 悪い口コミが多数見受けられます。 講座費用も安く返金制度も魅力的なのですが、残念ながら現状の評判ではおすすめはできません。 Livoo! Livoo! の最大の特徴は 資格取得後の就職支援サービスまでセットになってついてくる点です。 もともとは就職支援サービスがメインだったため、宅建講座は無料で提供していたのですが、現在では講座を有料化して質を高めています。 ただし、就職支援サービスについては資格取得後に自分で他の転職エージェントを利用すれば良いだけですし、 冊子のテキストが無いなど通信講座としてはまだまだ未熟な点も多いです。 たのまな たのまなはヒューマンアカデミーが運営している通信講座です。 たのまなの宅建士講座は赤と黒の二色刷りではありますが、メリハリがついており、イラストも多いので読みやすく 初学者でも抵抗なく勉強することができます。 講座費用は70,632円となっており、相場よりもやや高いです。 スタケン スタケンは 優秀な宅建アプリを配信していることが特徴の通信講座です。 会社代表であり講師でもある田中謙次先生は宅建士試験に関する様々な教材を自ら出版しており、まさに宅建士試験のプロと呼べる方です。 学習アプリは極めて優れている一方でテキストはPDFでのみ配布されており、 冊子版はありません。 アプリは360円から利用できるので、教材は他の講座のものを利用して、スタケンアプリだけを活用するのも良いでしょう。 通信講座も選べる宅建予備校一覧 通学講座を主として取り扱っている予備校でも、最近では通信講座も同時に開講していることが多いです。 しかし、いずれも 講座費用が100,000円以上するものばかりなので、価格の安さで通学ではなく通信講座を選択しているという方は読み飛ばしてしまって大丈夫です。 TAC TACは通学メインの大手資格予備校ですが、通信講座のようにオンラインで学習を進めることも可能です。 カリキュラムは通信講座に多い「出るところに絞った内容」とは異なり、 宅建の試験範囲を全てカバーしています。 したがって短期間で合格したい人向けとは言えないでしょう。 また、通学メインではあるので 通信講座ならではのスマホ学習システムなどは期待できません。 予備校ということもあり講座費用は高く、通信講座で87,000円、通学講座は100,000円から170,000円近くかかります。 資格の大原 TACと並ぶ大手予備校である資格の大原は、その講座の性質もTACと似ており、宅建の試験範囲を網羅的に学ぶことができます。 講座費用は通信と通学であまり差はなく、 100,000円から169,000円です。 LEC東京リーガルマインド LEC東京リーガルマインドは上に見た大手予備校2社と比べると、 比較的通信講座にも力を入れている資格予備校です。 講師の質の高さに定評があるほか、ほぼ全てのコースを通学でも通信でも受講することができます。 通信の方が通学よりも費用は抑えられていますが、それでも 120,000円から190,000円ほどかかります。 上記全ての予備校に言える事ですが、せっかく予備校を選択するのであれば、 通信よりも通学を選択して予備校の利点を最大限に生かすのをお勧めします。 反対に、通信講座を受講する!と決めているのであれば 予備校は選択肢から外してしまって良いでしょう。 日建学院 日建学院は50年以上も運営している資格予備校であり、 合格実績の高さに定評があります。 通学はもちろん、通信講座にも対応しています。 この出し方で合格率を大々的に公表しているのは、果たして正しい情報提供だといえるのか疑問が残ります。 講座費用はコースによって 50,000円から250,000円まで幅広いですが、直前対策講座や公開模試などを組み合わせると 合計費用はかなり嵩みます。 総合資格学院 総合資格学院は 個別対応主義を掲げている資格予備校です。 宅建士の講座以外でも建築士や建築設備士など、不動産系の資格を中心に取り扱っているので、専門性の高い講義が期待できます。 しかし、予備校の中では珍しく合格実績を公開していないほか、知名度もあまり高くないので信頼度はあまり高くありません。 やはり群を抜いておすすめなのが、合格実績が抜群であり、不合格者への全額返金制度も備えている フォーサイトです。 その上、講座費用も相場から外れず 通信講座ならではの低価格を保っています。 その他の通信講座にもそれぞれ独自の魅力がありましたが、費用を適切に抑えつつ、 「一発合格する」という最も大切な目的を果たすためには、フォーサイトの通信講座を選ぶのが良いでしょう。 宅建の通信講座選びで失敗しないためのポイント5選 講座費用の安さ 宅建の通信講座の費用相場は 約60,000円です。 予備校の場合は講座費用が100,000円を越えるのが普通であるため、比較的安く講義を受けられると言えるでしょう。 通信講座の費用が相場から大きく外れている場合は、どういう点が優れているのか、なぜ価格が高いのかをしっかりと考える必要があります。 講座選びに限った話ではないですが、 値段が高さとサービスの品質は必ずしも比例しないので注意しましょう。 教材の分かりやすさ 教材の分かりやすさを判断する際には、図表やイラストの多さに注目するのが効果的です。 一般に 図表やイラストをテキストに含めるのは大きな手間と時間がかかるので、それを惜しまずテキストに拘っているかどうかは教材の質を測る指標となります。 またテキストだけでなく 隙間時間を活かせるスマホ学習システムがあるかどうか、 講義動画のクオリティにもこだわっているかも大事なポイントです。 受講生に対する学習サポート 通信講座を選んだからには、教材だけでなく 質問対応や学習スケジュール管理など、独学では得られなかったメリットを最大限活用したいところです。 また、合格特典や不合格者に対する補助はモチベーションの維持だけでなく コストパフォーマンスにも関わってくるので、講座選びでは重要なポイントです。 合格率 通信講座を選ぶ上では 最も注目したいポイントの一つです。 ただし、残念ながら合格実績を公表していない講座も多く、合格率で全ての講座を比較することは現状できません。 また、高い合格率を公表している会社であっても、調査の対象を受講生のうち成績優秀な方に限定していたりする場合もあるので、 合格実績はその測り方にも注目する必要があります。 会社の信頼性 通信講座の運営会社の信頼性は、その講座の品質を客観的に判断する一つの指標となります。 こうした信頼度は 会社の講座運営歴や講座利用者による評判だけでなく、教育訓練給付制度の対象であるかどうかも参考になります。 つまり、宅建士試験において満点を目指す必要はあまりなく、 頻出事項を抑えて8割前後の得点率を狙っていくのが最も効率的となります。 通信講座を選ぶ際も闇雲に全範囲を一律に学ぶものではなく、学習範囲を適切に絞っているかどうか意識して見ると良いでしょう。 宅建の勉強時間の目安は300時間 宅建士試験に合格するまでに必要な勉強時間はおよそ300時間と言われています。 そんな中、通信講座の講義時間が合計で100時間もあったら、 動画を観ているだけで勉強時間の3分の1を使ってしまいます。 独学と通信講座はどっちがおすすめ? 宅建士試験は比較的独学でも合格しやすい試験だと言われています。 しかし、もしあなたが一発合格をしたいとお考えなのであれば、 迷わず通信講座を受講することをおすすめします。 平均合格率は当然、こうした受講生の合格者を含めて算出されています。 つまり、 独学者だけで算出した合格率は全体の平均よりも大きく下がるということです。 独学者の合格率を求めたデータは現状存在しませんが、極めて低い合格率だと分かった上で、それでも敢えて独学を選択するメリットはほぼ無いでしょう。

次の