シールド 育成論。 【ポケモン剣盾】育成論の一覧【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】育成論一覧【ソードシールド】

シールド 育成論

5倍 なし 0. 25倍 なし 無効 解説 種族値自体はどれも平均的な能力ですが、「しんかのきせき」を持たせる事で耐久が非常に高くなり、回復技である「じこさいせい」や火力上昇が狙える特性の「ダウンロード」「アナライズ」と併せて火力も出せるという 非常に高いスペックを持ったポケモンに変化します。 特殊であれば技範囲も広く、「でんじは」「イカサマ」と言った攻撃面に振らずとも仕事が可能な技も持っているので どんな状況でも一定以上の仕事が可能です。 また、能力が平均的な事から環境や好み、持たせたい役割に応じてカスタマイズしやすいという点もポイントです。 耐久は持ち物の「しんかのきせき」に依存している点も大きいので、「はたきおとす」などで 道具を無効化された際は本来の役割をこなしづらくなる点や、状態異常を克服する手段が無いので猛毒状態にされると受けが成立しなくなる可能性がある点には注意が必要です。 物理耐久は非常に高く、ダイマックス相手でも「じこさいせい」を連打で乗り切れたりターンを枯らしたり、と言った事が可能です。 素の火力はあまり高くありませんが、特性の「ダウンロード」によって相手の特防・防御を比べ、防御の方が高い場合は特攻が1段階上昇するので出すタイミングによっては数値以上の火力を出していく事が出来ます。 環境に物理アタッカーが多い事もあり、 防御を厚くしているポケモンも多い事から発動の機会が多いと考えられるのも好ましいポイントです。 攻撃技は上記に挙げたもの以外にも「シャドーボール」「れいとうビーム」「サイコショック」など有力なものがあるので、自分の構築や環境によって変化させていきましょう。 素早さは4振りアーマーガア抜きまで確保し、特攻は「ほうでん」でH4振りミミッキュの身代わりを最低乱数以外で破壊可能にしていますが、「イカサマ」でも破壊自体は可能なので特に気にならない場合はCを4残してBに振り切りましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ナマコブシの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

シールド 育成論

もくじ• フィールドが戻ると、タイプも元に戻る。 弱点 「2倍」ほのお、じめん、みず、かくとう 耐性 「0. 特性もかなり面白いですし、専用技もなかなか便利ですね。 一撃必殺技「じわれ」も覚えますし、出てこられたら嫌なポケモンだと思いますよ。 マイナー感はありますけどね 笑 マッギョ ガラルのすがた の育成論 特性 【ぎたい】 フィールドの状態にあわせて、自分のタイプが変化する。 フィールドが戻ると、タイプも元に戻る。 弱点 「2倍」ほのお、みず、じめん、かくとう 耐性 「0. タイプ一致ではないものの、確実にじわじわとダメージを入れられ、交代を封じられるのは地味に強いです。 基本的には 有利な相手に後出しをしていき、交代読みで「とらばさみ」を入れていくのがおすすめです。 ほぼ確定で後攻から動くので、先制技の「ふいうち」は有効です。 普通に倒せないポケモンであれば、 一撃必殺の「じわれ」を狙っていく。 後は火力を求めて「じしん」を採用し、相性のいいポケモンを狩っていきましょう。 特性「ぎたい」もダイマックス環境だと発動しやすいので、上手く活かしていきましょう。 まとめ かなり面白い動きができるポケモンなので、ネタ枠でしかないと侮るのは危険です! レートでそこまで見かけることもないですし、マッギョ対策が出来ていない方も多いです 笑 相手を選んで活躍するポケモンなので、常にパーティに入れるのはおすすめしませんが。

次の

【ポケモン剣盾】育成論一覧【ポケモンソードシールド】

シールド 育成論

5倍 なし 0. 25倍 なし 無効 解説 種族値自体はどれも平均的な能力ですが、「しんかのきせき」を持たせる事で耐久が非常に高くなり、回復技である「じこさいせい」や火力上昇が狙える特性の「ダウンロード」「アナライズ」と併せて火力も出せるという 非常に高いスペックを持ったポケモンに変化します。 特殊であれば技範囲も広く、「でんじは」「イカサマ」と言った攻撃面に振らずとも仕事が可能な技も持っているので どんな状況でも一定以上の仕事が可能です。 また、能力が平均的な事から環境や好み、持たせたい役割に応じてカスタマイズしやすいという点もポイントです。 耐久は持ち物の「しんかのきせき」に依存している点も大きいので、「はたきおとす」などで 道具を無効化された際は本来の役割をこなしづらくなる点や、状態異常を克服する手段が無いので猛毒状態にされると受けが成立しなくなる可能性がある点には注意が必要です。 物理耐久は非常に高く、ダイマックス相手でも「じこさいせい」を連打で乗り切れたりターンを枯らしたり、と言った事が可能です。 素の火力はあまり高くありませんが、特性の「ダウンロード」によって相手の特防・防御を比べ、防御の方が高い場合は特攻が1段階上昇するので出すタイミングによっては数値以上の火力を出していく事が出来ます。 環境に物理アタッカーが多い事もあり、 防御を厚くしているポケモンも多い事から発動の機会が多いと考えられるのも好ましいポイントです。 攻撃技は上記に挙げたもの以外にも「シャドーボール」「れいとうビーム」「サイコショック」など有力なものがあるので、自分の構築や環境によって変化させていきましょう。 素早さは4振りアーマーガア抜きまで確保し、特攻は「ほうでん」でH4振りミミッキュの身代わりを最低乱数以外で破壊可能にしていますが、「イカサマ」でも破壊自体は可能なので特に気にならない場合はCを4残してBに振り切りましょう。

次の