志村けんお墓は。 志村けんさん 遺影は10年前の笑福亭鶴瓶とのツーショット

志村けん

志村けんお墓は

「なんか早いような、遅いようなという感じですね。 まだ、けんが亡くなったっていう感じがしないんですよ。 今日で1カ月半くらい経ちますが、まだね。 亡くなった実感がない。 テレビの追悼番組なんかで再放送を見ると、余計にね……」 新型コロナウイルスによる肺炎で3月29日に亡くなった志村けん(享年70)。 日本中に激震が走った国民的コメディアンの死から1カ月半が経った。 その後もコロナとの闘いが続くなか、志村の実兄・志村知之氏(73)が納骨を前に現在の胸の内を「文春オンライン」に語った。 そして、5月1日にはNHK連続テレビ小説「エール」に作曲界の重鎮として初登場。 2%を記録し、これは同ドラマ2位タイとなる高視聴率だった。 「NHKの『エール』にけんが出たけど、すごかったね。 コントのときとは違って貫禄があった。 出演していたのは1分か2分ほんのちょっとなんだけど、いい演技やってましたよ。 正月に会ったときも『今度、朝ドラに出演するんだよ』と、けんは嬉しそうに話していました」 兄の知之氏は、ドラマで見た在りし日の志村の姿を思い出しながら何度も頷いた。 5月16日には志村が亡くなって四十九日を迎える。 新型コロナウイルスへの感染防止の観点から生前の面会も叶わず、親族は棺で眠る志村との対面だけでなく、火葬にも立ち会うことができなかった。 しかし、志村はまもなく、東村山市内にある両親と同じお墓に眠るという。 「今、けんは祭壇が作ってある自宅1階の床の間にいます。 四十九日法要は家族だけで静かに行いたいと思っています。 お墓については、けんは結婚していなかったものですから、親父とお袋とじいちゃん、ばあちゃんたちが眠る、先祖代々250年続いている志村家のお墓に納骨します。 ただ、遺品の整理なんかは全然……。 コロナのこともあるし、まだなにもできない。 けんが飼っていた愛犬だけは、知り合いの方がけんの代わりに引き取って世話してくれるようで、感謝しています」 モニター越しの「最後の表情」 志村が亡くなった直後には、西武新宿線東村山駅前に献花台が置かれ、多くのファンが希代の喜劇役者の死を悼んだ。 そして、東村山の実家にも、今も全国のファンから感謝の声が届いているという。 「全国の小さい子どもからおじいちゃん、おばあちゃんまで人気があったんだなぁと改めて思います。 すごい弟だった。 でも、やっぱり早いよね……亡くなるのが。 本人は、コロナで死んだということがわかっていないと思うんですよ。 入院してこんな短い期間で亡くなると、言葉がありませんよね。 まだ今も『けんはいつ帰ってくるのかな?』っていう気持ちです」 改めて、志村が息を引き取るまでの13日間を振り返ると、志村が倦怠感を覚えたのは3月17日。 その後、自宅療養中だった19日に発熱や呼吸困難の症状が現れたため、20日に医師の判断で港区の病院に搬送され緊急入院となった。 その病院で重度の肺炎と診断され、23日には新型コロナウイルス検査で陽性と判明。 24日に転院してICU(集中治療室)で人工心肺装置による治療が行われていたが、29日に帰らぬ人になった。 知之氏は、最後に見た弟の顔が忘れられないという。 「入院してからは先生と細かい話はできなかったし、28日に病院へ行ったけど本人と面会はできなくて、モニター越しに鼻に管を入れたけんの顔を少し見ただけ。 それが最後です。 その翌日に死んでしまった。 意識がなくて、本当に寝ている感じでした」 「どんな薬でも、きっと間に合わなかったでしょう」 この1カ月半の間に、タレントの石田純一やフリーアナウンサーの赤江珠緒などが新型コロナウイルスに感染し、肺炎と診断されている。 しかし、2人とも新型コロナウイルスに効果があるとされる「アビガン」が投与され、一命を取り留めた。 また、厚労省は5月7日に抗ウイルス薬である「レムデシビル」を新型コロナウイルス感染症の治療薬として正式承認した。 こうした新しい治療薬について、兄の知之氏は次のように語った。 「いま、いろんな薬のニュースが流れてますけど、けんは入院してから短い期間に人工呼吸器を付けて、最後には人工心肺装置まで装着した。 でも、すぐに終わってしまった。 だから、どんな薬でもきっと間に合わなかったでしょう。 今となっては、そう納得せざるを得ないです」 知之氏は、亡き弟・志村けんへ最後の言葉を送った。 「けんと会うのは1年に1、2回でした。 忙しくてなかなか会えなかったから、正月に帰省したとき、けんの舞台を観に行ったときに、けんと会うのがとても楽しみでした。 これからは天国でもゆっくりね。 お酒は飲めなくても親父やお袋と会って、ゆっくりいろいろな話をしてほしい。 ほんとうに私の弟にしては出来過ぎな人でした」 (「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班)) 外部サイト.

次の

「本人はコロナで死んだとわかっていないと思う」志村けん実兄が四十九日を前に告白《東村山市内に納骨へ》(文春オンライン)

志村けんお墓は

家族のみで納骨したという 室町時代創建の東京・東村山市にある古刹。 その一角に、ひときわ大きな墓がひっそりとたたずんでいる。 きれいに掃き清められ、花立てには彩りにあふれた真新しい花が供えられている。 線香の燃え跡が残り、周囲にはまだ香りが漂っていた。 その傍ら、先祖代々の戒名が記された墓誌に、先日、新たな戒名が刻まれた。 「瑞心院喜山健徳居士」 ここには、3月29日に新型コロナによる肺炎で急逝した、さん(享年70)が眠っている。 最愛の母・和子さん(享年96)と共に。 訃報から2か月余り。 突然の別れとなった長兄の知之さん(73才)は、「まだ亡くなった実感がない」としながらも、「納骨が終わってホッとした」と複雑な胸の内を口にする。 「四十九日の前に、家族のみで納骨しました。 新しく建てたのではなく、先祖代々250年続くお墓です。 けんは妻も子供もいなかったので、両親や、じいちゃんばあちゃんたちと一緒にゆっくりしてもらえればと思ってね」 先祖代々の墓は、長男が受け継ぐケースが多い。 志村さんのように3人兄弟の末っ子で妻子がなく、突然の死を迎えた場合、墓問題は迷走することも少なくない。 ましてや、志村さんは遺言も残していないとされている。 葬送・終活ソーシャルワーカーの吉川美津子さんが言う。 「先祖代々のお墓に、長男しか入れないという決まりはありません。 そのお墓を管理している祭祀継承者が了解すれば、入ることができます。 志村さんの場合はお兄さまや親族との関係が良好だったので、揉め事もなく、スムーズに入ることができたのでしょう」 生前の志村さんは多忙の合間を縫って、正月には母・和子さんと知之さん一家が暮らす実家を訪れている。 結びつきが強かった兄弟らしく、葬儀や納骨などは兄らが取り仕切ったという。 葬儀で使われた志村さんの遺影も、知之さんが住む実家に戻っている。 その遺影の話題になると知之さんの表情が緩み、懐かしそうにこんなエピソードを教えてくれた。 「遺影にした写真は10年くらい前のもので、鶴瓶さん(・68才)と一緒に撮った一枚なんです。 母親が、鶴瓶さんとけんのテレビ番組に出演したことがあるんですけど、その撮影の合間に撮った写真なんです。 出来上がった写真を見て、いい笑顔だなって思ってね。 ほかにも写真はたくさんあるんですけど、この鶴瓶さんと写ってる写真がいちばんいい。 あのけんの表情が、ずっと頭に残っていたんですよ」(知之さん) 志村さんと鶴瓶は50年来のつきあいで、1998年からは年に1度、正月の特別番組で共演している。 プライベートでも仲がよく、鶴瓶は志村さんの母親とも親交を深めていた。 その間柄は、晩年の志村さんに大きな影響を与えている。 志村さんは今年、NHKの連続テレビ小説『エール』への出演や、映画『キネマの神様』の初主演など、70才を機に俳優業に力を入れていた。 それでも鶴瓶さんは、志村さんの俳優姿を見たいと口にしていたんです。 面と向かっては言いませんが、そのやりとりが、志村さんの中にずっと残っていた。 となると、遺産の行方も気になってしまう。 「けんが飼っていた2匹の愛犬は、有難いことに知り合いが引き取って世話をしてくれています。 決まったのはこれくらい。 三鷹にあるけんの家にはもう誰もいませんが、今後あの家をどうするか、遺品をどうするのか、遺産はどれくらいあったのか、まだまだ話し合いもできていない状況です」(知之さん) 志村さんの死後の手続きは、まだ始まったばかりのようだ。

次の

志村けん、新型コロナ陽性で入院中と発表。。。を占う

志村けんお墓は

《亡くなったのがいまだに信じられない》 《まだ死を受け入れられないでいます》 ネット上に、そんな言葉が飛び交ったのが6月21日のこと。 この日、志村けんさん(享年70)の爆笑コントを振り返る特番が放送された。 突然の訃報から3カ月。 我々の記憶には、いまなお志村さんの生き生きとした姿が残っていても、時間は刻々と過ぎてゆく--。 志村さんの故郷、東京都東村山市。 とある古刹に、志村家の墓がある。 先祖代々の名が記された墓石に、先日、志村さんの戒名が彫られた。 その名は、「瑞心院喜山健徳居士」。 その下には「志村康徳」と、志村さんの本名もある。 「お墓は、よく手入れされていて、いつもお花が供えられていますよ。 お名前が彫られているのを見ると、『本当に亡くなってしまったんだ』と実感させられますね」(近隣住民) 志村さんは今、最愛の家族とともに故郷に眠っているのだ。 6月25日、東村山市は、志村さんを名誉市民に選定した。 志村さんの死後、市には2万2000件を超える追悼メッセージが寄せられ、「志村さんを名誉市民に」という声も多かったという。 市の広報担当者は、選定理由をこう話す。 「志村さんは『東村山音頭』で、東村山の名を全国に広めてくださった市の大恩人です。 また、万人に愛された喜劇王であり、これまでの功績を称えたいという思いもありました。 東村山市民の郷土の誇りですし、深く尊敬するに値することが、お贈りした理由です」 顕彰式に出席した兄の知之さんは、当日、次のように語っていた。 「永遠に東村山に眠ることになったので、(名誉市民を)受けてもいいと思いました。 一生懸命、頑張った証し。 現在も巡礼するファンは少なくない。 東村山駅前にある3本の欅の木、通称「志村けんの木」もそのひとつだ。 志村さんが亡くなった3月には、まだ十分に芽吹いていなかった緑が、現在は青々と茂っていた。 「和菓子処 餅萬」が販売する「だいじょぶだァー饅頭」だ。 「亡くなられた直後は、店にお客様が殺到しました。 いまでも東村山には多くのファンの方が来てくださいます。 やっぱり皆さん、志村さんのことを話したいんでしょうね。 よく話しかけられますよ、『志村さんの長年のファンなんですよ』とかね」(餅萬の店主) 志村さんの逝去直後、注文が殺到し、受付をストップしていた通信販売も、現在は再開している。 店主は、志村さんへの感謝の言葉を続けた。 「よく、『地元が生んだスター』って言うじゃないですか。 でも、志村さんの場合は逆ですよね。 志村さんが東村山を、全国的な知名度にまでしてくれたんですから」 これほど地元民に愛される名誉市民も、珍しいのではないだろうか。 写真・時事通信 (週刊FLASH 2020年7月14日号).

次の