バジ絆2 テンパイボイス。 再導入! バジ3 リセ狙い目 高設定確定演出など再確認しておこう

バジリスク絆2 その他の演出法則【テンパイボイス LED ビリー音 朧ナビ】

バジ絆2 テンパイボイス

基本スペック・機械割・小役確率 基本スペック 機種名 SLOTバジリスク 甲賀忍法帖 絆2 メーカー ミズホ 導入日 2020年2月17日 導入台数 約40000台 仕様 AT 6号機 AT純増 約2. 6 97. 3 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112. 順押し時 チャンス目は主にモード昇格抽選が行われます。 ゲーム数天井の恩恵は同色BC当選で同色BCからのBT期待度は約50%以上。 現在のゲーム数とスルー回数はPUSHボタンを押すと、リール左にある液晶で確認可能です。 天井狙い時の注意点 バジ絆2は6号機なので有利区間があります。 有利区間がリセットされれば天井もリセットされてしまいます。 有利区間がリセットされるタイミングは• 設定変更時• ゲーム数天井到達時• BT終了時 です。 前述した通りバジ絆2にはゲーム数天井とBCスルー回数天井があり、2種類の天井が同時に進行していきます。 ゲーム数天井狙いに関しては特に問題ないと思いますが、BCスルー回数天井狙いには少し注意が必要です。 BCスルー回数天井は有利区間800G以内に7回BCを引いておかないと発動しません。 先にゲーム数天井に到達した場合は天井恩恵の同色BCに当選しますが、そのBCでBTに当選しなければ、有利区間がリセットされるので、BCスルー回数天井はリセットされてしまいます。 天井狙い目• 350Gくらい~ 暫定 BCスルー回数に応じて微調整 4スルー以上の台があれば、ゲーム数不問で打ってもOK!? やめどき 基本的なやめどき• 甲賀卍谷ステージ・・・即やめ• その他ステージ・・・高確転落後やめ 即やめ厳禁• BT終了時に朧「旅の支度が整っております」・・・ゲーム数天井orBT当選まで打つ• 朧BC終了画面で赤満月出現・・・ゲーム数天井orBT当選まで打つ• 設定示唆となる撃破人数は赤文字で表示されるので、周りの台もチェックしておきましょう。 BC入賞時のLEDの色 異色BC入賞時 AT非当選 LED色 設定1~3 設定4~6 白 38. バジ絆では高設定示唆演出でしたが、バジ絆2では設定4以上確定演出になっています。 出現率は異色BC入賞時の0. 2%、同色BC入賞時の0. 4%とかなり低い確率なので、設定4以上を打っていてもそうそうお目にかかれないと思います。 赤LED+AT非当選よりも他の確定演出の方が出やすいです。 弦之介&朧は設定5以上確定! 13戦目は必ずいずれかの設定示唆画面が出現します。 バジ絆2初期の頃には出ていなかった解析情報なので、意外と見落としがちな人もちらほらいます。 0 BC・AT終了時の状態移行率に設定差があります。 高設定ほど高確スタートしやすく、偶数設定は高確35Gスタートしやすい特徴があります。 7 BT当選までのBC回数 実践値 設定 1回 2回 3回 4回 5回 1 19. 1の割合でBTに繋がる計算になります。 設定6のみ頭一つ抜けている感じになっています。 4 前作同様に、弱チェリー確率に設定差があります。 ユニメモをやっておけば、わざわざカウントしなくてもOKなのでユニメモ推奨です。 前作と同じならば、通常・高確での謎BCは同色BC当選、超高確での謎BCは異色BC当選となります。 おそらく、超高確での謎当たりには設定差はないと思います。 前作同様に設定1以外は奇数設定は青頭BC比率が高く、偶数設定は赤頭BC比率が高くなっています。 ゲームフロー 前作同様、バジリスクチャンス BC からバジリスクタイム BT を目指す。 内部状態は低確・高確・超高確の3種類あり、BC当選率に影響する。 超 高確移行時移行時は規定ゲーム数消化で通常へ転落する。 超高確中に超高確に当選した場合はゲーム数が上乗せされる。 超 高確移行時 ゲーム数振り分け ゲーム数 高確 超高確 15G 75. 6G 18. 5G 上記以外にも、「高確800G」や「超高確5G」がある。 モードA滞在時 通常滞在時 状態移行率 小役 高確へ 超高確へ 共通ベル 9. 通常時のモードは全16種のテーブルで管理されていて、BCでAT非当選の場合に滞在テーブルに応じて次回モードへ移行する。 テーブル5で8回目のBCでAT当選した場合は、ATの複数ストックに期待大! モードA~C滞在時はチャンス目でモード昇格抽選が行われる。 高確示唆演出 高確示唆演出• 「怪」・・・モードB以上の期待度アップ 期待度・低• 「気配」・・・モードB以上の期待度アップ 期待度・中• 「兆」・・・モードB否定&モードC以上の期待度大幅アップ• 「好機」・・・モードC以上濃厚 甲賀ミニキャラ陽炎演出• 後ろを向く<ため息<左肩を出す<両肩を出す<妖艶なポーズの順で高モード期待度アップ• 妖艶なポーズ出現時はモードDの期待度大幅アップ 伊賀ミニキャラ天膳演出• 去る<不機嫌<微笑<笑う<大笑いの順で高モード期待度アップ• 大笑い出現時はモードDの期待度大幅アップ ステージ移行矛盾• 次回AT当選まで打った方が良いパターンもあるので、必ずサブ液晶をタッチしましょう。• 弦之介「出立の刻じゃ」・・・デフォルト• 朧「参りましょうぞ」・・・デフォルト• バジリスクチャンス BC 当選時のAT抽選 異色BC当選時AT突入率 設定1 状態 モードA モードB モードC 通常 0. 告知パターンや法則もバジ絆を踏襲。 BT突入率は通常モードと状態に応じて変化し、消化中の成立役でも抽選されています。 朧BC 次回モード示唆 朧BCはAT非当選時の終了画面で次回モードを示唆。 赤満月出現で次回モードD=次回BC当選時にAT確定! 朧BC終了画面振り分け 演出 モードA モードB 星空 50. 開始1G目で告知なら夢幻確定• 残り12Gで告知なら超安定 or 激闘 or 夢幻• 残り9Gで告知なら安定 or 超安定 or 激闘 or 夢幻• 残り6Gで告知なら超安定 or 激闘 or 夢幻• デフォルト以外のキャラボイス発生でAT以上確定! BC入賞時のテンパイボイス法則 キャラ ボイス 示唆 弦之介 良い腕じゃ! 赤頭BCデフォルト これは見事な! AT当選期待度アップ・小 もはや止まれぬ! AT当選期待度アップ・大 両門不戦の戒めは解かれた AT確定!? 何人もわしを止めることは出来ぬ! 月下閃滅確定!? 朧 うれしゅうございます 青頭BCデフォルト ほんに、ようここまで AT当選期待度アップ・小 わたくしは信じておりました AT当選期待度アップ・大 いつまでもお側におります! AT確定!? これが、わたくし達の絆にございます! EPBC【絆】確定!? 天膳 ふははははは、やりおるわ! AT確定!? いや、殺しはせぬ! 生かすのじゃ! EPBC or 月下閃滅確定!? ついにこの時が来たのじゃ! EPBC【絆】確定!? 豹馬 世の理、しかと見よ! AT確定!? これがわしの心眼じゃ EPBC or 月下閃滅確定!? お胡夷 行ってまいります、兄様 EPBC【縁】or【絆】確定!? 朱絹 小四郎…どの… EPBC【想】or【絆】確定!? 蛍火 お慕いしております、夜叉丸どの… EPBC【恋】or【絆】確定!? 無音 - EPBC【絆】or月下閃滅確定!? バジリスクチャンス中の楽曲法則 楽曲法則 タイトル 法則 甲賀忍法帖 歌あり AT継続確定 蛟龍の巫女 AT継続確定 愛する者よ死に候え AT確定&上位シナリオ期待度アップ ヒメムラサキ 次回朧チャンス確定 歌詞付きのBGMに変化すれば、基本的にはAT継続確定! 月下閃滅 月下閃滅 突入契機 瞳術BAR揃いの一部 完全勝利時 継続ゲーム数 20G 平均上乗せ個数 4. 9枚 BT期待枚数 約407枚 設定1 備考 「追想の刻」と「争忍の刻」で構成 BT突入時のキャラでシナリオを示唆。 伊賀人数が奇数なら絆高確確定• 人数差1人なら絆モード確定• 人数差4人以上で継続確定• 甲賀が10人なら継続確定• 伊賀7人以上なら絆高確確定• 伊賀8人以上なら複数の絆高確or絆モード確定• 伊賀9人で絆モード以外なら継続確定 争忍の刻の人数で絆高確や継続の示唆が行われている。 バジリスクタイムの継続やシナリオ示唆 AT開始時のキャラ AT開始時のキャラ法則 キャラ シナリオ示唆内容 弦之介 基本パターン 朧 安定or超安定or夢幻or激闘 天膳 夢幻or激闘 AT開始時の画面は弦之介がデフォルトで、朧や天膳の画面なら上位のシナリオ示唆となるので、ATを伸ばすチャンス。 甲賀アニメキャラは奇数シナリオ、伊賀アニメキャラは偶数シナリオ確定。 デフォルメは継続確定、特定キャラ出現時は特定のシナリオが確定する。 シナリオシステム ステージ履歴でシナリオを推測する新要素が追加! ステージに対応したアイコンがセットされ、その順番などで継続シナリオの推測が可能に。 継続シナリオは12セット目までの継続率を管理、13セット目は継続確定、14セット以降は継続率50%以上! 争忍の刻ステージ アイコン色 昼ステージ 青 夕方ステージ 黄 夜ステージ 赤 駿府城ステージ 紫 ATシナリオ AT中の継続率はシナリオで管理されていて、シナリオは全10種類ある。 継続率はA<B<C<D<Eの順でアップし、争忍の刻のステージで示唆されるので判別可能。 13セットだと約1500~1600枚弱くらい出ていると思うので、完走を目指したいところですね。 ユニメモ ユニメモをやっておけば小役のカウントや通常モードの履歴が閲覧可能。 ミッション達成率に応じて閲覧可能な情報も増えていく仕様となっているようなので、長時間実践はもちろん、短時間実践時にもユニメモをやった方が得策だと思います。 SLOTバジリスク 甲賀忍法帖 絆2 PV.

次の

バジリスク~甲賀忍法帖~絆2(バジリスク絆2) パチスロ スロット

バジ絆2 テンパイボイス

【設定変更時はバジリスクチャンス(BC)天井を再抽選】 設定変更時に専用の抽選でモードが決定。 また、設定変更後は内部状態も再抽選され約3. 4分の1(約29. 当選時の前兆は5〜12Gで、当選契機のメインは巻物となる。 内部状態が上がるほどBC当選率と当選時のAT期待度がアップする。 本前兆の最大は通常・高確中が8G、超高確中のみ12Gとなる。 [超高確/AT当選時] 超高確中は最大前兆が12G! 状況によって異なるが、基本的に前兆は2〜5Gがメインとなる。 【ボイスによってAT期待度が変化】 BC(バジリスクチャンス)テンパイ時のボイスの基本パターンは絵柄に対応しており、赤BAR(弦之介表示)は弦之介、青BAR(朧表示)は朧のボイスが発生する。 テンパイ絵柄不問で、無音、豹馬や天膳のボイスはAT確定。 弦之介の「我が忍法、とくと味わえ!」は真瞳術チャンスが確定する。 それ以外のボイスはすべてAT確定! [AT当選時] 弦之介の「我が忍法、とくと味わえ!」(ボイスI)は真瞳術チャンス確定! 【バジリスクチャンス(BC)当選時にATを抽選】 通常時は内部状態とモードをアップさせつつBCからのAT当選を目指すという流れがメインとなる。 AT抽選はBC当選時がメインだが、BC消化中も成立役ごとにおこなわれる。 Eは高継続のAT選択率が優遇される。 92〜79. 37〜39. 80〜1. 【モードアップはおもにチャンス目で抽選】 BC当選時のAT期待度に大きな影響を与えるモードのアップは、おもにチャンス目で抽選。 バジリスクチャンス(BC)に当選するまで転落しないため、BC間でいかにチャンス目を引きモードをアップさせるかがポイントとなる。 「モードアップは高設定ほど優遇」 高設定はモードアップしやすいため、BCに当選しやすくなる。 チャンス目時のモードアップ率は33. 33〜50. 5〜38. 当選契機のメインは通常時と同じく巻物だが、絆高確中は対象役でも大チャンス。 また、内部状態も重要で、高確中はリプレイと共通ベル、弱チェリーの期待度が大幅にアップし、全役共通でBC当選=同色確定となる。 「絆高確は超重要」 絆高確の種類によって高期待度となる小役の種類が異なり、対象となった小役のBC当選率がアップ。 さらに、BC当選後はいずれかの絆高確に突入するため、いかに絆高確を維持させるかが重要となる。 基本的にループ率で振り分けが異なるのは『10人状態を除くAT継続時かつ絆高確なしor単体時』のみで、その他のケースにおけるゲーム数振り分けは均等となる。 祝言モードは必ずしも複合高確扱いとなるわけではなく、内部的な絆高確の数に応じて抽選される。 追想の刻開始時は絆テーブルを参照して絆高確の種類を抽選。 抽選値は通常継続時(初回突入時含む)とAT中のバジリスクチャンス(BC)当選時で変化する。 「追想or争忍の刻によって恩恵が変化」 BC当選タイミングは『追想の刻』or『争忍の刻』によって抽選値が異なり、前者の場合はゲーム数の上乗せだけでなく、前回が絆高確であった場合は、最低でも前回の絆高確以上に昇格。 後者は絆高確中だった場合、いずれかの絆高確へ移行する。 追想の刻中は5G、争忍の刻中は8Gとなる。 争忍の刻中の背景でも継続率を示唆しており、残りストック数や絆モードor祝言モードかによっても振り分けが変化する。 さらに、絆モード中は発生しないという特徴があるため、城背景で絆ランプが点灯していれば祝言モードが確定する。 [AT開始画面] 弦之介 朧 天膳 [争忍の刻の背景] 昼 夕 夜 城 【BGMが流れるタイミングで示唆内容も変化】 BGMが変化した時点でセット継続以上が確定。 基本的に変化するBGMは3種類あり、『WILD EYES』の恩恵がもっとも大きい。 【ループ率ストックの有無を問わず抽選値は一定】 通常時の上乗せ初回ではループ率ストックを、AT中(通常時のストック確定後を含む)はセット数のストックを抽選。 どちらの状態でも各役の当選率は共通となる。 70)。 「昇格率の設定差について」 基本的にBCの昇格率は設定2・4・6、設定3・5が共通(無想一閃中を除く)で、前者は赤頭、後者は青頭のBCが優遇。 設定1は赤・青頭の割合が均等となる。 小役ごとの期待度は、通常時とAT中(通常時のAT確定後も含む)でほぼ同じだが、設定4以上のみ、強レア役以外の数値が若干変化する(当選のメインは強レア役)。 AT中は一撃で最大5セットまで獲得する可能性があり、祝言モードゲットにも期待できる。 00)のみで、瞳術揃いフェイクなどでは抽選がおこなわれない。 消化中はAT中の同色BCと同じ抽選値でセット数をストックする。 開始時の人数は1000人がデフォルトだ。 多数の確定パターンがある。 [対応キャラ一覧(甲賀/伊賀)] 相思相殺…将監/夜叉丸 胡蝶乱舞…左衛門/蛍火 仁慈流々…陽炎/朱絹 無明払暁…豹馬/小四郎 ユーザー口コミ・評価詳細 バジリスク~甲賀忍法帖~絆• ラスト打ちプラって終了。 やぱ、5号機ベスト3には入るかな.

次の

バジリスク~甲賀忍法帖~絆2(バジリスク絆2) パチスロ スロット

バジ絆2 テンパイボイス

もし 該当ナシの場合は、ひと月前 今回なら1月 にデビューした機種もヨシとします。 まずは2月デビューの主な機種について、4人の反応からスタート。 マコト「そもそも2月は新台少ないですからね」 編集長「少ないですね。 それゆえライター陣も実物を見たことがないのだ。 編集長「鬼くんが2月の新台でアノ機種を選ばなかったら、俺らもうてんてこ舞いですよ」 ラッシー「もう終わりですね。 この企画」 鬼くん「ええ、僕の役割は分かっています。 ラッシー「だって普通に玉なくても…」 鬼くん「そうですね、絆高確行きますから」 編集長「あ、玉があると絆高確に行くんだ?」 ラッシー「オメーが知らねーんじゃねーかよ!! 」 編集長「ふはは 笑 」 鬼くん「あと今作は ATがシナリオで継続率管理されているですよね」 編集長「ああ、そうだよね。 前作みたいな継続率じゃナイんだよね」 鬼くん「そうです。 そのシナリオによって継続期待度が違ってくるんで。 前作も絆高確は叩きドコロでしたけど、今作は 『このシナリオだから、絆高確でココさえ頑張れば…』みたいな叩きドコロが増えた……みたいな。 継続させるほどシナリオが見えてきて、自分が今どうすればいいのか、今ここで絆高確へ行けば……みたいなのが分かるんです」 編集長「 ここ乗り切れば次セットは継続するだろう…みたいな?」 鬼くん「そういう予測ができる面白さってのが結構増えたかなと」 編集長「なるほどね」 鬼くん「あとは ユニメモですね。 例えば……前作もそうですけど『モードテーブル』ってあったじゃないですか?」 マコト「ありましたね、Zまであるやつね」 鬼くん「そうです。 前作は朧BCの演出とかで次回のモードを予測しながら、テーブルも予測していたんですけど……」 マコト・ラッシー「うんうん…」 鬼くん「今作はユニメモでも 滞在していたモードテーブルが見られるっていう機能があるんですよ」 編集長「ふーん」 マコト「……編集長、ユニメモやったことあります?」 ラッシー「まずユニメモの会員になってます?」 編集長「会員にはなってますよ! ……多分。 マコト「コレ ユニメモによるモードテーブル示唆 、結構話題になったよね」 鬼くん「そうですね」 編集長「でも絆打ちの人ってさ、そのモードテーブルを予測するのが楽しかったんじゃないの?」 鬼くん「それもありますけど、やっぱり 予測が 難しいんですよ。 上級者なら予測ができてたんですけど、初心者からすると見るべきポイントが多すぎて」 編集長「滞在テーブルが分かるってことだよね? つまり答え合わせが出来る?」 鬼くん「そうですね。 どれに行ってたか…みたいな」 マコト「このテーブルに何回行ってました…みたいな」 鬼くん「打てば打つほど解放されるっていう、 打ち込み要素もちょっとあるんですよね」 編集長「あーなるほどね。 その試みは面白いね!」 鬼くん「僕が1番ムムムって感じたところは、 BCが勝手に揃うってとこですね。 まあ、最近の機種で多いんですけど」 編集長「自動停止なんだね。 でも絆だし別によくね?」 鬼くん「でもテンパイした時に、テンパイボイスがあるじゃないですか? それなのに自動で止まるから。 うーん、なんかなぁって」 編集長「え? 自動停止でもテンパイボイスあるの?」 ラッシー「ある! あるね」 編集長「え? やけにラッシーさん詳しいっすね」 ラッシー「いや、この企画に向けて打ってきましたよ」 マコト「当然打ちましたよ。 なんなら完走もしました」 編集長「え?」 マコト「打ったら全然……面白かったっす」 ラッシー「マコトさんが何かに媚びはじめた 笑 」 マコト「いや、そういうのじゃなく! やっぱりすんなり入れるってのもあるし、純粋によくできてるなと思いました」 鬼くん「あとは、いわゆる バジキッズ目のインパクトが、ちょっと弱くなったなぁと。 バジキッズ目で皆さんが何を想像するか……ですけど、王道は前作で言えば」 編集長「中押しの赤い塊ね」 鬼くん「そう、あの2連赤を中押しでバンと止める。 で、今作は中押しで赤いBC絵柄を狙って、下段に止まると巻物1確。 2連赤ではないので、ちょっとインパクトが弱い。 僕は止まった瞬間に音が鳴るくらいで良かったかなって。 まぁでも 通常時でも狙えるって良いところもあるんですが」 編集長「なるほどなぁ。 まあ、まだ俺 絆2の 実物見てないっすから、ピンと来ないす」 ライター3人「ええっ!? 」 ラッシー「 普段 目隠ししてんの?」 マコト「ホールの中、下向いて歩いてんのかな?」 編集長「何も考えずに、すぐアクロスコーナー行っちゃうから 笑 」 編集長「じゃあ最後に3月導入の注目する新台ですね。 オススメの新台でもいいですけど」 マコト「3月は結構出るんですよね~」 編集長「結構出ますね。 話題機も出ますね。 物語シリーズとか、新鬼武者も3月かな。 ケロット4……あとスナイパイ71も3月みたいなもんか。 よし、じゃあ鬼くんから」 鬼くん「僕は 地獄少女ですね」 S地獄少女 あとはあなたが決めることよ 編集長「お、意外。 なんで?」 鬼くん「なんと言っても出玉率ですね。 設定6で114. 6号機の中でもトップクラスのスペックですから。 もちろんまだ試打もできてないんですけど、さすがにガチ勢としては注目したい機種ですね。 設定6がどういうスランプグラフを描くのか」 編集長「ホールの『ここぞ!』ってときの見せ台になるヤツだ」 鬼くん「6号機の出玉率高い機種って、あまり使われないイメージがあるんですよ。 イノキとかもそうだったんですけど。 でも地獄少女シリーズは最近人気ですし」 マコト「喰霊もそうだし、最近の藤商事は頑張ってるもんね」 編集長「ちなみに設定1だと出玉率何%ですか?」 鬼くん「約97. 4%」 編集長「お、いいんじゃないですか? 低設定域は低いほうがいいからね」 マコト「ちゃんとホール側が抜ける台のほうが、高設定を入れやすいってのありますから」 鬼くん「出玉率がコレなんで、これからどう扱われていくのか気になるところですね。 特に設定6の挙動が気になります。 分かりやすい挙動なのか、分かりにくい挙動なのかにスゴく興味があります。 それで狙いやすいか否かが決まるので」 編集長「なるほど。 了解で~す。 じゃあマコトさんは?」 マコト「僕は…… 新鬼武者ですかね」 新鬼武者~DAWN OF DREAMS~ 編集長「僕、まだ全然情報知らないっすね」 マコト「新鬼は何回か試打させて頂いてるんですけど、言ったら 3回バトルものなんです。 なんだったら出玉の出るところが全部バトルなんです。 1番のメインのATが3回戦って1セット。 で、2勝したら継続、3勝したら特化ゾーンも付いてきます」 ラッシー「へ~」 マコト「2敗したらそのセットで終わり。 また通常時から頑張りましょうって感じ。 そこがちゃんと抽選されてる。 っていうのも、他に3回バトルモノってあるじゃない? でも抽選に対して、少し疑心暗鬼になるじゃないすか?」 ラッシー「まあ、そうすね」 マコト「実は今日も打たせて頂いたんですけど、 ATが単発で終わったの。 単発で終わるって良いことだと思って」 ラッシー「ガチじゃんってことね?」 マコト「そうそう! 同じ3回バトルもので、単発で終わらないヤツあるでしょ? でも新鬼武者が終わるってことは、ちゃんとガチで抽選してるんだなって。 もちろん単発時の出玉は少なかったけど、ガチで抽選してるのは良い点だなと。 あと AT初当たり契機の6割強がレア役からの直撃っていう」 編集長「へえ~、珍しいっすね」 マコト「そうなんすよ。 規定ゲーム数による当選が約22%」 編集長「レア役が仕事するヤツだ」 マコト「そうなんすよ。 だから強チェリーとか引いて前兆行って……みたいな、メーカーは違いますけど過去の鬼武者シリーズの流れなんですよね」 編集長「5号機っぽさがありますね。 楽しみっすね! はい、じゃあラスト、ラッシーさん」 ラッシー「う~ん、難しいなぁ。 触ったのはエヴァフェスと、4月ですけどスナイパイ71。 まだ現段階で詳しくは話せないですけど、 スナイパイ71は時代を変える機種になるんじゃないかと」 スナイパイ71 編集長「ほ~う! 言うね~」 ラッシー「現状では詳しく言えませんが、たぶん業界に衝撃は与えると思います。 たぶんスナイパイ71を真似るメーカーも出てくると思うし、むしろ『パクれ!』と思うくらい。 それくらい斬新なことやっている機種」 マコト「なんか出玉率高いんだよね?」 ラッシー「そう、技術介入AT機なんですよね。 でも技術介入AT機というだけではない衝撃があると思うんです。 でも、現段階ではコレ以上なんも言えないっす」 マコト「ビタ押しとかするんだよね?」 ラッシー「しますね」 マコト「NETの筐体のビタ押しは難しいんだ」 ラッシー「いや、もうその話するのオッサンだから! 4号機のときは確かに難しかったけど、もうあの頃とは筐体が全然違いますから」 編集長「リオデカとかモグモグ難しかったですもんね~。 各モードによって技術介入の難易度と出玉率が変化する。 ラッシー「ちょっと待って! これ以上はまだ何も言えない!! 」 編集長「大丈夫大丈夫、怒られたら謝ればいいですから!」 ラッシー「おおぃ! 守秘義務があるんじゃ!! 」 マコト「これモードって何なの? だって設定って概念がなくない?」 ラッシー「マコトさん、もうそのくらいに止 とど めてください。 もう怖くて…」 マコト「まだ攻略誌にも詳しく載ってないんですよ。 モードが2つってしか」 ラッシー「ちょ、マジで事故起こるからココでヤメよう?」 編集長「はい、というところで今回はこれまで。 コロナ騒動で自粛・自粛と続いておりますが、皆さんにも楽しい新台を見つけて頂ければ幸いです!」 鬼くんが参戦し、またしてもボリュームが増してしまった当企画。 果たして、3人が挙げた3月・4月の機種はプレイヤーに受け入れられるのでしょうか? では、また次回更新でお会いしましょう! はい。

次の