コロナ ウイルス エイズ。 【警告!メディアが甘く見過ぎているコロナウィルス感染者予測は20億人!?】新型コロナウイルスに「HIV (エイズウイルス)」のタンパク質が挿入されていることをインド工科大学の科学者たちが発見!更に、「感染治癒後のヒトの免疫を壊し再発リスクを中国当局が示唆!!」万が一、最悪の場合を想定した相場展望!!! 投稿日時: 2020/02/02 09:57[藤崎慎也]

新型コロナウイルス|エイズ薬が治療薬に?効果のある成分は?|素敵な主婦を目指すための情報ブログ

コロナ ウイルス エイズ

新型コロナウイルスはかかれば免疫で治せばいいというものではない 私はもし日本で新型コロナウイルスが爆発的に拡がったり感染してしまったら、まぁ免疫で治せばいいと考えていた。 亡くなる人は持病などをもっていて既に免疫が落ちている人ということだった。 元気で免疫が健全に機能している人は問題ないと考えていた。 以下の生物学の科学誌 BioRxiv(バイオアーカイヴ)に発表された論文に関する記事を読むまでは。 新型コロナウイルスは「空気感染するエイズ」 生物学の科学誌 BioRxivで新型コロナウイルスにはHIVすなわちエイズと類似する部分が挿入されていることがわかった。 エイズとは「免疫不全症候群」のことであり、免疫を失う病気である。 一度感染し治癒した患者にも再感染のリスクがある」と述べ、警戒を呼び掛けた。 一度感染し治癒しても再感染のリスクがある」こと、すでに「免疫不全」が観察されている。 新型コロナウイルスは生物学の科学誌の記事による構造的な特徴と、中国国家衛生健康委員会の観察によって、いわば「空気感染する免疫不全症候群」つまり「空気感染するエイズ」である可能性が極めて高くなった。 私は新型コロナウイルスは「空気感染するエイズ」である可能性が高いことを自分の子供に直ちに伝えた 私は新型コロナウイルスは「空気感染するエイズ」である可能性が高いことを直ちに大学生である自分の子供に伝えた。 これはうつっても治せばいいという類の病気ではない。 エイズ同様、「うつらないことが何より重要」な病気である。 私は家族に伝えるような情報をブログに書くことが誠実さだと思っているので、ここにも書く。 あなたはエイズにかからないためにはどのような対策をするだろうか あなたはエイズにかからないためにはどのような対策をするだろうか? エイズはウイルス感染者との性的接触によって感染することがわかっている。 エイズにかからないためには、もちろん不特定多数と性交渉をもつ人と自分は性交渉しないはずだ。 これが空気感染レベルで起こっているのが、今回の新型コロナウイルスである可能性が高い。 前例のない封鎖が実施されている 現在武漢市を中心とする湖北省二千数百万人が封鎖さている。 ロシアも国境を封鎖し、アメリカも渡航も飛行機の運行も禁止した。 こういう前例のない非常に厳しい対応をやっている。 すでにロシアもアメリカも、これが「空気感染するエイズ」であることをつかんでいるから、こういう極めて異例の厳しい態度で望んでいる可能性がある。 普通のインフルエンザのように、かかっても免疫で治せばいいというものではない。 現在もエイズに治療法はない。 感染が終息するまでは「空気感染するエイズ」として対処すべき 科学的で権威ある2つの情報源がもたらす知見から、これを「空気感染する免疫不全症候群」=「空気感染するエイズ」として警戒し、対処すべきである。 この異常な感染者の増加カーブが水平になり、減少し、ほぼ爆発の可能性がなくなって、そして多くの感染者が無事回復するのを見届けてから「な~んだ!大したことなかった!」と気を緩めたらいい。 私は自分自身でもそうするつもりだし、家族にも直ちにそう対処するようアドバイスした。 私はあなたもそうすべきだと思うが、もちろんご自身の判断におまかせします。 100年に1度の地球の人口が減少するようなパンデミックが発生している 地球ではなぜか100年おきに人口が激減するようなパンデミックが発生している。 1720年ペスト 1820年コレラ大流行 1920年スペイン風邪 2020年新型コロナウイルス 今回は、以前のもののような大被害がでないと信じたいが、ここまでの推移と科学的な知見によれば、とても現時点では楽観できない。 以下のコメントをいただきました。 興味深い記事の紹介、ありがとうございました。 素人なりにざっと 読んでみました。 どうやら、今回のコロナウィルスの環の部分のタ ンパク質の中にHIVと似たシークエンスが4か所ある、 ということのようですね。 ただ、HIVの中のこれら4か所の部分 の役割がまたわかっていないようで、ということは、この4か所が 似てるからHIVと同様の免疫不全を起こすかどうかは不明のよう です。 気になるのは、この環部分のタンパク質が、どうやらウィル スのホストの特定性に関わっているようで、これが人への感染を促 したのではないか、と思われることです。 現在、武漢では抗HIV 薬の臨検が行われているとのことですから、やがてHIVの薬が有 効かどうかわかるでしょう。 HIVが体内から完全に除去することができない理由は「レトロウイルス」の増殖過程にあります。 一方、新型コロナウイルスは現状レトロウイルスでなはいと考えられています(コロナウイルス科に属するウイルスと考えられている。 確定ではないことに注意してください)。 レトロウイルスでないウイルスは体内から完全に除去することのできるウイルス(完治可能なウイルス)です。 その点で、本記事の内容やタイトルは、新型コロナウイルスがレトロウイルスに属するHIVと同じであると誤解を生じるのもであり、訂正された方が良いと考えます。 もし私のコメントに疑問を覚える場合は、是非、レトロウイルス科、コロナウイルス科ウイルスの増殖過程と免疫作用機序についてお調べください。 また、今回話題となっているHIV-1 gp120 がB細胞の免疫を抑制する効果について調べ、HIVが抗体機能を抑制することがHIVが「うつらないことが何より重要」の理由にならないということをお調べください。 上記ご指摘の点について私は詳しく知らないということを告白した上で、必要があるとお感じになる読者の方は、上記のコメントを参考に、ご自身でお調べられることをお勧めします。 エイズの原因たるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)が、貴方の言うところの「うつらないことが何より重要」なウイルスである主たる理由は、それが「レトロウイルス」に分類されるものであるからです。 HIVが体内から完全に除去することができない理由は「レトロウイルス」の増殖過程にあります。 一方、新型コロナウイルスは現状レトロウイルスでなはいと考えられています(コロナウイルス科に属するウイルスと考えられている。 確定ではないことに注意してください)。 レトロウイルスでないウイルスは体内から完全に除去することのできるウイルス(完治可能なウイルス)です。 その点で、本記事の内容やタイトルは、新型コロナウイルスがレトロウイルスに属するHIVと同じであると誤解を生じるのもであり、訂正された方が良いと考えます。 もし私のコメントに疑問を覚える場合は、是非、レトロウイルス科、コロナウイルス科ウイルスの増殖過程と免疫作用機序についてお調べください。 また、今回話題となっているHIV-1 gp120 がB細胞の免疫を抑制する効果について調べ、HIVが抗体機能を抑制することがHIVが「うつらないことが何より重要」の理由にならないということをお調べください。 ・マスクが役に立たないと平気で言っている医者が何人もテレビに出ている。 つまり、飛沫感染だけでなく、空気感染しているということをばらしてしまっている。 ・政府発表は、大本営発表ということか?電車に乗ったら死も覚悟しなくてはならないじゃないか。 話などしなくても、必ずくしゃみをする奴はイル。 新幹線など30分に1度は思いっきりする奴がいる。 そういうやつに限ってマスクなどしていない。 していたとしても、「高圧のため息の3割はマスクの脇から排出させるから、防護のためのマスクは必要」と、毎年インフルエンザの季節には呼びかけていた態度が、供給不足となるとコロッと言っていることが変わる。 だから政府は信用できないといわれるのだ。 原発事故のさいも放射能をかぶった野菜は洗ってたべれば大丈夫などと、よぼよぼの学者にいわせていた。 結局この国は、与党も野党も人の命を真剣にかんがえていない。 大体、症状が出ていなくとも感染力があるといっているのに症状がでるまでしなくてよいなどというが、最初の一発目で2M以内にいる人間に一気に痰や唾を霧状にして噴霧してしまうではないか?・・・老交渉が年金問題がかたずくなんて思ってないことを祈る。

次の

不確かな情報の拡散調査「新型コロナウイルスにエイズウイルスが挿入」

コロナ ウイルス エイズ

新型コロナウイルスは部分的にエイズウイルスに似ているといわれているが、あくまで構造上のものであった。 しかし、現実的な可能性を物語る論文が発表され、世界中の医療関係者に衝撃を与えている。 「Cellular and Molecular Immunology」に今月掲載された論文で、執筆者は中国・上海在住の研究者と米国の研究者だ。 一体どんな内容なのか? 「弘邦医院」(東京・葛西)の林雅之院長に聞いた。 論文によると、新型コロナウイルスは、リンパ球の一種で細胞免疫をつかさどるT細胞に感染するという。 事実、新型コロナ感染症の重症患者はリンパ球が減ることが確認されている。 リンパ球がほとんどなくなり、免疫システムがかなり破壊されている死亡例も報告しているのだ。 これは新型コロナウイルスがエイズを発症させるHIV免疫不全ウイルスのように免疫システムを破壊しうる可能性を物語っている。 「T細胞とは免疫の司令官のような役割をする細胞です。 ウイルスが体内に侵入すると、まず体中をパトロールしている食細胞・マクロファージや樹状細胞が ウイルスの情報を集めて司令官役のT細胞に報告します。 指示を受けたB細胞は、そのウイルスに対抗する大量の抗体を作り、この抗体もウイルスの細胞への感染を防ぐ。 ところが、エイズウイルスは免疫の司令官役のT細胞やお掃除・情報屋のマクロファージなどの免疫細胞に感染し殺してしまう。 免疫を失った体はさまざまなウイルスや細菌に侵されて死んでしまうのだ。 新型コロナウイルスはエイズウイルスと同じように免疫細胞に感染するというのだ。 「新型コロナウイルス感染症では、肺炎のほかに下痢、脳炎、心筋炎、多臓器不全など全身の臓器に感染症が見られますが、 重症の人ではリンパ球の減少もよく見られます。 ヒトT細胞にはそれがほとんどないとされているので、新型コロナウイルスがACE2タンパク以外の入り口を利用して細胞内に侵入するのは大いに考えられることだ。 「これは衝撃的な内容です。 すでに今年2月に中国の免疫研究の研究者が高齢者や集中治療室が必要な重症の新型コロナウイルスの患者で T細胞(リンパ球)の数が大幅に減少していることを報告しています。 重症化すると殺菌作用のある好中球が増えてリンパ球が減ることは世界中の患者で確認されています」 中国では新型コロナウイルス感染症で亡くなった20人以上の遺体を解剖して、ウイルスの感染により免疫組織が完全に破壊されていたことが確認されたという報道もあるらしい。 「もちろん、重症になる主たる原因は免疫反応の暴走であるサイトカインストーム(インターロイキン6などのサイトカインが大量に放出され、強い炎症が起こる)に 間違いありません。 ただ、リンパ球減少の原因のひとつにウイルスのリンパ球への感染による可能性が出てきたということです」 この仕組みのナゾを解くカギはウイルスの突起を形成しているスパイクタンパク質(Sタンパク質)かもしれない。 感染先の細胞表面にある受容体と結合してウイルス外膜と細胞膜の融合を媒介する役割がある。 ほんの少しこの構成を変えるだけで働きが大きく変わることが知られている。 実際、長年動物ウイルスを研究している学者に聞くと、動物によっては感染するウイルスのSタンパク質の一部欠損や構造変化により、 肝炎疾患が脳炎に変化したり、腸炎疾患が呼吸器疾患に変化したりする例が報告されているという。

次の

【解説】新型コロナウイルスとの闘い、抗HIV薬は有効か 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

コロナ ウイルス エイズ

投資は論より証拠。 フィデリア藤崎です。 nikkei. 一度感染し治癒した患者にも再感染のリスクがある」 と述べ、警戒を呼び掛けた。 HIV(エイズウイルス)に感染すると、体の免疫機構が崩壊します。 すると、免疫状態が正常な人では発病に至らないような細菌やウイルスの感染でも発病に至る。 HIV は免疫細胞に感染して、免疫細胞を破壊することにより、 健康な人だと感染や発症はしないような病原菌での症状を起こしてしまう現象を感染力の強いコロナウィルスが持っている。 そうしたところ、新型コロナウイルスから、SARS ウイルスにはない、以下の 4種類のタンパク質の挿入が見つかった。 biorxiv. 927871v1. full. pdf この4種のタンパク質の挿入は、新型コロナウイルスのすべてのゲノム配列に存在することが観察された。 さらに解析を進めると、予想外に、すべてヒト免疫不全ウイルス-1(HIV-1)と一致した。 【結論:新型ウイルスには「エイズウイルス」の性質が含まれている】との事です。。 <この現状の中> 現在、日本国内感染者は自己申告制より、感染者は知らない間にどんどん増加してしまっていると予想できてしまう状況下。 あと、数週間で日本にも連鎖的な感染症状が現れる可能性が非常に高いと予想します。 予防策がない上、予防してない人も多く、予防していてもヒトからヒトへの感染や、 症状が出ていない感染者から感染するので当然の原理だと予想されます。 一人の感染者に対して2人~4人の感染力と、潜伏期間/感染しても症状がでない人から、 伝染するコロナウィルスは世界の脅威となる可能性が高いと警告レベルを超えてしまってるのではないでしょうか! よって、感染しない手段を先手で打つしかないと言われてますので、感染を防ぐ手段を本当にオススメします! 同様のレポートが色んな学者から出てる現状から、そんな事ないとは言えないというより現実を受け止めて、 家族/親族含め自己防衛に徹する時だと思います! 【同様なレポート:コロナウィルスは、現在判明しているだけで数十種類ある事が判明しており、突然変異を起こして重症化する可能性】 以下のサイトで研究チームからの発表で、今回のウィルスは細菌を使った生物兵器とのレポートが上がっています。 livedoor. この人数の推移通りにならなければ一安心ですが、同じウィルスなので防ぐ方法が見当たらない現状です。 この世界人口の約3割が感染したウィルスとしては、「スペインかぜ」という 1918年から1919年にかけ全世界的に大流行したインフルエンザがあります。 感染者5億人 当時の世界人口の約3割が感染 、死者5,000万~1億人と爆発的に流行した人類初のパンデミック。 流行の経緯としては、第1波は1918年3月に米国デトロイトやサウスカロライナ州付近などで最初の流行があり、 米軍のヨーロッパ進軍と共に大西洋を渡り、5〜6月にヨーロッパで流行した。 第2波は、1918年秋にほぼ世界中で同時に起こり、病原性がさらに強まり、重篤な合併症を起こし死者が急増した。 第3波は、1919年春から秋にかけて第2波と同じく世界的に流行したそうです。 <万が一、国内パンデミック化時の相場展望 最悪を想定場合 > 日本の医療技術から1~3割までの感染者で収まったとしても、 約1000万人~3000万人の被害と仮定した場合、ワクチンがないので死亡率3%+二次再発の可能性有り 副作用による重症者20% 再度、HIVによる免疫低下感染含む から、想定500~1000万人に被害の可能性があると予測。 とにかく、国が守ってくれないなら、自己防衛しかないという現実を受け止めて、 あらゆる感染しない対策に、経済的防衛策を考えないとイケないと痛感したので長文失礼しました。 2020年は、10年周期と100年周期が重なる年で、丁度100年前に株価の大暴落があっただけに、 何があってもおかしくないと言った瞬間からアッと言う間に、人類の危機的状況になってる現状からあらゆる打開策は打てますが、 全ては命有っての話ですので、まずは感染しない事を最重要に動いて頂く事をオススメします! ウィルスのピークは5月~6月との事ですので、それまでにワクチンやあらゆる開発ができるはずですので!! とにかく、シッカリと自己防衛を!!!• また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の